2020年に注目すべき 6 つのマーケティングトレンド

マーケティングのリーダーが自社ブランドを競合他社よりも優位な位置に置く方法

関連性が高く効果的な施策を打つために、マーケティング担当者は、見込み客が購買の決断をする方法、利用する情報源、アドバイスを得る際の拠り所といった、消費者の変化するトレンドの最新情報を把握しておく必要があります。

新しいテクノロジーや購買行動が見られる中、2020年は興味深い年になりそうです。チームが優位な立場を確保するために注目すべき 6 つのトレンドを紹介します。

マーケティングチームの戦略に影響をおよぼす 3 つのトレンド

新しいマーケティングチャネルや購買行動が存在するということは、マーケティングチームは効果的にオーディエンスの注目をつかめるように、キャンペーンの戦略と提供の仕方について考え直す必要があることを意味しています。

1. まとまりのあるカスタマーエクスペリエンス

お客様は、個々のニーズに沿ってパーソナライズされ、カスタマイズされたエクスペリエンスを期待しています。同時に、お客様はブランドとのやり取りを単一の方法やチャネルだけを通して行うわけではないので、マーケティング担当者はキャンペーン以外の事柄にも注目しなければいけません。お客様のジャーニー全体における具体的なやり取りを理解し、一度きりのキャンペーンだけでなく、エクスペリエンス全体に集中する必要があります。

2. オムニチャネルにモノのインターネット (IoT) が導入されるようになった

モノのインターネットは近年人気を集め、現在ではどこでもアクセス可能になりました (Alexa や Siri など)。McKinsey & Company の記事には、IoT テクノロジーは一貫して成長し、その用途が広まりつつあることから、IoT は今後 1 〜 2 年でメジャーな存在になると書かれています。マーケティング担当者は、潜在的なバイヤーが今後使用すると思われるチャンネル全体でオムニチャネルマーケティングを継続して活用できるように、IoT をプログラムに取り入れる方法を考慮し始めるべきです。

3. 会話型マーケティング

会話型マーケティングは、人々をリード収集フォームに導き、反応を待つ代わりに、的を絞ったメッセージングとインテリジェントチャットボットを使ってウェブサイト訪問者と会話をします。新しいインテリジェントチャットボットは機械学習と自然言語処理 (NLP) を使用するので、お客様はブランドと双方向の会話ができます。非同期のマーケティング方式からリアルタイムの会話方式に移行することは、2020年に会話型マーケティングが広まる中で大きなラーニングカーブとなります。

マーケティングチームの働き方に影響をおよぼす 3 つの戦略

2020年の新しいトレンドをフル活用するために、マーケティングリーダーは以下に挙げる戦略を導入し、キャンペーンを成功に導き、最大限の結果を出すことを考慮すべきです。

1. アジャイルマーケティングを取り入れる

その名前からもわかるように、アジャイルマーケティングは、アジャイルソフトフェア開発にインスパイアされた手法です。1 つの大きなやり方やプロジェクトにリソースを注ぎ込むというより、迅速なイテレーションを基にした働き方を指します。サイロや階層ではなくリアルタイムのコラボレーションを重視し、マーケティング担当者がより簡単に変化に対応できるようにデザインされています。アジャイルマーケティングに移行すると、多くのチームでは、プロジェクトだけでなくそのプロセスも管理できるワークマネジメントソリューションが必要になります。

2. チームの足並みをより的確に揃える

マーケティングリーダーは、戦略を実行可能なプログラムとキャンペーンに落とし込むためのツールに投資しています。これらのツールを使えば仕事を一元管理できるため、クロスファンクショナルチームを含めたチームメンバー全員が、計画、個々の担当業務、短期目標、長期的な事業戦略の実行に対してより的確に足並みを揃えることができます。

3. 社内チームと社外リソース間のコラボレーションを向上させる

重要な役職に就ける人材が不足する中で、マーケティングリーダーは追加のサポートを確保しようと請負業者やエージェンシーを頼ることを余儀なくされています。結果、リーダーたちは、社内チームと社外パートナー間のコラボレーションを円滑に行うために、ワークマネジメントソリューションを導入し、目標、プログラム、そして計画に対するメンバー全員の認識を揃えています。

「仕事の解剖学」インデックスをダウンロードして働き方のトレンドをさらに読む

2020年に注目すべき 6 つのマーケティングトレンド