短期目標の設定が重要な理由

寄稿者 Sarah Laoyan の顔写真Sarah Laoyan2021年4月30日00
facebooktwitterlinkedin
短期目標の記事ヘッダー

人は皆、仕事およびプライベートの双方において、胸に目標を抱いています。マイホームを買うこと、会社を立ち上げること、チームを管理することなど、目指すゴールは人それぞれ数限りなくあります。あなたのゴールは、今すぐ行動に移せる目標ですか?それともいつか叶うことを願いつつも具体的な姿はまだおぼろげな夢ですか?この記事では、キャリア開発と自己開発の双方を実現するための目標設定方法を紹介します。

チームとの新製品のリリースの取り組み、夢のマイホームの建設など、いかなる目標であっても、思い描くものが巨大で不明瞭であれば、プレッシャーに圧倒されやすくなります。目標を達成する方法を模索中である場合には、最終的なターゲットに向けて前進し始めるために短期目標を設定しましょう。

短期目標とは?

設定可能な目標の種類はたくさんあります。それらすべてに共通する目標の本質とは、達成したい結果です。

短期目標とは、1 週間以内、翌月など、特定の期間により定義される目標です。多くの場合、より大きな目標への踏み台としての役目を果たします。そのため、短期目標は、より難易度が低い傾向があります。

短期目標の例

個人的な短期目標:

  • 毎月の収入の 5% を口座に貯蓄する。

  • 週 1 日、肉を食べない日を設ける。

  • 1 か月に 5 冊本を読む。

仕事における短期目標:

  • 四半期毎のプロジェクトを最初から最後まで管理する

  • 特定のツールやソフトウェアの認定資格を得る

  • 今四半期に、ネットプロモータースコア (正味顧客推奨度) を 5 ポイント向上させる。

これらの短期目標には、すべて特定の期間が割り当てられていることにお気づきかもしれません。それは、短期目標の各アクションに期間を結びつけることで、それらを行動に移しやすくなるからです。

短期目標と長期目標の相違点

長期目標は、古来から旅人が道しるべとした北極星に例えられる、より大きな達成目標です。一方で、短期目標は、より短期間における、より細分化された仕事を対象とします。大きな長期目標を多数の短期目標に細分化することで、仕事の先延ばしを防ぎ、目の前のタスクに集中できます。

それでは、より小さな短期目標が実行計画に組み込まれた長期目標の一例を見てみましょう。

ある営業チームが、今年度中に 5000 万円の売り上げ達成を目指しています。これが長期目標です。企業では、こういった年間目標が四半期目標に小分けされることがよくあります。それらが短期目標です。マネージャーは、四半期目標をさらに細分化し、四半期目標の特定部分を営業担当者に割り当てることもできます。

短期目標を設定する際の戦略

目標設定において最適な戦略は場合により異なるので、あらゆる場合に最善策として通用する唯一の戦略というものは存在しません。以下に、目標を定める際に役に立つ戦略を 2 つ紹介します。

スマート (SMART) な目標

SMART 目標は、目標設定の一般的な手法です。「SMART」は以下の略語です。

  • Specific (具体的)

  • Measurable (測定可能)

  • Achievable (達成可能)

  • Realistic (現実的)

  • Time-bound (期限がある)

SMART 目標の各要素をすべてゴールに含めば、ターゲットを達成するために必要なステップを細分化しやすくなります。

記事: よりよい SMART な目標作成のためのヒントと実例

目標と主要な結果 (OKR)

短期目標を設定する際には、各目標に具体的なアクションを結びつけることが重要です。具体的な行動に移せるマイルストーンを定義すれば、長期および短期双方の目標達成に向けて、明確なロードマップを描くことができます。

この考え方を実行に移すには、目標と主要な結果 (OKR: Objectives and key results) を使用します。目標は目指すゴールです。主要な結果とは、目標への進捗を測定する指標です。

記事: OKR の設定方法

目標を OKR と組み合わせれば、主要な結果に向けて確実に前進できます。主要な結果を達成するために必要なアクションは何であるのか考え、それを目標設定に活用しましょう。

短期目標を定める方法の例

ある SNS チームの OKR が、今会計年度に SNS のフォロワー数を 400% 増加させることであると想定しましょう。

400% という結果を達成するための明確な計画はない状態で、そのチームは会議を開催し、SNS のフォロワー数を増加させるために実行できる施策についてブレーンストーミングを行います。あるチームメンバーは、フォロワー数を増加させるために、毎四半期に 2 回プレゼントキャンペーンを開催することを提案します。別のメンバーは、認知度を高めるために有料広告の使用を提案します。そしてまた別のメンバーは、ブランドのプロモーションを行うために、毎週異なるインフルエンサーと提携することを提案します。

これら 3 つの選択肢は、すべて優れた施策であり、そのそれぞれが、短期目標として設定すれば主要な OKR の達成につながります。これら 3 つの目標を書き出すと、以下のようになります。

  • 毎四半期に 2 回、プレゼントキャンペーンを開催する。

  • 有料広告の使用により、フォロワー数を毎四半期 250 人増やす。

  • 週 1 回、インフルエンサーを通じて、各チャネルのプロモーションを行う。

これら個々の短期目標は、長期的な会社目標の達成のために完了が必要な具体的な作業に対応します。会社全体の目標、チームの目標、そして具体的な作業をすべてつなぐのが、「見える化のピラミッド」の中核を成す役割です。見える化のピラミッドを使用すれば、日々の業務を短期目標と関連付けられます。それにより、チーム全員が 1 つの目標に向かって歩めるので、組織全体がその実現に近づくことができます。

記事: Asana のゴール機能を使って「見える化のピラミッド」を構築する方法

目標の進捗を追跡する

長期的なチーム目標を目指す場合も、短期的な個人目標を目指す場合も、確実に前進し続けるには、目標の追跡が欠かせません。目標に向けて仕事を効率的に進めるには、その達成可能性を心配する時間を減らし、実際に目標への距離を縮めるアクションに使う時間を増やしましょう。

Asana の最新の調査によると、自分の仕事が会社目標にどう寄与するのかを明確に理解できている知識労働者の比率は全体のわずか 26% です。自分がどの目標に貢献しているのかを各チームメンバーが把握できていない場合、全体的な会社目標に影響を及ぼす仕事ができていない可能性が高くあります。

だからこそ、目標の追跡は非常に重要なのです。チームが取り組む仕事はすべて共通の目標に寄与すべきです。ではどうすれば、それらの目標に向かいチーム全員を常に前進させられるのでしょうか。以下にそのための戦略をいくつか紹介します。

  • 進捗状況を明確に伝える: チーム全員に対し仕事の進捗状況が可視化できていれば、その仕事が目標に寄与するものであるか否かについて混乱が生じることはありません。 

  • プロジェクトのマイルストーン設定し、達成を祝う: チームが目標に向けて前進する過程で、ゴールに到達する前に意欲や集中力を失うことがないよう、漸進的な進捗を祝うことが重要です。

  • ソフトウェアで目標を管理する: チームの仕事と会社目標とをすべて 1 つの場所で一元管理しましょう。Asana のようなワークマネジメントソフトウェアを使えば、チームは進行中のあらゆる作業について、信頼できる唯一の情報源を得られます。

目標追跡の主要なメリットの 1 つは、戦略が順調に進んでいるか否かが可視化されることです。主要な結果を積極的にモニタリングしているにも関わらず、望む成果が得られていない場合には、その原因を突きとめるためにさらに深く調査できます。チームメンバーの作業量が多すぎるのでしょうか。それとも、予想していたほど効果的ではない戦略がまぎれているのでしょうか。

記事: チームの仕事量を管理するための効果的な方法

目標を追跡しておけば、物事が計画通りに進んでいない場合に戦略を変更する余裕が生まれます。

仕事において短期目標を活用する

マネージャーとしてチーム目標を効果的に管理する

マネージャーとして、チームの個人目標を先に把握せずに自分の個人目標を立てるのは難しいかもしれません。優れたマネージャーは、チームメンバーの妨げになる要因を取り除き、目標達成につながるタスクの完了を可能にします。

マネージャーとしての個人目標を設定する前に、まずチームの目標を確認しましょう。チームが取り組んでいる仕事に基づき自分の目標を立てれば、全員が足並みを揃えて前進できます。

仕事における自己開発を短期目標と共にモニタリングする

短期目標をモニタリングすると、チームと会社の進捗状況だけでなく、自分またはチームメンバーの自己開発を追跡することもできます。新たなスキルを伸ばしたり、新たな任務を開始したりする場合には、それらのスキルが目標達成に向けてどのように生かされているのか追跡しましょう。

一例を紹介します。

佐藤さんは、とある SaaS 企業の営業担当者です。佐藤さんは営業電話をかけることはあまり好きではありませんが、見込み顧客にリーチするための自動的なメールフローを作成するツールをいくつか見つけました。

佐藤さんのマネージャーである田中さんは、佐藤さんの営業電話の本数が目安を下回っているものの、見込み顧客へのメールフローを設定したために、営業目標を達成できていることに気づきました。

田中さんは佐藤さんのこのスキルに伸びしろがあると考え、チームの他の営業担当者のためにメールマーケティングフローを開発する仕事への転属を希望するか佐藤さんに尋ねました。佐藤さんの自己目標に向けた進捗状況をモニタリングすることで、田中さんは、佐藤さんが自分のスキルに最適なポジションに就ける機会を生み出せたのです。

自己開発向けの目標を設定する

目標は、自己開発にも活用できます。長期的な人生の目標があれば、仕事における目標の場合と同様に、短期的な個人目標を設定できます。徐々にステップアップしていくための小さなマイルストーンとして、測定可能な目標を複数設定しましょう。

短期的な個人目標は、さまざまな抱負に活用できます。たとえば、個人の財務管理、フィットネス目標の設定、食事やダイエットの定期的な追跡などは、すべて自己開発における目標の活用例です。

個人目標を小分けする方法の例を以下に紹介します。

長期的な個人目標: 6 か月以内にハーフマラソンを完走する

短期目標:

  • 第 2 週の終わりまでに、1.6 キロを途中で休まずに完走できるようになる

  • 1 か月目の終わりまでに、5 キロを 35 分未満で完走する

  • 2 か月目の終わりまでに、10 キロを 1 時間未満で完走する

上記の通り、個々の短期目標は漸進的なステップですが、そのすべてのステップが長期目標の実現につながるのです。

短期目標を効果的に追跡する

短期および長期の目標を効果的に追跡する方法をお探しですか?Asana のようなワークマネジメントソフトウェアを使って目標を追跡すれば、目標を達成可能なタスクに細分化できます。

見える化のピラミッドを活用して目標を達成する方法について、さらなる詳細をご覧ください。

関連記事

記事

10 questions to ask before finding a mentor