セルフマネジメント: よりよいリーダーになるための 7 つのスキル

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2021年10月21日00
facebooktwitterlinkedin
セルフマネジメント: よりよいリーダーになるための 7 つのスキルの記事バナー画像

概要

セルフマネジメントとは、自分の行動、思考、感情を生産的な方法で調整する能力のことです。よりよいリーダーになるために、最も重要な 7 つのセルフマネジメントスキルをご紹介します。

感情的知性、セルフコントロール、優れたタイムマネジメントスキル、これらはすべて、強力なセルフマネジメント能力を持つための重要な要素です。セルフマネジメント能力が高ければ、チームのリーダーとしての能力も高まります。

この記事では、トップレベルのプロジェクト管理スキルから、習得すべきノウハウまで、セルフマネジメントとは何か、そして、よりよいリーダーになるために必要な 7 つのソフトスキルをご紹介します。

セルフマネジメントとは?

セルフマネジメントとは、自分の行動、思考、感情を生産的に調整する能力のことです。これは、自分自身とチームの利益のために、個人的な責任と仕事上の責任の両方をうまく果たすことを意味します。

セルフマネジメントとは?

効果的なセルフマネジメントは自己認識と健康を促進し、感情的知性の向上につながります。ここで重要なのは、周りの空気を読みながらも、自分自身のニーズを尊重することです。

セルフマネジメントは、リーダーにとって重要なことですが、簡単にできるわけではありません。適切なツールを用いれば、セルフマネジメントを上手に行うことができます。ここでは、身につけるべき 7 つのチーム管理スキルをご紹介します。

To-Do リスト機能を無料で試す

スキル 1. タイムマネジメント

タイムマネジメントとは、自分の時間の使い方をコントロールする能力のことです。このためには、最も重要なタスクにまず優先順位をつけ、毎日のTo-Do リストを管理しなくてはいけません。優れたタイムマネジメントスキルを持つリーダーは、外部の助けを借りることなく、自分の時間を効果的に管理できます。

優れたタイムマネジメントスキルを持っていれば、仕事に集中でき、先延ばしにすることもなくなります。仕事をうまくこなすためだけではなく、周りの人々にとってのお手本となるためにも、これはリーダーにとって重要なスキルです。

記事: 最高の成果を出すためのタイムマネジメントのコツ、タイムマネジメント術、クイックウィン (すぐできる改善) 18 選

スキル 2. セルフモチベーション

セルフモチベーションとは、モチベーションを上げて、日々の仕事を積極的にこなしていく能力のことです。いつでも簡単に達成できるわけではありませんが、セルフモチベーションを実践することで、自己認識を深め、自分にとって重要なことに優先順位をつけることができます。

セルフモチベーション

セルフモチベーションは、内から湧き出るモチベーションである内発的動機づけと似ています。2 つの違いは、内発的動機づけにはさまざまな内的要因が含まれるのに対し、セルフモチベーションはより個人的な要因から生じることが多いという点です。内発的動機づけの例には、自分自身を成長させることや、充実感を得るためにボランティア活動をすることなどがあります。一方、外発的な動機付けとしては、「仕事が遅いと影響が出るのではないか」という不安から、急いで働くことなどが挙げられます。

自分の仕事を楽しむことは、モチベーションを維持し、仕事に集中するための重要な要素です。さらに、自分の仕事を楽しむことで、チームが最高のパフォーマンスを発揮するきっかけになるでしょう。

内発的動機づけを高めるには、自分を奮い立たせるような目標に向かって努力し、目的意識を持つことが大切です。

スキル 3. ストレスマネジメント

リーダーはしばしばストレスと向き合います。しかし、セルフマネジメントを上手に行うためには、健康的なストレスマネジメントの方法を身につける必要があります。ストレスマネジメントができていないと、働き過ぎてしまい、最終的には燃え尽き症候群になってしまいます。

ストレスマネジメントに長けたリーダーは、自分の取り組みを大きな目標に結びつけることで、集中して仕事に取り組みます。どのタスクが最も重要で、どの成果物がチームの目標に結びついているかを理解していれば、効果的に仕事の優先順位をつけ、最高の成果を出せます。その結果、ストレスレベルを下げ、平常心を保つことができるのです。

記事: 働き過ぎの人やチーム必見、仕事とプライベートのバランスを取り戻すための戦略

スキル 4. 適応力

適応力があるということは、変化が起きたときに方向転換する自信と能力があるということです。これは、プロジェクトの変更が頻繁に起こるようなペースの速い環境で働くリーダーにとって、特に重要なスキルです。

たとえば、ここ数週間取り組んできたプロジェクトよりも優先度の高い新しいプロジェクトが発生したとします。ストレスや不満を感じるかもしれませんが、それよりも、率直さと好奇心を持ってこの変化に対応するべきです。これは、柔軟性を維持するために重要なスキルです。

変化に適応することは、時には不快なこともあるかもしれませんが、何が起こっても対処できる適応力を備えることで、優れたリーダーになることができます。また、チームにも適応力を持つように促すことができます。

スキル 5. 意思決定

効果的な仕事をするため重要なのは、混乱を減らし、チームの自信を高めるために、リーダーが意思決定のスキルを身につけることです。意思決定力は問題を解決したり、課題に取り組んだりすることで高めることができます。

これまでに紹介してきた他のスキルと同様に、意思決定力は習得できるスキルです。クリティカルシンキングのスキルを磨き、問題が発生したときに重要な情報を分析する技術を身につけましょう。

また、推測ではなく、データに基づいて意思決定を行うことも重要です。そうすれば、将来的に問題が発生することは少なくなるでしょう。

スキル 6. ゴールアライメント

目標を設定する際には、ビジネスへの影響度が高い最重要プロジェクトを優先しなくてはいけません。

ゴールアライメント

つまり、全体像を把握する能力を持ち、チームメンバーや組織にとって何が最善かを判断する必要があります。長い目で見れば、このスキルがより強力な結果とチームの士気を生み出すことになります。

ゴールアライメントは、主に 3 つのスキルで構成されています。

  • 目標設定: 目標設定の際には、現在の問題点を特定し、成長目標を予測し、現在のリソース配分計画を分析することで、情報に基づいた目標設定を行うことができます。

  • 目標の伝達: これにはチームの目標の管理だけではなく、その目標を組織全体の目標と合わせることも含まれます。そうすることにより、チームメンバーが、自分たちの仕事がより大きな目標にどのようにつながっているかを理解できるようになります。そのためには、透明性の高いコミュニケーションとチームの連携が必要です。

  • 目標の追跡: 目標を設定してチームに伝えることだけでなく、それを追跡することも重要です。これは、日々の仕事を大きな目標に結びつけ、チームがどのように進歩しているかを確認するために不可欠なことです。

Asana で戦略目標を達成する

スキル 7. 自己開発

自己開発は、すべてのチームメンバーにとって重要なことですが、特にリーダーにとっては欠かせないことです。チームの知識を高めるためには、まず自分自身の知識を高める必要があります。

時間をかけてワークショップに参加したり、講座を受けたり、業界の専門家と交流したりすることが、マネジメントスキルの向上につながります。

自分のスキルを磨き続けることで、チームにもそうするように促すことができます。これは、個人のキャリアアップだけでなく、会社の成長にもつながります。

記事: ハードスキルとソフトスキルの違い: Asana チームメンバー 14 名の例

セルフマネジメントの例

職場でのセルフマネジメントの事例を分析することで、健全なセルフマネジメント能力を身につけ、それを実現するために必要なスキルを理解することができます。

高い自己肯定感を育むためには、自分自身を見る目を磨くことも大切です。職場でよりよいリーダーになるために、どのように自分を高めていけばよいのか、職場でのセルフマネジメントの例をご紹介します。

例 1: 目標を設定し、それを全体像に合わせて調整する。

チームリーダーの段田 勝也さんは、組織の成長目標を達成するために、今年はリピート顧客数を 10% 増やしたいと考えています。まず、段田さんはビジネスケースを作成し、オペレーションと製品開発の責任者との会議を予定しました。その会議で段田さんは、これまで業績がよくなかった既存の製品ラインをリブランディングする計画を、部門長たちに説明します。リーダーたちがこの計画に同意すると、段田さんは詳細な作業分解構成図の作成に取り掛かります。

例 2: ストレスマネジメントと時間配分を行う。

武川 智幸さんは 1 日の始まりに、毎日の To-Do リストに目を通し、完了しなければならないタスクと、昨日できなかった期限超過のタスクがいくつかあることに気づきました。また、最優先事項として設定されている新しいプロジェクトに関する会議への招待も受け取っています。武川さんは、タスクに追われてイライラするのではなく、自分のスケジュールを立て直すことにしました。そして、その日のうちにすべてのタスクをこなすことはできないと気づいたのです。最良の成果を生み出すために、武川さんは、最優先事項である新規プロジェクトの会議を優先しました。そして、残りの時間は、仕事の質を維持しながら、優先度の高いタスクに割り当てます。また、徹夜で仕事をするとストレスが溜まり、家族との時間が取れなくなるので、重要度の低いタスクは翌日に回すことにしました。

どちらの状況でも、リーダーは自分とチームにとって何が最善なのかを考え、合理的な意思決定を行いました。どちらのリーダーも、よい結果を出すために自分自身のことも大切にしながら、知的な決断を素早く下したのです。

記事: Asana のリーダーに聞く、模範となるリーダーシップの取り方

行動と感情をマネジメントする

自分の思考や行動を生産的に管理することは、セルフマネジメント能力を高め、リーダーとしての力を高めることにつながります。

タイムマネジメントや仕事の進め方、ストレスの解消法などを取り入れ、業務効率化を図ることで、最高のリーダーになることができます。

ワークマネジメントソフトウェアを使って、チームをサポートする新たな手段を見つけましょう。生産性の向上やチームの可視化など、仕事を効率的に管理することは難しいことではありません。

ワークマネジメントソフトウェアを試す

関連リソース

記事

What is deep work? 7 rules to boost concentration and unleash your full potential