11 種類のリーダーシップと自分に合ったスタイルの見つけ方

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2022年4月27日
facebooktwitterlinkedin
影響力のあるリーダーシップスタイル
今すぐ Asana を試す

概要

リーダーシップスタイルには個人の性格や経験が大きく影響します。リーダーシップの種類は多様で、その形に正解はありません。しかし自分に合ったスタイルを把握することは、自らのスキルセットを高め、チームに力を与えることにつながります。この記事では 11 種類のリーダーシップタイプを紹介し、その長所と短所も解説します。リーダーシップとは何か、その具体例を見ながら、今後に役立ててください。

更新: この記事は、ダニエル・ゴールマン氏のリーダーシップ理論に関するさらに詳しい記述を含めて 2022年 4月に改訂されました。

理想のリーダー像とリーダーシップの種類

あなたには、理想のリーダー像がありますか?それはどのような姿をしていますか?

リーダーシップの種類はひとつではありません。それぞれのリーダーにはそれぞれの個性があり、それぞれ異なる経験を持ち、そしてそれが独自のリーダーシップタイプを形成しています。そのスタイルは時間をかけて変化していくため、今のあなたは自分が理想とするリーダー像とはまだ違っているかもしれません。

たとえば理想のリーダー像として名前が挙がる Facebook の最高執行責任者 Sheryl Sandberg (シェリル・サンドバーグ) 氏や、アメリカのホームセンター Lowe’s の代表取締役 Marvin Ellison 氏。彼らはビジネスを行う業界こそ違えど、両者とも優秀なリーダーであり、どちらも先進的な考えを持ち、自分の仕事にビジョンを持ち、聴衆を惹きつける説得力を持っています。しかし、二人が用いているリーダーシップの種類は異なるかもしれません。複数あるリーダーシップの種類から、最適なタイプを選択し実行することが大切なのです。

リーダーシップ理論

リーダーシップ理論で有名なのが、Daniel Goleman (ダニエル・ゴールマン) 氏が提唱した 6 つのタイプのリーダーシップです。

  • ビジョン型リーダーシップ

  • コーチ型リーダーシップ

  • 関係重視型リーダーシップ

  • 民主型リーダーシップ

  • ペースセッター型リーダーシップ

  • 強制型リーダーシップ

しかしこの記事では、レヴィン氏のリーダーシップ論、感情的リーダーシップ理論、そしてバス氏の提唱したリーダーシップ論を基に、11 のリーダーシップの種類を挙げ、それぞれの短所と長所もご紹介します。今のあなたのリーダーシップスタイルを見極め、どのように活用すればチームへの影響力を高められるか、理解を深めましょう。異なるリーダーシップの種類を知るうちに、新たな戦略を取り入れることができるかもしれません。

リーダーシップスタイルを行動に移す

リーダーシップとマネジメントの違い

リーダーシップとマネジメントはよく同じ意味で使われますが、その意味は異なります。

チームに刺激を与えながら、自分のビジョンを持って会社を前進させるのがリーダーです。また社会的にポジティブな影響力を持ち、それを組織のために活用することができます。一方マネージャーは、特定のマネジメントスタイルを使ってプロジェクトを順調に進めるという、会社の運用的な役割を担っています。

quotation mark
マネージメントとは、優先順位の設定、優先順位の評価、雇用や解雇の決定、報酬の決定などのオペレーションを指します。リーダーシップは、マネージメントとは少し異なり、どちらかと言えばコーチングをしたり、時には精神的なガイドとなる能力です。リーダーには、エネルギーを維持してチームの全員が刺激を受けて成長できるようにし、全員が確実に同じ方向に前進できるようにする責任があります。リーダーは、変化の中で強さと安定性を保つ役目を果たさなればなりません。”
Dustin Moskovitz、Asana、共同創業者兼 CEO

リーダーとマネージャーは常にイコールで結ばれるわけではありません。リーダーはトップレベルの役職や管理職だけでなく、企業内のあらゆる役割に存在します。もしあなたが自分の役割の中でよりよいリーダーになることを目指しているのであれば、自分の現在のリーダーシップスタイルのメリットとデメリット、さらにどんなタイプのリーダーシップを習得すべきかを理解することが、よいリーダーへの近道となります。

記事: リーダーシップとマネジメントの違いとは?

1. 権威型 (独裁型) リーダーシップ

リーダーシップの種類として一つ目に紹介するのが、権威型リーダーシップです。これはアメリカの心理学者 Kurt Lewin (クルト・レヴィン) 氏が提唱した 3 つのリーダーシップタイプの 1 つです。権威型リーダーシップとは何か、具体例を見ながら紹介します。

レヴィンのリーダーシップ理論

権威型、または独裁型と呼ばれるタイプのリーダーは、同僚に対して明確な指示を出しコントロールするタイプのリーダーです。意思決定においては中央集権型で、重要な決定は 1 人で下します。権威型のリーダーはチームの全体像については明確なビジョンを持っていますが、チームメンバーを巻き込むのはタスクごと、または必要に応じてのみです。

権威型のリーダーは、他人を褒めたり批判するときは個人的に行いますが、集団からは明らかに自分を切り離しています。不愉快なタイプのリーダーだと思うかもしれませんが、一般的にそんなことはありません。あからさまに敵対的になることはほとんどなく、むしろ友好的です。しかし状況によっては、人間味のない態度をとることもあります。

あなたはいくつ当てはまる?権威型リーダーの考え方や行動パターン

  • チームの学習よりも自分の学習を優先する。

  • 社内で意見が対立した場合、自分の考えが正しいことが多い。

  • 声が多すぎると仕事が進まない。

  • 自分が担当しているプロジェクトでは、反対意見を持つ人を無視する。

権威型リーダーシップの長所:

  • 権威型リーダーシップは、時間的制約のある中でプロジェクトを完了させる能力に長けています。

  • 決断を伴うアクションが必要な場合に役立つスタイルです。

  • この種類のリーダーシップは、集団の中でリーダーが最も知識豊富な場合に成功します。

権威型リーダーシップの短所:

  • このスタイルは創造性を高めるものではありません。 

  • リーダーは、威張っている、支配しているといったネガティブなイメージを持たれることがあります。

  • 自分のやり方に固執している場合が多く、別の種類のリーダーシップタイプに挑戦するのが難しいです。

2. 参加型 (民主型) リーダーシップ

レヴィン氏が提唱した 3 つのリーダーシップの種類のうち、2 つ目がこの参加型リーダーシップです。

参加型リーダー、または民主型リーダーは、メンバー全員の意見を受け入れ、協力を促すタイプのリーダーです。この種類のリーダーシップの特徴は、最終決定権は自分が持っているものの、意思決定の責任をメンバーに分散させることです。  

参加型リーダーは自分をチームの一員として認識しています。チームメンバーの成長が最終的には目標達成につながることをよく理解しているので、自分の時間とエネルギーをそのポイントに費やします。もしあなたがグループでの共同作業を得意としているなら、これがあなたのスタイルかもしれません。

あなたはいくつ当てはまる?参加型リーダーの考え方や行動パターン

  • チームの学びを優先させることで、自分の役割にもプラスになると思う。 

  • 社内で意見が合わないときは、全員の意見を聞いたうえで解決策を導き出すべきだと思う。

  • プロジェクトに取り組むメンバーが多いほど、よい結果が得られると思う。

  • 多様な意見を交わし合うことで、最終的によりよい製品を作れるので、反対意見を持つ人を歓迎する。

参加型リーダーシップの長所:

  • レヴィン氏の研究では、リーダーシップの種類の中で最も効果的なスタイルとされています。 

  • 参加型リーダーシップは質の高い貢献を誘発します。 

  • 創造性が高まり、チーム内の一人ひとりが「仕事に参加している」という感覚を得ることができます。 

  • 全員がプロジェクトの全体像を理解し、最終目標へ向けて意欲的に取り組みます。

参加型リーダーシップの短所:

  • 参加型リーダーのチームは権威型リーダーのチームと比べて生産性が低いと言われています。

  • 共同作業を機能させるには、チームメンバー全員が合意、納得していることが前提となり、時に骨の折れる作業となります。

記事: 優れたグループダイナミクスの秘密

3. 委任型 (自由放任型) リーダーシップ

レヴィン氏の定める 3 つ目のスタイルは、委任型および自由放任型リーダーシップです。委任型リーダーシップとはどんなスタイルなのか、具体例を挙げながら紹介します。

委任型のリーダーは、チームにほとんど指導を行いません。意思決定のプロセスにおいても、チームメンバーに完全な自由を与えるのが特徴です。つまり委任型リーダーはチームから自分を切り離し、現在のプロジェクトの流れに参加せず、邪魔しないように振る舞います。チームメンバーを信頼し「任せる」スタイルです。 

あなたはいくつ当てはまる?委任型リーダーの考え方や行動パターン

  • 何がベストかなどの決定はチームに任せるが、最終的にすばらしい結果を期待している。 

  • 社内で意見が合わないときは、自分の意見を聞かずに他の人が決めてしまってもいいと思っている。 

  • リソースはチームに与えるので、後は自発的に各々で判断して進めてくれるメンバーが欲しい。

  • 反対意見を持つ人は、それぞれで自分のやりたいようにやってみてほしい。

委任型リーダーシップの長所:

  • この種類のリーダーシップは、チームメンバー全員が適任の専門家である場合に有効です。

  • 自律性を重んじるメンバーが仕事で満足感を得やすいスタイルです。

  • チームがリーダーと同じ目標を持っていれば、その目標を達成できます。目標管理ソフトウェアを使えば進捗が確認できます。

委任型リーダーシップの短所:

  • レヴィン氏の研究では、自由放任型リーダーが率いるチームは最も生産性が低いとされています。 

  • 委任型のリーダーのもとでは、役割や責任範囲が不明瞭です。

  • このスタイルは、各メンバーがお互いに誰かのせいにしたり、責任を取らないことにつながる可能性があります。

記事: 状況対応型リーダーシップ理論: 4 つのスタイルと資質

レヴィン氏が提唱した 3 種類のリーダーシップタイプに続き、今度は感情的リーダーシップ理論の観点から考えてみましょう。この理論は、感情的な知能を使って空気を読み、正しいリーダーシップスタイルを活用するのに役立ちます。

感情的リーダーシップ理論

4. 先見型リーダーシップ

先見型リーダーシップは、レヴィンの権威型リーダーシップと似た特徴を持っています。先見型リーダーは明確で長期的なビジョンを持っており、周りに影響を与え、やる気を引き出すことができます。 

このタイプのリーダーシップは、会社が大きく変化する場合や、明確な指示が必要な場合に最適です。そういった状況下では、人々は未知の世界へ進むために信頼できる誰かを必要としています。 

もしチームメンバーがリーダーとは異なる考えや意見を持つ専門家である場合、この種類のリーダーシップは成功しにくい傾向にあります。専門家であるメンバーは、同意できないリーダーには盲目的についていこうとは思わないからです。

記事: 専門力を養う方法 (より優れたリーダーになるために)

先見型リーダーシップの長所:

  • 組織のメンバーはリーダーの影響を受け、自分の役割を理解します。 

  • リーダーは最終的な目標を見据えているので、一時的な問題で気落ちすることがありません。 

  • 先見型のリーダーは、政治や社会情勢などの外的要因による課題に対し、危機管理計画を立てることに長けています。

先見型リーダーシップの短所:

  • チームの短期的目標が欠けています。 

  • リーダーの個性が干渉しすぎるとビジョンが失われる可能性があります。 

  • 先見型のリーダーは、他のメンバーのアイデアを受け入れない傾向があります。

記事: グループとチームの違いとは?

5. 指導型リーダーシップ

指導型のリーダーは、チームメンバーの長所と短所を見極め、改善するよう指導を行うタイプのリーダーです。また、そのスキルを会社の目標と結びつけることができます。ではこの指導型リーダーシップとは何か、具体例を含めて見てみましょう。

この種類のリーダーシップは、リーダーが創造性に富み、協力を惜しまず、具体的なフィードバックを与えることができる場合に成功します。たとえば、若手社員が多いチームを率いるときに効果的でしょう。また、リーダーが一歩下がってメンバーに自主性を与えるタイミングを知っているかどうかも重要です。

ただし、「指導」という行為は誰にでもできることではありません。やり方が悪いと、指導型リーダーシップは過干渉と捉えられかねないので注意が必要です。 

指導型リーダーシップの長所:

  • 指導型リーダーシップはメンバーのモチベーションを高め、チーム全体が楽しんで参加できる環境を作ることができます。

  • 期待されていることが明確なので、メンバーのスキル向上が見込めます。

  • この種類のリーダーシップのもとで働くチームからは、生産性が高く、他人を進んで指導できる人材が生まれるため、会社に競争優位性をもたらします。

指導型リーダーシップの短所:

  • 指導型リーダーシップは忍耐と時間を必要とします。

  • このタイプのリーダーシップを受け入れることのできるメンバーがいないと成り立ちません。 

  • この種類のリーダーシップは人間関係に大きく依存しているため、チームの団結力や信頼関係がその成功に不可欠となります。

記事: フィードラーのコンティンジェンシー理論: 万能なリーダーシップが存在しない理由

6. 親和型リーダーシップ

親和型リーダーシップは人間関係を重視するタイプのリーダーシップです。親和型リーダーの目的は、調和を生み出すことにあります。カリスマ性のある親和型のリーダーは、職場内の人間関係を構築・育成することでより強調的でポジティブな職場環境を実現させます。 

親和型リーダーは、新しいチームを作る場合や危機的状況に陥っている場合に有効です。ただし、リーダーがメンバーと仲良くなることを重視しすぎて、生産性や会社の目標への関心が低くなってしまうとよくありません。

親和型リーダーシップの長所:

  • ポジティブで建設的なフィードバックによって、チームの士気を高めます。

  • 人間関係のトラブルはすぐに収まります。 

  • チームメンバーは自分が必要な存在であると感じるため、ストレスが少なくなります。

  • 親和型リーダーシップは、お互いに助け合う力を持つ緊密で自発性を持つチームを作ります。

親和型リーダーシップの短所:

  • 水面下で一部のチームメンバーのパフォーマンスが低下する可能性があります。明確な役割が与えられないことは、社会的手抜きにつながります。

  • 親和型のリーダーはネガティブなことを言いたがらないため、メンバーの成長につながりません。

  • 組織の目標が忘れられがちです。 

  • チームメンバーはリーダーに感情的に依存するようになるため、リーダーが移籍したり辞めたりしてしまうと、残りのメンバーは途方に暮れてしまいます。

記事: サーバントリーダーシップ: 奉仕を通じてチームを導く方法

7. 民主型リーダーシップ

リーダーシップ 7 種類目は、民主型リーダーシップです。これはレヴィンの参加型リーダーシップと同じで、チームメンバー全員の参加と意見の共有が奨励されます。では民主型リーダーシップとは何か、その具体例も見てみましょう。

最終決定権はリーダーにあったとしても、メンバーにも決定権があるように感じられるのが、この民主型リーダーシップです。そのため、自信をつけさせたいメンバーがいる場合や、スキルは高いものの自分で判断し意思決定をするのが苦手なメンバーがいる場合に効果を最大限発揮します。また、このタイプのリーダーはコミュニケーションを積極的にとるので、チーム内の情報伝達も円滑化します。

ただし、このタイプのリーダーシップは取り組んでいる内容に関する経験や知識の少ない初心者チームではあまり機能しません。あくまでもスムーズに仕事をこなせるメンバーが集まっている場合に効果的です。また、すぐに行動を起こさなくてはならないような状況にも向いていません。

民主型リーダーシップの長所:

  • 共同作業によって創造性や革新性がもたらされます。

  • 従業員の当事者意識と信頼が高まります。 

  • 共通の目標を持つことが高い責任感と生産性につながります。

民主型リーダーシップの短所:

  • 共同作業に時間がかかります。

  • リーダーがメンバーの意見を聞かずに決断を下してしまうと、信頼が失われます。 

  • チームメンバーにスキルがあることが不可欠です。

8. 先導型リーダーシップ

リーダーシップ 8 種類目は、先導型のリーダーシップです。先導型のリーダーとは、生産性、パフォーマンス、品質の高さでメンバーの手本となるタイプのリーダーです。メンバーはリーダーの手本にならう形となり、それについていけない場合はリーダーが介入し、タスクを適切に完了します。 

先導型リーダーシップは、リーダーが明確な要件を設定し、納期に間に合うようチームを鼓舞できる場合に有効です。チームメンバーがリーダーへの信頼を失い、ストレスや過労を感じていたり、やる気を失ってしまっているとうまくいきません。

先導型リーダーシップの長所:

  • この種類のリーダーシップを用いると、ビジネス目標を予定通りに達成できます。

  • 先導型のリーダーによって、チームの能力をフル活用できます。 

  • 何かトラブルが起きた場合も、ステータスレポートを使うことでいち早く把握できます。

先導型リーダーシップの短所:

  • 先導型リーダーシップはチームメンバーのストレス増加ややる気の喪失、士気の低下につながる可能性があります。 

  • リーダーに一挙一動を監視、修正されると、メンバーはリーダーへの信頼を失います。

  • 結果や期限を意識しすぎると、創造性の低下につながります。 

  • リーダーからメンバーへのフィードバックが限定的になります。

9. 命令型リーダーシップ

命令型リーダーシップは、指示型や強制型とも呼ばれます。このスタイルではリーダーが明確な目標と目的を持ってそれをチームに伝え、メンバーに従ってもらいます。また、手順や方針を決めることで構造を作ります。 

命令型リーダーシップは通常、メンバーがスキルや専門知識を持っていない場合に使用されます。そのような状況下では、メンバーは自分のタスクを完了するための順序立った構造を必要としています。また、議論している時間がないような緊急事態にも有効です。このタイプを用いる場合は、他のスタイルと組み合わせるとより効果的です。

命令型リーダーシップの長所:

  • 明確な期待を持つことで、仕事のパフォーマンスが向上します。 

  • 迅速に意思決定できるので、危機的状況下に適しています。

  • 命令型リーダーシップはスキルの低いグループや経験の浅い社員の助けとなります。

  • 命令型リーダーはチームメンバーの遅れをすぐに察知することができます。

命令型リーダーシップの短所:

  • リーダーがグループの中でも経験豊富でなければこのスタイルは成り立ちません。 

  • 共同作業がないため創造性が発揮されません。

  • チームの士気が下がり、社員の当事者意識が低下する可能性があります。

  • リーダーに対する依存が強く、ボトルネックが発生する原因となる可能性があります。 

  • 命令型のリーダーは独裁型のリーダーになりがちです。

感情的リーダーシップ理論に基づいて、6 種類のリーダーシップスタイルを紹介しました。この理論は、日々の仕事に簡単に取り入れることができます。まずは一緒に働いているチームのタイプを見極めましょう。次に、あなたの仕事を一番効率よくサポートするリーダーシップの種類を考えます。状況に合わせて感情的リーダーシップタイプを調整していくことが大切です。

記事: チームの仕事量を管理するための効果的な方法

10. 変革型リーダーシップ

レヴィンのリーダーシップ理論、そして感情的リーダーシップ理論に加えて、注目すべきリーダーシップの種類がもう 2 つあります。それが、「変革型」と「取引型」です。

どちらのスタイルも、組織行動やリーダーシップを研究していたアメリカの心理学者 Bernard M. Bass (バーナード・バス) 氏によって文書化されたものです。スタイルの名前は聞いたことがなくても、きっと職場で見かけたことがあるはずです。

変革型リーダーシップと取引型リーダーシップ

バーナード・バス氏の最も有名な理論は、「4 つの I」とも呼ばれる変革型リーダーシップ理論です。この理論は 1978年に James MacGregor Burns (ジェームズ・マグレガー・バーンズ) 氏が提唱した、「リーダーとフォロワーがお互いに助け合い、士気とやる気を高めていく」というコンセプトに基づいています。 

変革型リーダーシップの「4 つの I」とは、「Individualized consideration (個別の配慮)」、「Intellectual stimulation (知的な刺激)」、「Inspirational motivation (モチベーションの鼓舞)」、「Idealized influence (理想化による影響)」のことを指します。この 4 つの I は、リーダーがどれだけ変革的であるかを測るために使う指標です。 この種類のリーダーシップを用いると、リーダーは自分に従いたいと思う人々の信頼と尊敬を効果的に獲得することができます。 

変革型リーダーシップの長所:

  • 変革型リーダーは、指導や励ましによってチームに力を与えます。 

  • チームメンバーはそれぞれ個々にコーチングを受けられるため、独自のスキルを有効活用できます。 

  • チームは共通の目的のために団結し、それが会社の成長につながります。

  • それぞれのメンバーに自由が与えられます。 

変革型リーダーシップの短所:

  • 小さなタスクが忘れられやすくなる傾向があります。

  • リーダーが常に関与すると、プレッシャーの増加や燃え尽き症候群につながる可能性があります。 

  • リーダーの目標が会社の目標と一致していない場合、リスクが伴います。 

  • チームメンバー全員がリーダーを尊敬し、アプローチに賛同していなければ成り立ちません。

11. 取引型リーダーシップ

取引型リーダーシップは社会学者の Max Weber (マックス・ウェーバー) 氏によって初めて概念化され、その後バーナード・バス氏によって確立されたリーダーシップタイプです。バス氏はこの種類のリーダーシップを、変革型リーダーシップと対立するものとして取り上げています。

取引型リーダーシップは報酬と罰を用いてチームメンバーのやる気を高めます。このタイプのリーダーは、明確な命令系統がパフォーマンスの向上につながると考えています。チームメンバーはリーダーの指示に従わなければならず、リーダーによって厳しく監視されます。

取引型リーダーシップの長所:

  • この種類のリーダーシップは、解決すべき問題がはっきりしている状況下で有効です。 

  • メンバー全員が明確な役割を持つので、危機的状況下でも役立つスタイルです。

  • メンバーは、リーダーが自分に何を期待しているのかを把握することができます。

取引型リーダーシップの短所:

  • このタイプのスタイルはチームメンバーの創造性を抑圧します。 

  • 取引型のリーダーはメンバーの感情面のサポートを行いません。 

  • このタイプのリーダーは個人の取り組みを評価しません。 

  • 短期目標に集中しすぎているため、長期的成功には向いていません。

記事: Asana のリーダーが語る、強い組織文化を築くコツ 6 選

あなたに合うリーダーシップの種類は?

11 のリーダーシップの種類を紹介しましたが、一言で「リーダーシップ」と言っても、そこにはさまざまな理論と考え方があり、スタイルも多様です。 

レヴィンの理論ではリーダーは 3 つのグループに分けられ、参加型が最も効果的とされています。感情的リーダーシップ理論では、有能なリーダーが状況に応じて使い分ける 6 種類のリーダーシップが挙げられています。バスは変革型と取引型という、2 つの対照的なスタイルを提示しています。変革型は周りに権限を与えることでやる気を高め、取引型は報酬と罰でやる気を高めるという種類のリーダーシップです。  

どのリーダーシップが正しいということはありませんが、きっと自然に惹かれるスタイルがあるはずです。あなたはどの種類のリーダーシップに一番共感しましたか?普段のあなたはどのスタイルを活用していますか?それぞれのスタイルの長所と短所を理解して、チームの成功をサポートできるリーダーになりましょう。今のやり方がうまくいっていないと感じているなら、別のリーダーシップの種類に目を向けてみることをおすすめします。 

記事: チームに力を与えるビジネス名言 39 選

効果的なリーダーシップスタイルで理想のリーダー像に近づく

リーダーシップの種類を 11 に分けて紹介しました。11 種類の中に、理想のリーダー像はありましたか?

リーダーには多くの責務があります。人を動かすこと、創造的に考えること、問題を解決すること、リスクを排除すること。さまざまな責任を負いながらチームをまとめ、ゴールまで導く役目を担っているのです。ただし、同じ仕事をしていても、そのやり方はリーダーによって大きく異なります。

リーダーには、チームに組織の目標を達成させるという責任があります。あなたがどこにいても、チームの足並みを揃え、常に同じ方向へと向かわせるには、ワークマネジメントソフトウェアが役立ちます。

Asana のワークマネジメント機能を試す

関連リソース

記事

ステークホルダーとは?シェアホルダーとの違いを解説