働き方改革とは何か?推進するときに知っておきたいポイントを解説

Yumie Furuta headshot古田 弓恵2022年9月23日
facebooktwitterlinkedin
働き方改革 記事ヘッダー画像
テンプレートを表示

概要

この記事では、働き方改革の意味とその背景、具体的な取り組みなど、働き方改革の基本知識を解説します。そもそもこの改革にはどのような意図があるのか?働き方改革で何が変わるのか?働き方改革とは何かをしっかり把握した上で、推進していきましょう。

昨今、ビジネスシーンでよく耳にする「働き方改革」。その意味を正確に理解していますか?ここ数年取り組みが推進されてきた改革ですが、新型コロナウイルス感染症の流行やウェルビーイングへの注目に伴って、ますます重要性が増しています。

しかし実際のところ、働き方改革はなぜ重要なのか?働き方改革の目的は?このような疑問を持っている人もいるかもしれません。この記事では、働き方改革とは何かを簡単に解説し、その基本知識をまとめます。働き方改革の内容を知って、今後の推進に役立てましょう。

働き方改革とは?分かりやすく解説

働き方改革とは、多様で柔軟な働き方を労働者が選択できる社会の実現に向けた取り組みのことです。一人ひとりのニーズに合ったやり方で働ける社会の実現は、仕事の生産性改善やワークライフバランスの実現にもつながるとされます。

quotation mark
「働き方改革」は、働く方々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、 自分で「選択」できるようにするための改革です。”
働き方改革 ~ 一億総活躍社会の実現に向けて ~ (厚生労働省)

日本社会は「少子高齢化に伴う労働人口の減少」「働き方の多様化」など、さまざまな課題と直面しています。こういった状況に対応するための取り組みが「働き方改革」であり、一人ひとりがより良い将来への展望を抱けること、それが働き方改革の目的です。

働き方改革はいつから始まったのか?

働き方改革は「働き方改革関連法」が 2018年 6月に成立し、そのあと 2019年 4月 1日より順次施行が始まりました。働き方改革は単なるブームの名称ではなく、国を挙げて推進する取り組みです。

働き方改革のきっかけは?

日本のビジネスシーンに大きな変化をもたらすこととなる働き方改革ですが、そもそもどのようなきっかけで推進が始まったのでしょうか?働き方改革への声が大きくなった背景を解説します。

労働人口の減少

まず第一に挙げられるのが生産年齢人口、つまり労働人口の減少です。政府が「働き方改革」と共に取り組んでいる政策のひとつに「一億総活躍社会」がありますが、これらの取り組みの背景にあるのが「少子高齢化」。生産年齢とは 15 歳から 64 歳までを指す言葉で、日本ではその数が年々減少しており、このままでは将来的に労働力不足のため日本経済が回らなくなると言われています。そういった状況を食い止めるべく、働き方改革の必要性が問われているのです。つまり働き方改革の目的のひとつは、労働人口の減少を止めることだと言えるでしょう。

長時間労働、残業問題

日本社会はこれまで、長時間の残業やサービス残業が当たり前に行われてきました。こういった環境は仕事の生産性を下げるだけでなく、過労死という社会問題にも発展。長時間労働と残業問題の解決は日本の社会にとって必要不可欠な課題と言われています。また同時に、有給休暇が取りづらい雰囲気が社内に確立されてしまっていることも懸念されており、同様に解決すべきポイントであると言えるでしょう。こうした事情は結果的にプライベートの時間を短くしてしまいます。ワークライフバランスの実現を目指す働き方改革推進の背景には、こういった背景もありました。

労働生産性の低下

先述のとおり、日本社会は長時間労働を当たり前とする風潮がありました。にもかかわらず、日本の労働生産性の低さは改善すべき点として話題に上がります。実際のところ、日本の労働生産性は他国と比べると低いことがわかっており、主要先進 7 カ国の中では最下位です。働き方改革による労働環境の整備が、この課題を解決する方法だと言えます。

働き方に関するニーズの変化

働き方のニーズが多様化する昨今、仕事の環境もそれに応えていかなければなりません。しかし実際には、出産や育児、介護などを理由に離職、退職を迫られる人も少なくありません。働き続けたいのに、両立が不可能なために辞めざるをえない状況なのです。労働人口の確保を促進するには、こういった状況へ解決策が必要となります。多様化の一途をたどる個人のニーズに柔軟に合わせられる労働環境が今、求められているのです。

働き方改革で具体的に何をする?

働き方改革とは実際にどのような取り組みをするのかをご紹介する前に、この改革が掲げているポイント 2 つをまとめます。

  • 労働時間の見直し: 働き方改革は働きすぎを防ぎ、労働者の心身の健康を守ります。長時間労働をなくして有給休暇を取りやすくすることで、ワークライフバランスと多様で柔軟な働き方の実現も目指します。

  • 同一労働同一賃金: 働き方改革は、雇用形態に関わらず、公正な待遇と条件の確保を目指します。同じ企業内で同じ職務内容をこなしていても、正規雇用の正社員と非正規雇用の労働者 (パートや派遣社員など) では基本給や賞与に差がある場合があります。こういった不合理な待遇の差をなくすのが、働き方改革です。どのような雇用形態で働いていても、その待遇に納得しつつ働ける環境を整えることで、労働者は多様で柔軟な働き方を選択できるようになるのです。

働き方改革の具体例

多様で柔軟な働き方を労働者が選べることで、労働人口の確保を目指す働き方改革。その具体例をここでは確認していきましょう。

  • 勤務形態に関する働き方改革の例: 代表的なところで、フレックスタイム制やリモートワーク (テレワーク) の導入などがあります。とくに新型コロナウイルス感染症の流行により、リモートワークを促進する企業も多いでしょう。毎日オフィスへ行かなくてもいいので、自宅やコワーキングスペースなどから仕事をする人も徐々に増えています。

Asana でチームのコミュニケーションを改善
  • 個人のニーズを重視した働き方改革の例: 出産や子育て、介護、治療など、仕事と個人的な事情が両立できるよう取り組む企業も多いです。男性社員の育児休暇取得の促進、時短勤務制度の採用、在宅勤務、介護休暇の運用などがこれにあたります。また、女性社員が出産後の復職時にも休職前と同じ職位を保障するシステムをとる企業もあります。

  • 生産性向上に向けた働き方改革の例: 働き方の多様化と同時に注目されるべきが生産性の向上です。そのために、IT ツールやワークマネジメントソフトウェアを導入し、仕事を管理する企業も増えました。こうしたツールを活用することで、日々の仕事をしっかりと管理できるだけでなく、業務フローの最適化見える化、またプロジェクトマネジメントの効率化も実現します。ツールが提供するテンプレートを最大限活用すれば「仕事のための仕事」を削り、本当に重要な業務に貴重な時間を当てることができるようになります。

無料部門間プロジェクトテンプレート

働き方改革のデメリットは?

働き方改革が推進されていくと、前述したようなことがらが解決していくとあり、メリットだらけのように見えます。しかし実際に働き方改革をすすめるにあたって、直面するデメリットや注意点もいくつかあるのが現状です。

まず企業側のデメリットとして挙げられるのが、パフォーマンスの低下です。時間外労働の上限を設け残業時間を減らしたり、休暇制度などが整っても、業務の効率化が進まなければ企業の利益は減少してしまいます。いかに少ない時間で高いパフォーマンスを発揮できるかが、働き方改革のひとつの課題と言えるでしょう。大きな変革となるこの機会に、抜本的な業務フローの見直しや「無駄な仕事」の特定をしてみるといいかもしれません。限られた時間内にどれだけ「本当に重要な仕事」ができるかに焦点を当てて、たとえば非生産的な会議を削ったり、特定のタスクを自動化してみるとよいでしょう。もし会議を開催するなら、ファシリテーターを設けるなど効率性と生産性を重視しましょう。

Asana で仕事を自動化

一方、従業員にとっても働き方改革はいくつかの課題を露呈しています。勤務時間の上限を設けたところで、現実は仕事を家に持ち帰り、サービス残業や時間外労働をしている人もいるでしょう。また、部下が行いきれない仕事が上司や管理職にまわり、負担になっているかもしれません。これでは本末転倒です。それぞれのワークロード管理リソース管理には充分に配慮する必要があります。チームの仕事量を見える化し、バーンアウトを未然に防ぐことが大切です。

Asana でチームの仕事量を管理する

働き方改革を推進し、働きやすい環境を整えましょう

働き方改革とは何か、その定義と背景を解説し、働き方改革の具体例とデメリットもあわせてご紹介しました。政府が先頭に立って推進する「働き方改革」。すべての人々が個人のニーズに合った働き方ができる社会を目指すこの取り組みは、労働人口を確保し「一億総活躍社会」を実現するために必要不可欠です。良い労働環境を整えつつ仕事の生産性を保つためには、信頼できるワークマネジメントツールの導入を検討しましょう。社内で共通のグループウェアを利用することで、データやファイルの共有もスムーズに行え、また部門間コミュニケーションの円滑化も期待できます。

Asana を無料で試す

関連リソース

記事

Asana の Work Graph® とは?