ユーザーリサーチ

せっかくのユーザーリサーチだからこそ、結果をきちんと生かしたいもの。Asana のテンプレートなら、フィードバックの追跡やソートを行い、顧客の求める改善を実行できます。

ユーザビリティのテストセッションは、自社のターゲットを理解し、製品やデザインの構築に役立つソリューションを見つけるために不可欠な要素です。むやみにセッションを行っても望む効果は得られません。質問を記録し、インサイトの共有やアクションアイテムの割り当てをきちんと整理できるテンプレートを使う必要があります。

このユーザーリサーチテンプレートなら、結果からアクションアイテムを作成し、エンドユーザーの希望を取り入れたより良いソリューションを創出することができます。下記のヒントを参考に、テンプレートを最大限にご活用ください。

  • 分かりやすさを徹底追求。テストの回答者全員に分かりやすいフォーマットで、無理なく意見の収集が可能。事前にアジェンダを作成できるため、チーム内での情報共有もスムーズです。
  • 一貫性をキープ。毎回同じテンプレートを使用することで、リサーチセッションの一貫性を維持し、キーとなる質問の回答を容易に見つけることができます。
  • インサイトの管理とアクション。セッションが終了したら、必ずアクションアイテムのフォローアップを行いましょう。Asana で結果を追跡し、優先度を設定してチームで共有することで、インサイトをアクションとして割り当てることができます。時系列的に傾向を観察すれば、リサーチセッションを最大限に活用できます。

関連リソース

  • 顧客フィードバック追跡のベストプラクティス

    Asana で収集したフィードバックをすばやく実践し、より良いソリューションにつなげるためのヒントをご紹介します。

    記事を読む
  • フィードバックをアクションに変えるための 4 つのヒント

    せっかくのフィードバックも、適切に対応しなければ無駄になってしまいます。お客様の声からアクションを実践する方法とは?

    記事を読む
  • ユーザーリサーチから大きな変化を起こす方法

    リサーチチームとうまく連携し、適切なリサーチ方法を選択するには?リサーチに関する疑問にお答えします。

    ガイドを読む
  • Asanaアカデミー: 製品フィードバックコース

    このコースでは、フィードバックの管理と改善点の優先度設定、傾向の分析などを 1 か所で行う方法を学びます。

    コースを受ける

さらに高機能で大量データも楽々整理

Asana Premium なら、ユーザーリサーチから得たアイデアやインサイトを効果的に整理することができます。

無料で試す