毎日のスタンドアップミーティング

Asana のテンプレートを使って、毎日のスタンドアップミーティングを効率的に行い、話し合った内容を記録しましょう。

スタンドアップミーティングは、チームメイトの日々の仕事内容と障害を把握する素晴らしい手段。しかし、繰り返していくうちにマンネリ化し、よく考えて準備することを忘れて単にタスクを列挙するだけのルーチンに陥ってしまいやすいことも事実です。そこで Asana のテンプレートを使えば、チームはシンプルな構造を使って会議を整理し、チームメイトの説明責任を維持できます。Asana を使えば、仕事やプロジェクトの計画をすべて 1 か所で追跡できるため、スタンドアップミーティングの準備や障害の特定が簡単になります。

Asana のテンプレートを使って毎日のスタンドアップミーティングを計画するためのヒント

  • 会議の前に 1 日のリマインダーを設定する。スタンドアップミーティングの準備には、そんなに時間はかからないでしょう。あらかじめ話す要点を考えておくことで、会議の効果をアップさせることができます。Asana では、リマインダータスクを簡単に繰り返し設定できます。
  • 既存の仕事を参照する。Asana のようなワークマネジメントツールを使うと、Asana の既存のタスクやプロジェクトを簡単に参照できるため、必要なコンテキストや仕事の記録にアクセスできます。
  • これまでのメモを追跡する。スタンドアップミーティングのメモを記録しておけば、過去のパターンを確認して今後のために改善したり達成内容を記録することがより簡単になります。すべきことは、単にスタンドアップミーティングのタスクにコメントを残すだけです。
  • 実行可能なフォローアップを作成する。すでに仕事が Asana で追跡されていれば、障害に関するコンテキストを十分に確認してフォローアップタスクを関係者に割り当てて、障害を取り除き、引き継ぐことが簡単にできます。

Asana のスタンドアップミーティングテンプレートは、スプリントに取り組むアジャイルチームはもちろん、仕事内容の把握を試みているすべてのチームにおすすめ。シンプルな手段で効率と効果をアップさせることができます。

関連リソース

  • アジャイルとスクラムのための Asana

    アジャイルワークフローを採用している場合は、アジャイル作業を Asana に取り込む方法をご覧ください。

    記事を読む
  • 効果的な会議を行うための 7 つのヒント

    どんなに素晴らしいチームにも無意味な会議はあります。そんな悪しき習慣を断ち切るための次のヒントをご覧ください。

    ブログを読む
  • 優れたスプリントを計画するための 6 つのステップ

    スプリントの目的は、チームの生産性を向上すること。このヒントを活用して、生産性をさらにアップしましょう。

    記事を読む

Premium でチームの動きをさらに軽快に

毎日のスタンドアップミーティングから年間の目標や中期目標まで、Asana ではあらゆることを計画可能。そして Premium の機能があればそれを達成できます。