サーバントリーダーシップ: 奉仕を通じてチームを導く方法

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2021年8月4日00
facebooktwitterlinkedin
サーバントリーダーシップ記事バナー画像

概要

「サーバントリーダーシップ」は、ロバート・K・グリーンリーフにより生み出されたリーダーの行動モデルです。サーバントリーダーの特徴は、優れた傾聴スキル、共感力、自己認識力、健全な職場環境を築くことへの情熱を兼ね備えていることです。この記事では、人のために尽くすことを何よりも重視する奉仕優先型リーダーになるためのヒントやそのリーダーシップスタイルに伴うメリットとデメリットについて解説します。

自分に適したリーダーシップスタイルを見つけることは、簡単なことではありません。自分の価値観に合い、社内で受け入れられ、チームを効果的に統率できるスタイルを探し出す必要があります。チームに貢献するための最適な方法を発見するためには、さまざまなリーダーシップスタイルのあらゆる側面を学び、自分のチームにとって最高のリーダーとなることを目指しましょう。

クルト・レヴィン (専制型、民主型、放任型)、ダニエル・ゴールマン (感情的リーダーシップ理論)、バーナード・M・バス (変革型リーダーシップ) は、3 人とも著名なリーダーシップ研究者です。一方で、前述の研究ほど認知度は高くないかもしれませんが、非常に興味深いリーダーシップ理論があります。それが 1970 年代にロバート・K・グリーンリーフにより提唱された「サーバントリーダーシップ」です。

この記事では、サーバントリーダーシップスタイルの由来、メリット、特徴を対象とし、チームへの奉仕を通じて統率する方法について、実例を交えて紹介します。

サーバントリーダーシップとは何か?

サーバントリーダーシップとは何か

サーバントリーダーシップは、他者への奉仕を何よりも優先させる考え方です。サーバントリーダーは、単に数値的な結果を出すために管理するのではなく、チームが生き生きと仕事を楽しみつつ、最も影響力の大きい仕事を達成できるような環境を作ることに注力します。

ロバート K グリーンリーフは、リーダーを「Servant First」(奉仕優先型) と「Leader First」(リーダー優先型) の2 通りのタイプに分けました。リーダー優先型リーダーは、より命令的な立場を貫き、自分の個人的な目標を達成することに専念しがちです。それに対し、奉仕優先型リーダーは、自分の権威をほとんどすべて放棄し、自分のニーズよりもチームに尽くすことを優先します。後者は無私無欲のリーダーシップタイプであり、チームメンバーの長期的な成長を重視するものです。

「リーダー」と「サーバント」(召使い) という言葉の組み合わせには、矛盾があるように感じられるかもしれませんが、チームの成長を励まし、やりがいを感じさせ、明確なビジョンを提供することは、チーム全員が「自分は受け入れられている」、「サポートされている」と実感できる環境の形成につながります。

ロバート・グリーンリーフがこのリーダーシップスタイルを生み出した経緯を知ることは、第一に奉仕者であるリーダー像を思い描いたグリーンリーフに影響を与えたものとは何だったのかを私たちに教えてくれます。

サーバントリーダーシップの由来

サーバントリーダーシップの由来

サーバントリーダーシップは、元 AT&T の重役だったロバート・K・グリーンリーフが引退後のある日、ヘルマン・ヘッセの小説「東方巡礼」を読んだ後にひらめいたアイデアでした。そのあらすじは複雑なものではありません。ある男たちのグループが、神秘の旅に出て、召使いとして同行したレオの歌と精神が彼らを支え続けます。レオが消息を絶つと、グループは崩壊し、旅を放棄します。何年も後、物語の語り手は、レオが実は旅の後ろ盾だった協会のリーダーであったことを知ります。レオは単なる召使いではなく、彼らの導き手であり、偉大なリーダーだったのです。

おとぎ話でしか起こりえないことに思えるかもしれませんが、グリーンリーフはそこに企業の現実との共通点を見出しました。1970年、ヘッセの小説にヒントを得たグリーンリーフは、新しいリーダーシップスタイルを生み出した随筆「リーダーとしてのサーバント」(原題: The Servant as Leader) を書き上げました。「サーバントリーダーは、第一に奉仕者である (中略) サーバントリーダーへの道は、奉仕したい、何よりも奉仕したい、という自然な気持ちから始まる。その上で、意識的な選択を経て、人はリーダーとなることを志すようになる」とグリーンリーフは考察しました。

1964年には、組織および一般社会において、このリーダーシップスタイルに関する認識、理解、実践を推進するために、グリーンリーフはRobert K. Greenleaf Center for Servant Leadershipを創設しました。

記事: リーダーシップとマネジメントの違いとは?

サーバントリーダーシップの特徴

当センターの元プレジデント兼 CEO であった ラリー・C・スピアーズは、2008年に自身のリーダーシップセンターを創設しました。その後このテーマについて発表した数多くの記事のうちの一つが、「人格とサーバントリーダーシップ」 (原題: Character and Servant Leadership) です。

この記事でスピアーズは、効果的かつ思いやりがあるリーダーの 10 の特徴を定義しています。グリーンリーフのエッセイや執筆の内容に基づくこれらの特徴は、奉仕優先型リーダーになる方法について理解を深めるための指針となります。

サーバントリーダーシップの 10 の特徴

スピアーズによると、サーバントリーダーの 10 の特徴は、着実に訓練を続ければ、誰でも身に付け、育むことができるといわれています。まず以下を実践することから始めましょう。

1. 傾聴する

サーバントリーダーは、傾聴を重視します。コミュニケーションスキルや意思決定スキルは、優れたリーダーシップの実践において重要な要素ですが、サーバントリーダーシップの主要な特徴は、チームの声に耳を傾け、その言わんとすることを深く理解しようとする姿勢です。

ロバート・K・グリーンリーフは、リーダーの傾聴スキルを革新的な職場環境に必要不可欠なものとして位置づけました。チームメンバーは、自分の声が尊重されていると実感できなければ、アイデアを安心して共有することはできません。

記事: 理解するための聴き方: アクティブリスニングの実践方法 (実例付)

2. 共感する

サーバントリーダーになるためのスキルとして、スピアーズが傾聴の次に重視しているのが、共感力です。スピアーズはこう書いています。「サーバントリーダーは、他者への理解と共感を深めることに努めます。チーム全員が、自分の独自の個性が受け入られ、認められていると感じられる必要があります。」

共感力を持つリーダーであることは、チームメンバーがそれぞれ最善を尽くして仕事をしているという前提でチームを率いることを意味します。そのようなオープンな姿勢を保つことにより、サーバントリーダーは、職場における創造性と勇気を培えます。

3. 癒す

サーバントリーダーは、チームメンバーのネガティブな経験や、不快な状況に対処するために習慣とせざるを得なかった行動を認識します。その理解を基に、週次の 1on1 ミーティング、メンターシッププログラム、メンタルヘルスケアの紹介など、チームの役に立つリソースとサポートを提供します。

グリーンリーフは、サーバントリーダーやそのリーダーシップに導かれるさまざまなチームに共通する点として、「ホールネスの探究」(ありのままの自分探し) への理解を挙げています。健全な職場環境を優先し、チームメイトのメンタルヘルスの回復への道のりをサポートすることで、ホールネスを追求する組織文化を築けます。

4. 気づき

サーバントリーダーの気づき (アウェアネス) には、自己認識 (セルフアウェアネス) や自分の長所と短所を総合的に認識することの他、チームに関する同様の認識も含まれます。そのような気づきにより、サーバントリーダーは、倫理や価値観に関わる物事をより統合的かつホリスティック (包括的) な観点から理解できます。

自己認識力を高めるには、うまくいっていること、いっていないことを把握するために、チームからリーダーへの率直かつ頻繁なフィードバックを習慣化しましょう。そして、自分個人の目標や計画の進捗も追跡しましょう。また、自分の性格を新しい観点から捉えるために心理測定テストを受けたり、他者の目に映る自分を見つめ直したりすることもできます。

記事: Asana のリーダーに聞く、模範となるリーダーシップの取り方

5. 説得する

サーバントリーダーは、自分の権威をふりかざすのではなく、他者を説得することを通じて意思決定を行います。チームメイトに命令を下して無理やり従わせようとするのではなく、説得を通じて理解を得ようとする姿勢は、サーバントリーダーシップを専制的なあり方と区別する最も明確な特徴です。

また、説得力を生かせば、チーム内の合意や一定レベルの信頼関係を形成できます。たとえば、次回チームが意思決定を行う際に、自分の戦略を説明する場面で「君たち」というような言葉をチームと同じ立場に立つ「私たち」というような言葉に置き換えてみましょう。それにより、単に皆を自分に従わせるための意思決定ではなく、チーム全員が参加する意思決定であることを皆に実感してもらえます。

6. 構想する

日々の現実にとらわれない思考力を身に付けるには、訓練と実践を着実に積み重ねる必要があります。しかし同時に、プロジェクト、チーム、組織を構想する観点から物事を捉える力を備えているサーバントリーダーは、皆の願いを現実化するために夢を追い続けることができます。

その夢や願望をチームと共有することをおすすめします。短期的な目標も大切ですが、地平線の向こうにある未来にも常に意識を置き続けることにより、サーバントリーダーは困難な日にもチームメンバーにインスピレーションを与え続けることができます。

記事: 完璧なビジョンステートメントを書くための 7 つのステップ

7. 先見力を発揮する

サーバントリーダーは、将来の出来事とそれによるチームへの影響を予測できます。そう聞くと超能力のようなイメージが思い浮かぶかもしれませんが、それとは対照的に、先見力は、地道な経験と直感により長い時間を経て研ぎ澄まされていくものです。

しかし、先見力は単なるフィーリングではありません。SWOT 分析のようなツールを使えば、過去の出来事を理解し、近日のプロジェクトを管理し、今後何が起こるのかも予想しやすくなります。

記事: チームの構造: 効果的にチームをまとめる方法 10 選

8. スチュワードシップとアカウンタビリティ

スチュワードシップとは「世話を任された何らかのものを慎重に、責任を持って管理すること」を指します。スチュワードシップに関する著書で、ピーター・ブロックは、「長期的な奉仕」そして「権力を持たない者への奉仕」を実践すべきであると提唱しています。

ブロックの言葉に影響され、スピアーズはサーバントリーダーシップの 10 の特徴の内の 1 つにスチュワードシップを含めました。スチュワードシップは、リーダーたちに、自分の責任の重要性を認識させる力を持つ概念です。スチュワードシップの特徴を備え持ったサーバントリーダーは、組織から託された信用と信頼を守ることができます。

9. 人の成長を優先する

リーダーが他者への奉仕を優先することで、チームは成功に必要なサポートやリソースを十分に得られます。サーバントリーダーは、チームメンバーの成長を全面的に支えることに徹します。これを具体的な行動で示すためには、以下のようなことが実践できます。

  • チームに資金を投入する

  • チームによる意思決定を奨励する

  • 仕事のパフォーマンス以外の面で (職場以外のことに関しても)、チームメンバーを援助し、サポートする。

チームメンバーの個人としての成長、仕事における成長をサポートするために、サーバントリーダーはあらん限りの力を尽くします。

10. コミュニティづくり

サーバントリーダーは、チームの結束をもたらし、単なる職場ではないコミュニティ的な環境を培います。チームが複数の拠点に分散していたり、全員がリモートで働いていたりする今日の世界において、これを実践することは日増に難しくなっています。

リモートチームにおいては、チームメイト同士のやりとりを定期的に持続させることで、強いコミュニティを築けます。週次の 1on1 ミーティング、リモートでのコーヒートーク、オンラインのチームビルディングゲームなど、さまざまな方法がありますが、大事なのは、離れていてもチームメイトとつながることです。

チームを結束させることは、チームメイトの個人的な成長につながるだけでなく、パフォーマンスにも効果をもたらすレベルの信頼関係や仲間意識を生み出します。

記事: リモートで働きながらインクルーシブなコミュニティを築き続ける方法

サーバントリーダーになるには

サーバントリーダーの 10 の特徴に続き、奉仕優先型のリーダーとしてチームを率いるために実践できる 6 つの秘訣を以下に紹介します。

サーバントリーダーになるには

模範となる

サーバントリーダーは、常にチームメンバーと共に歩み、模範となるリーダーシップを取ります。サーバントリーダーのチームは、自分たちと同等の時間と努力をプロジェクトに注ぎ込むことをいとわないマネージャーの姿勢を認識し、それを評価します。それにより、価値観を全うしつつ全力を尽くそうというチームの意欲が高まります。

一方で、模範となるリーダーシップを取ることは、単に一緒に頑張って仕事をする以上のことを意味します。サーバントリーダーは、率先して休暇をとり、自分を充電することにより、チームメンバーにもそれを奨励することもできます。リーダーが有給休暇やメンタルヘルスのための休暇を取れば、チームも休暇のメリットを生かす可能性が高くなります。

まず第一に、自分自身のセルフケアや家族のケアを行うことが大切です。自分と家族に合う仕事のスケジュールを組み、カレンダーを使ってそれをチームに伝えましょう。これを実践すれば、チームにおいても同じ行動を促進し、奨励できます。

例: サーバントリーダーとして、チームメイトをサポートするために、自分の担当範囲外であってもチームメイトのタスクを手伝うことを提案してみましょう。そうすることで、チームメンバーはそのタスクの進捗を心配せずにより重要な仕事に集中できます。

仕事が重要な理由をチームに伝える

自分の仕事がより大きな会社目標にどう影響するのかをチームメンバーが理解すると、その仕事への意欲が高まる傾向があります。チームメンバーが自分の仕事の大切さを理解できるようサポートすることは、サーバントリーダーの不可欠な役割の一部です。 

それを実践するために、サーバントリーダーは、より小さなマイルストーンを評価することに加え、常により大きな全体像をチームに意識させ、自分たちがそれに貢献しているという大局観を培います。

例: 製品やサービスがお客様によい影響をもたらした成功事例や方法を共有すれば、チームのモチベーションを高め、自分たちの仕事が評価されていることを実感してもらえます。Asana では、目標とチームメンバーの仕事のつながりを可視化し、双方を 1 つの場所でサポートしているので、チームは仕事を追跡しつつ、同時に目標の達成状況も把握できます。

チームワークを高める

サーバントリーダーは、皆が力を合わせればチームが強くなることを知っています。コラボレーションを促進するために、成長する場、活躍する機会、頼れる仲間のグループをチーム全員に提供します。このように全員がコミュニティの一員であるという感覚を育むことは、個人と組織の双方にメリットをもたらします。

例: チームワークを促進するために、チームビルディングのアクティビティを頻繁に計画しましょう。リモート通話でも、対面のイベントでも、楽しい時間を共に過ごすことを通じてチームメンバー間の信頼関係を強化できます。

記事: コミュニケーションを改善し仲間意識を高める 45 のチームビルディングゲーム

チームメンバーの成長と発展を支援する

サーバントリーダーシップの 10 の特徴のうちの 1 つは、チームメイトの仕事における成長、個人としての成長をサポートすることに徹する姿勢です。グループプロジェクトの際にリーダーとしての役割を経験したり、教育や自己発展のプログラムに参加したり、スキルを広げたりする機会をチームメンバーに十分に提供することで、サーバントリーダーは、チーム全員のキャリアの成長に積極的に寄与します。

例: サーバントリーダーとしてチームの成長と発展を促進するために、各自の目標について尋ねてみましょう。その上で、その目標への到達を支援するための学習機会やマイルストーンを設けられます。

記事: モチベーションを高め、コラボレーションを促すチームワークの名言集 100 選

心からチームを思いやる

サーバントリーダーは、チームメンバーを仕事においてサポートするだけでなく、個人的にも心から関心を示します。チームメンバーの私生活の状況を把握することで、サーバントリーダーは共感力を生かしてチームを導けます。個人的につらい時期に、職場で温かく支えてもらうことは、チームメンバーにとってありがたいものです。その感謝の気持ちは士気を高め、チームやプロジェクトに将来メリットをもたらす可能性があります。サーバントリーダーは、そのような長期的な目標を重視し、チーム全員を心から思いやることにより、真剣に仕事と向き合うチームを作ります。

共感力があり、情熱的で、高い対人スキルを備える人は、優れたリーダーになる可能性が高いと考えています。

例: チームの私生活について尋ね、自分の私生活に関する話も共有することで、誠意ある人間関係を作りましょう。このような透明性は、信頼関係を深める効果があるため、チームメンバーは仕事でとりわけサポートが必要な場合、あなたに相談しやすくなります。

常にフィードバックを求める

リーダーが自己認識を維持するためには、フィードバックをオープンに受け入れ、奨励する必要があります (これもサーバントリーダーの 10 の特徴のうちの 1 つです)。チームや社内のメンバーからフィードバックを受けることにより、サーバントリーダーはリーダーシップスキルの継続的改善を実現できます。また率直なフィードバックが認められる環境であると感じているチームメンバーは、プロジェクトで問題や障害に直面したときに、1 人で悩まずにコミュニケーションを取る可能性が高まるため、革新的で柔軟は職場環境の形成につながります。

例: 率直なフィードバックを集めるために、ミーティングやメールの終わりに「私に対するフィードバックは何かありますか」「私に改善してほしいことは何かありますか」「効果があると感じていることはありますか」というような質問を付け加えてみましょう。

記事: 建設的批判をするコツ、受け取るコツ

サーバントリーダーシップのメリットとデメリット

サーバントリーダーであることには、他のあらゆるリーダーシップスタイルと同様に、メリットとデメリットが伴います。サーバントリーダーは、従業員に当事者意識を持たせることにより、従業員の意欲、勇気、創造性を高めます。それにより、強いチーム文化を形成できます。

一方で、このリーダーシップスタイルは、たくさんの時間、エネルギー、経験を要します。サーバントリーダーは、チームメンバーの仕事とプライベートを理解し、最大限にサポートする必要があります。

サーバントリーダーシップを自分のリーダーシップスタイルとして選ぶ前に、奉仕優先型リーダーになることのメリットとデメリットを他にもいくつか確認しましょう。

メリット: 人を大切にする文化

サーバントリーダーは、チームメイト間に深い信頼関係を培うことにより、人を大切にする文化を築きます。このような緊密な信頼関係と絆が存在するチームでは、組織とすべての関係者にとって最善の意思決定を行えます。

デメリット: 権限が弱まる

サーバントリーダーは、チームと非常に個人的なレベルで関わるため、正式な役職の権限が失われやすくなります。このことは、リーダーの誠実さに付けこむ人がいる場合、問題につながることがあります。また、同じ組織において他のリーダーのスタイルが異なる場合、混乱につながることもあります。

加えて、企業のパフォーマンス管理システムやインセンティブシステムは短期目標を中心に据えたものが多いため、ほとんど場合、奉仕優先型のリーダーシップスタイルとは合致しません。それでも、ありのままの自分を生かす形でリードし、チームメイトを進むべき方向に導き、成長とスキル向上の機会を提供し、チーム内に強いコミュニティを築くことができれば、サーバントリーダーシップの手法を実践できます。

メリット: チーム全体の士気を高める

リーダーに評価され、大切にされていると実感するチームは、より強い誠実さを持ち、より高いプライドを持って仕事に注力する傾向があります。サーバントリーダーは、あらゆるチームにおいてチームの士気を高め、チームメンバーに活躍の機会を与えることを通じて、将来のリーダーを育てます。

デメリット: チームメンバーが意思決定に悩む場合がある

チームメンバーに実力を証明する機会を与えることで、サーバントリーダーは、チームメイトの力を過大評価したり、負担をかけすぎたりするリスクも負います。まだ重要な意思決定を行うような勇気や自信がないメンバーが、これほど大きな権限が自分に委ねられる環境に置かれると、逆にやる気を失い、とまどいを感じる場合があります。

チームにとって最高のリーダーとなり、チームに貢献する

自分に合う手法として、奉仕優先型、変革型、放任型など、どのリーダーシップスタイルを選ぶのも (またはこれらとまったく異なるスタイルでも)、最終的にはあなた次第です。

最も優れたリーダーは、状況、チームメイト、特定のプロジェクトのニーズにより、リーダーシップスタイルを調整する能力を備えていると Asana は考えます。リーダーにできる一番のことは、チームメンバーのニーズや動機要因を特定し、チームが生き生きと仕事を楽しめるようにサポートすることです。

Asana のワークフローソフトウェアを試す

関連リソース

記事

10 limiting beliefs and how to overcome them