チーム内コミュニケーションをオンラインで管理する方法

効率よくコミュニケーションをとるチームは、よりよい成果をあげます。Asana のチームコミュニケーションツールなら、チームの仕事を管理して、適切なタイミングで適切な情報を伝えられます。

Asana Product Screenshot

チームのコミュニケーションだけにとどまらないツール

チーム全員で常に認識を揃えておくことは一仕事。それぞれが複数のコミュニケーションツールを使用していればなおさらです。コミュニケーション計画なしでは、アクションアイテム、情報、フィードバックがバラバラになり、誰も仕事の現状や、取り組むべき仕事が把握できません。

Asana なら、業務の担当者、タスクの期日、仕事の進捗具合を全員が確認できるので、締め切りを守り、目標に到達するのに役立ちます。

Asana について詳しく見る
仕事を 1 か所で管理

1 つのツールを使ってプロジェクト、タスク、ファイルを管理すれば、コミュニケーションと情報の縦割りをなくし、チームメイトの作業の重複を防ぐことができます。

プロジェクト計画を共有

Asana を使えば、計画のあらゆるステップをマッピングして、キックオフから目標達成までの明確な道筋をチームに提示できます。

フィードバックを送る

仕事を管理する 1 つの場所で、アイデアについて話し合い、コメントを残し、ファイルを添付して、関連するタスクやプロジェクトへのリンクも付けることができます。

会議の議題

プロジェクト内で議題を計画し、メモをとり、すべてを整理できるため、何を期待されているのかを全員が把握し、次のステップを明確に頭に入れて先に進むことができます。

ノイズを減らす

チームが 1 つの情報源から情報を取得できるようにしましょう。Asana を使えば、ステータスの更新、告知、目標などを共有できます。

Asana Product Screenshot
連携

チームとコミュニケーションツールを集約

チームが希望するさまざまなコミュニケーション方法をすべてサポートし、会話をアクションにつなげます。GmailSlack など、使い慣れたツールを Asana と連携し、一元化された場所でチームの仕事をすべて整理できます。

すべての連携を見る

チームは目標達成を支援してくれる Asana を信頼しています

Asana Product Screenshot

Asana を試してみた結果、更新メールを送ったり定例会議で進捗を報告するといった手間がすぐに解消しました。今では、プロジェクトの進捗や仕事のステータスを知りたいときは、Asana を見るだけですべてがあっという間に明確になります。Asana のおかげでコミュニケーションの無駄がすべて排除され、プロセスが非常に効率的になりました。

Rian Hunter 氏、Dropbox、ソフトウェアエンジニア

今日から Asana を使ってコミュニケーションを合理化しましょう

何百万人ものユーザーが、よりよい仕事をするために Asana を使用している理由をご覧ください。