バックログリファインメント: スプリントをきちんと整理するためのヒント 3 選

寄稿者 Sarah Laoyan の顔写真Sarah Laoyan2021年12月6日
facebooktwitterlinkedin
バックログリファインメント: スプリントをきちんと整理するためのヒント 3 選の記事バナー画像
今すぐ Asana を試す

概要

スプリントバックログは、アジャイルプロジェクトの管理メソッドで一般的に使用される「バックログリファインメント」というテクニックを使って整理されます。スプリントバックログをきちんと整理すれば、スプリント計画がシンプルになり、チームが各スプリントで最も優先度の高いタスクに確実に取り組めるようになります。この記事では、バックログリファインメントを行う重要性と、バックログを詳細化することによりスプリントを順調に進める方法について詳しく解説します。

キッチンで夕食の支度をしている自分を想像してみてください。冷蔵庫を開けると、まともな食事を作れるだけの材料がないことに気付きます。前もって冷蔵庫の中を確認して必要な材料を揃えておかなかったからです。夕食を作るには予想していた以上の手間がかかりそうです。

アジャイルのバックログリファインメント (詳細化) も同じコンセプトに基づいています。前もってプロダクトバックログを整理しておかないと、次のスプリントは順調に進まないでしょう。

バックログリファインメントとは?

バックログリファインメント (別名バックログ管理またはバックロググルーミング) は、プロダクトオーナーやマネージャー、チームメンバーがプロダクトバックログのアイテムを見直し、優先順位を付ける期間を指します。このプロジェクト管理プロセスは、アジャイル手法で一般的に使用されています。次のスプリントで最優先するタスクを前もって特定しておけば、チームは透明性が確立された状態でスプリント計画プロセスを開始し、スプリントの開始とともに全力で作業に取り組めます。

バックログリファインメントは、こうした透明性を生むだけでなく、プロダクトバックログにチケットが山積みになるのを防ぐのにも役立ちます。そのため、バックログはスプリントごとに 1 回リファインし、スプリント計画に役立てることを目指すとよいでしょう。

通常、プロダクトバックログリファインメントは、プロダクトマネージャーが担当し、詳細化プロセスの最中には、以下のことを行います。

  • 次のスプリントのチケットに優先順位を付ける。

  • ユーザーの詳細なストーリーを用いて曖昧なチケットを明確化する。

  • 重複するチケットを一つにまとめる。

  • 関係者と会ってチケットの詳細を得る。

  • 類似のチケットや関連性の高いチケットを 1 つのタスクとしてグループ化する。

  • 作業量の多いチケットを小さなタスクに分割する。

スクラム計画用の無料テンプレート

バックログを管理することが重要な理由

定期的に車検を受けるのと同じように、プロダクトバックログも定期的に整理することが重要です。かつては、植物の手入れ (グルーミング) に由来して「バックロググルーミング」と呼ばれていました。手入れが行き届いているように見せるには、余分な枝を切り取る必要があります。

バックログの手入れとは、バックログにあるすべてのチケットを確認し、余分なチケットを特定するということです。バックログのチケットを定期的に管理しておけば、チームメンバーは作業を適切に行うために必要なすべてのコンテキストが揃った状態でチケットの処理に着手できます。

バックログリファインメントを行うと、スプリント計画を進めやすくなります。たとえば、レストランで働いているとしましょう。料理の下準備をするシェフと食事を実際に調理するシェフがいます。バックログリファインメントは、ディナーの注文が殺到する前 (この記事の例でいうとスプリントで忙しくなる前) に、あらかじめ野菜を切っておくことに似ています。必要なものがすべて揃い、スプリントが開始するときには、メンバー全員が必要なすべての情報を把握できているため、正しい情報を探そうと時間を無駄にしなくて済むというわけです。

可能であれば、バックログのメンテにはチームメイトにも参加してもらいましょう。そうすれば、次に予定されている作業に合わせて期待事項を調整し、バックログの問題に手をつける前に、各問題の対処法について考える時間をチームメンバーに与えることができます。また、スプリント計画フェーズに達する頃には、チームメンバーはすでに着手可能なすべてのチケットについて詳しくなっているでしょう。

バックログリファインメントは誰が担当するのか?

従来より、アジャイルのプロジェクト管理には、プロダクトバックログを整理するプロダクトリーダーもしくはオーナーが含まれます。スクラムのように、アジャイルの種類によっては、スクラムマスターがバックログリファインメントを担当する場合もあります。

チームと協力し、その状況に一番合ったプロセスを見つけます。場合によっては、スプリントの特定の部分に集中して取り組むチームメンバーにバックログリファインメントを任せるとよいかもしれません。

バックログを整理しておくための 3 つのヒント

バックログの整理は、必ずしも複雑なものではありません。以下は、バックログを上手に管理しておくためのヒントです。

1. DEEP なプロダクトバックログを作成する

プロダクト管理の専門家 Roman Pichler 氏は、プロダクトバックログを DEEP のキーワードに則って作成することを推奨しています。

DEEP なプロダクトバックログとは、以下のようなものです。

  • (D) Detailed appropriately (適切な詳細が含まれている): プロダクトバックログの各アイテムには、連続したユーザーストーリーを作成できるように、前後関係の情報が十分に含まれている必要があります。開発者がチケットを完了させられるように、タスクやチケットには必要なコンテキストがすべて揃っている状態でなければいけません。

  • (E) Emergent (創発的): 効果的なプロダクトバックログは、絶えず発展していきます。誰でも、新しいチケットやタスクを追加したり、タスクに情報を追加したり、ニーズの変化に合わせてタスクを削除したりできる必要があります。プロダクトバックログのアイテムに、変化しないものがあってはいけません。

  • (E) Estimated (見積り): すべてのチケットには、タスクに要する時間または工数の見積りが含まれている必要があります。アジャイルチームの多くは、このセクションで標準的な尺度を用います。最も一般的に使用されるのは、タスクに要する時間です。

  • (P) Prioritized (優先順位が付いている): タスクは、重要度の順に整理します。スプリントの目標との関連性が一番高いタスクが最優先され、それ以外のタスクはその後に続きます。

2. タスクの依存関係を重視する

タスクに優先順位を付けるときは、特定のタスクが他のタスクに依存していないことをダブルチェックしてください。依存関係とは、別のタスクの完了に依存するタスクのことです。別のタスクに依存するタスクがある場合は、優先順位を適切に付ける必要があります。

そのためには、依存関係にはっきりとしたラベルを付けます。そうすれば、チームが誤って依存タスクを始めてしまうことはありません。また、チームは効率よく優先順位を付けられるため、作業がスムーズに運ぶほか、問題が発生する心配もありません。

3. ミーティングを合理化する

バックログリファインメントのミーティングには、プロジェクトマネージャーや実際に各チケットの処理に取り組むチームメンバーなど、次のスプリントに参加する関係者のみが参加します。プロダクトマネージャーが他部門の関係者と連絡を取るのは、特定のタスクについて何らかの説明が必要な場合に制限し、またそれは完全なバックログリファインメントセッションとは別に行うべきでしょう。そうすれば、バックログリファインメントセッションの最中には不要な会話を避け、会話の内容を目の前のスプリントに集中させることができます。

ワークマネジメントソフトウェアを使ってバックログを楽々と管理しましょう

バックログは、チームメンバー全員がアクセスできるコラボレーションソフトウェアを使ってリファインしましょう。Asana のようなソフトウェアを使用すると、スプリントが構造化され、各タスクの担当者と期日が明確になり、重要な詳細を簡単に見つけられるようになります。

アジャイルチームで Asana を使うことに興味をお持ちの方は、次回バックログリファインメントセッションを行う際に、ぜひ Asana のスプリント計画用テンプレートの効果をお試しください。

スクラム計画用の無料テンプレート

関連リソース

記事

カイゼンを理解する: ビジネスにおける継続的改善のガイド