カスタムフィールド

カスタムフィールドを使うと、Asana プロジェクトのタスクにデータを追加できます。ステージや優先度、コストなど、ワークフロー、チーム、会社にとって大切なあらゆる情報に対してフィールドを作成できるため、組織全体で起こっていることを一人一人が明確に把握できます。

Asana には、作成できるカスタムフィールドのタイプが 2 つあります。単一のプロジェクトまたはポートフォリオに固有のフィールドと、組織全体で繰り返し使うことができるフィールドです。

組織全体で繰り返し使用できるフィールドの作成

グローバルフィールド

組織全体で繰り返し使用できるフィールドを作成する方法

プロジェクトにフィールドをまだ追加していない場合は、「フィールドを追加」ボタンをクリックします。

グローバル

「カスタムフィールドを追加」タブからは次のことができます。

  1. フィールドのタイトルを追加する
  2. フィールドタイプを選択する
  3. 説明を追加する
  4. 組織のフィールドライブラリにフィールドを追加して、組織全体で繰り返し使用できるようにする

特定のプロジェクトやポートフォリオのためのフィールドの作成

ローカルフィールド

特定のプロジェクトやポートフォリオ用にフィールドを作成する方法

プロジェクトにフィールドをまだ追加していない場合は、右上隅にあるプラスのアイコンをクリックします。

ローカルフィールド

「カスタムフィールドを追加」タブからは次のことができます。

  1. フィールドのタイトルを追加する
  2. フィールドタイプを選択する
  3. 説明を追加する
  4. 組織のフィールドライブラリにフィールドを追加しないことで、プロジェクト固有にする

カスタムフィールドをツールバーから追加する方法

カスタムフィールドを直接ツールバーから追加します。

カスタムフィールド

フィールドタイプと制限

選択できるフィールドタイプは次の 3 つあり、その内 2 つにはさらに関連付けられているオプションがあります。

フィールド 追加オプション
ドロップダウン ドロップダウンアイテム
数値 小数点以下の桁数
テキスト
  • 現在、1 つのプロジェクトに追加できるフィールドの数は 20 個までです。
  • タスク 1 件あたりの最大フィールド数は 60 個です (単一のタスクを複数のプロジェクトに所属させることで可能になります)。
  • ドロップダウンカスタムフィールドのオプションは最大 50 個です。
  • タスクリストに同時に表示できるカスタムフィールドは 5 個までです。

リストプロジェクトでは最大 20 のフィールドヘッダー、ボードプロジェクトでは最大 5 つのフィールドヘッダーを表示できます。

ライブラリから既存のフィールドを選択する

カスタムフィールドをグローバル (組織全体で使用可能) にすれば、カスタムフィールドを複数のプロジェクトで使うことができます。また、ローカル (単一のプロジェクトやポートフォリオだけで使用可能) にすることもできます。

グローバルフィールドは組織のフィールドライブラリから選択できます。

ツールバーの「フィールド」オプションにある「フィールドを追加」オプションをクリックします。

ここから次のことを行います。

  1. ライブラリから選択」をクリックします
  2. オートコンプリートの結果からプロジェクトに追加するフィールドを選択します

Asana カスタムフィールド

Asana で設定済みのカスタムフィールドの一覧はこちらからご覧ください。

これらのカスタムフィールドは、そのフィールドを含む Asana テンプレートを使ってプロジェクトを作成した場合に限り組織に追加されます。

プロジェクトのフィールドの表示

カスタムフィールドはプロジェクトの列として表示できます。

プロジェクトのリストビューでの表示

カスタムフィールドはメインウィンドウのタスクリストに列として表示されます。

カスタムフィールドはタスクの中からも表示できます。

カスタムフィールドは右ウィンドウのタスク詳細欄に表示されます。

タスクが異なるカスタムフィールドを持つ複数のプロジェクトに属する場合、すべてのフィールドは右ウィンドウのタスクの詳細に表示されます。

フィールドの編集

カスタムフィールドはツールバーや列のヘッダーを使って編集できます。

フィールド名の横にある鉛筆のアイコンをクリックして、フィールドを編集します。

カスタムフィールドは列ヘッダーを使っても編集できます。カスタムフィールドの横にあるドロップダウンの矢印をクリックし、「フィールドを編集」を選択します。

グローバルカスタムフィールドの場合、編集内容はそのフィールドを使うすべてのプロジェクトに同じように適用されます。

フィールドを完全に削除する方法:

フィールドを完全に削除するには、以下のことを行います。

  1. フィールド名の横にある鉛筆のアイコンをクリックします
  2. フィールドを削除」をクリックします
  3. フィールド名を入力します
  4. 削除」をクリックします

ドロップダウンフィールドの編集

ドロップダウンフィールドを編集して、以下のことを行えます。

  1. フィールドオプションのカラーの編集
  2. フィールドのオプションの削除
  3. フィールドへの新規オプションの追加
  4. フィールド全体の削除

ドロップダウンオプションの並べ替え

ドロップダウンオプションはドラッグ & ドロップしてカスタムフィールド内で並べ替えることができます。

ドロップダウンフィールドのオプションからアイテムを削除した場合、そのアイテムが使用されたタスクでは削除されたアイテムが保持されます。その後、そのタスクのそのフィールドを他の値に変更することはできますが、変更後にそのフィールドを削除されたアイテムに戻すことはできません。

数字フィールドの編集

数字フィールドを編集して、以下のことができます。

  1. 表示される小数点以下の桁数を変更
  2. フィールド全体を削除

フィールドの小数点以下の桁数を減らした場合、現在の値はすべて保持されますが、表示される値は切り上げまたは切り捨てされます。フィールドの小数点以下の桁数を増やすと、元の値が再び表示されます。

プロジェクトからのフィールドの削除

不要になったフィールドはプロジェクトから削除できます。

ツールバーのカスタムフィールドタイトルの横にある鉛筆アイコンをクリックします。

次に「プロジェクトから削除」をクリックします。

列ヘッダーのカスタムフィールド名の横にあるドロップダウンの矢印をクリックして、プロジェクトからフィールドを削除するオプションを選択することもできます。

フィールドを削除しても、現在のプロジェクトから削除されるだけで、フィールド自体が完全に削除されるわけではありません。組織内の同じフィールドがある他のプロジェクトからはそのフィールドは削除されず、また組織内の他のプロジェクトにそのフィールドを追加することも可能なままとなります。

値の保持

プロジェクトからフィールドを削除しても、プロジェクトのタスクからフィールドの値が削除されることはありません。

フィールドに入力されていた場合、カスタムフィールドとその値は引き続き右ウィンドウのタスクの詳細に表示されます。

ただし、フィールドが空の場合は、カスタムフィールドはタスクの詳細を示す右ウィンドウでも非表示になります。

カスタムフィールドを非表示にする

カスタムフィールドを非表示にするには、ツールバーの「フィールド」タブをクリックし、トグルアイコンを押します。

非表示

カスタムフィールドによるソート

プロジェクトツールバーからの操作

リストビューで、プロジェクトをカスタムフィールドによってソートします。

ソート

プロジェクトをカスタムフィールドでソートするには、次のことを行います。

  1. プロジェクトのツールバーでソートアイコンをクリックします
  2. カスタムフィールドを選択します

これをデフォルトビューとして保存する場合は、プロジェクトのヘッダーの横にあるドロップダウンの矢印をクリックし、「レイアウトをデフォルトとして保存」を選択します。

列ヘッダーのキャレットを使ってソート

プロジェクトヘッダーにあるキャレットを使って、列をカスタムフィールドでソートすることもできます。

ソート

タスクのカスタムフィールドの値を変更すると、プロジェクトのソートが自動的に再実行されます。

カスタムフィールドと検索ビュー

検索ビューでは、複数のプロジェクトにわたって同じカスタムフィールドを使ってタスクを検索できます。

検索ビュー

最初に検索バーをクリックして「高度な検索オプション」にアクセスします。そこから、「フィルターを追加」をクリックし、続いて「カスタムフィールド」を選択します。

通貨フィールドとパーセンテージフィールドのラベル

通貨フィールドとパーセンテージフィールドのラベル

通貨またはパーセンテージを基に数値のカスタムフィールドを作成できます。

通貨のカスタムフィールド

プロジェクトのリストグリッドビューで

  1. ツールバーの「フィールド」アイコンをクリックします
  2. フィールドを追加」をクリックします

数値のカスタムフィールドを追加する方法

「カスタムフィールドを追加」タブから

  1. フィールドのタイトルを追加します
  2. フィールドのタイプを追加します
  3. 「単位」「小数」「プレビュー」を追加します
  4. フィールドの編集アクセスを選択します
  5. フィールドを作成します

合計平均の計算

平均カスタムフィールドを追加する方法

「カスタムフィールド」タブから

  1. 列の末尾にある「合計」をクリックします
  2. 列のドロップダウンオプションから「平均」をクリックします

権限

プロジェクトのカスタムフィールドを編集できるユーザー

Premium のチームまたは組織の場合、プロジェクトに対するアクセス権を持つ全員がそのカスタムフィールドを追加、編集、削除できます。

非公開プロジェクトの場合: プロジェクトオーナーとプロジェクトメンバーがプロジェクトのフィールドを表示および編集できます。

承認制チームまたは非表示チームの公開プロジェクトの場合: プロジェクトオーナー、プロジェクトメンバー、およびプロジェクトのチームのメンバーがプロジェクトのフィールドを表示および編集できます。

公開チームの公開プロジェクトの場合: プロジェクトオーナー、プロジェクトメンバー、プロジェクトのチームのメンバー、およびすべての組織メンバーがプロジェクトのフィールドを表示および編集できます。

組織ゲスト (会社のメールアドレスを持たないユーザー) は、カスタムフィールドの作成、編集、削除や高度な検索ツールを使ってカスタムフィールドを検索することはできません。既存のカスタムフィールドへの入力や値の編集のみ可能となります。

カスタムフィールドのロック

Business および Enterprise をご利用のお客様は、フィールドの作成時または既存のフィールドの編集時にカスタムフィールドをロックできます。

フィールドをロック 1

カスタムフィールドの設定で、カスタムフィールドをメンバー全員が編集できるようにするか、編集アクセス権を自分だけに制限するかを選択できます

カスタムフィールドのロックは、そのフィールドをロックしたメンバーか Asana の管理者であればいつでも上書きできます。

カスタムフィールドの使用

カスタムフィールドを使うと、チームのニーズに応じて仕事を追跡できます。フィールドの名前と値は自由に決めることができるため用途は無限大ですが、さまざまなワークフローに合わせたいくつかの例を以下に挙げます。

優先度

カスタムフィールドを使ってタスクの優先度を示すことができます。たとえば、エンジニアチームが Asana を使ってバグを追跡する場合、ドロップダウンフィールドを作成してバグの優先度 (低、中、高) を設定できます。

実装後は、リストビューでタスクを絞り込んで特定のフィールド値が設定されているタスクだけに焦点を当てることができます。タスクリストの上部の「絞り込み」をクリックし、続いて「カスタムフィルター」をクリックします。これにより、たとえば「高」優先度のタスクだけを表示できます。

高優先度には赤を使うなど、カラーを使ってドロップダウンフィールドのオプションを区別できます。

承認リクエスト

承認リクエストはすべての Business および Enterprise のお客様にご利用いただける機能です。これはワークフローのサイクルを加速するプロセスです。承認者は、「承認する」「差し戻す」「却下する」という 3 つのアクションの 1 つを実行します。

承認リクエストの作成

承認リクエストを作成する方法

  1. タスクウィンドウにある三点リーダーアイコンをクリックします
  2.  「承認リクエストにする」をクリックします

承認リクエストの完了方法および承認リクエストの識別方法もご覧ください

検索

複数のプロジェクトの中から特定のフィールドでマークされているタスクだけを拾い出す場合は、そのフィールドの名前で高度な検索を実行します。 たとえば、コンテンツマーケティングマネージャーの場合、高度な検索を使って「ドラフト」になっているタスクだけを見つけることで、チーム全体で現在取り組んでいる新しいコンテンツの数を確認できます。

コスト管理

カスタムフィールドは、仕事リクエストや所要時間を追跡するために使うこともできます。たとえば、デザインチームがテンプレートタスクを用意して、他のユーザーがデザインをリクエストできるようにする場合、数字カスタムフィールドがあれば、リクエスト側は作業にかかるおよその時間を入力できます。デザイナーはこの情報に基づいて作業に優先順位をつけたり、現在の作業量を確認して作業を引き受けることができるかどうかを判断したりすることができます。

数字を合計

数字フィールドがあるタスクを複数選択して合計する

  1. 合計する数字フィールドがあるタスクを複数選択します
  2. タスクウィンドウに合計が表示されます

情報の追跡

Asana を使って応募者管理顧客管理を行う場合は、テキストフィールドを使って、メールアドレスや電話番号、会社名、住所などの特定の情報を入力できます。

タグとカスタムフィールドの比較

タグとカスタムフィールドは、どちらも Asana 内の情報を分類、絞り込み、および表示するために利用できます。しかし、基本的に組織全体で使う場合はカスタムフィールドが最適です。タグは砕けた用途には向いているものの、カスタムフィールドの方が機能性も視認性もタグより優れているため、こちらを使用することを強くおすすめします。使い方はワークフロー次第でいくつも考えられますが、以下に例としていくつかのシナリオをご紹介します。

以下のような場合には、カスタムフィールドの使用が適しています。

  • プロジェクトのすべてのタスクに特定のデータを追加する場合
  • プロジェクト間のタスクを管理するために必要な標準的な情報がある場合 (優先度、所要時間、工程など)
  • プロジェクトの各タスクについて、特定の情報をチームメイトに確実に入力してほしいとき
  • 特定のデータフィールドでソートまたは検索する必要がある場合

以下のような場合には、タグの使用が適しています。

  • 特別なタグ付けのため、オプションが無限にある場合、または作成時点ではタグ付けすべきものがはっきりしない場合
  • 「マイタスク」でタグを表示させる必要がある場合
  • プロジェクト内のいくつかのタスクだけに印を付ける必要がある場合
  • テンプレートタスクに印を付けたい場合

サブタスクのカスタムフィールドの使用

親タスクのプロジェクト名がサブタスクの詳細ウィンドウの上部に表示される場合があるものの、サブタスクが親タスクのプロジェクト、タグ、担当者を自動的に継承することはありません。

サブタスクでカスタムフィールドを追加したり編集したりするためには、まずプロジェクトにサブタスクを追加する必要があります。具体的には、サブタスクの詳細 (サブタスク名の右側の吹き出し) をクリックし、Tab+P を押してプロジェクトフィールドを開くか、右上のドロップダウンから「プロジェクトに追加」を選択します。

カスタムフィールドを使用した URL リンクの追跡

テキストフィールドを使用すると、カスタムフィールドでリンクを追跡できます。テキストフィールドに URL リンクを入力すると、タスクウィンドウから直接リンクにアクセスできます。カスタムフィールドからリンクをクリックすると、新しいウィンドウでページが開きます。

フィールドのリンク化

テキストフィールドを使用して URL リンクを追跡するには、次のことを行います。

  1. テキストフィールドに URL を入力します
  2. メインウィンドウか右側のタスクウィンドウから「リンクを開く」アイコンをクリックします

申し訳ありませんが、このブラウザーはサポートされていません

Asana は現在お使いのインターネットブラウザーに対応していません。こちらの対応ブラウザーのいずれかを使ってご登録ください。

言語を選択

言語を選択すると asana.com の言語および / またはコンテンツが変更されます。