ビギナーズガイド: データに基づいた意思決定

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2021年10月15日00
facebooktwitterlinkedin
ビギナーズガイド: データに基づいた意思決定の記事バナー画像

概要

データに基づく意思決定とは、企業の重要業績評価指標 (KPI) に基づいてデータを収集し、そのデータを行動につながる情報に変換するプロセスです。このプロセスは、現代のビジネス戦略に欠かせない要素です。この記事では、データに基づく意思決定のメリットと、仕事で情報に基づいた意思決定を行うためのコツをご紹介します。

仕事で何か決断を迫られたとき、どちらの方向に進むべきか迷うことがあります。直感で判断すれば、自分の選択に自信が持てますが、その選択がチームメンバーにとって正しいかどうかはわかりません。データを活用すれば、事実に基づいた意思決定ができ、ビジネスへの影響力を最大限に高めることができるため、安心して意思決定を行うことができます。

データに基づいた意思決定は、競合他社に勝つためにも、収益性を高めるためにも、現代のビジネス戦略において重要な役割を果たしています。以下では、データに基づいた意思決定のメリットと、仕事で意思決定を行うためのコツをご紹介します。

データに基づいた意思決定 (DDDM) とは?

データに基づいた意思決定とは、企業の重要業績評価指標 (KPI) に基づいてデータを収集し、そのデータを実行可能な情報に変換するプロセスのことです。

データに基づいた意思決定 (DDDM) とは?

このプロセスでは、ビジネスインテリジェンス (BI) レポートツールを使用することで、ビッグデータの収集を高速かつ有意義なものにすることができます。このようなツールを使用することで、データの可視化が容易になり、高度な技術的ノウハウを持たない人でもデータ分析を行えるようになります。

Asana のレポート機能を無料で試す

データに基づく意思決定が重要な理由

データを活用して意思決定を行うと、偏見ではなく事実に基づいて判断することができます。リーダー的立場にある人は、客観的な判断を下すことで、偏見のない公平な立場を保つことができます。

情報に基づいた意思決定は、ビジネス目標を測定し、リアルタイムで入力されるデータから生まれます。レポートソフトウェアを使えば、必要なデータを集約してパターンを確認し、予測を立てることができます。

データを活用した意思決定には、次のようなものがあります。

  • どのようにして利益や販売を伸ばすか

  • どのようにして経営者の行動を改善するか

  • どのようにして業務を最適化するか

  • どのようにしてチームのパフォーマンスを向上するか

すべての意思決定に当てはまることではありませんが、重要な意思決定の多くは、データに裏付けられています。

データに基づく意思決定を行うための 5 つのステップ

データに基づいた意思決定を行うには練習が必要です。リーダーシップスキルを向上するには、ローデータを実行可能なステップに変換する方法を知る必要があります。また、これらのステップは、会社のイニシアチブにつながるものでなければなりません。

ここで、データを分析する際に、よりよい意思決定を可能にするステップをご紹介します。

データに基づく意思決定を行うための 5 つのステップ

1. 自社のビジョンを知る

情報に基づいた意思決定を行う前に、自社の将来に対するビジョンを理解する必要があります。これにより、データと戦略の両方を使って意思決定を行うことができるようになります。グラフや数値は、その裏付けとなる背景情報がなければ意味を持ちません。チームリーダーは、自社の年間 OKR や四半期ごとのチームの KPI を用いて、データに基づいた意思決定を行わなくてはいけません。

2. データソースを探す

目指す目標を明確にしたら、データの収集を始めましょう。

使用するツールやデータソースは、収集するデータの種類によって異なります。社内のプロセスに関するデータセットを分析することが目的であれば、プロジェクト横断レポートツールを使用しましょう。レポートツールを使うと、組織全体の仕事の進捗状況をワンストップで把握できます。Microsoft の Power BI のように、外部のさまざまなソースからデータを収集できるレポートツールもあります。マーケティングの動向や競合他社の指標を分析したい場合は、そのようなツールを利用するとよいでしょう。

測定すべき一般的な成功指標には以下のようなものがあります。

  • 売上高総利益率: 売上高総利益率は、会社の純売上高から売上原価を差し引いたものです。

  • 投資収益率 (ROI): 収益と投資の比率です。ROI は一般的に、ある取り組みに時間や資金を投入すべきかの判断に用いられます。経営指標としては、投資のパフォーマンスを追跡する目的で多く用いられています。

  • 生産性: 商品やサービスの生産効率を示す値です。総生産量を総投入量で割った値です。

  • 顧客総数: シンプルですが、追跡効果の高い指標です。有料のお客様が増えるほど、企業の収入も増加します。

  • 経常収益: SaaS 企業で一般的に用いられる指標で、現在アクティブなサブスクライバー全員から一定期間に生じる収益です。月単位か年単位で算出されるのが一般的です。

このほかにも、自分の役割や目指すビジョンに応じて、さまざまなデータセットを測定することができます。機械学習により、リアルタイムデータの集計はこれまで以上にシンプルになりました。

3. データを整理する

ビジネス上の意思決定を効果的に行う際に重要なのは、データを整理して可視化することです。関連するすべてのデータを一箇所に集め、それらがどのようにつながっているかを理解できなければ、情報に基づいた意思決定を行うことは難しくなります。

データを整理する方法の一つとして、エグゼクティブダッシュボードがあります。エグゼクティブダッシュボードは、カスタマイズ可能なインターフェイスで、通常、プロジェクト横断レポートツールの機能として提供されています。このダッシュボードには、目標が戦略的、戦術的、分析的、運用的なものであるかどうかに関わらず、目標達成に最も重要なデータが表示されます。

[レポート] Asana でのプロジェクト横断レポートのインタラクティブダッシュボード

4. データ分析を行う

データの整理ができたら、分析を始めましょう。このステップでは、意思決定プロセスに役立つ実行可能な情報をデータから抽出します。

目標に応じて、エグゼクティブダッシュボードのデータを、ケーススタディ、アンケート、体験談などのユーザーリサーチと合わせて分析し、カスタマーエクスペリエンスを含めた結論を導き出すこともできます。

チームが SEO ツールを改善して、市場の他のオプションに対する競争力を高めたいと考えているなら、このようなデータセットを使用して、必要な改善点を判断することができます。

  • 競合他社のパフォーマンスデータ

  • 現在の SEO ソフトウェアのパフォーマンスデータ

  • 現在の顧客満足度データ

  • さまざまな SEO / マーケティングツールに関するユーザーリサーチ

社内で入手できる情報もあれば、外部から入手しなくてはいけないものもあります。これらのデータセットを合わせて分析することで、それぞれのデータセットを個別に分析する場合とは異なる結論を導き出すことができます。

5. 結論を出す

データ分析を行っているうちに、見えてきたものについて結論を出すことになるでしょう。しかし、結論は別のセクションに分ける必要があります。なぜなら、データで把握したことを具体的に説明して、他の人と分析結果を共有することが重要だからです。

結論を出す際には、以下のような質問を自分に投げかけてみてください。

  • このデータについてすでに知っていたことは何か

  • このデータからどんな新しい情報を得たのか

  • ビジネス目標を達成するために、ここで得た情報をどのように使えばいいのか

これらの質問に答えることができれば、データ分析を成功させたことになります。そして、データに基づいたビジネス上の意思決定を行う準備ができているはずです。

記事: よりよい SMART な目標作成のためのヒントと実例

意思決定にデータを活用する 5 つの理由

データを活用した意思決定は、単に役立つスキルというだけでなく、模範を示し、データに基づく文化を育むためには、極めて重要なスキルです。

データを活用して意思決定を行うことで、ビジネスの公正さを保ち、明確な目標を持って、改善に集中することができます。

データに基づいた意思決定のメリット

1. 自信を持って意思決定ができる

競合他社より長続きする企業の秘訣は、成功できると確信していることです。ビジネスの中でチームリーダーが意思決定を放棄してしまうと、ミスやチームメンバーの離職率の上昇、リスク管理の悪化を招いてしまいます。

ビジネス上の最も重要な意思決定にデータを活用すれば、その意思決定に自信を持つことができ、チームを前進させることができます。自信を持つことで、チームの士気が高まり、パフォーマンスの向上につながります。

2. 偏見を防ぐことができる

データを使って意思決定を行うことで、リーダーによる偏見を防ぐことができます。自分自身では気づけないかもしれませんが、個人の先入観や価値観が意思決定に影響することもあります。

事実や数字に直接基づいて意思決定を行うことで、意思決定を客観的かつ公正に保つことができます。また、チームメンバーや関係者から「なぜそのような行動をとったのか」と聞かれたときに、自分の判断を裏付けることができます。

記事: 19 の無意識の偏見を克服し、インクルージョンを促進する方法

3. 未解決の問題を見つけることができる

データを使わないと、解決できない問題はたくさんあります。また、データセットによって明らかになるまで、気づかなかった疑問もあるかもしれません。データは、統計やグラフ、チャートでは見えない部分を可視化してくれるので、チームのメリットとなります。

疑問点が明らかになれば、関連するすべての情報を考慮して意思決定を行ったと自信を持つことができます。

4. 測定可能な目標を設定できる

データを使うと、簡単にチームに測定可能な目標を設定し、その目標をうまく達成することができます。過去のパフォーマンスに関する社内データを確認することで、何を改善すべきかを判断し、可能な限り詳細な目標を立てることができます。たとえば、チームはデータを使って次のような目標を設定することができます。

  • 顧客数を前年比で 20% 増加させる

  • 四半期ごとに全体予算を $20,000 削減する

  • プロジェクト予算の支出を $500 削減する

  • 四半期ごとにチームメンバーの採用数を 10 人増やす

  • 1 人あたりの採用単価を $500 削減する

データがなければ、企業はどこに支出しているのか、どこでコストを削減したいのかを把握することができません。測定可能な目標を設定することは、最終的にデータに基づいた意思決定につながります。なぜなら、これらの目標が設定されると、全体の予算を削減する方法や顧客数を増やす方法が決まるからです。

5. 会社のプロセスを改善できる

データを使わずに会社のプロセスを改善する方法もありますが、数字を使ってチームメンバーのパフォーマンスの傾向を観察したり、グラフを使って会社の支出パターンを分析したりすることで、観察だけではないプロセスの改善が可能になります。

データを使って改善できるプロセスには、以下のようなものがあります。

  • 財務データに基づくリスク管理の改善

  • 市場価格データに基づくコスト見積もりの改善

  • 新入社員のパフォーマンスデータに基づくチームメンバーのオンボーディングの改善

  • 顧客フィードバックに基づくカスタマーサービスの改善

会社のプロセスを変えることは、結果に自信がなければ難しいことですが、事実を目の前にすれば、自信を持って意思決定を行うことができます。

記事: チェンジマネジメントとは?成功するチェンジマネジメントプロセスを構築する 6 つのステップ

レポートソフトウェアでデータに基づく意思決定を簡単に

チームにとって有意義な意思決定を行うためには、適切なデータが必要です。プロジェクト横断レポートソフトウェアを使うと、企業のデータが集約され、エグゼクティブダッシュボードに表示されます。つまり、整理され、図式化されたデータを確認できるのです。

これらのデータと外部ソースからの関連データを組み合わせることで、常に裏付けのある包括的な意思決定を行うことができます。

関連リソース

記事

Everything you need to know about creating a RAID log