7 つのステップでデザインブリーフを作成する方法

Asana チーム 寄稿者の画像Team Asana2021年12月14日
facebooktwitterlinkedin
7 つのステップでデザインブリーフを作成する方法のバナー画像
今すぐ Asana を試す

概要

デザインブリーフとは、ブランドのデザインプロジェクトにおける重要な詳細や期待事項が要約された文書です。目標、クオリティ、成果物の概要をまとめた優れたデザインブリーフがあれば、デザインプロジェクトの進め方が確立されます。本記事ではデザインブリーフの定義、効果的なデザインブリーフを作成する方法、次回作成時にデザインブリーフに含めるべき内容について説明します。

次のデザインプロジェクトを成功させるには、まずデザインブリーフの作成が必須です。デザインブリーフで、プロジェクトの体系化されたロードマップが作成され、関与する人全員のやり取りもスムーズになります。

このガイドでは、デザインブリーフの定義、作成するメリット、作成方法、含めるべき要素を説明します。また、デザインブリーフの作成に役立つテンプレートを紹介します。

デザインブリーフとは

デザインブリーフとは、ブランドのデザインプロジェクトの中核となる詳細内容や期待内容を要約する文書です。プロジェクトの実施方法が簡単に理解できるように計画を示すドキュメントを書きましょう。効果的なデザインブリーフは、会社とデザイナーのゴールに沿った内容になっているため、最終的に全員が満足できる成果物が完成します。

社内デザイナーを抱える会社も、フリーランスデザイナーに発注する会社も、デザインを利用する企業ならどこでも、プロジェクトの開始前にデザイナーにブリーフを作ってもらうといいでしょう。この記事では、デザインプロジェクトを委託する当事者として、「クライアント」「企業」「会社」を区別せずに使用します。

デザインブリーフとは

デザインブリーフは、なぜ新しいデザインが必要なのかという理由の説明から始まります。説明には、デザインにより対象のオーディエンスにどのようなメリットがもたらされるのか、どのようにブランドボイスを反映させるのか、広範囲な競合の中でどのような立ち位置を占めるのかを含めます。デザイナーは、こういった情報を基に、これから取り組むプロジェクトのゴールや目的を書き出します。

ブリーフにはプロジェクトの詳細内容、成果物、予算、タイムライン、範囲を含めるので、全員が同じ認識を持ってデザインに取り掛かれます。デザインブリーフは、クライアントとデザインチームが連携するために最適なツールなのです。

クリエイティブチーム向けのワークフローをチェックする

デザインブリーフ vs クリエイティブブリーフ

デザインブリーフをこれまでに一度も作成したことがない方には、クリエイティブブリーフによく似ているように見えるかもしれません。全体的な違いとしては、デザインブリーフはプロジェクトの制作前とビジネス面を対象とし、クリエイティブブリーフはイノベーションの実行に焦点を当てます。

デザインブリーフが良くできていると、会社とデザイナーの両者が、それぞれのゴールを達成する方法について、しっかりした見通しを持てます。どちらかの当事者が、プロジェクトが計画どおりに進捗していない、あるいは意見の食い違いが出てきたと感じたら、デザインブリーフに立ち返ってガイドとして見直せます。

デザインブリーフに関連したリサーチが終了したら、チームはクリエイティブブリーフを使い、自社と対象オーディエンスについて詳しく考え、ニーズに合わせてデザインを調整します。第 2 のブリーフであるクリエイティブブリーフは、デザインがお客様にどう語りかけるか、含めたい要素は何か、アート的な意思決定を支える理由は何かを、さらに深掘りしていきます。

デザイナーがデザインブリーフを必要とする理由

新規プロジェクトを立ち上げる際に、デザインブリーフを作るメリットは多数あります。会社や会社のオーディエンスの情報を真に理解する時間を確保できます。また、デザインブリーフにより、クライアントは自分たちの意見が尊重され、全関係者の最終ゴールが同じであることに安心できます。

デザインブリーフを活用すると、以下のようなことが実現します。

  • デザイナーとクライアントの信頼関係がさらに強くなります。

  • ブランドと対象オーディエンスについて理解できます。

  • クライアントがプロジェクトに積極的に関われるようになります。

  • プロジェクト開始前に、妥当なタイムラインと予算について同意できます。

  • 必要な成果物のタイプとクオリティの水準を設定でます。

デザインブリーフに含める内容

デザインブリーフにはさまざまな形式がありますが、どのブリーフにも含めておくべき要素がいくつかあります。基本的な項目を含めたら、プロジェクトやクライアントの種類に応じてカスタマイズできます。

デザインブリーフは、選択したクリエイティブが何を根拠としたものなのかを説明する文脈から始めます。選択したクリエイティブがどのようにクライアントの目標達成に貢献するのかも明確にする必要があります。最後に、プロジェクトの最初から最後までを説明するのに必要な、すべての情報を記載します。

デザインブリーフの構成要素

概要

デザインブリーフの冒頭には、プロジェクトの発注元企業に関する情報を記載します。関係者の市場や業界、ブランドガイドラインなどを理解していることを示して、関係者の信頼を得ることに役立ちます。

一般的に、プロジェクトの概要やブランドの概要には、企業サイズや問い合わせ情報、過去のプロジェクト、現在のデザインニーズといった詳細が含まれます。これは、複数のメンバーが同じプロジェクトに取り組んでいるときは特に有用です。概要が完成したら、メンバー全員が必要に応じて簡潔な情報を参照できるようになります。

考えるべき質問:

  • クライアントのユニークは特徴とは?

  • 企業の事業内容は?

  • ブランドのガイドラインと期待事項はどういった内容か?

  • ブランドにとって重要なテーマや共通のモチーフは何か?

  • クライアントの主なニーズは何か?当社はどうすれはそのニーズに応えられるか?

プロジェクトのスコープと概要

ブランドの概要を書き上げたら、今度は実行するデザインプロジェクトの詳しい説明を記述します。何に取り組むのか、なぜその作業がクライアントのメリットとなるのか、そして参加者全員の役割と責任は何か、をまとめます。

これは、プロジェクトを成功させるのに必要なものを具体的に示すプロジェクトスコープを明確にするよい機会でもあります。デザインプロセス中に混乱や軋轢が生まれないように、両当事者でプロジェクトスコープについて合意しておく必要があります。

考えるべき質問:

  • どのようなデザインを制作するのか?

  • 新しいデザインを使ってどのような課題を解決しようとしているのか?

  • クライアントはこのプロジェクトに何を期待しているのか?

  • スコープ内・外にあるのは何か?

  • スコープクリープにはどう対応するか?

デザインの目標と目的

プロジェクトと企業の概要が完成したら、プロジェクトの目標と目的を説明することが重要になります。解決すべきデザインの課題とチームがその課題を解決するために実行するステップにフォーカスを当てます。

このセクションでは、プロジェクトの目的をまとめ、目標を達成するための具体的なステップを書き出すことも大切です。このセクションは、プロジェクトを実行する方法を明確にするものであるため、極力具体的に記述する必要があります。

考えるべき質問:

  • このプロジェクトは何をもって成功とするか?

  • 目的を達成するにはどのようなステップを踏む必要があるか?

  • このデザインプロジェクトの目標は何か?

  • どのような指標を使って成功を評価するか?

記事: よりよい SMART な目標作成のためのヒントと実例

ターゲットオーディエンス

クライアントがターゲットとするお客様の心に語りかけるデザインを制作する上で、お客様の理解は欠かせません。そのために、デザインのアイデアボードを作成することにより、クライアントのオーディエンスを明確にし、コンテキストを理解します。このボードを使用すると、クライアントのお客様について考慮し、それを意識したペルソナを構築できます。

クライアントがすでにペルソナを設定していれば、デザイナーはそれを利用できますが、そうでない場合は、クライアントのターゲットオーディエンス、デモグラフィック、心理特性、趣味などを基に制作することもできます。このすべてが、デザイン作業の対象となる人々のイメージ作りにつながります。

考えるべき質問:

  • お客様が好きな趣味は何か?

  • ペルソナのデモグラフィックと心理特性はどういった内容か?

  • 製品やサービスはターゲットオーディエンスをどのようにサポートできるか?

  • ターゲットオーディエンスは何を求めているか?

  • ターゲットオーディエンスの行動に影響する重要な性質 (年齢、性別、宗教など) とは何か?

予算とタイムライン

優れたデザインブリーフの最も重要な条件の 1 つは、合意済みのプロジェクト予算とタイムラインを記載することです。多くのクライアントは自分自身がデザイナーではないため、各ステージの所要時間がわからないかもしれないため、クライアントが参照できるおおよその見積りを用意しておくとよいでしょう。

クライアントと一緒にプロジェクトの予算を立てるときは、リサーチや計画、制作、また必要に応じて行う編集にかかる時間について、現実的に考える必要があります。困難な状況や予定外の変更が発生する場合に備え、スケジュールと予算には十分な余裕を持たせるようにしましょう。

考えるべき質問:

  • このプロジェクトは最初から最後までどれくらい時間がかかるか?

  • このプロジェクトの予算はどれだけあるか?

  • フィードバックを得るまでにどれくらい時間がかかるか?

  • あなたとクライアントはどれくらいの頻度でプロジェクトタイムラインツールを更新するのか?

記事: プロジェクトタイムラインを 7 つのステップで作成する方法

競合他社の分析

どの企業にも、他の競合ブランドがいるため、競合他社について理解することは重要です。ブランドの競争相手についてしっかりと理解したら、一際目立つ斬新で革新的なデザインを制作できます。

デザイナーは、次の素晴らしいデザインプラインの方向性を定めるためにも、競合他社の過去の業績や過ちから学ぶとよいでしょう。クライアントの競合相手についてしっかりと理解しておけば、デザインについて以前よりも適切な決断を下せるでしょう。

考えるべき質問:

  • 企業の競合相手は?

  • 過去の競争において効果的だったデザインは?

  • 当社のブランドが競合他社よりも注目される理由とは何か?

  • クライアントは私が確認できる競合分析を作成しているか?

プロジェクト成果物

記入したすべての情報と、デザイン制作計画のために行ったリサーチは、プロジェクトの成果物 (実際にクライアントが受け取る最終製品) について説明するのに欠かせません。

プロジェクト成果物は、プロジェクトの規模、スコープ、予算により変わります。基準を明確化し、成果物を書き出しておけば、プロジェクトの終わりに誤解が生じるという事態を回避できます。

考えるべき質問:

デザインブリーフテンプレート

以下で紹介しているデザインブリーフのテンプレートを利用して、効果的なデザインブリーフを簡単に作成していただけます。そのさらに下には、電子書籍のキャンペーンを開始するのに使うデザインブリーフの一例を紹介していますが、カスタマイズすればどのプロジェクトにも使えます。これを独自のブリーフを制作する際のスタートポイントとして使用すれば、事前にすべての詳細を網羅できます。

デザインブリーフに含まれる各項目

デザインブリーフの例

このテンプレートを足がかりとして活用し、チームのニーズに合わせてブリーフを細かくカスタマイズできます。

概要

これはどんなプロジェクトなのか?プロジェクトスコープは?

目的

このプロジェクトはなぜ重要なのか?何を達成しようとしているのか?

ターゲットオーディエンス

ターゲットは誰なのか?できる限り具体的に書く。

予算

全体の予算はいくらなのか?内訳はどうなっているのか?

タイムラインと成果物

各成果物の説明と納期を書く。

クリエイティブブリーフの書き方例画像

Asana を使ってデザインブリーフを作成するメリット

オンラインの共有システムを使ってデザインブリーフを作成することには、大きなメリットがあります。第一に、Asana のようなツールでデザインブリーフを作成すれば、すべての関係者が情報にアクセスできます。これにより、メンバー全員がプロジェクト、目標、タイムラインについて共通認識を持てます。

クライアントは質問があれば、ツールをさっと操作するだけで簡単に答えを見つけられます。また、デザイナーがリクエストを受け取る必要がある場合、フォームを使えば必要なすべての情報を自動的に入手できるため、リクエストが入ると同時に作業に取りかかれます。

明確なデザインブリーフがプロジェクトを成功に導く

上手に書かれたデザインブリーフは、プロジェクトの目標や成果物をメンバー全員に対して明確に示します。Asana のクリエイティブ制作ツールを使用すると、デザインプロジェクトを合理化できるため、チームは現状を打破するような結果を幾度となく実現できるでしょう。

クリエイティブチーム向けのワークフローをチェックする

関連リソース

記事

ギャップ分析を使ってビジネス目標を達成する