新入社員のオンボーディング

新入社員のチェックリストを標準化することで、チームメイトはすばやい状況判断ができ、新しい役割に自信を持って積極的に参加できるようになります。

Asana の新入社員オンボーディング用のテンプレートを使えば、新しいチームメイトもすぐに仕事を始められます

採用プロセスは時に時間と労力を要します。新入社員を迎え入れるまでに十分な時間がない時もあります。いくつかの書類をまとめるだけで「準備完了」と言いたくなる気持ちはわかりますが、新入社員を受け入れ、成功に導くにはそれ相応の調整が必要です。オンボーディングプロセスを合理化し、実行可能な新規採用者チェックリストを使用すれば、新入社員は必要な情報を得て、スムーズに仕事を始めることができます。

  • オンボーディングプロセスを標準化する。 毎回一から計画しなくても新入社員を温かく歓迎できたら楽だと思いませんか?Asana の新入社員オンボーディング用のテンプレートを使用すれば、各チームがそれぞれのニーズに合わせて適応させられる一貫した計画を作成できます。
  • 複数部門の関係者と足並みを揃える。 最良のオンボーディングプロセスは、新入社員がチームの一員であることを実感できるように複数の部門をまたいで行われます。仕事を 1 か所で一元管理することにより、担当業務、期日、添付資料を追跡しながら複数部門をまたぐ素晴らしい仕事をコーディネートできます。
  • 新入社員が自分のペースで知識を習得できるようにする。 オンボーディングチェックリストの項目を初めて実行するときに、すべてのタスクを完了させる必要はありません。オンボーディングプロセスのすべてを初日の予定に詰め込んだりせずに、新入社員を温かく迎え入れ、1on1 の会話をする時間を設け、実行可能な作業を Asana で追跡します。新入社員オンボーディングプロジェクトを使用すれば、勤務初日を迎えた新入社員をたくさんの情報で圧倒したりせず、スムーズに仕事を始めるのに必要な情報だけを与えることができます。
  • リモート採用体験を充実させる。 勤め先の会社がリモートオンボーディングプロセスを採用している場合は、新入社員オンボーディングプロジェクトを使って社内におけるコミュニケーションのパターンを設定し、新入社員の役に立つ詳細な背景情報を提供し、新入社員に期待する内容を明確にするとよいでしょう。アクションアイテムや文書を新入社員オンボーディングプロジェクトに保管すれば、オンボーディングコールの最中にお互いを知り合い、良い関係を築くことにより多くの時間を注ぐことができます。
  • 初日からインクルーシブなコミュニティを築き上げる。 インクルーシブなコミュニティを築き上げることは、素晴らしいオンボーディング (および従業員) エクスペリエンスを提供する上で欠かせません。リモート従業員をオンボーディングする場合は特に重要です。会社が提供する Employee Resource Group (ERG) に関する情報や社内コミュニティに参加できる方法などを新入社員オンボーディングドキュメントに含めておくと、新入社員は初日からサポートされている実感を得ることができます。

Asana を使って新入社員を迎え入れる準備をする方法

Asana の新入社員オンボーディングは初めてですか?

よくある質問とその答えをご覧ください。

  • 新入社員はどのように歓迎するべきか? 新入社員を歓迎するお決まりのような方法はありませんが、新入社員のオンボーディングプロセスで考慮すべき点はいくつかあります。一度にどれだけの情報を与えるのか?新入社員がその情報を簡単に保管し、後から再確認できる方法はあるのか?実行可能なオンボーディングセッションと 1 対 1 の会話やコーヒーウォークとのバランスを取り、新入社員とチームメンバーがお互いを知り合えるようにしているか?こういった問いを指針として利用すれば、新入社員の歓迎プロセスを順調に進められるほか、各新規採用者にチームの一員であることをすぐに実感してもらえます。
  • 新入社員チェックリストとは? 新入社員オンボーディングチェックリストは、新入社員がチームに参加した初日またはその後数週間で行うべきことや学ぶべきことに関するすべての情報をまとめたリストです。新入社員オンボーディングチェックリストを使用すれば、初日を迎えた新入社員を膨大な量の情報で圧倒することなく、すべてのタスクを実行可能にすることができます。
  • オンボーディングのフェーズとは? オンボーディングのプロセスは会社によって異なるので、そのフェーズも会社によって異なります。しかし、一般的には、新入社員が初日を迎える前の導入前もしくはオンボーディング前のフェーズがあります。そして、新入社員が新しい会社に慣れてきたときに行う集中トレーニングフェーズもしくはオリエンテーションフェーズがあります。その次は、新入社員が新しい環境に馴染み、自分の役割について学習するときに行われる研修フェーズです。最後は、パフォーマンスフェーズもしくは育成フェーズがあり、このフェーズの従業員は完全に溶け込み、自分の役割の中で活躍しています。
  • 新入社員のオンボーディングには何が含まれているのか? 新入社員オンボーディングプロジェクトには、従業員がサインし、読み、実行する必要があるさまざまなタスクを含める必要があります。社内の規範や福利厚生、ポリシーなどに関する文書を含めるのもよいでしょう。最後に、新入社員にとって必要なチーム特有のリソースを含めるようにしましょう。

あなた自身とあなたのチームにとって温かく効果的なオンボーディングエクスペリエンスを簡単に作成できます。今すぐ Asana の新入社員オンボーディング用のテンプレートをお試しください。

テンプレートを使う

関連リソース

  • Dow Jones がオンボーディングをテンプレート化する方法

    Dow Jones のマーケティングチームが新メンバーの勤務初日に Asana を紹介している方法を解説します。

    ケーススタディを読む
  • 新規採用者を迎えるための 6 つのヒント

    初日は、会社にとっても新規採用者にとっても大切な日。この 6 つのヒントを活用して新入社員のスムーズな出だしをサポートしましょう。

    ケーススタディを読む
  • ヒントを参考にテンプレートをパワーアップ

    テンプレートは Asana でできることのほんの一部。次のブログでさらに時間の短縮につながるヒントを学んでみましょう。

    ブログを読む
  • Asana アカデミー

    新規採用者に必要な情報を着任前に提供すれば、すぐに仕事に慣れてもらえます。

    コースを受ける
  • Showpo が新規採用者をオンボーディングする方法

    Showpo が Asana を使って新規採用者のオンボーディング体験を合理化し、改善した方法をご覧ください。

    ケーススタディを読む

新入社員を成功に導く

Asana Premium のテンプレートで新入社員のオンボーディングを標準化すれば、新入社員は直ちに仕事に取りかかれます。