PRINCE2 プロジェクト管理ソフトウェア

PRINCE2 プロセスの各ステージに Asana を活用しましょう。

PRINCE2 とは?

PRINCE2 (PRojects IN Controlled Environments) とは、構造化された、プロジェクトベースのプロジェクト管理手法です。この手法では、プロジェクトのライフサイクルを通して、整理と管理に焦点を当てます。

Asana を使用すると、PRINCE2 プロジェクト管理手法をシームレスに導入することができ、Asana の機能を活用して、最初から最後まで簡単にワークフローを管理できます。カスタムワークフローを作成したり、ライブラリからワークフローテンプレートを選択したりして、プロセスを効率化しましょう。

PRINCE2 の 7 つの原則

PRINCE2 手法にはプロジェクト管理に関する原則が 7 つあります。

1. ビジネスの正当性

PRINCE2 手法の核となるのは、プロジェクトを行うことのビジネス上の正当性です。つまり、プロジェクトには、明確に定義された目的、目標、顧客、具体的な利益、そしてコスト評価が必要です。

2. 継続的な学習

このプロジェクト管理手法において、チームは継続的に学ばなければいけないとされています。プロセスの各ステップで学んだ教訓は、将来のプロジェクトや新入社員のために記録されます。

3. 定義された役割と責任

プロジェクトマネージャーは、チームの役割と責任を明確に定義する必要があります。そうすることで、誰が何に対して責任を負うのかを全員が知ることができます。

4. ステージごとの計画

プロジェクトはステージに分割されます。各フェーズの完了時には、学んだ教訓を記録し、結果の要約を作成し、今後のプロジェクトの参考にしたり、チームのワークフローを効率化したりするために活用します。

5. ベースラインの要件

期限、コスト、リスク、スコープなどのベースライン指標は、プロジェクト開始時に明確に定義しておく必要があります。そうすることで、プロジェクトのフェーズで残業や予算オーバーが発生した場合に、マネージャーが介入できるようになります。

6. 品質管理

PRINCE2 は、製品の品質に焦点を当てています。チームは品質分析プロセスを導入し、要件に照らし合わせてプロジェクトをレビューする必要があります。

7. カスタムアプローチ

PRINCE2 では、プロジェクト環境を考慮して、プロジェクトの管理の仕方をケースバイケースで調整しなくてはいけません。プロジェクトのスコープやチームの規模に合わせて、どのくらいの監督や計画が必要なのかをカスタマイズしましょう。

Asana Product Screenshot

Asana の PRINCE2 プロジェクト管理ツールでプロジェクトを追跡

プロジェクトマネージャーもチームのメンバーも、Asana を使って仕事で最も重要なタスクを追跡できます。

Asana について詳しく見る

PRINCE2 と Asana の活用方法

プロジェクトの指示

すべてを一元管理して、シームレスにコミュニケーションをとりましょう。ステータス更新、レポート、議事録などを共有し、関係者が進捗を管理して、指示を出せるようにします。

プロジェクトの開始

タスクを作成してプロジェクトの承認をリクエストし、そのコピーを各関係者に割り当てます。次に、計画を実行可能なタスクに転換します。これらの過程はすべて、一か所で行えます。

ステージの境界を管理

Asana のセクションを使用してプロジェクトをステージに分割し、タスクや期日を割り当てましょう。ステータス更新を使って、進捗や得られた知見を伝達し、プロジェクトボードで次のステップを共有します。

ステージのコントロール

Asana を使えば、完了したタスクと未完了のタスクを一目で把握できるので、プロジェクトの各ステージを簡単にコントロールでき、障害を特定して、是正処置を取ることができます。

製品の納品を管理

カスタムフィールドを使って、タスクやステージごとの時間の見積もり、プロジェクトに関するフィードバック、マイルストーンごとにタスクをレビューするサブタスクなど、細かい情報を追跡しましょう。

プロジェクトの完了と繰り返し

プロジェクトを完了させる準備ができたら、評価や知見についてレポートを作成し、フォローアップアクションを運用チームに引き継ぎします。次に、プロジェクトをカスタムテンプレートとして保存し、今後のプロジェクトに役立てましょう。

Asana Product Screenshot

PRINCE2 プロジェクト管理ライフサイクルを 1 か所で管理

Asana を使えば、簡単に役割と責任を定義し、チームを品質に集中させて、プロジェクトごとにアプローチをカスタマイズして適応させられます。

結果を求めるチームは Asana を導入しています

Danone logo
Deloitte logo
Nasa logo
United Way of Salt Lake logo
General Electric logo
Us Aid logo
New York Times logo
Spotify logo
Asana Product Screenshot

Asana を試してみた結果、更新メールを送ったり定例会議で進捗を報告するといった手間がすぐになくなりました。今では、プロジェクトの進捗や仕事のステータスを知りたいときは、Asana を見るだけですべてがすぐに明確になります。Asana のおかげでコミュニケーションの無駄がすべて排除され、プロセスが非常に効率的になりました。

Rian Hunter 氏、Dropbox、ソフトウェアエンジニア

PRINCE2 プロジェクト管理ツールを今すぐ使い始めましょう

Asana は、チームの全員が使えるシンプルさと、仕事が複雑になってもプロジェクトを推進できる強力な機能とを兼ね備えています。