親和図で情報を整理する

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana
2024年2月26日
facebookx-twitterlinkedin
親和図で情報を整理する記事バナー画像
テンプレートを表示

概要

親和図 (アフィニティ・ダイアグラム) 法は、データの中で類似点を見つけてグループ化することで、複雑な調査やアイデアを処理しやすくなる手法です。ブレーンストーミングを行う場合も、データから何かを推測する場合も、親和図を使えば目の前にあるものを可視化し、行動に移すことができます。この記事では、親和図を使って明確な結論を導く方法をご紹介します。

情報から行動を起こすには、まず結論を導き出さなくてはなりません。しかし、あふれる事実やアイデアの中から結論を見つけ出すのは簡単なことではありません。

そこで役立つのが親和図法です。親和図は情報を整理して目の前にあるものを分析し、共通のテーマを特定するのに役立ちます。親和図を使うことで、実行可能なソリューションやイノベーションが明確になります。

親和図とは?

アフィニティ・ダイアグラムとも呼ばれる親和図は、情報を整理するための視覚的な図です。事実やアイデアを共通のテーマで分類することで、複雑な問題への新たな対処法が見つかります。

親和図はこんな場合にも役立ちます。

  • 有意義な議論のきっかけを作る

  • 自分の持つ情報を他の人に説明する

  • 革新的なソリューションを見つける

アフィニティマッピングとは?

アフィニティマッピングとは、最終結果である親和図を作成するプロセスを指します。アフィニティマッピングを行い、全員のアイデアを活用することでチームのコラボレーション力が高まります。

データやブレーンストーミングでのアイデアが集まったら、それを協力して整理しましょう。他のメンバーにもこの整理プロセスに参加してもらい、ソリューションを考える前に情報に関する知識を深めましょう。

無料のチームブレーンストーミング用テンプレート

親和図が役立つ場面

問題に対するソリューションを特定するのが難しいのは、データや選択肢が多すぎて、構造化できていないからかもしれません。親和図を作ることで情報を処理しやすくなります。

[インラインのイラスト] 親和図が役立つ場面 (インフォグラフィック)

親和図は以下のような場面で役立ちます。

  • 大量のデータを分析するとき

  • 難しい問題の解決策を探しているとき

  • 多数のアイデアをテーマで分類するとき

  • 情報を可視化して処理するとき

  • 協力して解決策を考えるとき

戦略計画の改善や新製品の開発、回答の模索など、アフィニティマッピングは特定のデータを見つけて行動に移す必要がある場合に役立ちます。

UX デザインにおけるアフィニティマッピング

UX デザインチームはよくユーザーリサーチを分析するために親和図を使っています。デザイン思考で、UX チームは常にユーザー体験を念頭に置くことができます。調査をターゲットオーディエンスや顧客のペインポイントなどのカテゴリで分けることで、チームは有用な情報だけを引き出すことができます。

アジャイルチームにおけるアフィニティマッピング

継続的改善の手法に従うアジャイルチームでは、プロジェクトの情報を把握するために親和図が使われます。たとえば、過去のプロジェクトの改善を試みているような場合、プロジェクトのタスクをコミュニケーション、プロセス、リーダーシップのようなカテゴリで分類することで、何がうまくいかなかったのか特定しやすくなります。

記事: プロジェクトマネジメントで学んだ教訓を記録しておく方法

親和図の作り方

親和図を作成する際は、チームと協力して調査結果の共通点を見つけます。関連性の高いものから低いものまで、さまざまな話題が出てくるでしょう。情報をグループ分けする前に、どんな風にカテゴリ分けすれば結論を導き出せるか考えましょう。

[インラインのイラスト] 親和図作成の 5 ステップ (インフォグラフィック)

アフィニティマッピングは情報を処理する上で欠かせない手順です。以下のステップに従って親和図を作成し、情報を実行可能なステップへと変えましょう。

1. トピックを選ぶ

親和図作成の最初のステップは、整理または集約するトピックを明確にすることです。マーケティング戦略改善のためにユーザーリサーチを分類する場合や、次のプロジェクトのためのアイデアを出したい場合もあるでしょう。

どんなトピックにも親和図が使えるというわけではありません。以下のような目標を持つトピックが最適です。

  • ユーザーリサーチに基づいて推測する

  • 過去のプロジェクトを改善する

  • 新製品のためのアイデアを考える

  • プロセスの問題点を特定する

時には、問題を別の視点から見ることが解決への近道となる場合があります。これから処理しようとしているトピックは、別の形で情報を整理することで理解しやすくなるものかどうか検討してみましょう。

2. 部門横断チームを作ってブレーンストーミングを行う

部門横断チームは、さまざまな角度からデータを分析したい場合に役立ちます。チームメンバーがそれぞれ独自のスキルや経験を持っているためです。たとえば、あなたにとってアイデアは「アイデアの種類」で分類するのが普通でも、他のチームメンバーが「実装要件」など、もっと効果的なカテゴリを提案してくれるかもしれません。

顧客関係改善のためにブレーンストーミングを行うとしましょう。アイデアを思い付いた人で分類しても、製品開発プロセスに関するインサイトはあまり得られないでしょう。そこで、アイデアを前へ進めるグループ分けを考えます。CRM 戦略の場合は、アイデアが与える影響や、アイデア実装の複雑度などがカテゴリとして考えられるでしょう。部門横断チームと協力して、一番のグループ分けを考えましょう。

3. データやアイデアをリストアップする

親和図はブレーンストーミングセッションで最もよく使われます。チームでブレーンストーミングを行う際は、ブレーンストーミングのテンプレートを使って意見やアイデアを整理し、行動に移しましょう。

顧客関係改善のアイデアを出すためにブレーンストーミングを行った場合、リストにはこんなアイデアが含まれるかもしれません。

  • ターゲットコンテンツ

  • SNS 投稿

  • CRM ソフトウェアのアップグレード

  • より直接的な販売戦略

  • ロイヤルティプログラム

  • メルマガ

特性によってグループ分けできるように、リストの各項目は 1 つのアイデアで構成しましょう。調査でアフィニティマッピングを行う場合は、データの中から関連する情報を抜粋し、各情報を 1 つずつリストアップしましょう。

4. 項目をカテゴリで分類する

項目を出し切ったら、リストアップされたアイデアや情報の共通点を見つけ、一番合理的なテーマでカテゴリ分けしましょう。分類形式は情報をどう見るかによって変わり、形式によってたどり着く結論も変わる点に注意しましょう。

トピック: 顧客関係改善のアイデア。

アイデア: 

  • ターゲットコンテンツ

  • SNS 投稿

  • CRM ソフトウェアのアップグレード

  • より直接的な販売戦略

  • ロイヤルティプログラム

  • メルマガ

考えられるカテゴリ: 

  • 社内の取り組み vs. 社外の取り組み

  • 作成の難しさ

  • インパクトの大きさ

  • 緊急性の高さ

上記のアイデアを分類する方法はいくつかあります。1 つ目のカテゴリはその取り組みが社内のものか社外のものかで分けるものですが、このグループ分けでは選択肢は絞り込めないでしょう。しかし、作成の難しさでアイデアをグループ分けすれば、実行する上で最も合理的なアイデアを特定できます。

5. 行動計画を立てる

親和図を使って答えを導き出すことで、より自信を持って行動へと移せます。アイデアをグループで分けると、開発や改善の目標に最も適したアイデアがわかります。

例:

  1. アイデアを絞り込む: 情報やアイデアを、目標との関連性が最も高いデータに絞り込みましょう。たとえば、新しいソフトウェア製品の開発が目標の場合、そのターゲットオーディエンスと関係のないアイテムはすべて排除しましょう。

  2. 行動計画を作成する: 関連性の強いデータが集まったら、チームと協力してそのデータをキャンペーンやプロジェクトに取り入れましょう。行動計画 (アクションプラン) は、アイデアを実装したり調査結果をプロジェクトに取り入れたりするために必要な、具体的なステップで構成されます。

  3. タイムラインを作成する: アクションプランからタスクを取り出して、プロジェクトにかかる時間を推測しましょう。

  4. 進捗状況を確認する: チームと連絡を取り、実装プロセスの進捗状況を確認しましょう。

アイデアの実装に必要なことが明確にわかっていると、選んだアイデアや情報により自信を持つことができます。

親和図のテンプレート

以下は親和図の例です。コンセプトはシンプルですが、この図をどのように作成するかが重要です。有益なインサイトにつながる、情報やアイデアの類似点を特定することが最優先です。

[インラインのイラスト] 親和図 (例)

以下の親和図テンプレートを使ってチームでプロセスを試してみましょう。デジタルの親和図を作成したら、ワークマネジメントシステムを使って全員がアクセスできるようにし、チームや主要なステークホルダーが必要なときに参照できるようにしましょう。

無料の親和図テンプレート

親和図とワークマネジメントツールを活用しましょう

親和図は、情報の見方を変えてくれます。チームは新たな視点からすばやく答えを見つけ、問題に対する革新的な解決策を導き出せます。

アフィニティマッピングと Asana のようなワークマネジメントツールを組み合わせることで、導き出された結論を今すぐ取り組めるアクションへと変えられます。

Asana のワークマネジメント機能を試す

関連リソース

記事

プロジェクト管理ツールの選び方: おすすめ 11 選 (最新版)