製品ロードマップ

製品ロードマップの作成、共有、更新が 1 つの場所でできれば、全員が正しい優先順序で取り組んでいることの確認ができます。このテンプレートで製品ロードマップの計画を始めましょう。

製品ロードマップの計画がもっと楽にできたらいいと思いませんか?残念ながら、プロダクトマネージャーの多くは四半期ごとにロードマップの書き直しを余儀なくされています。

製品ロードマップテンプレートを使えば、すべての工程をくまなく網羅したロードマップをすばやく計画できます。そしてロードマップを共有して得たフィードバックに対してチームが有意義なアップデートを加えるために時間を費やしていることが確認できます。次のヒントを参考に、この製品ロードマップテンプレートをお試しください。

  • タイムラインと戦略を伝える。どの製品がいつリリースされるかを皆で共有することは大切ですが、その理由と方法も情報として有用なものです。ロードマップを使いスケジュールと戦略を共有しましょう。
  • ロードマップを共有。関係者とロードマップを共有し、同じツールで計画や管理をすることで全員の足並みを揃えます。プランに変更や調整が加わるたびに、全員が最新情報が行き渡ります。
  • ロードマップの表示方法。ロードマップをタイムラインまたはカレンダーとして作成、視覚化を行えば、マイルストーンをカテゴリーや優先順位または担当別に並べ替えができます。Asana で表示方法を切り替えられるので、それぞれが最も納得できるレイアウトで計画の確認が可能です。
  • 複数の製品ラインを管理。全製品ラインのロードマップを 1 か所で管理し、ビジネスの全体像の中で製品の優先順位を把握できます。Asana では、ポートフォリオを使用します。

関連リソース

  • プロジェクトタイムラインに Excel が向かない理由

    Excel はピボットテーブルを扱うには向いていますが、プロジェクトプランの管理にはより適した方法があります。次の記事をご参照ください。

    記事を読む
  • Asana を活用して製品を構築する Sonder

    Sonder のプロダクトチームが Asana を使った製品開発プロセスについて語ってくれました。

    ケーススタディを読む
  • 製品ロードマップの構築と管理に関するヒント

    より良いロードマップの構築のためにするべき 5 つのこととは?その答えは次のブログでご確認ください。

    ブログを読む
  • エンジニアリングチームと製品チームを 5 倍にスケーリングした Zenegy の手法

    会社の成長に合わせてメール、チャット、会議をスケーリングできなかった Zenegy が選んだのは Asana でした。

    ケーススタディを読む

テンプレートをパワーアップ

Asana Premium の無料トライアルを利用して、さらにパワーアップしたテンプレートをお試しください。