成功を評価するために使用できる 22 種類のビジネス目標

寄稿者 Julia Martins の顔写真Julia Martins2021年9月16日00
facebooktwitterlinkedin
成功を評価するために使用できる 22 種類のビジネス目標の記事バナー画像

概要

明確なビジネス目標は、ミッションステートメントや会社の長期的なビジョンの達成に役立ちます。目標は、財務的な目標から組織特有の目標まで多岐に渡ります。本記事では、設定できる 22 種類のビジネス目標をご紹介し、ビジネス目標とその他 14 種類の目標設定手段をうまく使い分けるタイミングについて解説してきます。 

主要なビジネスオーナーは、小さなビジネスやスタートアップ企業で働く場合でも、チームリーダーとして働く場合でも、組織を長期的な目標の達成に向けて後押しするビジネス目標を特定する役割を果たします。今後、どこを目指し、どのように達成するかを知るには、目標と戦略的目的をはっきりさせるのが一番です。 

この記事では、22 種類のビジネス目標とそれぞれを達成可能にする方法について解説します。また 15 種類の設定可能な目標をそれぞれを選択する理由と一緒にご紹介します。

ビジネス目標とは?

ビジネス目標とは、会社の長期的なビジョンを実現するために、その過程の中で目指す結果のことです。ビジネスの成功を全体的に評価するための指標だとお考えください。

ビジネス目標を達成するということは、会社の大きな目標の達成へ向けって一歩前進するということです。したがって、ビジネス目標は組織全体に大きなインパクトを与えるものでなければいけません。適切なビジネス目標は、評価可能で、具体的な上に、期間が設定されています。 

記事: よりよい SMART な目標作成のためのヒントと実例

22 種類のビジネス目標

ビジネス目標は、組織の成功を測る要因や、組織の成功にインパクトを与える要因を基に設定します。たとえば、以下のようなビジネス目標を設定することが考えられます。

財務的なビジネス目標

1. 収益性: 収益性重視のビジネス目標は、会社が社外の投資者に依存する場合に重要となります。収益性を高めて維持することは、長期的な成功につながるため、会社の全体的なミッション達成を目指して前進することができます。 

2. 収益: 収益重視のビジネス目標は、収入とコストのバランスを維持してビジネスを継続させるのに役立ちます。一定の年間収益を目指したり、一定の期間中に収益を一定の割合で増加させたりするといったビジネス目標を立てることができます。

3. コスト: コストとは、ビジネスに費やす金額のことです。コストの削減は、収益と収益性の向上につながります。コストに関連したビジネス目標は、生産や運用のコストをコントロールし、ビジネスの財務実績を改善する上で役立ちます。

4. キャッシュフロー: キャッシュフローとは、ビジネスにおけるお金の出入りのことです。キャッシュフローは、収益が出費よりも高い場合はプラス、出費が収益よりも高い場合はマイナスとなります。収益性と同様に、キャッシュフロー指向のビジネス目標は、長期に渡って財務上の成功を目指す場合に役立ちます。 

5. 持続的成長: ビジネスとして成長するには、持続的に成長を遂げる必要があります。持続的成長に関連するビジネス目標を立てると、財務予測や人件費など、財務面で考慮すべき事柄について計画を立てることができます。 

顧客中心のビジネス目標

6. 競争力の高いポジショニング: 自社製品やサービスが同じ市場の他社製品やサービスと比べてどう違うのかについて考えることは、ビジネス戦略の大きな要素の 1 つです。競争力の高いポジショニングを重視したビジネス目標を立てることにより、自社製品やサービスを市場で期待されるレベルまで押し上げることや、競争力の高いポジショニングを利用し、主要な領域で競合他社の上を行く結果を出すことができます。 

7. 市場シェア: このビジネス目標は、会社の製品やサービスが占める市場シェアの割合を指します。市場シェアが高いと、ビジネスのリーチも大きくなります。この種類のビジネス目標は、市場における存在感を高めたいときに便利です。これは、SNS での取り組みや大規模な広告キャンペーン、ブランドトラッキング、パフォーマンスなどを通じて行えます。 

8. 顧客満足度: ビジネスとして成功するには、顧客を満足させることが欠かせません。顧客満足度をベースにしたビジネス目標にフォーカスすれば、顧客により適切なサービスを提供できます。ビジネス目標によっては、顧客支援プログラムやヘルプデスクの改善、類似の顧客対応業務などに焦点が当てられます。 

9. ブランドの認知度: ブランドとは、組織が競合他社との差別化を図るためのものです。ブランド認知度の把握は、自社ブランドが顧客からどう思われているのか、また自社ブランドと共同他社との違いを顧客がどの程度認知しているのかを把握する需要な手段です。ブランドの認知度を理解し、高めることは、長期的なマーケティング戦略の重要な一部分です。

10. セールス: ビジネス目標で、セールスサイクルの改善や洗練に関連するものがよく見られます。これには、顧客獲得単価 (CAC) の削減や見込み顧客を追跡する効率的な手段の開発、クロスセリングの増加などが含まれます。

11. チャーン: ビジネスにおいて、チャーンレート (解約率) とは、一定の期間中に失う顧客の数を指します。チャーンを低減させることは、収益を増やし、顧客に満足していただけるような製品やサービスを提供するための優れた方法です。 

Asana で戦略目標を達成する

社内のビジネス目標

12. 従業員の満足度とエンゲージメント: ビジネスでは、従業員がそこでの勤務についてどのように感じているのかも大切なことです。従業員の満足度とエンゲージメントを高めることは、従業員の幸福度の向上、バーンアウトの削減、チームの効率アップにつながります。 

13. 従業員定着率: 社内の主要なビジネス目標の 1 つは、授業員に長い間会社に勤務してもらうということです。従業員の在職期間を伸ばし、離職率を減らすことができれば、知識豊富な従業員たちと一緒により複雑なプロジェクトを完成させることができます。 

14. 会社の成長: ビジネスを成長させるには、従業員の数を増やす必要もあります。しかし、会社を持続的に成長させることは容易なことではありません。ビジネスが会社の成長を主要なビジネス目標として掲げることが多いのはそのためです。 

15. 組織文化: 組織文化とは、理想であり、価値観であり、社内におけるチームメンバー同士の関わり方を形成するグループ規範でもあります。良質な文化は、従業員の参画意識を促進し、定着率を向上させます。これが、多くの企業が組織全体で文化を重視したビジネス目標を立てる理由の 1 つです。 

16. チェンジマネジメント: チェンジマネジメントを活用すれば、スムーズに大規模な変更を組織全体に導入できます。 組織が毎年この種のビジネス目標を立てることはあまりありませんが、大規模な変更を予定している場合は役に立つ場合があります。 

17. 生産性: Asana では、生産性を「出来る限りのことをする」ためのものであるという考え方はせず、むしろ、時間を最適に使い、最高の仕事を成し遂げるためのものであると考えています。従業員の生産性を高めると、チームはインパクトの大きな仕事をより効率的に仕上げることができます。 

18. 従業員の有効性: チームは、単に効率よく働くだけではなく、取り組むべき仕事を理解している必要があります。優れた会社は効率性と効果性 (有効性) の両方を成し遂げようと努力します。そこで役立つのが、効果をベースとしたビジネス目標です。詳しくは、当社が効率と効果について書いた記事をお読みください。 

19. 多様性とインクルージョン: 企業文化を心地良く感じられる大きな理由の 1 つは、従業員がその職場に属していると実感できるためです。多様性とインクルージョンのプログラムに投資することは、会社を現在の従業員と今後採用される従業員にとって心地の良い場所にするのに役立ちます。 

記事: チームの士気が社員のパフォーマンスに与える影響

規則関連のビジネス目標

20. 品質管理: 品質管理に関する措置をビジネス目標として導入すると、製品やサービスの品質が期待されるレベルに達していることを保証できます。これは、顧客関係の改善および収益の全体的な増加につながります。 

21. コンプライアンス: コンプライアンスについて何らかのニーズを近い将来に満たす必要がある場合は、そうしたコンプライアンスの要件をビジネス目標とすれば、予定通りに目標を達成できます。 

22. 持続可能性の向上または無駄の削減: ビジネスによっては、無駄を削減することや、持続可能性を高めることをビジネス目標とする場合があります。ビジネスには直接影響しないかもしれませんが、環境に配慮していることを証明することは、ターゲットとしている特定のオーディエンスを獲得することに役立ちます。 

状況に合った目標設定手段を選ぶ

どの種類の目標を設定すべきか判断するのは難しいかもしれません。目標設定手段はそれぞれ少しずつ異なるため、適切な手段を導入することが目標の達成に役立ちます。

設定する目標の種類は、運営する事業活動や目指す目標によります。目標達成までの期間が決まっている場合は、短期目標をおすすめします。一方で、長期目標には短期目標と異なる独自の目標設定手段が存在します。 

何から始めればよいのか分からないという方は、状況に合わせた以下 15 種類の目標設定手段について見てみましょう。 

1. ビジネス目標: 会社の長期的な成功にインパクトを与える運営要素を基に目標を設定します。

2. ビジネス計画: 別名ビジネス戦略計画。ビジネス目標を文書化し、その目標を達成する方法を計画します。

3. ビジョンステートメント: 組織全体が目指すべき「北極星」を設定します。

4. 社運を賭けた大胆な目標 (BHAG): 組織規模のストレッチゴールを設定します。

5. 企業価値: 基本原則によってチームの認識を合わせます。

6. 戦略計画: 戦略計画プロセスの中で、3~5 年先を見据えた会社の目標を明確化します。 

7. 戦略的目標: 戦略計画が終了するまでに成し遂げたい目標を設定します。

8. 重要成功要因: 戦略目標を達成するために達成する必要がある経営レベルの目標を明確化します。 

9. 戦略管理: 会社の目標を達成するために戦略計画の管理を行います。 

10. ビジネス目標: 一定の期間内に達成を目指す目標を事前に設定します。 

11. 目標と主要な結果 (OKR): 会社の年間目標を設定し、伝達します。

12. 重要業績評価指標 (KPI): 定量的目標を設定します。

13. プロジェクト目標: プロジェクトが終了するまでに成し遂げたい目標を共有します。

14. プロジェクト成果物: プロジェクトのアウトプットを特定します。

15. プロジェクトマイルストーン: プロジェクトのタイムラインに沿って特定のチェックポイントを設けます。

目標設定に関するその他のリソース

組織の正常な機能を維持するには、明確な目標が欠かせません。ビジネス目標以外にも、当社が提供する目標設定のリソースハブで、目標を設定してインパクトの大きな結果を出すためのヒントをご覧いただけます。そして、準備が整ったら Asana で目標の追跡を始めましょう。Asana を使えば、会社の目標と、その目標へ向けた仕事を一か所でつなぐことができます。

Asana のゴール機能を無料で試す

関連記事

記事

10 questions to ask before finding a mentor