ステージゲート法でプロジェクトのリスクを防ぐ

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2022年6月6日
facebooktwitterlinkedin
Stage Gate process: How to prevent project risk article banner image
今すぐ Asana を試す

概要

ステージゲート法ではプロジェクトをステージやゲートで区切って進捗を示すチェックポイントとします。この手法を使うことで、プロジェクトのリスクを予防し、コミュニケーションを円滑化できます。ステージゲート法を使ってプロジェクトタスクを明確化し、プロジェクトで大きな成果を出しましょう。

ステージゲート法を使ってプロジェクトライフサイクルの各ステージで確認する要件を設定することで、プロジェクトのリスクを防げます。これは製品開発でリリース前の製品の状態をできる限りよくするためによく使われる手法です。プロジェクトの各段階の間にゲートを設け、各ゲートでそこから先の段階へ進む前に満たす必要のある要件を定義します。この手法はプロジェクトライフサイクルで起こるミスを減らし、プロジェクト成功の可能性を高めます。

プロジェクト管理におけるステージゲート法とは

ステージゲート (別名フェーズゲート) 法は、プロジェクト計画を通してゲートや確認要件を設けることで、リスクを防ぎ、プロジェクトの最終結果をよりよいものにする手法です。この手法は製品開発で最も使われるものですが、複雑なプロジェクト全般で役立ちます。

ステージゲート法ではプロジェクトをステージで分割し、各ステージの間にゲートを設けてチェックポイントとします。この手法では、まず重要なマイルストーンに基づいたステージに従ってプロジェクトのタスクを分類し、各ステージの要件を定義します。次のステージに進む前に、プロジェクトがこの要件を満たしていることを確認しましょう。

ステージゲートプロセスの目標は、意思決定プロセスを改善し、プロジェクトの最終結果をよりよいものにすることです。プロジェクトで発生したミスは早い段階で発見できないと、後々積み重なって解決が難しくなります。しかし、プロジェクトが進む中で何度もプロジェクト計画を確認していれば、問題がより明確になり、すぐに対応できます。チェックポイントを複数設けることで、チームメンバーが協力してタスクに取り組む際の明確性も高まります。

Asana のプロジェクトマネジメント機能を試す

ステージゲート法が役立つ場面

ステージゲート法は製品開発プロセスの改善に使われるのが最も一般的です。製品開発プロジェクトは複数部門のチームを巻き込む大規模なプロジェクトであることが多く、ステージゲート法でチェックポイントを設けることによりプロジェクトの構成が分かりやすくなり、メンバーの認識を合わせられます。ステージゲート法は製品開発にも、ウェブサイトのリニューアルやマーケティングキャンペーンなど、複雑なプロジェクトに取り組む際にも活用できます。

[インラインのイラスト] ステージゲート法が役立つ場面 (インフォグラフィック)

​​ステージゲート法が役立つ場面:

  • 部門横断チームで取り組むとき

  • 大規模なリモートチームで取り組むとき

  • 複雑なプロジェクトに取り組むとき

ステージゲート法と相性のいいプロジェクトのタイプ:

  • 新製品の開発

  • マーケティングキャンペーンやプロセスの見直しなど、会社規模の取り組み

部門横断チームで取り組むプロジェクトの場合、ステージゲート法を使うことでコラボレーションの効率が上がります。ゲートがあると他のチームがプロジェクトの問題に対処したことがわかるので、メンバー同士が信頼し合い、自信を持ってプロジェクトを進められます。リモートで働いている場合も、ステージゲート法によりチームのコミュニケーションが円滑化され、マネージャーが受ける質問や相談が少なくなります。

ステージゲート法の 6 つのステージ

ステージゲート法にはステージ 0 から始まる 6 つのステージが存在し、各ステージはそれぞれ異なる開発分野を示しています。プロジェクトタイムラインを分割して、それぞれのステージに対応するタスクを振り分け、合理的なプロジェクト計画の流れを作りましょう。

ステージ 0: 発見

発見ステージではプロジェクトのアイデア出しを行います。調査データを集めてブレーンストーミングを行い、これから達成しようとしていることを明確にしましょう。

ステージ 1: スコープ

方向性がまとまったら、次はスコープのステージへ進みましょう。このステージではプロジェクトの要件、ステークホルダー (利害関係者)、プロジェクトの目標を定義します。

ステージ 2: ビジネスケース

次は、ビジネスケースを作成してプロジェクト計画を固め、調査データを基にプロジェクト目標の正当性を説明しましょう。

ステージ 3: 開発

アイデアが現実のものとなるのが、この開発ステージです。このステージでチームは製品、レポート、キャンペーンなど、プロジェクトの成果物を作成します。

ステージ 4: テストと検証

製品開発の場合はこのステージで製品のテストを行い、プロジェクト目標や業界の基準を満たしていることを確認します。製品を伴わないプロジェクトでは、このステージで成果物を洗練させます。完成とする前に、さらに改善できる点がないか探してみましょう。

ステージ 5: リリース

最後のステージでは製品のリリース、または主要ステークホルダーへの成果物の納品などを行います。

これらのステージの間にゲートを設置します。各ゲートでその前のステージの合理性と正確性を確認することで、各ステージの作業を着実に進めることができます。

ステージゲート法の 5 つのゲート

ステージゲート法のゲートは、その前のステージで何を達成したかによって異なります。たとえばステージ 0 は発見ステージなので、最初のゲートではプロジェクトのアイデアの品質を確認します。ゲートで確認を行うことで、実行不可能なアイデアで次のステップへ進んでしまうことがなくなります。

ゲート 1: アイデアの品質

プロジェクト案の品質と実行可能性を確認します。

ゲート 2: 実行計画のレビュー

プロジェクトの目標や要件が、アイデアに対して現実的なものであることを確認します。

ゲート 3: ビジネスの論理的根拠

ビジネスケースの合理性を評価し、対応する行動計画の効率性を確認します。

ゲート 4: 行動計画のレビュー

行動計画 (アクションプラン) の内容をすべて完了したことを確認します。

ゲート 5: リリース前チェック

リリースの準備に取り掛かる前に、成果物の品質と正確性を確認します。

各ゲート内の 3 つのタスク

各ゲートにはそれぞれ以下 3 つのタスクがあります。

  1. プロジェクトを進めるために必要なものに関する要件を設定する。

  2. プロジェクトの成功度を測る基準を設定する。

  3. 各ゲートの最後で起こり得る結果をまとめる。

以下の質問を使ってプロセスを進めましょう。

プロジェクトを進めるための要件は何か?

プロジェクトの成功度を測る基準は何か?

  • 戦略的適合性

  • 製品や競争力における優位性

  • 業界の魅力度 (収益の上げやすさ)

  • 技術的合理性

  • コアコンピテンシー

  • 金銭的リスクと報酬

ゲートの結果はどうなるか?

  • 承認: このプロジェクトは進める価値がある。

  • 中止: このプロジェクトには進める価値がない。

  • 保留: このプロジェクトは一時中断するが、特定の条件下で再開する可能性がある。

  • 再利用: このプロジェクトを進めるにはさらなる調整が必要。

上記がステージゲート法の一般的なゲートや基準ですが、プロジェクト計画に合わせてカスタマイズしても構いません。たとえば、製品のリリースキャンペーンに取り組む場合は、製品重視の評価ではなく、デジタルな基準で評価するのもいいでしょう。

記事: チームのワークフローを改善する 5 つのプロジェクト管理フェーズ

ステージゲート法のテンプレート

以下はステージゲートプロセスの例です。各ステージとゲートには名前が付けられています。プロジェクトの次の段階へと進むためには、各ゲートを通過する必要があります。

[インラインのイラスト] ステージゲートプロセス (例)

以下のテンプレートを使って、次の製品開発やマーケティング戦略のプロセスを作成しましょう。

無料ステージゲートプロセステンプレート

ステージゲート法を使うメリット

ステージゲート法を使い、最終結果が期待に沿うことを確認することで、プロジェクトや製品を効率的にリリースできます。

[インラインのイラスト] ステージゲート法を使うメリット (インフォグラフィック)

ステージゲート法のその他のメリットとして、こんなものがあります。

  • リスクの低減: 各ゲートでプロジェクトを確認することで、問題が早期に特定され直ちに対処できるため、プロジェクトのリスクが低減されます。

  • チームのパフォーマンス向上: プロジェクトに問題がなく、成功へ向けて順調に進んでいると確認できるため、メンバーは最大限のパフォーマンスを発揮できます。

  • よりよいプロジェクト成果: プロジェクトをとことんチェックすることで、一流の成果物が得られます。

  • 無駄のないチームコラボレーション: プロジェクトの進捗がはっきりわかっていることで、メンバーが協力しやすくなります。

プロジェクト管理ソフトウェアで、ステージゲートプロセスを進めましょう

ステージやゲートを進む間、プロジェクト管理ツールを信頼できる情報源として使いましょう。共通のシステムを使ってコラボレーションを行うことで、チームは自信を持ち、共通のプロジェクト目標に集中できます。Asana のガントチャートを使ってタスクやマイルストーンを計画し、ステータス更新でプロジェクトの進捗状況を管理しましょう。

Asana のプロジェクトマネジメント機能を試す

関連リソース

記事

プロジェクトの成果物とは?効率的に管理する 5 つのヒント