「仕事の解剖学」インデックス

私たちは職場でどのように時間を過ごしているのでしょうか?チームのコラボレーションは実際に機能しているのでしょうか?Asana は、世界中の 1 万人以上の知識労働者 (ナレッジワーカー) を対象にアンケート調査を行い、この報告書をまとめました。

全文を読む
仕事の解剖学

知識労働者は 1 日の仕事の 60% を
「仕事のための仕事」に費やしています

これは、知識労働者 (ナレッジワーカー) が本質的な仕事以外の「その他雑多な仕事」( 情報を探したり、会議への出席、承認の確認など ) に費やしていると「思っている」時間よりも、実際には 2倍近くもの時間を費やしていることになります。

詳細を見る

専門的なスキルを要する仕事に費やされている時間はわずか 27% です

プログラミングや市場分析などのタスクが「専門的なスキルを要する仕事」です。さらに、将来のための大局的な戦略策定や計画に費やされている時間はわずか 13% です。

詳細を見る
専門的なスキルを要する仕事に費やされる時間

透明性が欠けると従業員のエンゲージメントが低下します

世界中の知識労働者 (ナレッジワーカー) のうち、自分の仕事がいかに組織に貢献しているかを明確に把握しているのは、半分以下です。彼らがそれを明確に知ることができれば、モチベーションは 2 倍に高まります。

詳細を見る

何が真の生産性を阻んでいるのでしょうか?



無駄に多い会議

無駄に多い会議

知識労働者は年に平均 167 時間を会議に費やしています。このうちほぼ 3 分の 2 は不必要な会議です。

コミュニケーション過多による負担

コミュニケーション過多による負担

知識労働者の 3 分の 1 が、仕事を終わらせるために毎日のように遅くまで残業しています。メールやチャットへの返信が、その第一の理由です。

多すぎるツール

多すぎるツール

知識労働者は 1 日に約 10 種類のアプリを使用します。使用するアプリが多ければ多いほど、集中できないと感じています。

重複した仕事

重複した仕事

知識労働者は、すでに完了した仕事に取り組むために、毎週平均 4.5 時間を浪費しています。

仕事の未来 : より洗練されたワークマネジメントツール

そのように時間を無駄にする必要はありません。AB-InBev、Wix、Viessmann、ClassPass などの有力企業は、「仕事のための仕事」を削減するために設計されたツールを使って、より効果的に仕事を進める方法を見つけています。

詳しく見る
ワークマネジメントツール

「仕事の解剖学」インデックスをダウンロード

以下のフォームにご記入いただければ、報告書の全文をメールでお送りします。