SNS コンテンツカレンダーを解説: 作り方、メリット、活用方法

寄稿者 Julia Martins の顔写真Julia Martins2022年11月29日
facebooktwitterlinkedin
SNS コンテンツカレンダー記事バナー画像
テンプレートを表示

概要

SNSアカウントを管理することは、たやすいことではありません。たとえばインスタ投稿用カレンダーなどを駆使して管理していたとしても、管理すべきアカウント数やアプリ数が複数ともなると、大変な作業となります。SNS アカウントはアクティブに保つだけでなく、新規の投稿、オーディエンスとのインタラクション、社内での拡散など、複数の仕事を抱えなければならないのです。そこで役立つのが、コンテンツカレンダーです。

この記事では、SNS コンテンツカレンダーのメリットから作成方法、作るときのコツなどの基本知識を解説します。

更新: この記事は、SNS コンテンツカレンダーに関する「よくある質問」を含めて 2022年 11月に改訂されました。

SNS コンテンツカレンダーは早見表だと考えましょう。このツールを使えば、高品質コンテンツの投稿が、スムーズに絶え間なく発信されるよう、事前に計画できます。今後 30 日間の投稿を計画するのでも、今後 365 日間を計画するのでも、一貫したメッセージと高品質のコンテンツを SNS ユーザーに届けたいなら、SNS コンテンツカレンダーは絶好の手段です。

ちょっと想像しがたいでしょうか?それでは、SNS コンテンツカレンダーとその作成方法について、簡単な 6 つのステップからなる本ガイドで、詳細をお読みください。

SNS コンテンツカレンダーはテンプレートを使用すると効率的です。それぞれのチームのニーズに対応し、フレキシブルにカスタマイズができるものを選ぶようにします。Asana に無料登録して、SNS コンテンツカレンダーテンプレートをお試しください。

SNS カレンダー用無料テンプレート

SNS コンテンツカレンダーとは?

SNS コンテンツカレンダーとは、別名エディトリアルカレンダーとも呼ばれるツールで、SNS の投稿コンテンツを管理するカレンダーのことを言います。SNS コンテンツカレンダーを作成しその内容を精選することは、信頼できる唯一の情報源を作成することも意味します。それは将来の投稿を計画し、投稿済みの記事を追跡し、複数部門との連携を調整できる場となるのです

この種のカレンダーは、Instagram、Facebook、LinkedIn、Twitter など、複数の SNS アカウントを管理している場合に特に役立ちます。たとえば、インスタ投稿用カレンダーを使えばインスタ投稿は管理できますが、ツイート管理はできません。しかし SNS コンテンツカレンダーを使用すれば、独自の個性を表す投稿をし、各投稿につき複数バージョンを管理し、各々のアカウントで何を投稿するかを決定できます。

ソーシャルメディアと SNS の違いは?

ソーシャルメディアは、インターネット技術を利用して、個人が情報を発信することで形成される情報交流サービスの総称です。SNS (ソーシャルネットワークサービス) はソーシャルメディアの一部であり、個人間のコミュニケーションを促進する社会的ネットワークです。

効果的で有益な SNS コンテンツカレンダーを作成するには、投稿を整理し可視化するためのツールが必要です。初心者の方は、SNS コンテンツカレンダー用無料テンプレートを提供する、Asana のようなワークマネジメントツールをお試しになることをおすすめします。Asana のテンプレートを使えば、タスクやセクションのサンプルをすぐに使用して、カレンダービューでカレンダーを表示し、過去の投稿の成果を報告できます。

SNS コンテンツカレンダーのメリットは?

SNS コンテンツカレンダーを作って正しく管理することにより、SNS チームはその潜在的な実力を発揮するでしょう。カレンダーを使えば、SNS 計画に戦略と指標を取り入れ、SNS アカウントに新しい活力をもたらすことができます。

SNS コンテンツカレンダーのメリットには、以下のようなポイントが挙げられます。

・一貫した投稿スケジュールを維持する

・すべての投稿を完璧なタイミングで行う

・コンテンツ計画を一元管理する

・大きなミスを防ぐ

・部門間の可視性を向上する

・SNS データ解析を始める

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

一貫した投稿スケジュールを維持

一元管理された SNS カレンダーを使用していない場合、各アカウントで行っている投稿のタイミングについて、現状を正確に可視化することは困難かもしれません。各アカウントに対し読者からの関心が集まるようにするためには、過去、現在、未来、すべての投稿のカレンダーが必要です。また、投稿を事前に可視化することにより、将来の投稿予定にギャップがないか確認し、もしギャップが見込まれる場合には、必要に応じてそのタイミングに新規の投稿を計画できます。

記事: 業務スケジュールテンプレートを使ってチームの足並みを揃える方法 (実例付き)マーケティングチーム向けの Asana を試す

すべての投稿を完璧なタイミングで行う

SNS の投稿を作成するためには、毎回たくさんの労力とケアが注がれます。しかし、それらの投稿を共有し拡散するために最適な計画を準備できなければ、ニュースフィードに紛れて、いともたやすく見逃される可能性があります。オーディエンスに届けたい一心でせっかく作成したコンテンツも、その目に触れることがないかもしれません。SNS カレンダーを使えば、すべての投稿を事前に整理し、オーディエンスの関心をとらえるために最適な投稿のタイミングを計画できます。

コンテンツ計画を一元管理

投稿の場や内容によって、画像やブログ記事へのリンクを含めたり、新しい動画を共有したり、お客様の言葉を引用する場合もあるでしょう。SNS コンテンツカレンダーを使えば、投稿に必要となるものを決定し、全社のマーケティングチームから入手できます。また、各コンテンツがきちんと整理され、正しい投稿に添付されるように管理することもできます。

記事: クリエイティブブリーフの書き方 - 完全ガイド

大きなミスを防ぐ

投稿はすべて校閲してミスのない状態で公開するようにしましょう。今後の投稿はコンテンツカレンダーを使用して、誤字脱字がないか、誤ったリンクや画像を使用していないかを確認し、大きなミスを事前に回避できるようにしておきます。

部門間の可視性を向上

SNS 計画・投稿用ツールには、必ずしもチーム全員がアクセスできるわけではありません。複数部門のメンバーを集めたチームでは特に、信頼できる唯一の情報源がなければ、いつ何が投稿されているのか、個々のメンバーにとって把握しにくくなります。全員がアクセスして使用できるツールを使って SNS コンテンツカレンダーの予定を管理すれば、チーム全員がより簡単に投稿を再シェア、いいね、拡散できるようになります。そうすることで、従業員自身が SNS 投稿を追跡できるだけなく、SNS 投稿に関心があるチームメンバー全員に信頼できる唯一の情報源を提供できます。

Asana でプロジェクトとタスクを一元管理する

SNS データ解析を始める

SNS 戦略を強化するためには、過去に行ったことを振り返る方法が必要です。成功したこと、うまくいかなかったことを見極め、一番反応が大きかったのはどういった投稿だったのかを把握しましょう。でも、Instagram や LinkedIn をスクロールして、個々の投稿とにらめっこするのは、効率的な方法ではありません。代わりに、過去の投稿を簡単に振り返るためのツールを見つけることをおすすめします。

SNS コンテンツカレンダーの作り方: 6 つのステップ

0. はじめの第一歩は?

1. SNS チャネルを特定する

2. 各 SNS 媒体の監査を実施する

3. SNS コンテンツカレンダーで追跡する対象を決定する

4. 投稿の頻度を計画する

5. レビューの計画を設定する

6. 公開済みコンテンツを追跡および報告する

0. はじめの第一歩は?

さっそくスタートしたいのは山々だけれど、実際にカレンダーを作成する方法がわからない。そのような場合には、Asana のようなワークマネジメントプラットフォームでスタートし、Asana の SNS コンテンツカレンダー用無料テンプレートをお試しになることをおすすめします。このテンプレートを使えば、作業プロセスを追跡し、過去の投稿の頻度や公開スケジュールのレポートを作成し、可視性を提供し、チームの足並みを揃えることができます。

電子書籍をダウンロード: ワークマネジメントとは?チームがワークマネジメントを必要とする理由クリエイティブチーム向けのワークフローをチェックする

どのツールで SNS カレンダーを作成するかに関わらず、6 つのステップからなる本ガイドに従ってスタートすることをおすすめします。

1. SNS チャネルを特定する

これは最初のステップとして当たり前に思えるかもしれませんが、実は、最も大事であり、見逃される場合が多いステップです。個々の SNS 投稿やチャネルに限定される戦略にズームインする前に、SNS チームと一緒に一歩引いて全体を俯瞰し、「私たちはどの SNS プラットフォームで発信するべきか?」という問いの答えを考えましょう。

  • ユーザーや顧客にとって関連度が低い SNS 媒体はありますか?

  • 逆に、ターゲットの属性に人気が高い媒体で、まだ発信を始めていない場はありますか?

  • 現在保有する SNS アカウントの中に、忘れられてほこりをかぶり始めているものはありませんか?

SNS 媒体を絞り込むためには、オーディエンスが何を使っているかを把握することが役立ちます。この情報を知ることは、個々の媒体に合った戦略を策定し、ターゲットオーディエンスに対して価値を発揮するコンテンツを作成するために必要な最初のステップです。

2. 各 SNS 媒体の監査を実施する

SNS コンテンツカレンダーを作成するメリットの 1 つは、進捗を報告できることです。そのため、スタート地点のベースラインを記録しておくと役に立ちます。各 SNS アカウントのパフォーマンスを監査する際には、以下を確認しましょう。

  • 最も反響が良かった投稿 (チャネル別)

  • 最もエンゲージメントが多かった投稿のタイプ

  • オーディエンスが最も活発なタイミング

  • 投稿の種別による成果 (たとえば、コンテンツが画像または動画であるか、投稿先が自社ブログまたは社外媒体であるかなどによる比較分析)

  • コンテンツが常時発信用または特定時期用であるかによる人気度の比較

  • 全 SNS 媒体におけるオーディエンスの属性

  • 各 SNS 媒体の現状

監査を実施しても、成功要因がいまいち明確にならないこともあります。そんな場合にも、SNS カレンダーがあれば焦る必要はありません。カレンダーには、データを追跡し、報告する手段があるので、今後継続的にプロセスを改善していくことができます。

3. SNS コンテンツカレンダーで追跡する対象を決定する

重点とする SNS チャネルを選定し、投稿の成果の現状を把握したら、次に SNS コンテンツカレンダーの詳細を設定します。

Asana の無料テンプレートには、基本的な設定を行うために十分な土台がすでにできあがっています。一歩高度なステップとして、SNS カレンダーツールでメタデータを使用すれば、使用しているハッシュタグ、投稿先チャネル、投稿が公開される詳細な時間、ターゲットオーディエンス、関連度が高い @メンションなど、より詳細なデータを追跡できます。

4. 投稿の頻度を計画

投稿を作成する際には、投稿の頻度、そして投稿の作成をどれほど前に行いたいかを決定しましょう。頻度を決めておけば、キャパシティを判断し、コンテンツ作成のプロセスを最適化できます。

まだアセットライブラリを構築していない場合には、今行うことをおすすめします。画像や動画を頻繁に投稿していますか?もし頻繁にしている場合には、どこからそれを取得していますか?デザインチームと連携している場合には、投稿頻度を管理すれば、依頼する作業量が過剰にならないよう事前にリクエストを送信できます。または、ストック素材を使用している場合には、アセットライブラリを作成することで、画像や動画を入手しやすくなります。

5. レビューの計画を設定

この段階では、レビューの頻度について、SNS チームと一緒にブレインストーミングを行い、認識を一致させる時間をとりましょう。検討事項として、投稿のレビュー者、レビューのタイミング、ブランドチームや法務チームからの承認の必要性の有無などについて意見を交換しましょう。レビューのプロセスを設定する上でも、SNS カレンダーが活躍します。また、カレンダーを使えば、すべてのコンテンツレビューを 1 つの場所で管理できます。

6. 公開済みコンテンツを追跡および報告

投稿を追跡するためにカレンダーを使用している場合、それは過去のすべての投稿について、信頼できる唯一の情報源があることを意味します。つまり、カレンダーを活用すれば、過去の投稿について、たとえば、最初の 1 時間で得たいいねやインプレッションの数など、さまざまな傾向を調べたり、SNS 解析データを追加したりする機会が得られます。オーディエンスの反応について、特に着目すべき指標はありましたか?この機会を活用すれば、成功要因を追跡することにより、SNS キャンペーンを継続的に強化し、磨き上げていくことができます。

SNS カレンダー用無料テンプレート

SNS コンテンツカレンダーの使用例

SNS コンテンツカレンダーの在り方は 1 つだけではなく、投稿先のチャネル、投稿頻度、追跡対象の情報、チームにとって最も重要なワークフローなどにより、微妙な違いが生じます。SNS コンテンツカレンダーの典型的なイメージとして以下の一例を紹介します。

[カレンダービュー] Asana の SNS コンテンツカレンダー

この例は、SNS カレンダーを初めて作成する際のスタート地点として活用できます。関連度が高い種類のコンテンツを設定し、SNS チャネルを追加し、SNS マーケティング戦略を管理しましょう。

マーケティング戦略の無料テンプレート

SNS コンテンツカレンダーの「よくある質問」

自分のチームにとって SNS コンテンツカレンダーは本当に必要ですか?

SNS アプリ内で投稿しながらその場ですべての投稿計画を考えているという場合は、「カレンダーが必要か?」という疑問を感じるかもしれません。カレンダーは、すべての SNS マーケティングチームにとって、間違いなく必要であるというのがその答えです。

コンテンツカレンダーでできることは?

  • 投稿を事前に計画: コンテンツの計画において次のステップを可視化することで、スケジュールを先取りできます。

  • SNS 投稿をブレインストーミング: 複数部門のコラボレーターと連携して、新規の SNS 投稿の可能性についてブレインストーミングを行い、SNS 活動において新しい声を取り入れることができます。

  • 常時発信用・特定時期用のコンテンツのバランスを取る 常時発信用およびタイムリーな話題用の投稿を両方計画し、タイミングのよい投稿でオーディエンスの関心をつかみながらも、常に人気が衰えないコンテンツ (「エバーグリーンコンテンツ」) もスケジュールに組み入れることができます。

  • 重要な日程を記録: 新製品のリリース日などの社内の重要な日程を管理し、そのタイミングに基づきあらかじめ準備したコンテンツを公開できます。

  • 最新のハッシュタグを漏れなく把握: 投稿のコンテンツに応じて、関連度が高いハッシュタグと採用可能な新しいハッシュタグのリストを常に更新しながら管理できます。

  • インフルエンサーの投稿を計画および調整: 貴社の SNS スペースではインフルエンサーや思想リーダーとのコラボを展開していますか?カレンダーを使えば、インフルエンサーの投稿や、それに対するエンゲージメントを一元管理できます。

  • 関連度が高いビジュアルアセットをすべて収集: 目を引く投稿を作成するために、ビジュアルコンテンツを事前に計画できます。

  • SNS 指標を報告: 投稿の成果を追跡し、いつでも確認できる場所でエンゲージメント指標を管理することにより、目標を設定し、達成できます。

新しいコンテンツアイデアを得る方法は?

SNS への投稿コンテンツを決定する過程は、一筋縄ではいかない場合があります。だからこそ、SNS 担当者には、最適なタイミングで、ユーザーに人気が高く、オーディエンスのエンゲージメントを促進するコンテンツを投稿する役割が任されるわけです。これは簡単な任務ではありません!

SNS コンテンツカレンダーは、投稿スケジュールばかりでなく、投稿内容を計画するためにも役立ちます。たとえば、食をテーマにした Instagram アカウントを管理していると想定しましょう。「パンケーキの日」が近いと知ったら、創造性を駆使し、キャッチコピーを磨き上げ、素敵な画像を入手するための時間を十分確保した上で、当日に投稿する予定を立てることができます。競合他社がパンケーキについて投稿するのを目にしてから、慌てて投稿を準備する必要はないわけです。

SNS コンテンツカレンダーを使えば、過去の投稿を報告し、成功要因を追跡することが、これまでになく簡単になります。何を投稿してよいのかわからないときも、焦る必要はもうありません!カレンダーを使えば、オーディエンスから反響が上がる要因を突き止め、最も効果が見られる指標に基づいて発信メッセージを作成できます。

SNS コンテンツカレンダーを最大限活用する

コンテンツカレンダーの作り方、メリット、作成のヒントをまとめました。情報の整理、投稿プランの作成、反響の分析が、SNS 戦略を最適化する最善の方法です。SNS コンテンツカレンダーを使えば、長期的な価値のあるコンテンツを厳選し、重要な日に絶妙なタイミングで質の高い内容を投稿できます。ヒットコンテンツが生まれるのももうすぐです。

SNS カレンダー用無料テンプレート

関連リソース

ウェビナー

How Asana uses Asana for IT and technical program management