キャリア開発計画テンプレート

ここでは、簡単にチームの力になれるツールをご紹介します。キャリア開発計画テンプレートを使えば、キャリア目標を決め、それを実現するために必要なアクションプランを作成できます。

テンプレートを作成

登録して独自のテンプレートを作成する

組み込まれている機能

project-view iconプロジェクトビューgoal iconゴールproject iconプロジェクトfield-add iconカスタムフィールド

Recommended apps

Microsoft Teams のアイコン
Microsoft Teams
Slack のロゴ
Slack
Google Workspace のロゴ
Google Workspace
Microsoft のアイコン
OneDrive

共有
facebookx-twitterlinkedin

マネージャーの仕事は、従業員の仕事をサポートすることです。しかし、最大限の効果を生むためには、日常業務にとどまらず、従業員の将来に向けた計画をサポートする必要があります。

キャリア開発は従業員個人を支えるだけでなく、従業員の定着率を高め、従業員エンゲージメントを向上させるという点で、チームや会社全体にとっても有意義です。そのため、会社の価値観に沿った一貫性のあるキャリア開発計画を作成することが非常に重要になります。そこでおすすめしたいのが、キャリア開発計画用カスタムテンプレートの活用です。

キャリア開発計画テンプレートとは

キャリア開発計画テンプレートは、新しくキャリア開発計画を作成するたびに、何度も繰り返し使用できるツールです。企業の規模にもよりますが、人事部や各マネージャーが作成し、社内での人事異動やキャリア開発全般のサポートに使用します。

キャリア開発計画のテンプレートを使えば、合理的なキャリア開発計画 (PDP) によって、従業員のアクションプラン作りをサポートできます。従業員のキャリア目標は人によってそれぞれ異なるため、キャリア開発計画も多種多様です。統一されたステップを定めたテンプレートは、目標が違っても、一人ひとりの従業員に等しくサポートを提供できるという大きなメリットがあります。また、測定可能なアクションアイテムを使用することで、チームメンバーが現状から目標へ向かって進めるように導くことができます。

キャリア開発計画テンプレートが必要な理由

キャリア開発計画のテンプレートは、キャリアアップをサポートするために会社全体で活用できるツールです。それだけでなく、このテンプレートを使うと、次のようなさまざまな効果が期待できます。

  • チーム全体をサポート。従業員一人ひとりのキャリアアップをサポートすることで、チーム全体、さらには会社全体のレベルアップにつながります。

  • 偏見を排除。一人ひとりの個性や職務、関係性に関わらず、同じステップに沿ってチームをサポートするため、潜在的な無意識のバイアス (偏見) を排除できます。

  • 一貫性を実現。テンプレートを使用することで、パフォーマンスレビューのフレームワークを統一し、測定可能な形式に整えることができます。

キャリア開発計画テンプレートに盛り込むべき内容

キャリア開発計画テンプレートには、従業員情報、現在持っているスキル、キャリア目標、不足しているスキルを伸ばすために行うべきこと (アクションアイテム) など、さまざまなセクションを含める必要があります。

従業員情報

従業員に関する主要な情報を含めましょう。つまり従業員の人物情報や、チームでの役割などです。この項目には、現在のポジションや職務のほか、従業員の氏名や入社日といった一般的な情報を記入します。また、過去の職歴を含めることもできます。これは、従業員のキャリアパスが一般的でない場合に特に有用です。

スキルギャップ分析

ここでは、従業員の現在のスキル (ハードスキルとソフトスキル) とキャリア開発目標のあいだの隔たりを確認します。この分析は、大まかなキャリアパスを描くことを目的としています。つまり、従業員の現状と、今後どうなりたいかを見極めるのです。これによって、キャリア開発の機会を特定できます。たとえば、目標を達成するために、どんなキャリア開発のニーズがあり、サポートが必要か、個人としてどんなことをするべきか、といったことです。これをもとに、マネージャーと従業員それぞれのアクションアイテムを作成しましょう。

アクションアイテム

スキルギャップ評価で明らかになったインサイトから、とるべきアクションを割り出します。たとえば、従業員がチームを出て新しいポジションに就きたいと考えているなら、そのために講習会や研修を受ける必要があるかもしれません。また、リーダー職への昇進を希望しているのであれば、メンターを確保するのもよいでしょう。同時に、マネージャーのアクションアイテムを考えることも大切です。たとえば、従業員を他のチームのマネージャーに紹介したり、従業員のスキルアップにつながるようなプロジェクトに割り当てたりすることが考えられます。

キャリア開発計画テンプレートの使い方

このテンプレートは基本的に、チームメンバー全員のキャリア開発プロセスをサポートするツールです。ここでは、テンプレートの使い方と、最大限に活用する方法をご紹介します。

  • 補助的なソフトウェアを使用する。プロジェクト管理ツールを使ってキャリア開発をコーディネートすれば、チームメンバーが長期目標や短期目標をリアルタイムで簡単に把握できるようになります。さらに、設定した目標に基づくアクションアイテムの作成にも、その同じツールを使えます。

  • テンプレートを参照する。テンプレートをベースラインとして使用し、重要なマイルストーンの期間中や終了後にフォローアップの状況確認を行う際の参考にします。目標が変更された場合は、必要に応じてテンプレートを新たに複製し、キャリア開発計画を編集、調整します。

  • 具体的なキャリア開発プロセスを作成する。テンプレートを使用して、従業員のパフォーマンスを評価し、主要なアクションアイテムと期日を含む個別のキャリア開発計画を作成します。これにより、いつ、どんな方法で従業員が成果を上げるかというタイムフレームが設定され、従業員の全体的なパフォーマンス向上につながります。

  • 人事部と連携する。キャリア開発計画テンプレートは、チーム単位で使用するものとは限りません。会社の人事部が、従業員向けの重要なキャリア開発プログラムを策定する際にテンプレートを利用することもできます。これはパフォーマンス向上のための新しいスキルや能力の開発が、企業文化の一つになるという効果もあります。

組み込まれている機能

  • リストビュー: リストビューは、プロジェクトの全情報を一目で確認できるグリッド形式のビューです。To-Do リストやスプレッドシートのように、リストビューではすべてのタスクが一度に表示されるので、タスクのタイトルや期日だけでなく、優先度やステータスなど、関連するカスタムフィールドも確認できます。チーム全体が、誰がいつまでに何をするのかを把握することで、コラボレーションをスムーズに行えるようになります。

  • ゴール: Asana のゴール機能で目標を設定すると、その達成に向けて行う作業に直結できるため、チームメンバーは何を目指しているのかを簡単に確認できます。目標とその達成に向けた作業が分断されていることはよくあります。チームや会社の目標を、それを支える作業と結びつけることで、チームメンバーは、自分の仕事がチームや会社の成功に直接的にどう貢献しているかをリアルタイムかつ明確に把握できるようになり、結果としてよりよい意思決定を行えます。必要に応じて、会社の戦略に沿ったプロジェクトを特定し、測定可能な結果 (パフォーマンス) につながる仕事を優先することもできるようになります。

  • マイルストーン: マイルストーンは、プロジェクトの重要なチェックポイントを表すものです。プロジェクトにマイルストーンを配置することで、目標に向かってどのようなペースで進んでいるかを、チームメンバーやプロジェクト関係者に知らせることができます。さらにマイルストーンは、プロジェクトの大きな目標に向かう過程で、小さな成果を一つ一つ祝う機会にもなります。

  • カスタムフィールド: カスタムフィールドは、仕事のタグ付け、ソート、絞り込みに最適な手段です。優先度やステータス、メールや電話番号など、追跡が必要なあらゆる情報に対してそれぞれカスタムフィールドを作成できます。カスタムフィールドを使用して To-Do をソートし、スケジュールを組むことで、何から手を付けるべきかが一目でわかります。また、さまざまなタスクやプロジェクトを横断して同じカスタムフィールドを使用すれば、組織全体で一貫性のある管理ができます。

おすすめのアプリ

  • Microsoft Teams: Microsoft Teams と Asana の連携を使用すれば、必要な情報を Teams から直接検索し、共有できます。Teams の会話を Asana の実行可能なアイテムに簡単につなげられます。また、Teams の会議中に、ブラウザーを切り替えずに、タスクの作成、割り当て、表示ができます。

  • Slack: Slack 上にあるアイデアや仕事のリクエスト、アクションアイテムを、Asana のタスクやコメントに変換して管理しましょう。ちょっとした質問やアクションアイテムが、期限と担当者の決まったタスクに変わります。仕事を簡単に取り込めるので、やるべきことが Slack の中に埋もれて迷子になることはありません。

  • Google Workplace: Asana タスクウィンドウに組み込まれた Google Workspace ファイル選択機能を使って、Asana のタスクにファイルを直接添付しましょう。マイドライブ内のファイルを、数クリックで簡単にタスクに添付できます。

  • OneDrive: Asana のタスクウィンドウには Microsoft OneDrive のファイル選択機能が組み込まれているため、Word や Excel、PowerPoint などのファイルを Asana のタスクに簡単に添付できます。

FAQ (よくある質問)

キャリア開発計画テンプレートはどのように作成するのですか?

キャリア開発計画テンプレートをデジタル形式で作成すると、簡単に複製して何度でも使用できます。一般的な従業員情報、スキルギャップ評価、キャリア目標達成に近づくためのアクションアイテムなどのセクションを設けましょう。スキルのセクションでは、従業員の現在の役割と担当業務、そして目標を記載し、何が不足しているのかを確認します。次に、その情報をもとにアクションアイテムを作成します。

キャリアアップを簡単に実現する

Asana を使って、従業員のキャリアアップと定着率を促進するキャリア開発計画テンプレートを作成しましょう。

テンプレートを作成