重要業績評価指標 (KPI) とは何か?

寄稿者 Julia Martins の顔写真Julia Martins2021年5月12日00
facebooktwitterlinkedin
重要業績評価指標 (KPI) 記事バナー画像

重要業績評価指標 (KPI) とは、重要なビジネス目標に向けたチームや組織の進捗を示す定量的な指標です。KPI は、組織の上層部から下層部まであらゆる場で使用されます。追跡したい指標により、組織全体の KPI やチーム別の KPI、そして個人用の KPI さえも設けられます。効果的な KPI を使用すれば、戦略目標の達成に向けた進捗状況を把握できます。

この記事は、初めて重要業績評価指標を作成する場合にもわかりやすいように、KPI と他の目標設定手法との相違点、KPI 用の重要指標を特定する方法、重要業績評価指標を作成する方法について解説します。

効果的な KPI の要素とは?

結果を出す目標がほとんどそうであるのと同様に、効果的な KPI の要件も、具体的かつ測定可能であることです。KPI を設ける目的は、チームの達成目標とその期限に加え、その成果を測定する方法を明確に描き出すことです。

効果的な KPI:

  • 戦略目標の達成を促進する

  • リソース管理の意思決定材料となる

  • 測定可能である

  • 管理可能で影響を及ぼし得る対象を追跡する

  • 指標を戦略目標と結びつける

  • プロジェクトが会社目標にどのように寄与するのか、チーム全員の明確な認識を可能にする

KPI と OKR の比較

KPI という言葉を聞くのが初めてでなければ、OKR についても聞いたことがあるかと思います。双方ともビジネスの世界でよく使われる略語ですが、それぞれ何の略で、どのように異なるのでしょうか?

重要業績評価指標 (KPI): KPI は、長期にわたり業績を測定するために役立つ手法です。効果的な KPI の要件は、チームが一定期間内に影響を及ぼし得る、単一の測定可能な値を追跡することです。

目標と主要な結果 (OKR): OKR は「Objectives and key results」の略で、「[主要な結果] に基づき測定される [目標] を達成する」という形式で表されます。すなわち、ここでいう「目標」は達成目標を指し、「主要な結果」は、その目標に向けた進捗状況を指します。

OKR は目標を包括的に考えるために効果的な手法です。OKR の内の KR、「主要な結果」に最も類似するのが KPI です。ただ、KR は目標の測定対象が何であるかにより、定性的な KR と定量的な KR の双方があり得ます。それに対し、KPI は常に数値化が必要な点で異なります。

KPI の例: 2021年度に NPS (ネットプロモータースコア) を 2 ポイント増加させる。

OKR の例: 

  • 目標: 顧客満足度とロイヤリティを高めるために、お客様に驚きと感動を提供する。

  • 主要な結果: SNS やオンラインイベントを通じてクチコミを発生させる。

  • 主要な結果: 顧客解約率を月 2% 未満にまで引き下げる。

  • 主要な結果: 2021年度に NPS (ネットプロモータースコア) を 2 ポイント増加させる。

記事: 目標と主要な結果 (OKR) とは?

KPI とビジネス評価指標の比較

ビジネス評価指標とは、具体的なビジネス目標に向けた進捗を定性的に測定するための手法です。KPI を設定後、ビジネス評価指標を用いて、最終目標に向けて順調に進んでいるか否かを追跡しましょう。

KPI の例: 第 2 四半期にウェブサイトの訪問者数を 25,000 人増やす。

ビジネス評価指標の例: ウェブサイトのページ別訪問数 (ユニークページビュー)。

効果的な KPI を作成する方法

KPI を使用すると、実現可能な数値目標を設定しやすく、達成しやすくなります。KPI を 1 つ設定する場合でも、一連の KPI を作成する場合でも、始める前に、必ずその KPI の使用により達成したい明確な目標や戦略計画を準備しましょう。続いて、KPI を作成後、重要なプロジェクト関係者と KPI を共有し、全員が進捗状況を追跡できるよう、リアルタイムのアップデートも共有しましょう。

1. ビジネス目標を設定する

KPI を作成する前に、目指す目標を定義する必要があります。効果的な目標設定は、戦略計画を達成する上での主要な成功要因です。最新の調査によると、自社が非常に効果的に目標を設定し、周知できていると回答したナレッジワーカーは、全体のわずか 16% でした。

戦略計画をまだ立てていない場合には策定し、組織の 3 か年目標、5 か年目標を定義しましょう。その上で、その計画を年間目標に小分けしましょう。チームのペースがどれだけ速いかによっては、続いて 1 年ごとの KPI を設定するか、さらに半年ごとまたは四半期ごとの KPI に細分化できます。

記事: 戦略プランニングは初めてですか?ここから始めましょう。

2. 重要なビジネス評価指標を特定する

ビジネス目標を定義したら、その目標との関連性が高いビジネス評価指標はどれかを判断する必要があります。ビジネス評価指標は、目標を達成できるか否かに直接影響する指標です。

留意点: KPI とは重要業績評価指標のことを指します。つまり、最終目標に影響する測定手法や指標として、さまざまな選択肢があるかもしれません。最適な KPI を作成する秘訣は、最も重要な詳細データを記録し、その指標を必ず追跡することです。すべてのタスクやプロジェクトを KPI の対象に含む必要はありません。

何から始めればよいのか定かでない場合には、自社の各部門に関わりが深い指標をチェックしてみましょう。

財務指標の例

  • 年間経常収益 (ARR)

  • 売上継続率 (NRR)

  • 売上高純利益率 (NPM)

  • EBITDA (利払い前税引き前償却前利益)

  • 運転資本

  • キャッシュフロー

顧客指標の例

  • ネットプロモータースコア (NPS)

  • 顧客獲得単価 (CAC)

  • 顧客満足度 (CSAT)

  • 顧客維持率

  • 顧客解約率

  • 有料顧客数

  • 新規顧客数

工程指標および業務指標の例

  • サイクルタイムまたは合計リードタイム

  • 苦情またはバグに関するチケットの件数

  • 売上債権回転日数 (DSO) などの物流指標

人材または人事指標

  • 社員定着率

  • 従業員満足度

  • 給与競争力 (SCR)

営業指標

  • 獲得率

  • 競合他社に奪われた契約件数

  • 市場参入度

マーケティング指標

  • クオリファイドリード (品質が保証されたリード)

  • リードのコンバージョン率

  • SNS フォロワー数

  • コンテンツダウンロード数

  • メルマガのクリック率 (CTR)

  • シェアオブボイス (SOV)

3. KPI を作成する

目指す目標とそれに至るための測定指標の決定が済んだら、KPI を作成できます。数値化でき、具体的で、実行可能な KPI を設定するためには、「SMART (スマート)」の 5 つの要件と照らし合わせることを推奨します。

SMART は、以下を表す略語です。

  • Specific (具体的)

  • Measurable (測定可能)

  • Achievable (達成可能)

  • Realistic (現実的)

  • Time-bound (期限がある)

記事: よりよい SMART な目標作成のためのヒントと実例

KPI の例

ご自身が自社のカスタマーサクセスチームのメンバーであると想像してみてください。全社の顧客解約率を減らすために、カスタマーサポートを向上させることがチームの全体目標です。チームにとって重要な指標として、お客様からの問い合わせを解決するまでにかかる平均チケット解決時間があります。チームが問い合わせに対応するまでの時間は 10 時間以内である必要があります。現在、チームが対応するまでに平均 14 時間かかっています。この目標に向けた進捗を追跡するために効果的かつ SMART の 5 つの要件を満たす KPI は、第 1 四半期末までに平均チケット解決時間を 10 時間以内に短縮することです。

この KPI は、具体的かつ測定可能であり (10 時間以内)、実行可能かつ現実的であり (平均チケット解決時間を 3 か月で 4 時間短縮することがターゲット)、期限が明確です (第 1 四半期末が KPI の達成期限)。

4. リアルタイムの進捗状況を追跡、共有する

KPI は、あらゆる目標と同様に、設定するだけで後は忘れてよいものではありません。進捗状況を追跡し、重要なプロジェクト関係者とリアルタイムで共有する方法を必ず定めましょう。KPI を報告する頻度は、チームの仕事の速度によります。進捗が速いプロジェクトなら、全員が常に変化を続ける最新状況を把握できるよう、アップデートを毎週共有することを検討しましょう。より長期の緩やかなペースのプロジェクトであれば、十分な情報量を共有できるようになるまで待てるよう、隔週または月次の報告を検討しましょう。

記事: 効果的なプロジェクトステータスレポートの書き方

可能な場合は、仕事を管理する場所と同じ場で進捗を追跡、共有しましょう。それにより、各メンバーの仕事が KPI にどのように寄与し、その結果、会社全体の目標にどのような影響が及んでいるのか、チーム全員が理解できます。Asana では、目標管理ソフトウェアを使用し、会社目標をその達成につながる仕事と結びつけています。「ゴール」を使えば、チームメンバーはプロジェクトに優先順位を付け、最も影響度が高い仕事を確実に完了できます。

KPI、OKR、SMART 目標をすべて使いこなしたい!

戦略目標と直結し、数値化できるゴールを設定するために、KPI は効果的な手段です。しかし、KPI がニーズに合わない場合には、その他にもさまざまな目標設定の手法を試せます。まずは OKR の設定より効果的なスマート目標の作成強力な短期目標の策定に関する Asana の記事をお読みください。 

関連記事

記事

10 questions to ask before finding a mentor