コラボレーションと仕事の新たな未来

ウェビナーをご覧ください

コラボレーションと仕事の新たな未来

世界の大部分が突然リモートワークへと移行し、コラボレーションツールの採用が劇的に加速しました。世界的に見ると、フルタイムで働くナレッジワーカーの 3 分の 2 近くがリモートで働くようになってからコラボレーションツールの使用を増やし、その 5 人に 1 人は初めてコラボレーションツールを使用しています (「仕事の解剖学: リモートチーム調査」による)。

このウェビナーでは、IDC の Future of Work 部門でリサーチディレクターを務める Amy Loomis 氏と同社の Collaboration 部門で同じくリサーチディレクターを務める Wayne Kurtzman 氏という 2 人のゲストスピーカーを迎えます。分散型コラボレーションの現状について、また働き方が激変したこの新時代にあたりオフィス勤務の再開を見極めようとしている多くの企業を待ち受ける未来について語り合います。以下に関するディスカッションをぜひご視聴ください。

  • ワークマネジメントツールが分散型の仕事環境で組織が必要とする柔軟性とセキュリティをどのように提供しているか。
  • 統合されたテクノロジースタックからコラボレーションカルチャーの構築にいたる、さまざまな導入を加速させる方法。
  • 未来のオフィスがすでに実現していること、分散型チームを成功に導く方法。