Asana のコア機能を理解する

プロジェクト、プログラム、プロセスがどんなに高度で複雑であっても、問題なく管理できます。

プロジェクトビュー

自由自在に仕事を視覚化

スプレッドシート形式に慣れている方も、そうでない方も、Asana は誰もが使用できるように設計されています。お好みの方法で仕事を計画し、構造化できます。

Asana のボード
ボード

仕事を付箋のように整理して、各ステージのタスクを追跡します。ボードを使用すると、仕事のプロセスを透明化できます。

Asana のリスト
リスト

To-Do リストを使用して、プロジェクトの作業やプロセスのすべてのステップを 1 か所にまとめ、各ステップを最初から最後まで管理できます。

Asana のタイムライン
タイムライン

タイムラインを使用してプロジェクトの計画を立てると、計画が変更された場合でも、タスク間の関係を確認して調整し、仕事を順調に進められます。

Asana のカレンダー
カレンダー

仕事をカレンダー上に表示することで、スケジュールの穴や重複を簡単に見つけて、調整できます。

ボード

仕事を付箋のように整理して、各ステージのタスクを追跡します。ボードを使用すると、仕事のプロセスを透明化できます。

リスト

To-Do リストを使用して、プロジェクトの作業やプロセスのすべてのステップを 1 か所にまとめ、各ステップを最初から最後まで管理できます。

タイムライン

タイムラインを使用してプロジェクトの計画を立てると、計画が変更された場合でも、タスク間の関係を確認して調整し、仕事を順調に進められます。

カレンダー

仕事をカレンダー上に表示することで、スケジュールの穴や重複を簡単に見つけて、調整できます。

プロジェクト管理

プロジェクトを最初から最後まで管理。すべてのプロジェクトが Asana 内にあれば、誰が何をいつまでにするのかを、常に把握できます。

プロジェクト

イニシアチブや会議、プログラム用に、リスト形式やかんばんボード形式で、仕事を共有プロジェクトとして整理できます。

タスク

チームの仕事を扱いやすい単位に細分化します。

サブタスク

タスクをさらに小さなパーツに分割したり、タスク全体を完了するための追加手順を表示します。

マイルストーン

プロジェクトの重要なチェックポイントを視覚化し、進捗を測定、共有します。

タスク担当者

タスクのオーナーを明確にすることで、誰の目にも担当者がはっきりわかります。

セクション

タスクをプロジェクトのセクションにグループ化することで、ワークフローに合わせたり、仕事のタイプを分類したり、タスクを整理したりできます。

カスタムフィールド

タスクはもちろん、Asana ではあらゆるものを管理可能です。フィールドの名前、タイプ、値をカスタマイズできるため、それぞれのワークフローに必要なあらゆる情報に合わせてフィールドを作成できます。

期限

仕事の締め切り日時を指定することで、タイムゾーンに関わらず全員が同じ期限に向けて仕事に取り組むことができます。

開始日

タスクの開始日を設定すれば、ギリギリになって慌てることがなくなります。

添付

コンピューターや Dropbox、Box、Google ドライブ からタスクや会話にファイルを追加します。ファイルは個々のタスクまたはプロジェクトレベルで確認できます。

フォーム

簡単に入力できるフォームを使用して、仕事リクエストの正式な提出プロセスを確立します。

ルール

ルールを使用してプロセス内の重要なアクションを自動化すれば、チームが手順を見逃すことはありません。

いいね

ありがとうを伝えたり、グッジョブと言ったり、タスクに投票したり。使い方はさまざまです。

承認リクエスト

承認プロセスを合理化および明確化し、どの仕事がいつ、どのように承認される必要があるのかをメンバー全員が把握できるようにしましょう。

プロジェクト間でタスクを同期

同じタスクを複数のプロジェクトに含めることで、二度手間をかけることなく、1 つの仕事をさまざまなコンテキストで確認することができます。

依存関係

タスクの依存関係を使うことで、どのタスクが着手可能で、どのタスクが他のタスクの完了を待っているのかが明確になります。

カスタムテンプレート

独自のプロジェクトテンプレートを作成することで、チームはすばやく簡単に仕事に取り掛かれます。

プロジェクトのコピー

チームで共通するワークフローを何度も作り直す手間を省くことができます。

ビューとレポート

レポート機能を使えば、仕事の進行状況を簡単に把握し、今組織全体で何が起こっているのかを知ることができます。

マイタスク

日々のタスクやプロジェクトの作業を整理し、優先順位を決定するスペース

タイムライン

ピースがどのように組み合わされているのか、プロジェクトのすべてを一目で確認します。状況の変化にもしっかり対応できます。

ワークロード

複数のプロジェクトを横断して、チームメンバーの忙しさをまとめてリアルタイムに確認します。仕事量を調整してプロジェクトを順調に進めます。

ポートフォリオ

すべてのプロジェクトのステータスをリアルタイムに確認します。イニシアチブを順調に進め、最新情報をチームに伝えることができます。

ゴール

Asana で会社の目標を設定すれば、その達成を支える仕事につなげることができるので、進捗をモニタリングできます。

受信トレイ

自分に関係があるプロジェクトや会話、タスクに関する最新情報を自動的に入手できます。

ダッシュボード

リアルタイムのプロジェクトのデータを 1 か所で確認しましょう。チャートをカスタマイズすることで、行き詰まっている仕事や対応が必要な仕事を確認できます。

アクセシビリティ

どんなチームでも Asana を有効に活用できます。Asana のアクセシビリティ機能について詳しく見る。

カレンダービュー

タスクのリストをカレンダー上に表示することで、仕事の期限を一目で確認できます。

ファイルビュー

プロジェクトのすべての添付ファイルをギャラリー表示することで、必要なプロジェクトファイルをすぐに見つけられます。

高度な検索

チームにとって特に重要な特定の条件に基づいてレポートを作成します。作成したレポートを保存して、複数のプロジェクト、担当者、カスタムフィールドを横断して仕事を確認できます。

チームメイトビュー

チームメイトに割り当てられているタスクを確認することで、メンバーの作業量を把握します。自分に共有されているか、組織全体に公開されているものであれば何でも見ることができます。

プロジェクトのエクスポート

データを自分で細かく分析したい場合は、CSV や JSON にエクスポートできます。

チーム間で仕事をつなげて、仕事を目標に結びつける

タスクは複数のプロジェクトに同時に存在させることができるので、誰もがプロジェクトを横断してタスクを確認できます。ポートフォリオワークロードを使用すれば、チームの仕事が会社のイニシアチブにどのようにつながっているのかを確認できます。

管理者コントロール

チームを作成してその設定を管理することで、全員が適切な情報にアクセスできるようになります。

チーム

チームは部署や職務、プロジェクトなど、組織に最適な形で作成できます。チームメイトは共有のカレンダーや会話でつながり、チームを組織に対して非公開または公開にすることを選択できます。

ゲスト

Asana でベンダーや請負業者、パートナーとコラボレーションできます。

権限とプライバシーコントロール

プロジェクトへのアクセスを制限することも、機密性の高い仕事をするための非表示チームを作成することも、逆に組織全体がアクセスできる公開チームや公開プロジェクトを作ることもできます。

コメント限定プロジェクト

プロジェクトをコメント限定に設定すれば、誤って編集されることなく情報をチームと共有できます。

チーム管理

メンバーとその設定を追加、削除、管理したり、パスワードの複雑さを決定したりできる組織の管理者を指名できます。さらに Enterprise のお客様は、SAML や Asana の管理者 API を使ってコントロールを強化できます。

データセキュリティ

Asana では、データのエクスポートや削除も簡単です。データは独立したサーバーにバックアップされます。さらに Enterprise のお客様であれば、SLA で 99.9% のアップタイムが保証されます。

コミュニケーション

コミュニケーションをチーム、プロジェクト、タスクに結びつけることで、チームは仕事の進行状況をはっきりと把握できるようになります。

タスクのコメント

タスクに直接コメントすることで必要な情報を明確に伝達できます。また、チームメイトや他のタスク、プロジェクトを @メンションすることで、あらゆるつながりを保つことができます。

フォロワー

チームメイトをタスクのフォロワーとして追加すれば、そのメンバーは仕事の会話に参加し、タスクの更新に関する関連情報の通知を受け取れます。

プロジェクトの会話

プロジェクトの進捗について話し合い、勢いをキープしましょう。

チームの会話

チーム全体の会話や告知を行うためのスペースを用意できます。

ステータス

この機能を使えば Asana からデータをチャートや他のハイライトに抽出できるので、進捗の経緯を簡単にかつ視覚的に伝えることができます。

モバイル

Android と iOS に対応したモバイルアプリで、外出先でも最新情報をチェックできます。

iOS

外出先で作業の進捗や最新情報をチェック。オンライン時はもちろん、オフラインでも、ウェブアプリと同じようにタスクやプロジェクトを作成し、会話をしたり進捗に関する最新情報を受け取ったりすることができます。

Android

Google のマテリアルデザイン賞に輝いた Asana の Android アプリを使用すると、モバイルデバイスから直接タスクやプロジェクトの作成、共同作業、会話、最新情報の受信ができます。

連携

Asana を他のお気に入りのツールに接続することで、すべての仕事をより簡単に一元管理できるようになり、時間を節約できます。

強力な REST API

Asana のデータにアクセスし、他のレポートツールと完全に統合して自動化できます。

Dropbox、Google ドライブ、Box

組み込みのファイル選択機能を使ってファイルをタスクに直接添付できます。

Slack

Asana のタスクに変化があったら、最新情報を Slack チャンネルに投稿。さらに Asana タスクの作成、完了、編集を Slack から行うこともできます。

Asana にメールを送信

メールを Asana に送信または転送することで、タスクを作成したり会話を始めたりできます。メールが実行可能な作業に変換されて、重要な情報を見失うことがなくなります。

GitHub

GitHub のコミットをタスクにリンクすることで、チームは常に最新のコードの変更を把握できます。

Instagantt

Asana プロジェクトからガントチャートを作成し、プロジェクトのスケジュールを視覚的に計画したり、依存関係をマッピングしたりできます。

Harvest

Asana から離れることなく、各タスクの時間を追跡できます。

安心のサポート

組織の規模にかかわらず、サポートチームとカスタマーサクセスチームが疑問の解決とワークフローの追加をサポートします。お客様のすべてのチームを成功に導きます。

ヘルプ

知識豊富なサポートチームが、お客様の疑問とトラブルを解決します。また、広範な Asana ガイドでわかりやすい記事やビデオチュートリアルを検索できます。

Premium サポート

ウェビナーやトレーニングビデオ、カスタマーコミュニティフォーラムなどの教育リソースへのアクセスをカスタマーサクセスチームから受け取れます。また、質問がある場合は優先サポートを受けられます。

Enterprise サポート

専任のカスタマーサクセスマネージャーが Asana へのワークフローの移行をサポートしたり、カスタムトレーニングを提供したりします。また、サポートへのお問い合わせには 2 営業時間以内に回答が保証されます。

仕事の質とスピードを高める

世界 190 か国で何百万人ものユーザーが利用する Asana。選ばれるのには理由があります。