分散ワークの世界で生じる混乱を乗り越える方法

バーンアウト (燃え尽き症候群) に苦しむ人が増えています。またナレッジワーカーは 1 日のほぼ 3 分の 2 の時間を仕事のための仕事に費やしています。組織やチーム、個人は、今年どうすれば仕事をうまく進められるようになるのでしょうか?その答えを求め、2020年のレポートでは、1 万 3 千人を超えるグローバルワーカーに対し調査を実施しました。

全文を読む
「仕事の解剖学 2021」- 勢いづくワークマネジメント

増えつつあるバーンアウト。

2020年、ナレッジワーカーの 71% がバーンアウトを経験し、遅くまで残業をする従業員は 87% に増加しています。

詳細を見る

締め切りを逃す原因となる分散ワーク。

仕事のための仕事は、従業員が毎週のように締め切りの 4 分の 1 超を逃す原因となっています。

詳細を見る
ワークマネジメントツールで仕事を順調に進める
Asana でツールを連携する

チームの足並みに支障をきたすツール過多。

ツール間の連携を必死に維持しようと、ナレッジワーカーは毎日 10 個のアプリを 25 回も切り替えて仕事をするため、コミュニケーションが断片化し、効率もダウンしています。

詳細を見る

分散ワークによって仕事のための仕事がさらに悪化するとどういう状況が生まれるか?



不要なミーティングを減らす

増加するミーティング

不要なミーティングは 1 週間あたり 1 時間分増えています

時間を節約し、重複作業を取り除く

作業の重複

チームが毎週重複作業に費やす時間は 30% 増えています

仕事量のバランスをとる

増加する仕事量

増え続ける To-Do リストは生産性に支障をきたす一番の原因です

ワークマネジメントを導入すべき理由

従業員は意見を伝えられないと感じている

組織に意見を考慮されていると感じるのはわずか 15% に留まります

フォーカスとレジリエンスを高める透明性。

ナレッジワーカー 10 人のうち 7 人が、仕事を管理するプロセスが明確であれば目標を達成しやすくなるだろうと感じています。チームの足並みを揃えるツールは、かつてないほどビジネスの成功に欠かせない存在になっています。

チームの規模に応じてスケーリングするワークマネジメントツール、Asana

チームが必要なのは、スケールし、定着するツールです

新年を迎え、生き残るだけの戦略から成功を掴むための戦略に目を向ける Doc Martens や Slack、Stride、Viessmann などのトップ企業は、分散ワークに適したワークマネジメントツールを使い、組織の共通認識やチームのコミュニケーション、従業員のエンゲージメントを改善する方法を発見しています。

「仕事の解剖学」インデックスをダウンロード

以下のフォームにご記入いただければ、報告書の全文をメールでお送りします。