製品ロードマップテンプレート

Asana の製品ロードマップ無料テンプレートなら、開発からリリースまで製品イニシアチブを追跡してモニタリングできます。

テンプレートを使用

登録してこのテンプレートを使用する

組み込まれている機能

project-view iconプロジェクトビューgoal icon目標project iconプロジェクトfield-add iconカスタムフィールド

Recommended apps

Jira Cloud のアイコン
Jira Cloud
GitHub のアイコン
GitHub
Figma のアイコン
Figma
Lucidchart アプリのロゴ
Lucidchart

共有
facebookx-twitterlinkedin

地図は、旅の行程を明確にしてくれます。目的地の場所や、目的地に向けて正しく進んでいるかどうかを簡単に確認できます。同様に製品ロードマップテンプレートも、組織の製品機能リリースまでの道のりを、一目でわかりやすく示す地図となります。

製品ロードマップテンプレートを使用すると、今後の製品機能リリースを一目で確認できます。チームの共通認識の形成やマイルストーンの達成につながるほか、よりインパクトの大きな仕事に集中できるようになります。さらに、繰り返し利用できる製品ロードマッププロセスを作成できるので、速やかに仕事を開始することができます。Asana が無料で提供する製品ロードマップテンプレートには、ロードマップの構築に必要な項目がすべて含まれているため、すぐに開始できます。

[旧製品 UI] Asana の製品ロードマップテンプレート、スプレッドシート式プロジェクトビュー (リスト)

製品ロードマップとは?

製品ロードマップとは、一定期間にチームがリリースを計画している製品に関するイニシアチブ (重要な取り組み)、機能、アップデートのビジョンを俯瞰できる全体像です。優れた製品ロードマップは、全体像の中で詳細を確認できるもので、定められた期間内に具体的にどの機能をリリースするのか、そのために何をすべきかを明示します。製品ロードマップを使えば、プロダクトマネージャーや部門横断チームは今後の製品リリースを一目で確認でき、詳細なリリースのタイムラインを構築する際の土台としても活用できます。また、製品ロードマップでチームメンバーの担当業務を明確にすることで、チームの共通認識を形成し、メンバー全員がそれぞれの目標を達成してマイルストーンに到達できるようにします。

製品ロードマップテンプレートとは?

製品ロードマップテンプレートは、製品ロードマップの基本的なプロセスにおける重要な詳細をまとめた、繰り返し使えるリソースです。Asana の製品ロードマップ無料テンプレートを複製して使用すると、製品リリースプロセスを標準化して、チームを成功に導くことができます。つまり、四半期や年度の初めなど、製品ロードマップを綿密に計画する必要があるときはいつでも、テンプレートをコピーして入力するだけで、すべての必要な情報を確実に盛り込めるようになります。

Asana の製品ロードマップテンプレートでは、タイムライン、優先度、必要なスコープや工数など、各リリースに関する重要事項を明記することもできます。

テンプレートを使用

Asana の製品ロードマップテンプレート (無料) を使うメリットは何ですか?

製品ロードマップは、製品機能リリースや構想の基本的な枠組みとなります。Asana の製品ロードマップ無料テンプレートなら、タイムラインを明確にして、部門横断型の取り組みを円滑に進めることができます。

製品ロードマップテンプレートは、以下を実現する上で役立ちます。

  • 製品のビジョンをチームの仕事に結びつける。

  • いつ何がリリースされるのか、チームと関係者の共通認識を合わせる。

  • リリースや取り組みを優先度に基づいて整理することで、インパクトの大きな仕事を行うことに集中する。

  • 目標マイルストーンを管理して、製品ロードマップを順調かつスケジュール通りに進める。

  • 必要に応じて、製品リリース日の変更や優先順位の見直しを手軽に行う。

  • 製品ロードマップを関係者と共有することで、早い段階で賛同を得る。

  • タイムラインカレンダービューなど、異なる方法で進捗を管理し、ロードマップを可視化する。

  • ステータス更新や優先度など、製品ロードマッププロセスの全体像を把握する。

  • テーマごとにロードマップを整理して、各リリースと会社の目標との関連性を全員が把握できるようにする。

  • どのような仕事が発生しているのかについて、部門横断チームの共通認識を合わせる。

Asana の製品ロードマップ無料テンプレートの使い方

Asana のテンプレートを使うと、チームは今後予定されている製品の新機能とリリースのタイムラインを把握できます。このテンプレートで、リリースに関する次のような最も重要な情報を把握できます。

  • 各四半期にどの機能をリリースするのかなど、製品機能リリースのタイムライン

  • 「低」「中」「高」など、各機能の優先度

  • 「小」「中」「大」など、各機能の開発スコープや開発に必要な工数

  • 「未着手」「進行中」「開発済み」「リリース済み」など、各機能リリースのステータス

  • 各機能の起点となる会社の目標。たとえば、わかりやすいナビゲーションメニューをリリースすることは、ユーザーエクスペリエンスの向上という組織の目標につながるでしょう。

Asana の製品ロードマップテンプレートを特定の製品ロードマップに使用する準備ができたら、あとはテンプレートを複製し、テンプレートに沿って各セクションを入力していくだけです。

Asana の製品ロードマップテンプレートに組み込まれている機能とアプリ

製品ロードマップテンプレートをより効果的に活用しましょう。Asana に組み込まれている機能やおすすめアプリを使うと、アプリの切り替え頻度を減らし、部門横断コラボレーションを促進できます。

組み込まれている機能

  1. タイムラインビュー: タイムラインビューは、ガントチャート式のプロジェクトビューで、すべてのタスクを横方向の棒グラフで表示します。各タスクの開始日と終了日はもちろん、タスク間の依存関係も確認できます。タイムラインビューを使うと、計画の各部がどのように関連しているかを簡単に把握できます。さらに、すべての作業を一度に見渡せるため、依存関係の競合を事前に見つけて対処でき、すべての目標を予定通りに達成できます。

  2. ゴール: Asana のゴール機能で目標を設定すると、その達成に向けて行う作業に直結できるため、チームメンバーは何を目指しているのかを簡単に確認できます。目標とその達成に向けた作業が分断されていることはよくあります。チームや会社の目標を、それを支える作業と結びつけることで、チームメンバーは、自分の仕事がチームや会社の成功に直接的にどう貢献しているかをリアルタイムかつ明確に把握できるようになり、結果としてよりよい意思決定を行えます。必要に応じて、会社の戦略に沿ったプロジェクトを特定し、測定可能な結果 (パフォーマンス) につながる仕事を優先することもできるようになります。

  3. マイルストーン: マイルストーンは、プロジェクトの重要なチェックポイントを表すものです。プロジェクトにマイルストーンを配置することで、目標に向かってどのようなペースで進んでいるかを、チームメンバーやプロジェクト関係者に知らせることができます。さらにマイルストーンは、プロジェクトの大きな目標に向かう過程で、小さな成果を一つ一つ祝う機会にもなります。

  4. カスタムフィールド: カスタムフィールドは、作業のタグ付け、ソート、絞り込みに最適な手段です。優先度やステータス、メールや電話番号など、追跡が必要なあらゆる情報に対してそれぞれカスタムフィールドを作成できます。カスタムフィールドを使用して To-Do をソートし、スケジュールを組むことで、何から手を付けるべきかが一目でわかります。また、さまざまなタスクやプロジェクトを横断して同じカスタムフィールドを使用すれば、組織全体で一貫性のある管理ができます。

おすすめのアプリ

  • GitHub: GitHub のプルリクエストのステータス更新を Asana のタスクに自動的に同期できます。Asana を離れることなく、プルリクエストの進捗状況を管理し、テクニカルチームと非テクニカルチームで行う部門横断コラボレーションを改善できます。

  • Jira: 技術部門とビジネス部門の間でインタラクティブで連結したワークフローを作成し、Asana を離れることなく、製品開発プロセスの可視性をリアルタイムで向上させることができます。プロジェクトのコラボレーションと引き継ぎを合理化し、Asana 内ですばやく Jira の課題を作成することで、適切なタイミングで技術部門とビジネス部門の間で仕事をスムーズに引き渡せるようになります。

  • Figma: Figma ではユーザーフロー、ワイヤーフレーム、UI モックアップ、プロトタイプなどをデザイン設計できます。これらのデザインを Asana に埋め込むことで、関連のプロジェクトドキュメントの文脈で最新のデザインワークを参照できます。さらに、スクリーンショットとは異なり、ライブの埋め込みオブジェクトであるため、デザインファイルで行われた変更がリアルタイムで反映されます。該当するファイルを探して画像を更新するという余分な手間を省けます。

  • Lucidchart: Lucidchart + Asana の連携で、図表、フローチャート、プロセスマップ、ワイヤーフレームを Asana プロジェクトにシームレスに埋め込むことができます。集約場所として最適な Asana で、プロジェクト関連の重要な情報を管理しましょう。アプリケーションを切り替えることなく、作業を進めながら必要な情報に簡単にアクセスできます。

FAQ

製品ロードマップテンプレートとは?

製品ロードマップテンプレートは、組織が製品ロードマッププロセスを標準化するための再利用可能なリソースです。無料で使える Asana の製品ロードマップ用デジタルテンプレートなら、各機能リリースの優先度、リリースに必要な工数、リリースの組織全体の目標とのつながりなど、タイムライン全体にわたって製品イニシアチブを簡単に追跡できます。

製品ロードマップテンプレートはどのような人が使うべきですか?

製品ロードマップテンプレートは、製品の機能、イニシアチブ (重要な取り組み)、更新に関する計画やリリースを行うあらゆる組織にとって便利なツールです。一般的に、プロダクトマネージャーまたは複数のマネージャーが製品ロードマップを管理します。これらのマネージャーは、社内外の関係者に加え、他部門のチーム (開発やエンジニアリングチーム) など、その他の関係者との最新情報の共有も担当します。

製品ロードマップ、プロジェクトロードマップ、プログラムロードマップの違いとは?

製品ロードマップ、プロジェクトロードマップ、プログラムロードマップの違いは、それぞれの名前が示すとおりです。製品ロードマップは、製品イニシアチブや機能リリース (ユーザーアカウントページのカスタマイズ機能のリリースなど) の俯瞰的な概要です。プロジェクトロードマップは、特定のプロジェクト (組織が計画しているイベントなど) の成果物、マイルストーン、目標の全体的な概要です。プログラムロードマップは、社内におけるプログラムの概要で、誰が関与しどのような作業が行われているか、などを示します。

テンプレートをパワーアップ

スタートダッシュはテンプレートで。仕事のペースは Asana で維持しましょう。

登録