反復的なプロセスを理解する (実例付)

寄稿者 Julia Martins の顔写真Julia Martins2021年4月20日00
facebooktwitterlinkedin
反復的なプロセスを理解する Asana 記事バナー画像

「反復型プロセス」は、「アジャイル」と同様、エンジニアチームでよく聞く言葉の一つです。しかし他のチームも大抵何らかの方法で反復を行っています。反復型プロセスの手法を用いることでリスクの軽減効率性アップ、そしてより柔軟かつダイナミックな方法で問題に取り組めるようになります。

この記事は、反復型プロセスを試してみたいという方におすすめです。反復型プロセスとはどういうものか、またその導入方法をご説明します。

反復型プロセスとは?

反復型プロセスとは、プロジェクトや製品、取り組みを構築、洗練、改善していくプロセスです。反復型開発プロセスでは、最終的な結果に満足するまで作成、テスト、修正を繰り返します。反復型プロセスは、プロジェクトを最終目標へと近づけるための試行錯誤の手法とも言えるでしょう。

反復型プロセスは、リーン方式やアジャイルプロジェクト管理の基本となるプロセスですが、アジャイルチームに限らずどのチームでも応用することができます。反復型プロセスでは、あなたやチームが最終的なプロジェクト成果物に満足するまで、デザインや製品、プロジェクトを継続的に改善していきます。

では、非反復型プロセスとは?

非反復型プロセスでも、チームは協力して最終的な製品を作りますが、必ずしもその過程で新しいアイデアが試されるとは限りません。一般的に非反復型プロセスでは、テスト段階で意図した通りになるように、構想・制作の段階で時間をかけます。

ウォーターフォールは、最も一般的な非反復型プロセスです。ウォーターフォールモデルでは、プロジェクトが始まる前にプロジェクトのフェーズを定義します。それぞれのフェーズは、その前のフェーズが完全に完了したところで始まります。要件やリソースは通常プロジェクトの開始前に確定し、プロジェクト計画の変更はできる限り避けます。

たとえば、デザイン会社と協力して電子書籍を作成するとしましょう。まずは、電子書籍で使う原稿をすべて提供する必要があります。次に、デザイン会社がその原稿をもとにデザインを制作します。最後に、社内チームでデザインが完了した電子書籍の原稿を校閲し、問題がないことを確認します。これはすべてのフェーズがその前のフェーズに依存している (デザインが完了した電子書籍を校閲するには、デザインが完了している必要がある) ので、ウォーターフォールモデルの一例として挙げられます。

チームやプロジェクトの種類によっては、反復して継続的に改善する時間が確保されていないため、非反復型プロセスでは目標の達成が難しいこともあります。エンジニアリングでは未知の事象や予想外の出来事がたくさん発生するため、特にエンジニアチームでは非反復型ではなく反復型プロセスが使われる傾向にありますが、どんなチームにも応用が可能です。

インクリメンタル・デザインと反復型プロセスは同じ?

ほとんどのチームでは、インクリメンタル・デザインと反復型プロセスは同じ意味で使われており、実際密接に関連していますが、この 2 つの言葉には違いがあります。

反復型プロセスでは、フィードバックや新しい情報に基づいてプロジェクトを洗練・改善していきます。反復型プロセスで重要なのは試行錯誤です。何度も変更が繰り返されることにより、時間とともにプロジェクトが改善されていきます。

インクリメンタル・デザイン (またはインクリメンタル開発) では、最初のバージョンや成果物の上に新たな機能を追加してよりよいものを作っていきます。インクリメンタル・デザインのプロセスでは、最終的なプロジェクト成果物をできるだけ早く出すために、意図的に必要最低限のバージョンを作成します (Facebook のかつてのモットー、「すばやく行動し、破壊せよ」のように) 。その後で、その最初のバージョンよりも機能の多いインクリメント (増分) を作成することで、最初のバージョンを反復して改良していきます。そしてこれを、必要な機能をすべて備えた成果物が完成するまで続けます。

反復型プロセスを採用しているチームの多くはこのインクリメンタル・デザインを使用しており、逆もまた然りです。優れた反復型プロセスはインクリメンタルでもあり、元の成果物を継続的に改善できるようになっています。また優れたインクリメンタル・デザインは反復型プロセスを採用することで、顧客のフィードバックに対応し、必要に応じて方向転換できるようになっています。

Asana のプロジェクト管理機能を試す

反復型プロセスの例

エンジニアリング

エンジニアチームの多くは、新機能の開発、バグ修正、新戦略の A/B テストなどで反復型プロセスを使用しています。多くの場合、同じくらいよさそうなバージョンをいくつか作成してユーザーにテストしてもらい、問題点や成功点の指摘を受け、最もよい成果の出たものを引き続き開発していきます。

製品開発

意外かもしれませんが、製品開発は大抵非常に反復的なプロセスで行われています。これまでに個人的に購入したデバイスを思い出してみてください。きっと、そのデバイスには前のバージョンがあって、おそらく後のバージョンもあるでしょう。たとえば、携帯電話の進化やスピーカーの小型・ポータブル化、冷蔵庫でさえも家族のニーズに合わせて変化してきていることを考えてみてください。これらはすべて、反復型プロセスです。

マーケティング

マーケティングチームの中には、反復型プロセスを活用しているチームもあれば、それほどでもないチームもあります。しかしほとんどのマーケティングは、ある程度反復的に行われています。たとえば、2 種類の広告文を試して、どちらの方が高いエンゲージメント率を得られるかテストしたり、2 種類のメールマガジンを送ってクリック率を比較したりするなどです。また、ブランドマーケティングチームは反復型のデザインプロセスを用いることで、ターゲット層に適したイメージを特定することもできます。

セールス

セールスチームの顧客対応業務のほとんどは反復的ではありませんが、反復型プロセスが有効なタスクもあります。たとえば、営業メールでは反復的なアプローチをとることができます。担当者が数種類の件名をつけてメールを送信し、その結果を分析、最も成果の出た件名を今後も採用していくという形です。

反復型プロセスの 5 つのステップ

反復型プロセスは、プロジェクトのライフサイクルで役立ちます。反復型プロセスのステップとしては、目標と要件の設定がプロジェクトのスタート地点となります。それから、テスト、プロトタイプの作成、新バージョンの作成を行い、最良の結果を導き出します。ここでは、その方法をご説明します。

1. 計画と要件

反復型プロセスのこのステップでは、プロジェクト計画を立て、プロジェクト全体の目標を決定します。この段階では、プロジェクトの成功に必要不可欠な、「ハードな」要件を定義します。このステップを飛ばしてしまうと、反復しても目標を達成できないリスクが生じます。

2. 分析と設計

このステップでは、プロジェクトのビジネス的なニーズと技術要件に焦点を当てます。ステップ 1 が目標を明確にするプロセスだとすると、ステップ 2 は最終的に目標を達成するための設計をブレインストーミングするプロセスです。

3. 実施

3 つ目のステップでは、プロジェクト成果物の最初のバージョンを作成します。このバージョンは、分析と設計によって、最終的なプロジェクト目標を達成するものとなります。どのくらい詳細に、時間をかけて作成するかはプロジェクトによって変化します。

4. テスト

最初のバージョンが完成したら、最も合理的と思われる方法でテストを行います。ウェブページの改良に取り組んでいる場合は、現在のウェブページと比較した A/B テストを行うとよいでしょう。新製品や新機能の開発であれば、潜在的な顧客を対象としたユーザビリティテストの実施を検討しましょう。

それに加えて、プロジェクト関係者にも確認を取りましょう。新しいバージョンについて意見を求め、フィードバックをもらいましょう。

記事: Plan (計画) - Do (実行) - Check (評価) - Act (改善) (PDCA) サイクルとは?

5. 評価とレビュー

テストが終わったら、そのバージョンの成功度を評価し、変更が必要な点について議論します。このバージョンは、プロジェクト目標を達成しているか?達成できた、または達成できなかった理由は?何かを変更すべき場合は、ステップ 2 に戻って次のバージョンを作成し、反復型プロセスを再開します。最初の計画と目標設定のステップは、すべてのバージョンで共通である点に注意してください。納得のいく成果物ができるまで、バージョンを積み重ねます。

反復型プロセスを再開する場合は、全員がプロジェクト目標をしっかり覚えていることを確認してください。反復型プロセスは繰り返す回数によって、数週間から数か月かかります。反復型プロセスを再開するたびにプロジェクト目標を軸とし、目標となる北極星を見失わないようにしましょう。

反復型プロセスのメリットとデメリット

反復型モデルはどんなチームやプロジェクトにも適しているというわけではありません。ここでは、反復型プロセスのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット:

  • 効率性の向上。反復型プロセスは試行錯誤を伴うため、非反復型プロセスよりも早く目的の結果を得ることができます。

  • コラボレーションの増加。あらかじめ決められた計画や仕様 (これらの作成にも非常に多くの時間がかかります) に従うスタイルではないため、共同作業が活発になります。

  • 適応性の向上。実装とテストの段階で新しい学びがあるため、目標達成に向けてバージョンの調整が可能です。それが、反復型プロセスの開始時には予想していなかったような変更となる場合もあります。

  • コスト効率の向上。プロジェクトの範囲を変更する必要が出てきても、最小限の時間と労力を投資しただけで済みます。

  • 並行作業が可能。ウォーターフォール方式のような非反復型プロセスとの手法とは異なり、反復型では必ずしも仕事がそれ以前の仕事に依存しません。プロジェクトの複数の要素を並行して作業できるため、全体のタイムラインを短縮できます。

  • プロジェクトレベルのリスク削減。反復型プロセスではリスクが特定され、繰り返しの間に対処されます。プロジェクトの最初と最後に大きなリスクを解決するのではなく、小さなリスクの解決に継続的に取り組みます。

  • 信頼性の高いフィードバックの獲得。ユーザーが確認や操作をできるようなバージョンがあれば、ユーザーは何が有効で何が有効でないか、段階的なフィードバックを送ることができます。

デメリット:

  • スコープクリープのリスク増加。反復型プロセスの試行錯誤の性質上、プロジェクトが予想外の方向に発展してしまい、当初のプロジェクトスコープを超えてしまう可能性があります。

  • 計画と要件に柔軟性がない。反復型プロセスの最初のステップは、プロジェクト要件の定義です。反復型プロセス中にこの要件を変えてしまうと、作業の流れが途切れてしまったり、プロジェクトの目的に適さない反復を繰り返してしまう原因となります。

  • 曖昧なタイムライン。満足のいくソリューションを得るまでバージョンを作成、テスト、修正するため、反復型プロセスのタイムラインは明確に定義されていません。また、バージョンが違うとテストにかかる時間も変わるため、反復プロセス全体のタイムラインにも影響を与えてしまいます。

試して、試して、また試す

最終的には、どんなチームでも反復型プロセスから何かを学ぶことはできます。可能な限り、試行錯誤の精神で仕事に取り組みましょう。迷ったときは、柔軟性とコラボレーションを重視してください。そして、反復型プロセスの手法を導入するかどうかにかかわらず、常に仕事の改善を目指しましょう。

もっと詳しく知りたい場合は、25 の必須プロジェクト管理スキルの記事をお読みください。

Asana を無料で試す

関連リソース

記事

What is lean portfolio management (LPM)? 6 steps to get started