AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレート

Template created by AppLovin

AppLovin のロゴ

優れたモバイルマーケティングプラットフォームの AppLovin は Asana を使ってすべてのコンテンツ作成を管理しています。AppLovin のテンプレートを用いて、お客様のチームが毎月配信しているあらゆるコンテンツのタイプ、ステータス、メインチャネルを管理しましょう。

テンプレートを使用

INTEGRATED FEATURES

calendar iconカレンダーdependency icon依存関係field-add iconカスタムフィールドsubtask iconサブタスク

Recommended apps

Figma のアイコン
Figma
Google Workspace のロゴ
Google Workspace
Slack のロゴ
Slack
Zoom のアイコン
Zoom

共有
facebooktwitterlinkedin

たくさんのステークホルダーにハンドオフ、承認作業と、コンテンツ制作はまるでジャグリングのように慌ただしい仕事です。しかし、そんな複雑なコンテンツ制作もうまくコントロールする方法はあります。効果的なコンテンツカレンダーを使うことで、同時進行するさまざまな仕事を管理し、チーム間のタスクの受け渡しをシームレスに行い、毎回安定して予定通りにコンテンツを発表できます。

コンテンツカレンダーを作成する際は、プロのやり方が参考になります。そこで、今回は Asana を使ってすべてのコンテンツ制作を管理している、アプリ広告プラットフォームの AppLovin と協力してテンプレートを作成しました。AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートを使って投稿プロセスを効率化し、毎月発表するあらゆるコンテンツを管理しましょう。

AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートのスクリーンショット

AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートを使うメリット

コンテンツカレンダーテンプレートは、チームのコンテンツ制作プロセスの計画と最適化に役立つ土台となります。AppLovin の既製テンプレートにはコンテンツ制作管理のベストプラクティスが詰まっており、チームが現在取り組んでいる作業を可視化し、ステークホルダーやチームの間での仕事の受け渡しも効率的に行えます。何から始めればいいのかわからない…という場合に、このコンテンツカレンダーテンプレートを使うことで、まずはコンテンツカレンダーの作成に必要なパーツを知り、そこからチームに合った効果的なカレンダーへとカスタマイズできます。

すべての成果物を俯瞰的に見られる

コンテンツカレンダーとは、コンテンツスケジュールにあるあらゆるコンテンツを計画し、制作する場所です。すべての作業を可視化するために、このテンプレートではカスタムタグを使って、コンテンツタイプやコンテンツのステータス、デザインのステータスなど、重要な情報を確認できるようになっています。これにより、各作業がどの段階にあり、次は何をすべきか把握できます。

コンテンツ制作プロセスを標準化できる

AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートでできるのは、コンテンツの管理だけではありません。アイデア出しから発表までの、コンテンツ制作のワークフローを作成することも可能です。つまり、チームは新しい仕事に取りかかるたびに、概要作成、レビュー、翻訳、承認、デザイン発注など、すでに用意されたステップに従って仕事を進められます。さらに、各ステップの担当者も指定できるので、誰が何を担当するのかについても混乱が起こりません。

チーム間でシームレスにタスクの受け渡しができる

デザインチームや法務チームなど、部門を越えて一緒に働く場合、チームメンバーは他の人のタスクが完了してから作業を始めなければならないこともよくあります。しかし、口頭での作業の受け渡しは面倒かつ、内容を覚えておくのも大変です。AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートを使えば、依存関係を設定することでこのプロセスを効率化できます。他のタスクとの依存関係が設定されているタスクでは、作業が始められる状態になると自動的に Asana から通知されます。

quotation mark
コンテンツカレンダーを Asana で管理すると、その月に発表が予定されているすべてのコンテンツ、各コンテンツのチャネル、制作段階が確認できます。コンテンツのタイプごとに異なるテンプレートを使うことで、どの作業プロセスでも重要なステップの見落としが発生しません。”
Lewis Leong 氏、AppLovin、マーケティングプロジェクトマネージャー

AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートのポイント

AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートは、これからコンテンツワークフローを作りたいと考えている人に最適です。チームのニーズに合わせてテンプレートをカスタマイズする際は、以下のベストプラクティスを参考にしてください。

  • コンテンツ管理に必要な情報が一目で確認できる: コンテンツのステータス、タイプ、リリース日、各タスクのステークホルダーや、コンテンツの優先度、規模など、チームにとって重要な情報は、カテゴリごとに色分けしたカスタムタグを使って表示し、一目で把握できるようにしましょう。

  • コンテンツの種類ごとに必要なステップをリストアップする: ブログ投稿、ニュースレター、ランディングページなど、コンテンツの種類ごとにどんなステップを踏む必要があるか考えてみましょう。そしてコンテンツの種類ごとに一連のテンプレートタスクを作成し、最後にプロセスの各ステップをまとめたワークバックスケジュールを作成しましょう。これで、チームが新しいコンテンツの制作に取り組む際は、テンプレートタスクをコピーすればすぐに仕事に取りかかれます。

  • 主要なステークホルダーを明確にする: コンテンツ制作の各ステップにおいて、誰が関係しているのかを明確にし、そのステークホルダーに明確な期日のあるタスクを割り当てましょう。テンプレートタスクに主要なステークホルダーに関する情報を入れておくことで、チームメンバーはいつ誰に連絡すべきかいつでも確認できます。

  • コンテンツのロードマップを考える: マイルストーンを作成して重要な日を明確にし、障害となるものはスケジュール全体に影響が及ぶ前に排除しましょう。計画を立てる際はプロジェクトの表示形式をカレンダー形式からガントチャート形式やリスト形式、かんばんボード形式など、見やすい形に切り替えましょう。

組み込まれている機能

  • カレンダービュー: カレンダービューは、今後の作業や過去の作業をすべてカレンダー形式で確認できるプロジェクトビューです。この機能を使えば、やるべき作業の内容や締め切りを明確に把握できます。また、関係者は各タスクのそれぞれの期日や予定されているプロジェクト作業の全体的な頻度を確認できます。さらに、タスクをクリックすると、関連するカスタムフィールド、依存関係、サブタスクなどの詳細情報が表示されます。

  • 依存関係: タスクの依存関係を設定し、あるタスクが他のタスクを待機していることを示します。自分の作業が他の誰かの仕事をブロックしてしまっていることを知り、それにより優先順位を調整することができます。コラボレーションに基づいたワークフローを抱えたチームは、他のチームのどのタスクを待っているのかを簡単に確認でき、自分たちの作業に取り掛かるべき時がわかるのです。前のタスクが完了すると、依存しているタスクを開始できるという通知を担当者が受けます。あるいは、自分の作業が依存しているタスクのスケジュールが変更された場合、Asana から通知が送られ、自分の期日も調整すべきかどうかを判断できます。

  • カスタムフィールド: カスタムフィールドは、仕事のタグ付け、ソート、絞り込みにぴったりの方法です。優先度やステータス、メールや電話番号など、追跡が必要なあらゆる情報に対してそれぞれカスタムフィールドを作成できます。カスタムフィールドを使用して To-Do をソートし、スケジュールを組むことで、何から手を付けるべきかが瞬時にわかります。また、さまざまなタスクやプロジェクトを横断して同じカスタムフィールドを使用すれば、組織全体で一貫性のある管理ができます。

  • サブタスク: To-Do が大きすぎて、1 つのタスクに収められないこともあります。タスクに複数の担当者がいる場合、期日が遠い場合、公開前に関係者の確認と承認が必要な場合などは、サブタスクを活用しましょう。サブタスクを使えば、タスクを細分化して仕事を配分できるほか、細かい To-Do を親タスクの全体的な流れに結びつけるにも役立ちます。サブタスクでタスクを細かく分割し、複数のステップから成るプロセスの各要素を管理しましょう。

おすすめのアプリ

  • Figma: Figma ではユーザーフロー、ワイヤーフレーム、UI モックアップ、プロトタイプなどを作成できますが、Figma for Asana を使えば、こうしたデザインを Asana に埋め込み、関連のプロジェクト文書の文脈と合わせて最新のデザインワークを参照できます。さらに、スクリーンショットとは異なり、ライブの埋め込みオブジェクトであるため、デザインファイルで行われた変更がリアルタイムで反映され、該当のファイルを探して画像を更新する余分な手間を省けます。

  • Google Workspace: Asana タスクウィンドウに組み込まれた Google Workspace ファイル選択機能を使って、Asana でファイルをタスクに直接添付しましょう。マイドライブ内のファイルを、数クリックで簡単にタスクに添付できます。

  • Slack: Slack 上にあるアイデアや仕事のリクエスト、アクションアイテムを追跡可能な Asana のタスクやコメントに変換しましょう。ちょっとした質問やアクションアイテムが、期限と担当者つきのタスクに変わります。仕事を簡単に取り込めるので、やるべきことが Slack の中に埋もれ、流れることはありません。

  • Zoom: Asana と Zoom は、チームが目的を持って会議に集中できるように提携しています。Zoom と Asana の連携により、会議の準備やアクションにつながる話し合い、そして会議後の情報へのアクセスが簡単になります。会議前に Asana で議題を共有し、これから話しあう内容や経緯が明確な状態で会議を始められます。会議中には、Zoom 内ですばやくタスクを作成でき、詳細やアクションアイテムを見落とすことはありません。会議終了後は Zoom と Asana の連携により、会議の文字起こしや録画が Asana に取り込まれるため、コラボレーターや関係者は必要に応じて会議を振り返ることができます。

FAQ

このテンプレートは、SNS コンテンツカレンダーテンプレートとしても使えますか?

はい。AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートは SNS マーケティングやコンテンツマーケティング、マーケティングキャンペーンなど、どんなタイプのコンテンツ計画やコンテンツ制作でも使用できます。SNS のエディトリアルカレンダーを作成する場合、このテンプレートを使うと、今後の SNS 投稿や、新規コンテンツのアイデア、SNS プラットフォームごとの取り組み、その他の SNS プランニング関連タスクなどを管理できます。

AppLovin のコンテンツカレンダーテンプレートはどんなチームにおすすめですか?

コンテンツ制作に携わるチームであれば、どんなチームにもおすすめです。たとえば、マーケティングチームや、マーケティング戦略チーム、コンテンツ戦略チーム、SNS 戦略チーム、スタートアップ企業、中小企業におすすめです。

デジタルのコンテンツカレンダーテンプレートを使うことにはどんなメリットがありますか?

Microsoft Excel や Google スプレッドシートなど、静的な文書による管理は表面的でしかなく、すぐに情報が古くなってしまいます。AppLovin の無料テンプレートなら、ただ仕事を管理するだけでなく、コンテンツスケジュールにあるプロジェクトを実際に実行するためのワークフローを確立できます。Asana のようなワークマネジメントプラットフォームを使えば、すべての作業を一か所で確認し、コンテンツ制作プロセスを標準化し、チーム間での作業の受け渡しも効率的に行えます。

テンプレートをパワーアップ

Asana Premium の無料トライアルを利用して、さらにパワーアップしたテンプレートをお試しください。

アカウント登録