知っておくべき 39 個のプロジェクト管理用語

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2021年7月1日00
facebooktwitterlinkedin
知っておくべき 39 個のプロジェクト管理用語

プロジェクト管理を今始めたばかりの方や、主要な用語を復習したい方のために、プロジェクトを管理する際に直面する可能性がある一般的なプロジェクト管理用語の一覧をまとめました。

これらの用語に精通するにしたがって、チームのメンバーと共通の用語を共有することが、プロジェクトの進捗をより円滑にするのに役立つことがわかります。チームはより効率的になり、何をすべきかより強く意識するようになり、目標の達成方法についてより明確なロードマップを持つようになります。

プロジェクト管理の基礎

プロジェクト管理では幅広いトピックを扱いますが、現在働いている業種にかかわらず、以下のようにプロジェクト管理に共通な用語がいくつかあります。

ビジネスケース

ビジネスケースは、特定の事業活動に取り組んだ場合に会社が得られるメリットを強調する文書です。たとえば、チームに人員を追加する、または新しいワークマネジメントソフトウェアを選択した場合にビジネスケースを作成することになります。

コンティンジェンシープラン

コンティンジェンシープラン (危機管理計画) とは、オリジナルの計画があまりうまくいかない場合に備えた計画のことです。コンティンジェンシープランは、プロジェクト管理で次善の策として事前に設定されます。より大規模で複雑なプロジェクトや活動でしばしば用いられ、たとえプロセスの実行にちょっとした中断が生じた場合でもすべてが円滑に進むことを確実にします。 

成果物

成果物とは、プロジェクトの終了時に期待される 1 つまたは複数の結果のことです。成果物は、社内的にはチームメンバー向け、社外的にはお客様向けの幅広い範囲のアセットになります。成果物の例としては、完全な新製品、セールス用資料、トラフックの増加、機能の更新などが挙げられます。 

依存関係

依存関係とは、その実行が他のタスクの完了に依存しているタスクのことです。このよい例は、リーガルチェックです。セールス用資料のプレゼンテーションのような特定のタスクは、法務チームの承認が得られるまでそれ以上進めることはできません。すなわち、セールス用資料のプレゼンテーションのタスクは、法務チームの承認に依存しています。 

ガントチャート

ガントチャートは、視覚的なプロジェクト管理手法の一種で、タイムライン形式でプロジェクトを表示します。プロジェクトのライフサイクルを追跡し、特定のプロジェクト活動の終了日を見積もるよい手法です。

プロジェクトマネージャーは、ガントチャートを使うと、どの仕事をする必要があるのか、誰が担当でいつ終わるのかを容易に確認できます。タスクは水平の棒で表され、特定の活動に必要な期間を示します。

[タイムラインビュー] Asana を使ったブランドキャンペーンプロジェクト (ガントチャートタイプのビュー)Asana のタイムラインを無料で試す

重要業績評価指標 (KPI)

重要業績評価指標 (KPI) は、特定の目標またはプロジェクトの目的に対して、チームの進捗程度を示す指標です。 

KPI はチームの業績を追跡する簡単な手法です。メールマーケティングの担当者がメールの開封率の増加を目標としている場合、追跡する KPI はその四半期に送信されたマーケティングメールの平均の開封率になります。 

キックオフミーティング

キックオフミーティングとは、特定のプロジェクトの関係者を一堂に集めて、全員がプロジェクト計画について認識を共有する機会のことです。これにより、チームメンバーは質問をすることができ、プロジェクトに関わる全員が意見を述べる機会を確保できます。 

プロジェクトポートフォリオ管理 (PPM)

プロジェクトポートフォリオ管理 (PPM) とは、多くの異なるプロジェクトの一元化したポートフォリオを作成するプロセスのことです。これにより、いくつかの異なるプロジェクトにわたってより多くの情報を得ることができ、チームの日常作業がどのようにビジネス目標に結びついているかを知ることができます。

[ポートフォリオ] Asana を使った会社全体の計画のポートフォリオ

プロジェクトの予算

プロジェクト予算とは、特定のプロジェクトに使用可能なリソースの設定量のことです。プロジェクト予算は、代理店業界のように時間単位ででも、通貨建てでも設定できます。 

プロジェクト憲章  

プロジェクト憲章とは、プロジェクトの主要な目的、範囲と主な責任を強調する文書のことです。プロジェクト憲章は、プロジェクトの承認前に、作業のおおまかな概要を主要な関係者に伝える方法です。プロジェクト憲章は、主要な関係者にプロジェクトの承認を説得するためにしばしば使用されます。

プロジェクト管理ソフトウェア 

プロジェクト管理ソフトウェアとは、プロジェクトを管理に使用する特定の種類のソフトウェアのことです。プロジェクトマネージャーの中には、プロジェクト管理プロセスに、Asana のような特定のプロジェクト管理ソフトウェアを使用する人もいれば、プロジェクト計画に、Excel のようなより一般的なソフトウェアを使用する人もいます。プロジェクト管理ソフトウェアの使用は、プロジェクト管理の際に必須ではありませんが、時間の節約、アセットの整理、プロジェクトの進捗に伴うマイルストーンの追跡など、チームの足並みをより効率的にそろえるのに役立ちます。

Asana を無料で試す

プロジェクト目標 

プロジェクト目標とは、特定のプロジェクトの終了までに達成するように設定されたゴールのことです。これは、プロジェクトを実施する主な理由です。プロジェクト目標は、新製品のような有形の完成品であったり、SNS のフォロワーを 300% 増やすといった達成したい具体的な目標であったりします。 

プロジェクト計画

プロジェクト計画 (またはプロジェクト管理計画) とは、プロジェクト目標に到達するのに達成が必要なすべての要素を描いた詳細な地図のことです。プロジェクト計画は、プロジェクト全体にわたってステージを設定するため重要です。このプロジェクト管理計画は、チームで働く一人ひとりの社員に方向性を与え、責任範囲を維持するのに役立ちます。プロジェクト計画は、関係するチームメンバーにとって主な信頼できる情報源です。疑問がある場合、プロジェクト計画は頼りになる情報源になります。

[リストビュー] Asana を使ったブランドキャンペーンプロジェクト計画 (スプレッドシートタイプのリスト)

プロジェクト範囲 

プロジェクト範囲は、プロジェクトが具体的な期間内に完了しなければならない目標、納期や成果物を明確に特定します。プロジェクト範囲を事前に設定することは、チームメンバーが個別に時間を管理するのに役立ち、関係者はプロジェクトの進捗に伴う変化のタイミングを知ることができます。 

プロジェクトタイムライン 

プロジェクトタイムラインは、計画のすべての部分がどのように組み合わさるかの視覚化に役立つプロジェクト管理ツールです。プロジェクトタイムラインは、プロジェクト計画プロセスで具体的な依存関係を洗い出すのに役立ちます。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトが最初から最後まで円滑に進むことを確実する人が担う役割のことです。多くの場合、プロジェクトには、専属のプロジェクトマネージャーが存在しますが、プロジェクトマネージャーの役割を担う人が、同時に別の肩書を持つこともあります。プロジェクトマネージャーは、構想段階から完了まで、プロジェクトのすべての段階と、プロセス全体の主要なワークフローに責任を負います。

リソースの配分

リソースの配分とは、特定の 1 つのプロジェクトにリソースをどの程度を使用できるかを明確に特定するプロセスのことです。リソースには次のようなものがあります。

  • 時間

  • 予算

  • チームメンバー

  • 設備機器

  • ソフトウェア

リソース管理

リソース管理とは、特定の 1 つのプロジェクトに使用する必要があるリソースを計画し、スケジュールするプロセスのことです。プロジェクトのために割り当てて用意したリソースの使用場所と使用時期を能動的に計画するプロセスのため、リソースの割り当てとは異なります。

[ワークロード] Asana を使ったワークロード管理

スコープクリープ

スコープクリープとは、プロジェクトのタスクと成果物が、プロジェクトマネージャーが設定した割り当てられたプロジェクト範囲を超え始めたときに起きる現象のことです。スコープクリープは本質的には悪い現象ではありませんが、注意深く監視し管理しないとプロジェクトの完了に要する時間が大きく変わってしまいます。 

関係者

プロジェクト関係者は、取り組んでいるプロジェクトにより直接影響を受け人のことです。プロジェクト関係者には、プロジェクトに直接取り組んでいるチーム、新しいプロセスを学ぶ必要がある 3 次のチーム、事業の円滑な継続を確実にする会社の CEO などが含まれます。

作業範囲記述書

作業範囲記述書は、具体的なプロジェクトの要求事項を記述する公式文書です。プロジェクトの活動、成果物とスケジュールの明確な概略が記載されています。作業範囲記述書は、代理店または請負業者がクライアントから仕事を請け負う際に、仕事内容に関して全員が大筋で合意していることを確認するためによく用いられます。

プロジェクト管理手法

プロジェクト管理プロセスは、現在従事している業界またはチームの規模により異なります。プロジェクトには一つとして同じものはなく、これがプロジェクト管理プロセスにさまざまな種類が存在する理由です。最も一般的なプロジェクト管理手法には次のようなものがあります。

アジャイル

アジャイル手法とは、プロジェクト管理の反復形式のことです。ソフトウェア開発チームは、チームのプロジェクトで非常に迅速な変化が求められているため、頻繁にアジャイルを実行します。アジャイルでは、一つの大きな塊の計画に取り組む代わりに、小刻みな計画に焦点を当て、必要に応じてすばやく別の戦略に移行できるようにしています。これにより、製品の変更は、エンドユーザーにとって何がベストなのかに焦点を当てることになります。

出来高管理

出来高管理とは、プロジェクトマネージャーが予定したプロジェクト計画に対して完了した作業を追跡する方法です。プロジェクトの出来高は、プロジェクトの進捗度にプロジェクト予算の総費用を掛けて計算できます。このプロセスは、プロジェクト予算とタイムラインを追跡するのに役立ちます。

反復プロセス

プロジェクト管理での反復プロセスとは、プロジェクトの進捗に合わせて継続的に変化するプロセスのことです。反復プロセスは、特定の期間、またはスプリントで計画されることが多く、達成事項の振り返りと次の反復で変更可能な事項を確認する期間が含まれます。

かんばん 

かんばんとは、プロジェクト管理の視覚的な形式のことで、多くの場合かんばんボードに表示します。かんばんボードでは、作業は、列に分けられたプロジェクトボードに表示し、各タスクは、適切な列に「付箋」で表示します。多くの場合、列は作業の段階を表します。付箋はバックログから「プル」され、作業の進捗に伴ってプロセスの次の段階に移行していきます。

[ボードビュー] Asana を使ったブランドキャンペーンのカンバンボード

Projects in controlled environments (PRINCE2)

PRINCE2 とは、プロジェクト管理チームの構造面とプロジェクトを行うビジネス上の根拠に焦点を当てたプロセスベースのプロジェクト管理手法のことです。 

PRINCE2 プロセスには、7 つの主要なステップがあります。

  1. プロジェクト開始準備 (SU)

  2. プロジェクト起動 (IP)

  3. プロジェクト監督 (DP)

  4. 工程制御 (CS)

  5. 製品納入管理 (MP)

  6. 工程間境界管理 (SB)

  7. プロジェクト終了 (CP)

スクラム

スクラムは、アジャイル手法のサブセットで、チームは過去の経験から学び、プロジェクトの次の段階に影響を与えます。スクラムチームには、スクラムマスターと呼ばれる一個人がいて、チームをスクラムの各ステージ (スプリント) に導く手助けをします。 

スクラム手法には、4 つの共通する段階があります。

  • スプリントプランニング

  • デイリースクラム

  • スプリントレビュー

  • スプリントレトロプロスペクティブ

無料のスクラム計画テンプレートを入手

ウォーターフォールモデル

プロジェクト管理のウォーターファールモデルとは、線形形式のプロジェクト管理のことで、このモデルでは、プロジェクトの各工程は、1 つ前の工程に依存します。ウォーターフォールモデルでは、すべての依存関係を確実に考慮するために実行開始前に多量の計画を立てることがよくあります。ウォーターフォールモデルの視覚化には、ガントチャートがしばしば使用されます。

プロジェクト管理で用いられる一般的な略語

プロジェクト管理の世界に入ると、多数の略語を目にすることになります。その一部をご紹介します。

ビジネスプロセス管理 (BPM)

ビジネスプロセス管理とは、ビジネスプロセスを改善、最適化、および自動化するためのさまざまな方法を使った実践のことです。この用語には、多くの異なる戦略が含まれていますが、ワークフローの合理化または自動化を行う際に最も一般的に使われます。

Certified associate in project management (CAPM)

CAPM 資格は、プロジェクトマネジメント協会が認定する資格です。CAPM 資格は、実務経験が少ない方を対象としたエントリーレベルの資格です。

クリティカルパス法 (CPM)

クリティカルパス法 (CPM) は、プロジェクト管理のモデリングツールです。プロジェクトマネージャーは、完了する必要があるプロジェクトの作業、その予定日、それらのタスクそれぞれの依存関係を表にします。次に、プロジェクトを最初から最後まで測り分けて、1 つの大きなタイムライン上でプロジェクトのすべてのプロセスを確認します。 

プログラム評価レビューテクニック (PERT)

プログラム評価レビューテクニックは、特定のタスクまたアクティビティの完了までの所要時間を特定し、計算するのに使用します。PERT 図は、必要な順序で完了させる必要がある工程を所要時間と組み合わせて表示するフローチャートです。PERT 図が利用できない場合は、ガントチャートを使用します。 

プロジェクトマネジメント知識体系 (PMBOK®)

プロジェクトマネジメント知識体系とは、プロジェクトマネジメント協会が定めた標準用語とガイドラインのことです。PMBOK Guide® には、クリティカルパス法 (CPM) や作業分解構成図 (WBS) といったプロジェクト管理手法が含まれています。 

プロジェクトマネジメント協会 (PMI)

プロジェクトマネジメント協会は、プロジェクト管理のみを専門とする専門家組織です。プロジェクトマネジメント協会は、プロジェクト管理の世界でキャリアを追及する方のために、資格を認定したり研修クラスを開催したりしています。 

プロジェクトマネジメントプロフェッショナル (PMP)

プロジェクトマネジメントプロフェッショナル (PMP) は、プロジェクト管理を専門として働いている人のことです。プロジェクトマネジメントプロフェッショナルと認められるために、プロジェクトマネージャーの肩書は必ずしも必要ではありません。

RACI

RACI 図は、任意のタスク、マイルストーン、またはプロジェクトの成果物に対するチームの役割と責任を特定するために使用します。RACI 図は、一般に責任分担表としても知られています。RACI とは以下の項目の頭字語です。

  • Responsible (実行責任者)

  • Accountable (説明責任者)

  • Consulted (協業先)

  • Informed (報告先)

SMART ゴール

SMART とは、明確で達成可能な目標作成に役立つ、以下の項目の頭字語です。

  • Specific (具体的)

  • Measurable (測定可能)

  • Achievable (達成可能)

  • Realistic (現実的)

  • Time-bound (期限がある)

SWOT 分析

SWOT 分析は、プロジェクトの主要部分を特定するのに役立つ意思決定ツールです。SWOT 以下の項目の頭字語です。

  • Strengths (強み)

  • Weaknesses (弱み)

  • Opportunities (機会)

  • Threats (脅威)

作業分解構成図 (WBS)

作業分解構成図 (WBS) は、作業を細分化し視覚的に整理した詳細なプロジェクト計画図です。つまり、WBS には、目標、成果物、タイムライン、主要な関係者といったプロジェクト計画の主要な要素がすべて記載されています。プロジェクトマネージャーは、作業分解構成図を使って、プロジェクト、依存関係や関連する成果物を視覚化できます。 

プロジェクト管理について詳しく見る

プロジェクト管理スキルをさらに磨こうとお考えですか?プロジェクトの追跡からリスク管理まで、プロジェクト管理の詳細は、Asana の プロジェクト管理リソースライブラリをご覧ください。

関連リソース

記事

Everything you need to know about creating a RAID log