リリース管理: プロセスを成功させる 5 つのステップ

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2021年7月22日00
facebooktwitterlinkedin
リリース管理プロセス記事のバナー画像

ソフトウェアのリリースを経験したことのある方なら、物事がどれほど複雑になるかをご存知でしょう。プロジェクトのタイムライン管理から、納期やスコープの把握まで、一人ではとても手に負えません。そこで、リリース管理の出番です。適切なプロセスを導入することで、非常に複雑なタスクも管理できるようになります。

リリース管理とは、ソフトウェアの更新を管理、計画、コントロールし、品質、速度、効率を向上させるための手法です。

ここでは、リリース管理プロセスに含まれる内容をより詳しく解説し、独自のリリース計画を始める際に役立つチェックリストをご紹介します。

リリース管理とは?

リリース管理とは、ソフトウェアの更新のさまざまな段階を管理、計画、コントロールするための手法です。その目的は、ソフトウェアの品質、スピード、効率を向上させることにあります。これにより、チームは適切なタイミングで正しい情報を準備することができ、リリース成功の可能性も高まります。

リリース管理とは?

リリース管理のライフサイクルは、ソフトウェアアップデートの計画、開発、テスト、準備、展開の 5 つのステップで構成されています。各段階は、リリースを適切に構成し、成功させるために重要です。

1. リリースの計画

ソフトウェアをリリースするための最初のステップは、開発チームの関係者と共に計画を開始することです。このステップを実行する方法はいくつかありますが、一般的な取り組みとしては、最初のミーティングの実施、ビジネスケースの作成、プロジェクトの従属関係を示す作業分解構成図の作成などが挙げられます。

リリース管理プロセスのサイクル

これらの各タスクは、リリースマネージャーであるあなたがシステム開発のライフサイクルを実行する際に役立ちます。また、計画段階では、オペレーションチームや経営陣と連携して、ソフトウェアのビルドを承認し、開発の準備を整える必要があります。

このプロセスを開始する際に使用すべきリリース管理の計画のチェックリストは以下のとおりです。

  1. ソフトウェアの承認を得る: チームがスタートする前に、関係者の承認を得て、プロジェクトの変更を行います。

  2. リリーススケジュールを計画する: ソフトウェアのリリースをスムーズに進めるために、プロジェクト内のタスクのマッピング、割り当ておよび管理を行います。

このチェックリストを完了すると、次の段階であるソフトウェアの開発が可能になります。

2. リリースの開発

リリースプロセスのステップ 2 は、チームメンバーが実際にソフトウェアの開発を開始するため、最も時間のかかる段階です。この段階では、関係者にタスクが割り当てられ、プロジェクト情報がすでに伝達されている必要があります。

情報が明確になったら、チームメンバーはソフトウェアの開発を開始し、同時に必要な機能のテストと改善を行います。本番環境に潜在するリスクやバグを追跡し、テスト段階に備えておくのが良いでしょう。

このプロセスを開始する際に使用すべきリリース管理の開発のチェックリストは以下のとおりです。

  1. 関係者にタスクを割り当てる

  2. プロジェクトの従属タスクを実行する

  3. リスク登録を使用してソフトウェアのリスクを文書化する

  4. チームワークで問題解決を図る

  5. 新機能を本番環境でロールアウトする

  6. 初期テストを自動化する

ソフトウェアの開発中もチームワークとテストは必要ですが、実際のテストは次の段階から始まります。

今すぐオートメーションソフトウェアを試す

3. リリースのテスト

ソフトウェアの開発以上に重要なのが、ソフトウェアが正常に動作しているかどうかを確認し、リリースに向けて準備するためのテスト段階です。

発生したバグを特定して解決するためにチームメンバーに協力してもらうことは有益ですが、このステップではユーザーテストを開始することも重要です。ユーザーテストは、リリースするソフトウェアの複雑さにもよりますが、消費者がソフトウェアをテストする機会であり、通常は何らかの報酬と引き換えに行われます。 

また、すでに承認された機能が正しく動作するかどうかを再確認するリグレッションテストも実施する必要があります。

このプロセスを開始する際に使用すべきリリース管理のテストのチェックリストは以下のとおりです。

  1. エンドユーザー受け入れテスト (UAT) を開始する

  2. ソフトウェアのリスクを解決または軽減する

  3. ソフトウェアのバグを特定する

  4. リグレッションテストを実施する

ソフトウェアでは、テストがリリース計画の大部分を占めており、多数の変更が必要な場合は時間がかかります。

4. リリースの準備

ソフトウェアリリースの準備段階では、チームはステージング環境内で必要な変更や機能の最適化を終える必要があります。これにより、ソフトウェアのすべての部分が適切に動作し、本番に向けての準備が整います。

すべての機能が正しく動作していることを確認するために、複数回とは言わないまでも、最終的な品質保証チェックを行うことをお勧めします。これは、チーム内で行うことができますが、このリリースに関与していないチームメンバーにも協力してもらうと、新鮮な目でソフトウェアを見ることができるので効果的です。

このプロセスを開始する際に使用すべきリリース管理の準備のチェックリストは以下のとおりです。

  1. 各ソフトウェアのシナリオを再現する

  2. ソフトウェア統合を最適化する

  3. ソフトウェアのバグを解決する

  4. 最終 QA

ソフトウェアの最終確認を行い、承認されたら、本番環境への展開を開始します。

5. リリースの展開

ソフトウェアリリースの最終段階では、展開の管理が行われます。これは、初期のソフトウェアのアイデアを実行するプロセスであり、機能を本番環境に移す作業を伴います。

リリースされたソフトウェアを展開するためには、本番環境で機能が維持されていることを確認するためのさらなるテストが必要です。このテストが完了したら、統合を継続的に評価し、必要な変更を加えて機能性を向上させるのが良いでしょう。

このプロセスを開始する際に使用すべきリリース管理の展開のチェックリストは以下のとおりです。

  1. 本番環境での展開を行う

  2. 本番環境でのテストを行う

  3. 重要業績評価指標 (KPI) を分析する

  4. 継続的な統合を実施する

また、ソフトウェアが稼働し、必要な統合の変更が行われた時点で、プロジェクトのタスクを終了するのも良いアイデアです。

リリース管理 vs. チェンジマネジメント

リリース管理とチェンジマネジメントは、似ている部分もありますが、かなり大きな違いがあります。リリース管理は、ソフトウェア製品を実装するプロセスである一方、チェンジマネジメントとは、変更管理プロセスを使用して、プロジェクトやビジネスの変更を調整するプロセスです。

その他の主な違いは以下のとおりです。

  • リリース管理は、プロジェクトの構成、計画、リリース、テストに重点を置いています。

  • チェンジマネジメントは、プロジェクトの変更を評価、承認、要求、レビューすることに重点を置いています。

つまり、リリース管理がプロジェクトの計画やスケジュールに関するタスクが中心であるのに対し、チェンジマネジメントは計画の実行中に変更を調整することを中心としています。

リリース管理とは何か、そしてチェンジマネジメントとの違いを理解した上で、自分のチームにどの方法が適しているのかを見ていきましょう。

記事: チェンジマネジメントとは?成功するチェンジマネジメントプロセスを構築する 6 つのステップ

リリース管理の手法

ソフトウェアのリリースは、どのような方法であっても上記の 5 つのステップに従うべきですが、リリースを実行するにはいくつかの異なる方法があります。それは、アジャイル型開発とウォーターフォール型開発です。

リリース管理の手法

それぞれ違いはありますが、どちらの方法でも似たような結果が得られます。どの方法を使うかは、ソフトウェア自体の複雑さや、チームの規模によって異なります。では、それぞれの方法の特徴を見ていきましょう。

アジャイル型開発

アジャイル型開発とは、ソフトウェアのリリースを小刻みに計画するプロジェクト管理手法のひとつです。この小刻みな計画は、スプリントやイテレーションと呼ばれることもあります。アジャイル管理の基本的な特徴は以下のとおりです。

  • ロードマップの作成

  • 製品バックログの優先順位付け

  • 論理的な目標設定

  • タスクの小さなスプリントへの分割

アジャイル型開発により、ソフトウェアのリリースのような複雑なプロジェクトを、チームはより簡単に管理、実行できます。アジャイル型開発は、タスクを小さな目標に分割して実行する必要があるチームに最適です。たとえば、大規模なプロジェクトに取り組む小規模なチームがこれに当てはまります。

ウォーターフォール型開発

タスクが分割されているという意味ではアジャイル型開発と多少似ていますが、ウォーターフォール型開発は直線的なプロセスで構成されています。つまり、各タスクには依存関係があり、前の依存関係が完了するまで後続のタスクは開始できません。ウォーターフォール型開発のその他の特徴は以下のとおりです。

  • 要求事項の収集

  • マイルストーンの計画とスケジューリング

  • 計画の導入

  • 検証とテスト

  • 計画の維持と改善

ウォーターフォール型開発は、大規模なプロジェクトに適しており、より詳細な作業が求められる傾向がありますが、どちらの方法も正しく実施すればソフトウェアのリリースを成功させることができます。ウォーターフォール型の開発プロセスは、段階的なタスクを求めるチームに最適です。たとえば、必要なリソースは揃っていて、組織的な実行方法を必要としている大規模なチームがこれに当てはまります。

チームに適した方法のタイプは、チームの規模や好みの組織スタイルによって異なります。迷ったときは両方試してみて、自分のチームのニーズに合う方を選びましょう。

リリース管理のツール

リリース管理が重要な理由はたくさんあります。最も単純な理由は、ソフトウェアリリースの各段階を管理することで、全体としてより管理しやすいプロセスを作ることができるということです。そのためには、適切なワークマネジメントソフトウェアを導入することが非常に重要なのです。

ワークマネジメントツールには、タスクの整理、自動化、バグレポートの追跡など、さまざまな機能があります。必要とする IT サービスに応じて、適切なツールを選びましょう。

適切なツールは、以下の点でチームをサポートします。

  • 可視性を向上させる

  • 作業分解構成図を作成する

  • 指示内容を明確化する

  • バグレポートを記録および追跡する

  • プロジェクト変更の優先順位付けを行う

  • コミュニケーションを合理化する

  • スケジュール通りに進める

これらはすべて、ソフトウェアのリリースを成功させるだけでなく、チーム全体のダイナミクスの向上にも役立ちます。

記事: 優れたチームダイナミクスの秘密

今後のリリースにリリース管理を活用しましょう

リリース管理は、ソフトウェア開発者や DevOps チームが新しいソフトウェア製品をリリースする際に使用できる優れたプロセスです。リリース管理は、新しいリリースの問題をリアルタイムに発見するのに役立つだけでなく、今後のアップデートに向けて IT インフラを整えます。

IT プロジェクトテンプレートを活用して、一歩進んだ IT 運用を実現しましょう。

IT プロジェクト用の無料テンプレートを使う

関連リソース

記事

What is lean portfolio management (LPM)? 6 steps to get started