リードタイムを短縮するには

寄稿者 Alicia Raeburn の顔写真Alicia Raeburn2022年5月13日
facebooktwitterlinkedin
You need shorter lead times article banner image
今すぐ Asana を試す

Summary

Lead time is how long it takes from the time you get an order to the time that order processes. Longer lead times can cause bottlenecks and disrupted workflows, while shorter ones can improve customer satisfaction and boost profits. Below, we’ll show you what lead time is, how to calculate it, and the impact it has on your business.

コイン 1 つで買えるものがいくらでもあり、子どもたちはスマホにかじりつく代わりに外で遊んでいた古き良き時代。そんな昔話をよく耳にしますが、ご存じのとおり、現代の便利な生活も捨てたものではありません。配達ドローンの登場や巨大テック企業によって、企業がサービスを顧客に届けるプロセスは様変わりし、商品によっては数時間以内に届きます。現代の買い手は、物がかつてないほど迅速に移動することを当然のように思っていると言っても過言ではないでしょう。

だからこそリードタイムが重要です。時間管理を効果的に行い、顧客の求めるものをタイムリーに届けるには、まずそのプロセスにどれだけ時間がかかるのかを知る必要があります。その時間がすなわちリードタイムです。この記事では、リードタイムのさまざまな指標を使って、顧客満足度を高め、製造や処理のプロセスを改善し、ワークフローを迅速化して、より短時間でスムーズにサービスを届ける方法を解説します。

リードタイムとは?

リードタイムとは、注文を受け取ってから、それが処理されるまでにかかる時間です。製造業、サプライチェーン管理、プロジェクト管理で使われることが多い用語ですが、顧客と製品、セールスチームが関わる限り、どんなビジネスにも存在します。たとえば、製造業のリードタイムは、注文書の受け取りから、その製品が顧客の手に渡るまでの時間として計算されます。プロジェクトのリードタイムは、マネージャーから指示を受け取ってから、従業員がそれを完了するまでの時間です。

業種や部門にかかわらず、注文から納品までの時間を短縮すれば、より多くの注文を処理して、究極的には収益の向上に繋がります。

リードタイムと処理時間の違い

処理時間とは、注文を受けてから、次の部門やプロセスに引き継ぐまでの時間です。処理時間はリードタイムの一部を構成し、全体に大きな影響を及ぼします。

たとえば、食品を加工してパッケージする企業なら、処理時間の遅れは、製品が小売店に届く時間の遅れを意味します。そうした遅れにより、製品を手にとる顧客が減れば、店の売り上げも減ります。従業員を雇い入れる予算がなく、人手がないといった原因を解決しない限り、処理時間の長期化は最終的には店の陳列スペースを他社製品に奪われる事態を招きます。

リードタイムの算出方法とは?

リードタイムを算出するには、前処理時間、処理時間、後処理時間を加える必要があります。

前処理時間 + 処理時間 + 後処理時間 = リードタイム

リードタイムの算出について詳しく見ていきましょう。

  • 前処理時間: 調達と注文にかかる時間を計算します。必要に応じて出荷の遅れや品不足の可能性を考慮に入れます。

  • 処理時間: 注文を完成させるための工程にかかる時間を割り出します。製品のパッケージ加工や従業員の休憩など、細かい点まであらゆる要素を考慮しましょう。

  • 後処理時間: ここでは、顧客が製品を手にするまでにかかる時間を予測します。通常は、輸送時間に当たりますが、プロジェクト管理の場合は、プロジェクトの完了からその結果が実施されるまでの時間を指します。

リードタイムが重要である理由

リードタイムは、ビジネスのほぼすべての面に影響を及ぼします。リードタイムが長すぎれば、カスタマーエクスペリエンスの質を下げ、社内の不満を生み、製造時間の長期化に伴うコストを補うために値上げが必要になる場合もあります。リードタイムが短ければ、利益が増え、材料の調達から顧客に至るまで、関わる全員の満足につながります。

リードタイム長期化のもたらす影響

リードタイムの長期化は、一夜にして起きることは滅多にありません。むしろ、ゆっくりと少しずつ始まります。ほとんどの人がなるべく短縮したいリードタイムは、気づかないうちに僅かずつ増えていくためです。たとえば、生産性を向上するためのテクノロジーを導入せずにチームの人員をカットしたら、情報が整理できず、結果として原材料の二重発注や、最終製品の追跡ミスが起きるかもしれません。そのまま数か月が過ぎれば、ある日突然、リードタイムが劇的に増えていることに気づくでしょう。初めはいくつかの些細なミスくらいに感じていたものが、リードタイムの驚くほどの長期化を引き起こすのです。

これは恐ろしいことです。なぜなら、ほかでも同じサービスを受けられるなら、顧客は迷わずそちらへ鞍替えするという厳然たる真実があるからです。あなたの製品やサービスがどんなに優れていても、顧客はある程度しか待ってくれず、あなたの競合相手のサービスを求めるようになります。プロセスの障害や出荷時期の遅れは、ワークフローの破綻、チームの士気の低下、そして売り上げの必然的な低迷という長期的な問題に発展します。

リードタイムの例

ここでは、さまざまな業界におけるリードタイムの算出方法の例をご紹介します。

製造業でのリードタイム

リードタイムというとまず思い浮かぶのが製造業です。そのため、算出方法も比較的簡単です。

  • 調達リードタイム: 製造業における前処理とは、調達管理のステージです。必要な品を見つけ、発注し、受け取るのにかかる時間を考慮します。

  • 工程リードタイム: これは、製品の製造を行う段階です。製品のすべての部品を組み立て、顧客に提供できる製品に仕上げるまでの時間を判断します。 

  • 配送リードタイム: 製品を出荷する段階です。配送リードタイムとは、製造施設から顧客のもとに製品が届くまでの日数ないし週数です。

サプライチェーンのリードタイム

サプライチェーンのリードタイムを算出するのは、制御不能なさまざまな要素に依存することから、製造業よりも少し複雑です。通常、商品をある場所から別の場所へと移動するサプライチェーンでは、突然発生しがちな出荷時間の変更に大きく影響を受けます。

  • 発注リードタイム: 企業から製品を受領するまでにかかる時間です。企業が製品を出荷し、サプライチェーン企業に到着するまでの平均所要時間です。 

  • 工程リードタイム: サプライチェーンのリードタイムで最も制御しやすい部分です。製品を回転させ、出荷するスピードを速めれば、全体のリードタイムも短くなります。

  • 配送リードタイム: 製造業と同じで、製品が施設から出荷され、次の段階に到着するまでの時間です。

プロジェクト管理

プロジェクト管理では、リードタイムを活用することで、チームに現実的な期待事項を示せるため、期限ぎりぎりのリクエストでチームを疲弊させることがありません。

  • 業務の割り当てリードタイム: チームリーダーは、関連するプロジェクトのタスクをすべて確認して整理し、メンバーそれぞれに割り当てます。ここでは、リーダーがプロジェクトの詳細を確認し、目標マイルストーン成果物などを含む戦略計画を作成して、業務をチームに割り当てるまでにかかる時間を考慮します。 

  • プロジェクトの実作業リードタイム: チームが業務の期待事項を把握したら、最終的な成果物を納品するまでにかかる時間を考えます。 

  • レビューと承認リードタイム: プロジェクトがチーム内で完了したら、通常はほかのプロジェクトの関係者によるレビューと承認が必要です。そのうえで最終的にほかの部門やチームに引き継がれ、追跡されたり実施に移されたりします。ここではプロジェクトの完了から他部門に引き継がれるまでの時間を計算します。

B2C (企業と個人間の取引) 企業および D2C (消費者直接取引) 企業の場合

企業と消費者間の取引 (B2C)、あるいは消費者直接取引 (D2C) を行っている企業にとって、リードタイムは消費者からの注文を受け取ってから消費者が製品を手にするまでの時間です。

  • 前処理リードタイム: B2C や D2C の企業にとって、前処理とは、受注からチームが製品の用意を始める前の段階までの期間です。その間に、支払い手続きを行い、処理の開始に必要なデータを入力します。

  • 工程リードタイム: 製品がすでに製造されていれば、この段階では梱包や出荷伝票の用意など、配送準備を行います。

  • 配送リードタイム: これまで触れてきたほかの業種と同じく、ここが最終段階で、荷物が手元を離れ、消費者のもとに届くまでの時間です。

リードタイムを短縮するには

ここで覚えておきたいヒントをお教えします。じつは、工程の仕組みを少し変えるだけで、リードタイムを短縮できるのです。リードタイムが長引く原因には、非効率と人為ミスのほかに、自然災害やサプライチェーンの混乱などの制御不能な事態もあります。リードタイムを短縮するために重要なのは、あなたがコントロール可能な要素に注力し、コントロール不能なことが起きた場合の計画を立てておくことです。

  • ツールやテクノロジーを使って、タスクや仕事のための仕事を合理化する。

  • プロセス全体を通じてチームと効果的なコミュニケーションをとり、期待事項を明確にして混乱を減らす。

  • 今後の会社のニーズを予測する。これによって、成り行き任せや、偶発的な事態による影響が減り、結果として、仕事に集中してリードタイムを短縮できます。

ソフトウェアを使ってリードタイムを短縮する

リードタイムに影響する工程段階のミスの多くは、自動化で防ぐことが可能です。たとえば、製造工程の各段階についてタスクと担当者を自動で割り当てるといったことです。全体のワークフローを見直し、反復的で手作業で行われている部分を見つけましょう。ここで自動化や合理化を行えば、当然リードタイムが短縮できます。ソフトウェアはあなたの代わりに仕事を片づけてはくれませんが、プロセスを簡素化してチームの効率向上に役立ちます。比較的簡単にリードタイムを短縮でき、人を増やすための経費も掛かりません。

リードタイムが短縮すれば (ほぼ) すべてのビジネスの悩みが解消します 

リードタイムの短縮は、ビジネスのほぼあらゆる面に影響を与えます。サービスはスピード勝負の現代では、可能な限り迅速に製品を顧客の手に届けることが不可欠です。つまるところ、時間は私たちにとって最も価値ある資源であり、これはビジネスにも言えることなのです。

リードタイムの長期化は、往々にして効率の悪さが原因です。しかし幸いなことに、そうした非効率の多くは改善することができます。Asana で仕事を整理し、自動化機能を活用すれば、プロセスの合理化もリードタイムの短縮も夢ではありません。

Asana を無料で試す

関連リソース

記事

To-Do リストを作って終わりにしないための 15 の秘訣