ビジネス計画テンプレート

ビジネス計画を活用すると、ビジネス戦略の基盤を確立でき、ビジネスをスムーズに始められます。Asana のビジネス計画用の無料テンプレートを使えば、わずか数クリックで簡単に取り掛かることができます。

テンプレートを使用

登録してこのテンプレートを使用する

組み込まれている機能

goal iconゴールreporting iconレポートダッシュボードproject iconプロジェクト

Recommended apps

Microsoft Teams のアイコン
Microsoft Teams
Slack のロゴ
Slack
Google Workspace のロゴ
Google Workspace
Gmail のアイコン
Gmail

共有
facebookx-twitterlinkedin

これまでにないほど最高のビジネスアイデアを思いついたとします。きっと新しい挑戦に向けて、気合いが入っているはずです。しかし、すぐにビジネスを始めようと思っても、まだ具体的な計画がありません。このアイデアを形にするには融資が必要ですが、銀行は綿密な事業計画の提出を求めてきます。そんなときに役に立つのが、Asana のビジネス計画テンプレートです。

ビジネス計画テンプレートとは

ビジネス計画のテンプレートは、アイデアを整理された形でまとめる際に役に立つフレームワークです。Asana のビジネス計画用の無料テンプレートを使えば、一から簡単に新しいビジネスを立ち上げたり、新しい市場で既存のビジネスを再構築したりできます。

Asana のビジネス計画テンプレートは、新しいビジネスオーナーが、ビジネスの 3 年から 5 年のロードマップを作成するために必要な情報を把握する際に役立つツールです。社内外で活用できるビジネス計画を作ることが、このテンプレートの最終的な目標です。ビジネス計画を完成させると、社内では、チームメンバーが達成すべき目標を明確に理解できるようになります。また、社外では、ビジネスリーダーが資金調達や投資家の支援を得る際に、この計画を活用することができます。Asana のテンプレートを使えば、小規模なビジネスを立ち上げようとしている新米起業家でも、スタートアップ企業のビジネス計画を数多く作成してきたベテラン経営者でも、簡単にビジネス計画を作成できるようになります。

ビジネス計画テンプレートに盛り込むべき内容

Asana のビジネス計画テンプレートでは、組織が 3 ~ 5 年以内に達成したい目標を管理できます。このテンプレートを使用することで、以下のように、ビジネス計画を完成させるために必要な重要な情報をすべて把握できます。

  • 会社の説明: エグゼクティブサマリー、ミッションステートメント、ビジョン、創業者の経歴などの情報を記載します。

  • 製品およびサービス: 主要な製品やサービスなど、企業が提供する製品について簡潔にまとめます。製品の開発方法、製品のスクリーンショットやプロトタイプ、料金プランも含めることができます。

  • マーケティングプラン: 製品をどのように市場に送り出す予定なのか、その計画の全体像を記載します。このセクションでは、SWOT 分析、ターゲット市場調査、ブランドの位置づけなどの情報を追加できます。

  • 財務計画: 貸借対照表 (バランスシート)、損益分岐点分析 (ブレークイーブン分析)、キャッシュフロー予測など、重要な財務情報を記載します。

  • マネジメントや組織に関する情報: 創業者、エグゼクティブチーム (経営陣)、取締役会に関する情報を記載します。

ビジネス計画用の無料テンプレートの使い方

Asana のビジネス計画用無料テンプレートの使い方はいたって簡単です。まず、無料のテンプレートで新しいプロジェクトを作成します。そして、テンプレートに記載されているセクションに、特定のビジネス計画に関連する情報を追加します。この他にビジネス計画に盛り込みたい情報がある場合は、必要に応じて、セクション、カスタムフィールド、または追加のタスクを自由に追加して、テンプレートをカスタマイズできます。

組み込まれている機能

  • 目標: Asana では、目標がその達成のために行っている作業に直結しているため、チームメンバーは、何を目指しているのかを簡単に確認できます。目標は、その達成に向けた作業と切り離されていることも多いでしょう。チームや会社の目標と、それを支える作業を結びつけることで、チームメンバーは、自分の仕事がチームや会社の成功にどう直接貢献しているかをリアルタイムに把握し、明確にすることができます。結果としてチームメンバーは、よりよい意思決定が行えるのです。必要であれば、会社の戦略をサポートするプロジェクトを特定し、測定可能な結果をもたらすような仕事を優先することもできるようになります。

  • レポート機能: Asana のレポート機能は、プロジェクトのデータを視覚的なチャートやわかりやすいグラフに変換します。仕事が行われている場所でレポートを作成することで、無駄な重複作業を減らし、不要にアプリを切り替える手間を省くことができます。また、チームのすべての仕事がすでに Asana に集まっているため、どのプロジェクトやチームからでもデータを引き出し、一か所で何が起こっているのかを正確に把握できます。

  • マイルストーン: マイルストーンは、プロジェクトの重要なチェックポイントを表すものです。プロジェクトにマイルストーンを設定することで、目標への進行のペースを、チームメンバーやプロジェクト関係者と共有できます。さらにマイルストーンは、プロジェクトの大きな目標に向かう過程で、小さな成果を一つ一つ祝う機会にもなります。

  • プロジェクトの概要: プロジェクトの概要は、プロジェクトの重要な背景状況をすべて一か所でまとめて把握できる場所です。プロジェクト作業の内容、理由、方法について、チームが俯瞰的に確認できます。プロジェクトの説明を追加し、Asana を使ってどう共同作業するか、方向性を決めます。次に、会議の詳細、コミュニケーションチャネル、プロジェクトの要旨などといった、重要なリソースや背景情報を一か所で共有します。

おすすめのアプリ

  • Microsoft Teams: Microsoft Teams と Asana を連携すると、必要な情報を Teams から直接検索して共有できます。Teams を離れることなく、Teams の会話を Asana の実行可能なアイテムに簡単につなげましょう。また、Teams 会議中に、ブラウザーで Asana タブを開く必要なく、タスクの作成、割り当て、表示ができます。

  • Slack: Slack 上にあるアイデアや仕事のリクエスト、アクションアイテムを追跡可能な Asana のタスクやコメントに変換しましょう。ちょっとした質問やアクションアイテムが、期限と担当者つきのタスクに変わります。仕事を簡単に取り込めるので、やるべきことが Slack の中に埋もれ、流れることはありません。

  • Google Workspace: Asana タスクウィンドウに組み込まれた Google Workspace ファイル選択機能を使って、Asana でファイルをタスクに直接添付しましょう。マイドライブ内のファイルを、数クリックで簡単にタスクに添付できます。

  • Gmail: Asana for Gmail の連携を使用すると、Gmail の受信トレイから直接 Asana タスクを作成できます。Gmail から作成するタスクには、それまでの経緯を完全に把握できるよう、メールのコンテキストが自動的に含まれるようになっています。メールの作成中に Asana タスクを参照する必要があるときは、わざわざ Asana を開かなくても、Asana for Gmail アドオンを使い、直接 Gmail の受信トレイから簡単にそのタスクを検索できます。

FAQ

ビジネス計画のテンプレートはどのように作成すればよいですか?

時間をかけて一からビジネス計画を作成する代わりに、Asana の無料テンプレートを使って手早くプロセスを始めましょう。テンプレートをさらにカスタマイズするには、ビジネスモデル、会社名、住所、ミッションステートメント、顧客価値、ターゲット層など、特定のビジネスに関する常時必要な情報を追加します。これらの情報をテンプレートに追加することで、新しいビジネス計画を作成するたびに、一から記録する手間を省けます。

会社は小さくても、目標は大きく

ビジネス戦略を練るのは骨の折れる仕事ですが、Asana はあらゆる規模の企業が目標を追跡し、達成できるようにサポートします。無料トライアルでその効果をご確認ください。

無料で始める