フィジビリティスタディとは?メリットと進め方を徹底解説

寄稿者 Julia Martins の顔写真Julia Martins2022年7月25日
facebooktwitterlinkedin
プロジェクト管理でフィージビリティースタディ (実現可能性調査) を使用する方法の記事のバナー画像
今すぐ Asana を試す

この記事は 2022年 7月に改訂されました。

組織に大きな影響を与える可能性のある大規模で複雑なプロジェクトを運営することは、とてもエキサイティングなことです。しかし、真の変革を推進する一方で、もしも失敗したときのことを考えると、足がすくんでしまうのもまた事実ではないでしょうか?

そこで登場するのがフィジビリティスタディです。この記事では、フィジビリティスタディとは何か、進め方や構成要素をご紹介します。まだフィジビリティスタディをプロジェクト管理に利用したことがないという方は、参考にしてみてください。

フィジビリティとは?

そもそもフィジビリティ (feasibility) とは、実現可能性や実行可能性を意味する英単語です。日本語では「フィージビリティ」と表記されることもあります。ビジネス用語として用いられるこの単語は、事業計画や新規事業、プロジェクトにおける実現性を意味することが多く、計画を進めるにあたり必ず検討すべき要素として知られます。

世界ではじめてプロジェクトのフィジビリティに着目したのは、1933年にアメリカ政府が立ち上げたテネシー川流域開発公社であるとされます。当時発生していた世界恐慌から労働者を守るために設立されたこの会社は、ダム建設などのさまざまな公共事業に取り組みました。その際に、その計画の実現性と実行性を入念に検討したと言われています。

フィジビリティスタディとは?

では、フィジビリティスタディ(feasibility study) とは何のことを指すのでしょうか?フィジビリティスタディ (フィージビリティスタディとも表記される) は、実現可能性調査や実行可能性調査、成立可能性分析とも呼ばれる、事業計画やプロジェクト計画が成功するかどうかを評価する方法です。フィジビリティスタディでは、プロジェクトの実現性および実用性を評価し、プロジェクトを進めることができるかどうかを判断します。

フィジビリティスタディを行うには、次の 2 つの質問に答える必要があります。

  1. 自分のチームは、このプロジェクトを完了するために必要なツールやリソースを持っているか?

  2. そのプロジェクトを進める価値があるほど、投資に対する高いリターンが得られるか?

フィジビリティスタディは、ビジネスにとって大きな投資となるプロジェクトや、市場における企業の存在感に大きな影響を与える可能性のあるプロジェクトに必要となります。

フィジビリティスタディには、以下のようなメリットがあります。

  • プロジェクトに着手する前に市場機会を確認する

  • ビジネスの選択肢を絞り込む

  • 提案されたイニシアチブのメリットとデメリットに関する文書を作成する

  • プロジェクト進行の可否を決定する前に、より多くの情報を提供する

プロジェクトマネージャーとして、フィジビリティスタディの推進を直接担当することはないかもしれませんが、フィジビリティスタディとは何かを知っておくことは重要です。フィジビリティスタディに含まれるさまざまな要素を理解することで、フィジビリティスタディを推進するチームをよりよくサポートし、プロジェクトに最高の結果をもたらすことができるでしょう。

フィジビリティスタディを行うタイミング

フィジビリティスタディは、プロジェクトの構想が固まった後、実際に作業を開始する前に実施する必要があります。この調査は、プロジェクト計画プロセスの一部です。実際には、プロジェクトに応じてSWOT 分析プロジェクトリスク評価と合わせて行われることが多くあります。

一方、以下のような場合はフィジビリティスタディはおそらく必要ないので、考慮に入れておきましょう。

  • 該当プロジェクトが実現可能であることをすでに知っている

  • 過去に同じようなプロジェクトを行ったことがある

  • 競合他社が市場で同様の取り組みを行って成功している

  • プロジェクトの規模が小さく、単純で、長期的なビジネスへの影響が少ない

  • チームが過去 3 年以内に同様のフィジビリティスタディを実施した

では、プロジェクトピッチやプロジェクト憲章、ビジネスケース、ビジネス計画などと絡む場合、フィジビリティスタディはどのタイミングで行えばいいのでしょうか。以下にまとめます。

プロジェクトピッチ

プロジェクトピッチは、そのプロジェクトが自社にとってよいアイデアであるかどうか、プロジェクトの目標が全体的な戦略プランに沿っているかどうかを評価するプロセスです。一般的には、プロジェクトがよいアイデアであることを確認した後、フィジビリティスタディを実施して、手持ちのツールやリソースでプロジェクトが実現可能かどうかを確認します。

プロジェクト憲章

プロジェクト憲章は、ステークホルダーにプロジェクトを提案するための比較的インフォーマルな文書です。この文書は、プロジェクトの目的、範囲、責任を「エレベーターピッチ」で説明したものと考えてください。一般的には、プロジェクトを承認する前に、プロジェクトスポンサーや経営陣の関係者がプロジェクト憲章を確認します。

フィジビリティスタディは、プロジェクト憲章が承認された後に実施すべきものです。これは、プロジェクトがチームの目標に沿っているかどうかを確認するための資料ではなく、そのプロジェクトが実現可能かどうかを確認するためのものです。

ビジネスケース

ビジネスケースは、プロジェクト憲章をより正式にしたものです。通常、小規模で単純なイニシアチブにはプロジェクト憲章を作成しますが、ビジネスに大きな影響を与える大規模で複雑なイニシアチブを提案する場合には、ビジネスケースを作成する必要があります。ビジネスケースは、財務情報を含むより長く正式な文書で、通常、より上級の関係者や企業トップ層が関与します。

ビジネスケースが関与する関係者に承認された後、その作業が実行可能かどうかを確認するためにフィジビリティスタディを行います。実行可能でないと判断した場合は、経営陣の関係者に戻り、ビジネスケースが実行可能であることを確認するために、リソース、ツール、時間などの追加を要求します。

ビジネス計画

ビジネス計画とは、組織の目標を正式に文書化したものです。一般的には、会社を設立する、またはビジネスが大きく変化する際にビジネス計画を作成します。ビジネス計画は、3 年から 5 年の戦略計画を含む、他の多くのビジネス上の決定に影響を与えます。

ビジネス計画や戦略計画を実行する際には、個々のプロジェクトに投資することになります。フィジビリティスタディとは、個々のプロジェクトやイニシアチブの実用性を評価する方法です。

事業戦略の無料テンプレート

フィジビリティスタディの 4 つの要素

フィジビリティスタディには、技術的フィジビリティ、財務的フィジビリティ、市場でのフィジビリティ (または市場適合性)、運用面でのフィジビリティの 4 つの主要な要素があります。これらを「4 種類のフィジビリティスタディ」と呼ぶこともありますが、実際にはほとんどのフィジビリティスタディが 4 つの要素すべての検討を含んでいます。

技術的フィジビリティ

技術的フィジビリティスタディは、プロジェクトに利用可能な技術リソースを検討する調査です。ここでは、プロジェクトの目的を達成するために、適切な設備、十分な機器、そして適切な技術的知識があるかどうかを判断します。たとえば、月に 5 万個の製品を作るというプロジェクト計画があっても、工場では月に 3 万個しか生産できない場合、このプロジェクトは技術的に実現可能ではありません。

財務的フィジビリティ

財務的フィジビリティとは、プロジェクトが財政的に実行可能かどうか、つまり採算性があるかどうかを示すものです。財務的フィジビリティの報告書には、プロジェクトのコストやメリットに関する分析が含まれます。また、予想される投資収益率 (ROI) を予測するとともに、財務上のリスクについても概説します。財務的フィジビリティスタディの最終的な目標は、プロジェクトがもたらす経済的利益を理解することです。

市場でのフィジビリティ

市場でのフィジビリティは、プロジェクトの成果物が市場でどのようなパフォーマンスを発揮するかを評価するものです。この報告には、市場分析、市場競争の内訳、売上予測などが含まれます。

運用面でのフィジビリティ

運用面でのフィジビリティでは、組織がこのプロジェクトを完了できるかどうかを評価します。これには、スタッフの要件、組織構造、および適用される法的要件が含まれます。運用面でのフィジビリティスタディの終了時には、この作業を完了するためのリソース、スキル、適格性を有しているかどうかが把握できます。

フィジビリティスタディのチェックリスト

フィジビリティスタディは同じような構成であることがほとんどですが、明確なフィジビリティスタディを作成することは、プロジェクトの関係者が意思決定を行う際に非常に役立ちます。フィジビリティスタディの構成要素には、以下が含まれます。

  • プロジェクトの全体的な実行可能性を記述したエグゼクティブサマリー

  • このプロジェクトで開発される製品またはサービスの説明

  • 技術、設備、人員配置などの技術的な検討事項

  • 現在の市場とマーケティング戦略の研究を含む市場調査

  • チームの現在の組織構造がこのイニシアチブをサポートできるかどうかを評価する運用面でのフィジビリティスタディ

  • プロジェクトのタイムライン

  • 財務的フィジビリティレポートに基づく財務予測

Asana でチームやプロジェクトを横断するレポートを作成する

フィジビリティスタディの進め方: 6 つのステップ

フィジビリティスタディを自分で行う機会はあまり多くないかもしれませんが、洞察や情報の提供を求められることはあるでしょう。フィジビリティスタディを実施するには、訓練を受けたコンサルタントを雇うか、社内にプロジェクトマネジメントオフィス (PMO) がある場合は、この種の仕事を引き受けてくれるかどうか尋ねてみましょう。一般的には、以下のような手順で作業を進めていきます。

1. 事前分析の実施

フィジビリティスタディの作成は、時間のかかるプロセスです。フィジビリティスタディを始める前に、プロジェクトに明らかな障害がないかどうかを評価することが重要です。たとえば、組織の予算を大幅に上回る予算が必要なプロジェクトであれば、完成させることはできないでしょう。同様に、プロジェクトの成果物が特定の日までに市場に出回る必要があるにもかかわらず、実際に出回るのは数ヶ月後である場合も、そのプロジェクトは実現不可能である可能性が高いです。このような大規模な障害が存在する場合、プロジェクトが実行不可能であることは明らかなので、フィジビリティスタディは不要です。

記事: 29 個のブレーンストーミングテクニック: 創造力を引き出す方法無料のチームブレーンストーミング用テンプレート

2. 財務的フィジビリティの評価

財務的フィジビリティスタディは、プロジェクトの予想損益計算書と考えてください。このフィジビリティスタディでは、予想されるプロジェクトの収益を明らかにし、プロジェクトの目標を達成するために組織が時間と資金の面でどのような投資を行う必要があるかを明示します。

財務的フィジビリティスタディでは、そのプロジェクトがビジネスのキャッシュフローに影響を与えるかどうかを考慮します。プロジェクトの複雑さに応じて、社内の PMO や外部のコンサルタントが財務チームと協力してプロジェクトの費用対効果の分析を行う場合もあります。

3. 市場評価の実施

市場評価、または市場でのフィジビリティスタディは、市場における需要を特定する機会です。この調査では、プロジェクトに期待される収益や、潜在的な市場リスクを把握できます。

市場評価では、他のステップと比べ、主に市場における機会があるかについて重点的に評価します。この調査では、競合他社のポジションを評価したり、人口統計を分析を行うことにより、プロジェクトの成果を把握することが重要です。

4. 技術的および運用面でのフィジビリティの検討

財務状況が良好で市場の準備が整っていたとしても、組織が対応できない可能性があります。運営面でのフィジビリティを評価するために、プロジェクトに必要な人員や設備、またプロジェクトの成功に欠かせない、時間、資金、スキルなどの組織的リソースについて検討しましょう。

また、プロジェクトによっては、そのイニシアチブの法的な影響を考慮する必要があります。たとえば、製品の新しい特許を開発するプロジェクトであれば、法務チームが関与して、その要件をプロジェクト計画に組み込む必要があります。

記事: 初めてのリソース管理ガイド

5. プロジェクトの脆弱性の見直し

この段階までに、社内の PMO チームや外部のコンサルタントは、フィジビリティスタディの 4 つの要素 (財務、市場分析、技術的フィジビリティ、運用面でのフィジビリティ) をすべて検討します。そして次は、チームや関係者の提案を実行する前に、データに矛盾がないか見直し、分析します。これには、損益計算書が市場分析と一致しているかどうかの確認も含まれます。同様に、技術的なフィジビリティスタディを行った後には、何か対応を要する状況がないかどうかを確認し、もしある場合にはコンティンジェンシープランを作成します。

プロジェクトの複雑さにもよりますが、常に明確な答えがあるわけではありません。フィジビリティスタディは、複雑な問題に対して白黒はっきりとした判断を与えるものではなく、適切な質問と答えを用意することで、プロジェクトとチームにとって最適な判断を下せるようにサポートするものです。

記事: 8 つのステップでビジネスリスクを未然に防ぐコンティンジェンシープランを作成

6. 決定事項の提案

フィジビリティスタディの最後のステップは、主要なポイントに触れ、解決策を提案するエグゼクティブサマリーです。

プロジェクトの複雑さやスコープに応じて、社内の PMO や外部のコンサルタントがフィジビリティスタディを関係者と共有したり、グループに提示してリアルタイムで質問を受け付けることもあるでしょう。いずれにしても、フィジビリティスタディがあれば、チームは十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。

フィジビリティスタディとワークマネジメントツールでプロジェクトを成功に導く

フィジビリティ (フィージビリティ) とは何か、ビジネスシーンで実行されるフィジビリティスタディの意味とその要素、行うタイミング、進め方について解説しました。プロジェクトのフィジビリティを明確にすることは、ビジネスを進める上でとても重要なプロセスです。適材適所でこの調査を行いましょう。

フィジビリティスタディが終わったらこれでプロジェクトを実行する準備が整いました。Asana のようなワークマネジメントツールで進捗状況を確認し、プロジェクトを成功に導きましょう。小さなタスクからビジネスの全体像まで、Asana を使って仕事のすべてを整理すれば、チームは自分の仕事を理解できるだけでなく、それが大切な理由も、仕事を完成させる方法も明確に把握できるのでおすすめです。

Asana のワークマネジメント機能を試す

関連リソース

記事

リスクヘッジ: 意味、進め方、スキル向上のポイントを解説