製造業 DX を確実に進める方法をわかりやすく解説

古田 弓恵の顔写真古田 弓恵
2023年7月11日
facebookx-twitterlinkedin
製造業DX 記事ヘッダー画像
テンプレートを表示

概要

この記事では、製造業における DX (デジタルフォーメーション) についてわかりやすくまとめます。すべての企業の急務として知られる DX。しかし製造業の DX には、独自の課題も多く、進みが遅いことで知られます。製造業における DX の課題とは何か、推進するメリットと成功させる方法を、成功事例と共にご紹介します。

どの産業でも推進が急務とされる DX。製造業もまた然りで、デジタル技術を取り入れ、市場での競争力向上とビジネス変革の重要性が注目されている取り組みです。特に製造業では、IoT の活用やロボットを現場に取り入れて業務効率を上げ、スマートファクトリー (機械と製造管理システムがネットワークでつながり最適化されている工場のこと) の実現が重要視されています。しかしそれだけではなく、「ものづくり全体のプロセス」を改善する DX についてもしっかりと理解し実行することが大切です。

製造業における DX とは?

まずはじめに、DX の意味をまとめます。DX とは Digital Transformation の略で、2004 年にスウェーデンのストルターマン氏によって提唱された概念です。デジタルトランスフォーメーションとは、データやデジタル技術を活用して、事業に関わることがらを変革し、新しい価値を社会に提供することを意味します。DX が成功すれば、市場での競争力も獲得することにつながるため、非常に重要性のある施策と言えます。

日本では 2018 年、経済産業省が『DX 推進ガイドライン』を発表し、速やかに DX を取り入れていくことをすべての企業に推奨しました。2022 年には同ガイドラインと『デジタルガバナンス・コード』を統合した『デジタルガバナンス・コード 2.0』が誕生し、各産業界のさらなる DX 推進に向けてさまざまな施策を展開しています。

記事: ビジネスにおける DX とは?定義や推進ポイント、課題を徹底解説

従来の業務プロセスに縛られがちな日本の製造業 DX は進行が遅いとも言われており、デジタル技術を導入し、それを活用して製造工程を洗練すること、そうすることで「ものづくり」を効率化する仕組みを構築することが急務と言えます。

ワークマネジメントとは?チームがワークマネジメントを必要とする理由

この電子書籍では、ワークマネジメントとは何かを解説し、ビジネスにどう役立つかをご紹介します。

電子書籍をダウンロード
ワークマネジメントとは何か 電子書籍をダウンロード

製造業 DX における 3 つの課題とは?

DX とは、単なる「仕事のデジタル化」ではありません。そのデジタル技術を活用して、急激に移り変わるビジネス環境に対応し、その中で市場での地位を確立しながら、新たな可能性を見出すことです。ところが製造業における DX では、独自の課題が浮き彫りになっています。

【デジタル人材の不足】

DX 推進には、その知識を持つ人材が必要とされますが、製造業界にはそのデジタル人材が不足していると言われます。製造業界は、長年日本経済を支えてきた産業のひとつとも言われますが、そもそも DX を推進するためのスキルを持つ人材確保ができていないため、DX は進みません。社内でデジタル人材育成プログラムを設けるか、アウトソーシングや外注で行うか、いずれにせよ社内でデジタル導入と DX の指導ができる人材の確保が必要です。

【ノウハウの伝承】

製造業 DX のスムーズな進行を妨げている課題のひとつが、技術伝承です。製造業の現場には、長年勤務しているベテランが多く、技術やノウハウが属人化していることも少なくありません。DX による業務改善を進めようとしても、技術そのものをどう若手に伝えていくのか、どのように共有するのかを明確にしなければ、製造業のDXは成功しないでしょう。

【適したツールの選定が難しい】

DX 推進には、支援ツールの導入が欠かせません。自社の現状と課題を把握し、それを踏まえたうえで最適なツールを取り入れることが、DX を成功へと導く道と言えるでしょう。

そこで重要なのが、ツールの選定です。現在、DX をサポートするツールは多く存在しますが、その中から自社に最も適したものを選ぶことは不可欠です。自社のニーズに合致したツールを見極めることが重要となるのです。

プロジェクトを円滑に進めるために、SaaS型プロジェクトマネジメントツールを活用しましょう。WBS 作成や工数管理もできる Asana なら、すべての仕事を 1 か所に整理できるから、業務効率が向上します。

Asana でプロジェクトを計画するメリット

製造業 DX はなぜ必要?そのメリットとは

製造業でも DX 推進の重要性が唱えられていますが、実現することで得られるメリットとは、何でしょうか?製造業 DX のメリットをまとめます。

【業務効率化と生産性向上】

DX を実現させ業務工程を改善することで、仕事の生産性は向上します。生産性の向上はチームや従業員のモチベーションを高めパフォーマンスをさらに高めるだけでなく、貴重な勤務時間を無駄なく使えるようになり、その結果、社員の残業対策にもつながります。

一方、DX を進めると、それまでアナログで行っていた受発注管理や事務業務が効率化します。自動化できる部分は自動化して、より効率的に時間を使えるようになります。

記事: ECRS とは何か?業務最適化へ向けた「改善の 4 原則」をわかりやすく解説

【情報の見える化】

製造工程に関わるすべての情報が整理整頓され、ステークホルダーが把握していれば、プロジェクトはスムーズに進みます。しかしアナログ式で情報を管理していると、最新でないものが流れてしまったり、「知らなかった」「聞いていない」という状況が起きかねません。

製造業 DX に効果的なツールの中には「誰が・何を・いつまでに実行するのか」を明確に示し、進捗管理工数管理におけるデータやグラフを可視化できるツールがあります。そういったツールを効果的に活用することで、製造プロジェクト全体が見える化し、プロセスの流れが良くなります。

【現場とのコミュニケーションが改善する】

製造業の課題のひとつとして必ずあげられるのが、現場とのコミュニケーションです。部署間の連携がうまく取れていないと、会議での決定事項がうまく製造現場に反映されなかったり、逆に現場からの要望がうまく本社に伝わらなかったりします。製造業における DX は、そういった現場とのコミュニケーション改善にも役立ちます。

あらゆる仕事を管理できるワークマネジメントツール Asana なら、会議進行中に議事録をリアルタイムで取ることができます。今後のアクションアイテムやすぐにカバーしておきたいタスクなどはその場で作成し、担当者に割り振ることも可能。時間を最大限有効に使うために、Asana を活用しましょう。

無料トライアルを始める

製造業 DX ツール導入のヒント

製造業での DX を成功させるには、具体的にどのように進めていけばいいのでしょうか?DX 支援ツールを導入する際に役立つヒントをご紹介します。

【プロセスを見える化する】

注文や見積もり、各製造ステップ、出荷という作業をすべてタスク化し、タスク間の依存関係を視覚的に表示できるツールがおすすめです。また、それまで Excel で行っていたリスト管理ではまかないきれなかった修正、変更のリアルタイム更新が可能なら、タスク責任者や納期、優先順位といった重要な情報をチーム全員と共有できるようになります。

【コミュニケーションを一元化する】

情報の点在化は、プロジェクトの遅延を引き起こします。そういった意味で、必要な情報を必要なメンバーが必ず把握している環境を整えることは非常に大切だと言えるでしょう。毎日顔を合わせることのないチームなら、なおさらです。製造業 DX のツールを導入するときは、その点を考慮します。メールやチャットに頼るのではなく、それぞれのタスク内ですべてのやりとりが完了できるようなら最適です。顔を合わせなくても確実に意思疎通が行えるツールを選ぶようにします。

コミュニケーションツールとは?

【複数のプロジェクトを効率的に管理する】

常に 1 つのプロジェクトだけを管理しているという状況は少ないかもしれません。たいてい、2 つやそれ以上の複数プロジェクトをこなしていることが多いでしょう。そういったときに、分厚いファイルを手元において管理するよりも、情報をデジタル化し、一か所にまとめて管理したほうが効率的と言えます。それぞれのデータ管理を徹底すれば、進捗報告や日報作成もスムーズに時短で行えるようになります。

製造業 DX の成功事例

製造業における DX およびデジタル化の事例として、テック長沢のケースを挙げてみてみましょう。どんな課題があったのか、どのような試みを実施したのか、わかりやすくまとめます。

自動車や産業機械用の部品加工事業などを展開するテック長沢は、積極的な事業規模の拡大を進める中、プロジェクト管理ソフトウェア Asana を導入しました。

【課題】

ビジネスの拡大とともに社員数や取引先も増え、課題も出てくるようになりました。

  • 情報が点在化している

  • 業務の流れや調整が複雑化している

  • 海外にある工場とのやりとりが非効率的である

【解決策】

そこで、解決策として Asana を導入しました。仕事を見える化し管理する Asana を活用し、課題を解決することに成功します。

  • 点在化していた情報を Asana で一元管理し、誰が、いつまでに、何をやるのかを見える化しました

  • 見積もりや発注などの業務を Asana でタスク化し、社員と常に情報共有できる体制を整えました

  • 海外にある工場とのやり取りもすべてタスク化することで、期日が明確になり、催促メールを送ることもなくなりました

こういったソリューションを見出すことで、顧客への回答が迅速化し、企業としての信頼向上にもつながっています。

まとめ

製造業における DX の課題、メリット、実施のヒントをまとめました。

製造業DX の推進における支援ツールの重要性は計り知れませんが、使い方が難しかったり、UI が複雑で使いこなせないようでは、期待通りの成果は得られないでしょう。Asana のようなシンプルで直感的なツールを選び、DX を推進することをおすすめします。

ワークマネジメントツール Asana のサービスを活用して、業務改善・仕事の効率化・チームの生産性向上を実現しましょう。まずはすべての機能を 30 日間無料で試し、その有用性を実感していただけます。お気軽にお問い合わせください。

ワークマネジメントツール Asana とは?
記事: 営業 DX の基礎知識: 重要性、メリット、効率的な推進のためのヒントを紹介

関連リソース

記事

ワークフローとは?重要性とメリット、効率的に作成するためのステップを紹介 (具体例付き)