チームの役割: バランスのとれたチームを作る 9 つのタイプ

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2021年8月16日00
facebooktwitterlinkedin
チームの役割の記事のバナー画像

概要

メレディス・ベルビン博士は、一般的な行動特性に基づいてチームの役割理論を開発しました。ベルビンモデルでは、チームのバランスをとり、生産性を向上させるために、役割を行動志向、思考志向、人間志向に分けています。

チームで仕事をするには、組織力と協調性が必要です。チームの生産性を最大限に引き上げるには、全員がそれぞれの強みに合った特定の役割を持つ必要があります。

メレディス・ベルビン博士は、行動属性に基づいたチームロール理論を開発しました。ベルビン博士が提唱する 9 つのチームの役割は、「行動志向」「思考志向」「人間志向」の 3 つのカテゴリに分類されます。

行動志向のチームメンバーは、すぐに物事を実行に移すことができ、タイトな締め切りにも対応できます。思考指向のチームメンバーは、新しいアイデアをもたらすことができる批判的思考力が高い人たちです。人間志向のチームメンバーは、強力なコミュニケーションスキルを持ち、チーム全体をサポートすることができます。

このガイドでは、ベルビン博士の 9 つのチームの役割について説明し、チームのバランスをとることでチームの生産性を高める方法を説明します。

ベルビンのチームロールモデル

1. 形づくる人

「形づくる人」は、チームを前進させるチームメンバーです。行動的で、どんな問題が起きても自分や他の人のやる気を引き出します。形づくる人は天性のリーダータイプなので、管理職に向いています。危機が発生したときには、すばやく解決策を見出すことができます。

形づくる人のチームでの役割の例: たとえば、製品マーケティングチームを例にとると、形づくる人は、チームのビジョンとそこに至るまでのロードマップを監督する製品責任者に向いているでしょう。

2. 実行者

「実行者」は、行動的なチームメンバーであり、自分たちがいる環境の秩序を維持します。現実的で、アイデアを実現することに長けています。実行者は行動を起こすことが好きですが、非常に規律正しい人でもあります。自信を持って他のメンバーをサポートすることができるので、チームの要となるかもしれません。

実行者のチームでの役割の例: 実行者が、製品マーケティングチームのデータ駆動型ビジネスアナリストであれば、組織のプロセスをより効率的にする方法を見極めるでしょう。

記事: ビジネスにおける効率と効果の違い: チームに両方が必要な理由

3. 補完的完成者

行動志向型のチームの役割の最後は、「補完的完成者」です。その名の通り、細部にまで気を配り、完璧を求めて努力する人に適した役割です。このようなチームメンバーは内向的な傾向がありますが、チームメンバーにレベルの高い仕事をさせることができるため、職場環境では貴重な存在です。

補完的完成者のチームでの役割の例: 補完的完成者は技術サポートに向いています。問題を特定し、迅速かつ効率的に解決する方法を知っています。

4. プラント

「プラント」は、思考志向型のチームメンバーであり、革新的でクリエイティブな思考を持っています。チームのバランスをとるのに役立ちますが、ブレインストーミングをして自分のアイデアを固めてからチームに伝えることを好みます。プラントは一人で仕事することを好むかもしれませんが、他のメンバーのように積極的に発言しなくても、貴重な意見をもたらしてくれます。

プラントのチームでの役割の例: プラントは非常にクリエイティブなので、製品デザイナーに向いています。

5. モニター

もうひとつの思考志向型のチームの役割は、「モニター」です。このタイプは合理的な思考を持ち、感情を捨てて問題解決に取り組むことができます。モニターは、高度な知識と戦略計画を必要とするプロジェクトで活躍します。アイデアを見極め、それが価値あるものかどうか、実行可能なものかどうかを判断し、そのアイデアを推進するために行動を起こします。

モニターのチームでの役割の例: 戦略的にプロジェクトを計画し、チーム間のつながりを結ぶ、超几帳面なプロジェクトマネージャーには、モニターがぴったりです。

6. スペシャリスト

最後の思想志向型のチームの役割は、「スペシャリスト」です。スペシャリストは、その分野で深い知識を持ち、一つの専門分野に貢献することを好みます。スペシャリストは、グループよりも単独での活動を得意とする点で、思考志向型のチームのすべての役割のパターンに当てはまります。自立していますが、特定のスキルでチームに多くの価値を提供します。

スペシャリストのチームでの役割の例: スペシャリストの役割を担うのは、チーム内のコーダー、SEO アナリスト、技術クルーなどです。チームの他のメンバーがあまり知らないような技術に特化しており、いなければならない存在です。

7. コーディネーター

人間志向チームの役割に話を移すと、優れたコミュニケーションスキルを持つチームメンバーが役割を担う「コーディネーター」があります。コーディネーターは、コラボレーションを促進し、目標達成のためにチームのモチベーションを高めるため、多くの場合リーダーの立場にあります。他のチームメンバーは、コーディネーターを尊敬し、信頼して決断を下します。

コーディネーターのチームでの役割の例: コーディネーターは、他の人とコラボレーションしたり、モチベーションを高めたりすることが好きなので、製品開発チームのリーダーとして活躍できるでしょう。

記事: 職場で効果的にコミュニケーションをとる 12 のコツ

8. チームワーカー

チームワーカーも、人間志向型の役割のひとつです。このような人は、外向的な性格で、他の人とうまく働き、チームメイトの話に耳を傾けることができます。また、環境の変化にも簡単に対応でき、対立が生じた場合には調和を生み出すでしょう。他のチームメンバーが多忙であったり、家族に緊急事態が発生したりした場合、チームワーカーは真っ先に介入してサポートしてくれます。

チームワーカーのチームでの役割の例: チームワーカーは自然なコラボレーターであるため、大きなチームの中で製品マーケティング担当者として優れた能力を発揮するでしょう。

9. 情報収集者

チームの 9 つの役割の最後は、情報収集者です。このような人間志向の人は、会社のためにマーケティングの機会を見つけたり、新製品の発売のために関係者に声をかけたりと、新しい機会を探ることを楽しみます。その前向きな姿勢のおかげで、自然にネットワークを広げ、新しいビジネスを促進することとなります。

情報収集者の例: 情報収集者は人とのネットワークを作るのが好きなので、製品販売で活躍できるでしょう。

記事: 優れたチームダイナミクスの秘密

バランスの取れたチームを作るには

さまざまな個性や強みを持つ人がいる場合、職場でバランスのとれたチームを作ることは難しいものです。ほとんどのチームでは、9 つの役割をすべて満たす人材はいないでしょう。だからこそ、今揃っているチームとどのように働き、各メンバーの強みを活かすかが重要になります。

バランスの取れたチームを作るには

チームの強みを活かす

チームの役割には、それぞれ長所と短所があります。これらを意識することで、よりバランスのとれたチームを作ることができます。たとえば、プラントはコミュニケーションをとるのが苦手ですが、複雑な問題を解決するのが得意です。補完的完成者はチームワークの経験が少ないかもしれませんが、いつも予定通りに納品してくれます。

チームメンバーに責任を割り当てる際には、各メンバーの強みに注目しましょう。そのためには、練習タスクや従業員アセスメントを活用します。チームメンバーが日々の仕事で自分の強みを発揮できれば、チームの力を最大限に発揮することができるはずです。

チーム内のギャップを見極める

ひとつのチームに同じ強みを持つ人がたくさんいると、衝突やギャップが生じます。たとえば、思考志向の人が多く、行動志向の人が少ないと、アイデアが多すぎて実行できない状況が発生します。

チーム内のギャップは、定期的に評価を行うことで気づくことができます。チームメンバーのパフォーマンスを評価するだけでなく、チームメンバーがどのように働いているかを把握する必要があります。自然な行動や性格に基づいて、責任や仕事の内容を変えていきましょう。チームビルディングゲームを活用すると、チームとのつながりを深め、どのようにしてコラボレーションするべきかを知ることができます。

定期的にチームの役割を見直す

ハイパフォーマンスチームを作るためには、チームの役割と責任を定期的に見直すことが重要です。四半期ごとに評価を行うことで、チームメンバーの進捗を評価し、時間の経過とともにスキルが向上しているかどうか、別の役割の方が適しているかどうか、あるいは追加のトレーニングが必要かどうかを評価することができます。

たとえば、元々は内向的で思考志向の人が、自信をつけてコミュニケーションスキルを伸ばすことができるかもしれません。さらに評価を重ねると、その人は人間志向で、リーダーシップを発揮できることが発覚するかもしれません。定期的なレビューとオープンなコミュニケーションがあれば、チームメンバーが新しい役割を果たせるように成長することはありません。

記事: チームの仕事量を管理するための効果的な方法

チーム管理ツール

チーム管理ツールは、グループでタスクを割り当てたり、プロジェクトを完了する際に、明確な情報を提供します。誰が、いつまでに、何をしなくてはいけないのかを全員が把握できれば、コラボレーションはよりスムーズになります。各チームメンバーの優先順位を明確にして把握することで、チーム全体のコラボレーションの質が高まります。

ワークロード管理

チームマネジメントで重要なのは、ワークロードの管理を積極的に行うことです。ワークロードの管理には、スケジュールの可視化、プロジェクトのライフサイクルの理解、ツールを使って人とプロジェクトの両方を把握することが必要です。これは、一人のチームメンバーに過度の負担をかけずに、プロジェクトをスムーズに進めるための重要なポイントです。

ワークロード管理機能を無料で試す

リソースの割り当て

プロジェクトやチームワークを成功させたいなら、リソースを適切に割り当てなくてはいけません。リソースの割り当ては、使用できるリソースの特定、各プロジェクトに必要なリソースの数、各プロジェクトを達成するのに最も適したチームメンバーなどを判断するのに役立ちます。リソース管理計画を作成すると、プロジェクトを最初から最後まで順調に進めることができます。

RACI チャート

RACI チャートとして知られる役割と責任のマトリクスは、チームがプロジェクトの役割を明確にし、特定のタスクに対して誰が責任を負うのかを把握するのに役立ちます。RACI とは、responsibility (実行責任者)、accountable (説明責任者)、consulted (協業先)、informed (報告先) の頭文字をとったものです。RACI チャートを作成するには、プロジェクトのすべてのタスクの詳細を説明します。そして、チームの各メンバーに 4 つのラベルのうちの 1 つを割り当てます。

かんばんボード

かんばんボードを使うと、チームメンバーがプロジェクトのどの段階にあるかを可視化し、完成に向けて何が残っているかを把握できます。かんばんボードでは、ワークアイテムがカードで表示されるので、プロジェクトやワークフローを視覚的に計画することができます。このシステムでは、それぞれの取り組みの段階と優先順位が明確に表示されるため、プロジェクトの可視化が容易になります。

記事: ビギナーズガイド: かんばんボードとは?その仕組みは?

チームコラボレーションツール

適切なツールがあれば、チームコラボレーションは簡単に達成できます。成果につながらない仕事を省きたいと思わない人はいないでしょう。タスクを効率化できるだけでなく、チーム内で目標を一致させたり、変更内容を管理したり、ファイルを共有したりすることができます。

チームコラボレーションツールを 1 つ使うだけで、プロジェクトのリスクを未然に防ぎ、全体のタスク管理を改善することができます。誰もがこのツールにアクセスできるようにすることで、みんなが働きやすい環境を作り、すべての従業員がそれぞれの役割で活躍できるようにサポートします。

バランスのとれたチームは、チームの生産性を高める

ベルビン博士の 9 つのチームの役割を使うことで、バランスのとれた職場環境を作り、チームの生産性を高めることができます。チームの強みを活かす方法を知っていれば、チームはそれぞれの役割に満足し、協力してより効率的に仕事をこなすことができます。

チーム内の各メンバーがどのような役割を担っているかを把握した上で、コラボレーションツールを活用することで、ワークフローのスピードアップを図ることができます。このようなツールを使うことで、チームは最新情報を共有し、タスクをスケジュール管理し、シームレスなコミュニケーションを図ることができるようになります。

Asana のコラボレーションソフトウェアを試す

関連リソース

記事

10 limiting beliefs and how to overcome them