戦略と戦術の違いとは?それぞれの要素と具体例を紹介

寄稿者 Sarah Laoyan の顔写真Sarah Laoyan2022年9月13日
facebooktwitterlinkedin
戦略と戦術の違い - 記事バナー画像
テンプレートを表示

概要

「戦略」と「戦術」という言葉はもともと軍事用語ですが、現在ではビジネスシーンでも広く使用されています。この記事では、戦略と戦術の違いを解説し、両者を使いこなしてビジネス戦略を立てる方法をご紹介します。

更新: この記事は、戦略と戦術の違いとその関係性に関するさらに詳しい記述を含めて 2022年 9月に改訂されました。

チェスのグランドマスターは、手当たり次第に駒を動かし、出たとこ勝負でゲームを始めることはありません。相手の優位に立つために、じっくりと緻密に指し手を考えます。チェスプレイヤーは「戦略」と「戦術」を駆使して、対局相手のキングを取るという最終目標を目指すのです。

ちょうどチェスで決断を下す場合と同じく、ビジネス戦略を構築し実行するためにも戦略と戦術を利用します。しかし、そもそもこの 2 つの用語の違いを知っていますか?この記事では、両者の違いを解説し、今後の戦略目標の達成に役立つテクニックを紹介します。

戦略と戦術の違いとは?

混同されやすい「戦略」と「戦術」という用語は、もともと『孫子の兵法』に由来する軍事用語です。以来、軍事だけでなく、ビジネス戦略など、さまざまな場面で使われてきました。ビジネスを成功に導くために必要な「戦略」と「戦術」の違いを、まずはチェックしましょう。

戦略とは何か?

よく「経営戦略」や「マーケティング戦略」という言葉を聞きますが、そもそも「戦略」とは何を意味するのでしょうか?戦略とは、最終的な目標を達成するためにとるべきアクションプランです。戦略を立てると、長期目標とそれを達成する方法を決めることができます。つまり、成功のための方向性や考え方を指し、全体像を見据えながら練るのが、この「戦略」です。

記事: 目標と目的の違い: プロジェクトマネージャーのためのガイドAsana の戦略計画テンプレートを使用する

戦術とは何か?

「目指すところへ到達するためのアクションプラン」である戦略に対し、戦術は「そこに至るまでの個々のステップやアクション」を指します。ビジネスの文脈でいうと、戦略にまとめられたイニシアチブを実行するために、チームがとる具体的な行動や手段、実際のオペレーションがこれに当たります。

チェスの例に戻ると、戦略とは、相手より優位に立つために、駒を特定の配置に並べることです。戦術は、そうしたポジションに向けて駒を動かす指し手を指します。

戦略と戦術の関係性

『孫子の兵法』で、戦略と戦術について孫子はこのように書いています。「私が勝利した戦術はみな理解しても、勝利の要因となった戦略を理解できる者はいない。」孫子は、戦術は具体的でわかりやすい一方、包括的な戦略も同じくらい重要であると説いています。重要なのは戦略と戦術のどちらをとるかではなく、戦略と戦術の両方を操ることです。両者は同じコインの両面だと考えましょう。目標の達成にはどちらの面も必要なのです。

戦略だけで目標に到達しようとしても、どこにもたどり着けません。というのも、戦術こそが、目標に至るための具体的なアクションアイテムだからです。戦略のみに頼るチームは、目標を達成する計画を立てているだけで、そうした目標の達成に必要な仕事ができていないことになります。

一方、戦術だけでビジネスの目標を達成することも不可能です。戦略のない戦術は、あっという間に無目的な仕事に変化してしまいます。戦略はつまり「目標達成へのシナリオ」です。シナリオが無いと、メンバーたちは戦略的な目標が見えず、めいめい勝手な行動をとることになります。短期的には、仕事をしても成果につながらないと感じるようになり、長期的には、仕事へのいらだちや燃え尽き症候群、職場への不満などへと発展することもあります。

戦略と戦術どちらが先?

ビジネスの成功や目標達成のポイントは、戦略と戦術を組み合わせることと言えます。では戦略と戦術、まずどちらから手掛ければいいのでしょうか?

理想的でおすすめなのは、戦略、戦術の順番です。まずは戦略を立てることからスタートし、それからその戦略実現のための戦術を策定するというフローを組み立てましょう。順番を逆にしてしまうと、余計なコストやタイムロスにつながる可能性もあります。

Asana を無料で試す

戦術と戦略の違いの例は?

ビジネス目標を達成するためには、優れた戦略とスマートな戦術を立てることが必要です。では戦略と戦術が実際どのように使われているのか、両者の違いがよくわかる例を見てみましょう。ここではチーム別にケースを分けて考えてみます。

人事チームにおける戦略と戦術の例

戦略: 人事面接で、テクノロジー分野において歴史的少数者のコミュニティから採用候補者を 20% 増やす。

戦術: 

  • STEM 教育に着目している歴史的少数者コミュニティに出資する。

  • ブートキャンプや職業専門学校など、その他の教育を受けている学生のために機会を創出する。

  • プラットフォームに、少数者コミュニティをターゲットとする募集職種を定期的に掲載する。

デジタルマーケティングチームにおける戦略と戦術の例

戦略: トライアル登録数を 30% 増加させる。

戦術:

  • 50% スクロール率で無料トライアルのポップアップを表示し、ウェブページでの認知度を高める。

  • トライアル登録毎に、無料の電子書籍ダウンロードサービスを提供する。

  • SNS マーケティングを通して、トライアル登録のプロモーションを行う。

ウェブ開発チームにおける戦略と戦術の例

戦略: サイトページの読み込み速度を 1 秒短縮する。

戦術:

  • ページの読み込み速度に影響している余分なコードを特定し、代替の方法で対策する。

  • ページ上の画像サイズを 1MB 未満に削減する。

  • ページのリダイレクト回数を削減する。

効果的な戦略を立てるポイント

戦略と戦術の違いを明確にしたところで、次はそれぞれどのように練ればいいかを考えてみましょう。まずは戦略を立てるときに考慮すべきポイントをいくつか挙げてみます。もしあなたが経営者やプロジェクトマネージャーなど、トップに立ってメンバーを率いる立場なら、チームにしっかりと目標達成への方向性を示すことが重要です。

目標を明確に定義する

優れた戦略は、明確に定義された目標をもとに設定されます。何を達成すべきか正確に知っていると、有効な戦略を立てるのも非常に容易になるのです。目標を明確に定義することは、長期戦略を立てる大局的な計画プロセスの軸になります。戦略とビジネス目標を同時に計画すれば、計画プロセスを簡略化できるでしょう。一方、最終目標がないまま戦略を立てようとすることは、コースを知らずにレースに出ようとするようなものです。

Asana で目標を設定し、達成する

過去のデータや詳細なリサーチで裏付けする

優れた戦略は、よく練られ、計画され、非常に詳細なリサーチに基づいています。強力な長期戦略を立てるなら、過去の経験から収集した情報やデータを今後の意思決定プロセスに生かすことが重要です。

たとえば、ビジネスに季節性がある業界があります。こうした条件を自社の有利に活かす方法を知っていることは、過去のデータをうまく活用する、優れた戦略的思考の好例です。

コンティンジェンシープランを組み込む

戦略の成功は、期待する結果が得られるかどうかで決まりますが、戦略が計画通りに進まない場合はどうするかを前もって考えておくのも重要です。ここで登場するのがコンティンジェンシープランです。戦略にコンティンジェンシープランを組み込むことで、障害が起きた場合の計画を立てられます。プランによって、チームはそうしたトラブルを乗り越える際に取るべき対策を把握できるので、プロジェクトが完全に頓挫することを回避できます。

優れた戦術を策定するポイント

次に、優れた戦術を立てるときに考慮すべきポイントを考えてみましょう。いくら効果的な戦略を立てられても、それに伴う手段があやふやだと目標達成への道のりは険しくなります。ひとつひとつ確認して、戦術を練るときの参考にしてみてください。

短期的に計画する

長期計画である戦略に対し、戦術は小さな目標をクリアしていくための短期的なステップです。戦術を計画することは、戦略計画を短期のアクションに分解するプロセスと言えます。

記事: 短期目標の設定が重要な理由 (実例付き)

戦術の目的は戦略の実現である

今とっている戦術が戦略にどう貢献しているかよくわからない場合は、その戦術が戦略に合っていない可能性があります。戦術は戦略実現のために練られた手段です。つまりあなたが取り組む仕事は、あなたが達成したい目標に、明確に貢献するものでなければなりません。

目標設定のフレームワーク、OKR を用いれば、短期的戦術が長期ビジョンにどう結び付くかがよくわかるでしょう。OKR には主な目標が 1 つあり、それを達成するために主要な結果をいくつか設定していきます。チームがとる戦術は、主要な結果を達成するために正しく貢献するのです。

Asana を使って OKR を設定したい場合はこちらの関連記事『目標と主要な結果 (OKR) テンプレート』をご覧ください。

実行可能かつ期限のあるアクションに設定する

戦術は、決まった期間内で実行することに向いています。多くの目標設定戦略と同じく、戦術も締め切りを設定することによって、一定期間内に確実に完了できます。実行可能で期限のある戦術を作成するには、SMART な目標のメソッドを試してみましょう。

ワークマネジメントツールで戦略と戦術を管理する

戦略と戦術の違いについて解説し、それぞれの具体例を紹介しました。最終的な目標達成のために、有効な戦略と戦術の策定は必須です。そのときに考慮すべきポイントもいくつかご紹介したので、ぜひ参考にして、効果的な戦略、戦術を立てましょう。

優れた戦略そして戦術への第一歩は、きちんと整理された計画から踏み出せます。ビジネス目標を整理しておく方法を探している方は、ワークマネジメントツールの使用を検討しましょう。ワークマネジメントソフトウェアを使えば、日々の戦術と長期戦略を簡単に結びつけることができます。また、すべてのチームメンバーがアクセス可能なツールを使えば、情報のシェアもスムーズに行え、お互いがサポートし合えるコラボレーション体制も整うでしょう。

Asana のワークマネジメント機能を試す

関連リソース

動画

See Asana Goals in action