競合分析テンプレート

競合他社について情報を集めれば集めるほど、戦略改善につながります。競合分析テンプレートを使用して、データに基づくアプローチで自社の業績や製品、機能がライバルと比較してどのよう状況にあるのかを正確に、そして効率的に把握しましょう。

テンプレートを作成する

INTEGRATED FEATURES

list iconリストビューreporting iconレポート機能field-add iconカスタムフィールドboard iconボード

Recommended apps

Hubspot のロゴ
Hubspot
Dropbox
Dropbox
Salesforce のアイコン
Salesforce
Google Workspace のロゴ
Google Workspace

共有
facebooktwitterlinkedin
[製品 UI] Asana の競合分析プロジェクト、スプレッドシート形式のプロジェクトビュー (リスト)

更新: この記事は、競合分析テンプレートの作り方に関するさらに詳しい記述を含めて 2022年 10月に改訂されました。

新規事業を立ち上げようとしている場合でも、現在の市場シェアを向上させたい場合でも、競合他社を理解するために何度も利用できるのが競合分析テンプレート (競合調査テンプレート) です。ここでは、競合分析テンプレートとは何か、そして自社独自のテンプレートをどのように作成するべきかをご紹介します。

競合分析テンプレートとは

競合分析テンプレートは、定期的な競合分析の実行を可能にし、文書、スプレッドシート、またはプロジェクトなどの形式で作成されます。データや指標を使用して、間接的な競合他社を含む競合状況や、自社の位置づけを分析します。

競合分析テンプレートはなぜ重要?

では、競合分析テンプレートが重要な理由とは何でしょうか?競合分析を行えば、商品の機能や価格などのロジスティクス面と、競合他社の強みや弱みなどの定性的な項目を確認することで、直接的な競合他社がどのような商品を提供しているのかを把握できます。そして、自社の製品の機能、強み、弱みと比較することで、ターゲット層に合わせたビジネス戦略を練ることができるのです。競合調査のフォーマットを作ることで、次のことが実行可能となります。

  • 業界の動向や機会を的確に把握できる。

  • 競合他社を理解し、差別化すべきポイントがわかる。

  • 新しいプロジェクトの計画やレビューセッションで毎回同じテンプレートを使用できるため、仕事のための仕事を削減できる。

Asana で生産性を高める

競合分析テンプレートを使用すべき場面

業界の動向には常にアンテナを張っておきたいものです。ここでは、競合分析テンプレートを使うと効果的な場面と、考慮したいポイントをご紹介します。

  • 戦略的プランニングを立てる場合。大規模なプロジェクト計画セッションや、年次計画などの長期目標設定セッションでテンプレートを使うことで、競合他社の情報を戦略に取り入れられます。

  • 製品リリースを行う場合。新しい競合他社が登場した場合、あるいは自社が新製品のリリースに向けて準備を進めている場合、競合分析を行うことで、自社の立ち位置を確認し、リリース戦略を改善できます。

  • マーケティング戦略を練る場合。バックリンク、コンテンツマーケティング、ブランドメッセージをうまく活用する上で欠かせないのが、顧客 (ユーザー) の反応です。競合調査フォーマットをうまく活用し、競合他社のアプローチを調べることで、顧客が何に反応し、何を拒否するのかを確認できます。

  • ターゲット市場を特定する場合。競合他社から購入する顧客層を調べることで、自社が求める顧客層を把握できます。自社の顧客層とは全く同じではないかもしれませんが、こうすることで、競合のマーケティング戦略の問題点を洗い出し、競合が見落としている可能性のある重要な市場を特定することもできます。

  • スタートアップ企業、製品、またはビジネスアイデアの実行可能性を判断する場合。競合分析テンプレートを使用すると、すでに市場に出回っている製品と比較して、独自のバリュープロポジション (顧客価値) があるかどうかを確認できます。

競合分析テンプレートの作り方は?

競合分析テンプレート (競合調査テンプレート) には、競合分析のワークフローを実行する際に必要となるすべてのセクションを盛り込みます。

テンプレートに含むセクションは、ニーズに合わせてカスタマイズできます。ここでは、アイデアをいくつかご紹介するので、チェックしましょう。

  • 競合他社のプロフィール: 企業規模 (従業員数)、競合他社のウェブサイトページ、SNS のアカウントなどを参考資料として記載します。

  • 市場調査データと指標: 売上高、価格、現在の市場での位置づけなどの数字を含めます。

  • 競合他社の製品機能: 自社の商品と特定の機能を比較することもできますし、企業全体を広く分析する場合は全機能の一覧をまとめて比べることもできます。

  • 競合他社の製品マーケティング: SNS 上のエンゲージメントや、注目すべきプロダクトマーケティングローンチなどを含みます。

  • SWOT 分析の結果: SWOT 分析を行い、競合他社の強み、弱み、機会、脅威を把握します。

各セクションには、競合他社の情報だけではなく、自社の強みなど、自社情報も記載するスペースを設けます。横に並べて比較することで、うまくいっている部分や改善の余地がある部分が明確になるため、この比較は分析フレームワークの重要な要素となります。分析結果を最大限に活用するために、必ず両方を記載するようにしてください。

組み込まれている機能

  • リストビュー: リストビューは、プロジェクトの全情報を一目で確認できるグリッド形式のビューです。To-Do リストやスプレッドシートのように、リストビューではすべてのタスクが一度に表示されるので、タスクのタイトルや期日だけでなく、優先度やステータスなど、関連するカスタムフィールドも確認できます。チーム全体が、誰がいつまでに何をするのかを把握することで、コラボレーションをスムーズに行えるようになります。

  • レポート機能: Asana のレポート機能は、プロジェクトのデータを視覚的なチャートやわかりやすいグラフに変換します。仕事が行われている場所でレポートを作成することで、無駄な重複作業を減らし、不要にアプリを切り替える手間を省くことができます。また、チームのすべての仕事がすでに Asana に集まっているため、どのプロジェクトやチームからでもデータを引き出し、一か所で何が起こっているのかを正確に把握できます。

  • ボードビュー: ボードビューとはプロジェクトの情報を複数の列で表示するかんばんボード形式の表示スタイルです。「To-Do」「進行中」「完了」など、タスクのステータスに基づいて整理するのが一般的ですが、各列の扱いはプロジェクトのニーズに合わせて調整できます。それぞれの列ではタスクはカードとして表示され、タスク名、期日、カスタムフィールドなどの関連情報も併せて表示されます。タスクは進行するにつれてステージを進んでいくので、プロジェクトの進捗を一目で確認できます。

  • カスタムフィールド: カスタムフィールドは、仕事のタグ付け、ソート、絞り込みにぴったりの方法です。優先度やステータス、メールや電話番号など、追跡が必要なあらゆる情報に対してそれぞれカスタムフィールドを作成できます。カスタムフィールドを使用して To-Do をソートし、スケジュールを組むことで、何から手を付けるべきかが瞬時にわかります。また、さまざまなタスクやプロジェクトを横断して同じカスタムフィールドを使用すれば、組織全体で一貫性のある管理ができます。

Asana でプロジェクトとタスクを一元管理する

おすすめのアプリ

  • Hubspot: HubSpot Workflows を使用すると、HubSpot CRM のすべての顧客データを使って自動化プロセスを作成し、Asana タスクを自動的に作成できます。この連携を行えば、たとえば取引やチケットのクローズ時にチーム間の仕事の引き継ぎを HubSpot でシームレスに行うことができます。

  • Dropbox: Asana タスクウィンドウに直接組み込まれた Dropbox ファイル選択機能を使って、Asana のタスクに直接ファイルを添付できます。

  • Salesforce: セールスチーム、カスタマーサクセスチーム、そしてサービスチームそれぞれが自社のサポートチームと直接 Asana でコミュニケーションを取れるようにして、ボトルネックを解消します。添付ファイルを共有し、取引成立前のニーズを満たす実行可能かつ追跡可能なタスクを作成しましょう。Service Cloud を使用すると、導入チームとサービスチームを Asana のサポートチームと連携させて、優れたカスタマーエクスペリエンスを実現できるようになります。

  • Google Workspace: Asana タスクウィンドウに組み込まれた Google Workspace ファイル選択機能を使って、Asana でファイルをタスクに直接添付しましょう。マイドライブ内のファイルを、数クリックで簡単にタスクに添付できます。

市場分析テンプレートと競合分析テンプレートの違いとは?

競合分析は、市場分析の一部です。市場分析のテンプレートを使うと市場環境全体の中で、自社の事業に影響を与えるすべての要因を分析することができます。一方、競合分析テンプレートは、競合他社との比較のみを目的とする場合に使用するものです。

競合分析テンプレートの作り方とは?

このテンプレートには、競合他社の概要、市場調査データや指標、製品の機能、マーケティング、SWOT 分析など、競合調査のあらゆる要素を含むセクションを設けます。

テンプレートで競合分析を行う際の流れとは?

テンプレートを使って競合分析を行うには、市場調査を行った上で、製品機能、製品のマーケティング、SWOT 分析、価格設定に関する数値を記入します。そうすることで、自社と競合他社を徹底的に比較できるようになります。

Asana でテンプレートを作る

今すぐ Premium の無料トライアルを利用して、Asana のカスタマイズ可能なテンプレートをお試しください。

始める