ダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング

Asana についてダイバーシティ、インクルージョン、ビロンギング

詳しく見る
Asana Product Screenshot



よりよい働き方を築く

ダイバーシティは事業に、インクルージョンはカルチャーに影響を与えます。Asana の従業員が最高の仕事をするため、そして私たちが企業としてのミッションを達成するためには、Asana の従業員全員がリスペクトされ、高く評価されているという実感を得られなくてはなりません。透明性があり、信頼し合うカルチャーを築き上げることで、私たちは社内で、そして製品においても精神的な安定とインクルーシブな思考を育んでいます。

研究により、イノベーションとダイバーシティの間には強い結びつきがあることがわかっています。しかし、これらの理想を大切にするだけでは不十分です。Asana では、インクルージョンや帰属意識の文化を軸とし、グローバルチームにおける当事者意識や責任感を醸成していきます。

Dustin Moskovitz 共同創業者兼 CEO

私たち企業は世界という巨大なコミュニティの一部です。未来の世界に期待する変化そのものを、自分たちではっきりと示す必要があります。人類の進歩は、個々の従業員やチームが日々決断し、取り組むことなしには、成し遂げることができません。私は、自分が経営するこの会社はよりインクルーシブな将来の実現に貢献していると強く感じています。また、この目標が私たちのビジネス面での目標に一致していることを嬉しく感じています。

Dustin Moskovitz共同創業者兼 CEO

Asana の戦略

ビルド

当社はサポートの土台と従業員の成功を支えるリソースを意識的に構築しています。

  • 新規採用者向けの包括的な D&I オンボーディングカリキュラム
  • カスタマイズされた効果的なトレーニング: 必須のハラスメントトレーニング、バイアストレーニング、アライシップワークショップ、およびインクルーシブリーダーシップトレーニング。
  • ダイバーシティ、インクルージョン & ビロンギング部門長とゲストによる四半期ごとの Ask Me Anything イベント
  • 賃金の平等性調査および従業員が問い合わせ可能な給与チーム: 私たちは当社の賃金に関するプラクティスが公平であることを保証するために、年に 2 回、外部業者による性自認別 (グローバル) および人種・民族別 (米国のみ) の給与分析を行っています。また、給与チームは、従業員からの相談を受ける時間を定期的に設けています。また、給与チームは、従業員からの相談を受ける時間を定期的に設けています。
  • 親や介護をする人のための補助: 性別に関わらず、16 週間分の有給育児休暇をご利用いただけます。また親であるグローバル従業員は、お子様の年齢に関わらず Cleo を無料で使用して、それぞれのジャーニーに役立てることができます。
  • ヘイトグループに反対する確固たる姿勢: 当社のポリシーは、ヘイトグループによる Asana の使用を禁止しています。

採用

過小評価グループに含まれる人材やそれに相当するバックグラウンドを持つ人材を採用し、育てることは、私たち全員の責任です。

  • TechqueriaAfrotechYearUpThe Marcy Lab School など、テック業界で過小評価を受けるグループを支える組織とパートナーシップを提携しています。
  • 実習プログラム: AsanaUp プログラムを通じて、さまざまなバックグラウンドを持つ人材を育てます。
  • 的を絞ったアウトリーチ: 過小評価を受けるコミュニティ、特に歴史的黒人大学 (HBCU)、女子大学、早期キャリアプログラムを実施する大学内のクラブなどから候補者を見つけます。
  • IDEAL 面接ポリシー: 経営幹部の採用時は、Inclusivity, Diversity, and Equity for Asana Leadership (IDEAL) 原則に基づき、過小評価グループおよび男性以外の候補者から少なくとも 1 名ずつが面接を受けるようにします。
  • インクルーシブな候補者体験: 透明性があり、オープンな環境を用意しますので、候補者の方にはありのままの自分でお越しいただけます。また、人材獲得チームのメンバーを D&I の支持者に育て上げるトレーニングを実施しています。

成長

Asana の目標は、すべての従業員が生き生きと働くために必要な自分の一部分を安心して周りと共有できるような、インクルーシブな環境を作ることです。

  • インクルーシブなコミュニティを育てる: 成長しつつあるオンラインコミュニティと組織化されたコミュニティが、ソーシャルエンゲージメント、ボランティア活動、そしてオープンな会話を通じてつながっています。
  • 利用しやすいメンタルヘルス関連の社内向けサポートサービス: Modern Health によるよる無料セラピー、無料のエグゼクティブコーチングとライフコーチング、Amelia を使ったマインドフルネスレッスン、そしてメンタルヘルスのための Asana の従業員コミュニティ Thrive をご利用いただけます。
  • ダイバーシティ、インクルージョン & ビロンギング委員会: DIB チームによって行われるさまざまな取り組みについて、検討や助言を行う、エグゼクティブリーダーをはじめとした複数部門の関係者からなる内部組織です。
  • 不平等やヘイトに立ち向かう: Asana は裁判所に対して意見を提出する「アミカスブリーフ」に署名しており、反トランスジェンダー法への反対、投票権法の支持、生殖に関する支援制限への反対、DACA プログラム、LGBTQ+ のアメリカ人に対し非差別的な扱いを保証する権利、アメリカ国内の聖域都市に対する保護、生殖に関するヘルスケア
  • などの理念や活動をサポートし、インクルージョンと平等性を支えています。
  • 業界における関連受賞歴: Glassdoor Employees' Choice Best Place to Work を 3 回受賞、Fortune Best Workplace for Women を 4 年連続で受賞、Great Place to Work の Best Workplaces for ParentsFast Company の Best Workplaces for Innovators を受賞。

当社のカルチャー個人のアイデンティティを祝い、支えています

個人のアイデンティティを祝い、支えています
Employee Resource Groups

Asana の ERG (従業員リソースグループ) とは、マイノリティのグループやアライ (支援者) たちが信頼し、安心できるスペースを作る、活気あるコミュニティです。AsanaWomen や AsanaWomen EMEA、LGBTQIA+ の社員が集まる Team Rainbow、多文化 ERG のGradient、黒人の Asana 社員が集まる Blacsana、アジア・太平洋諸島系 (APAC) の Asana 社員が集まる Asanapac があります。

Ask Me Anything セッション

当社の幹部チームと社外の思想リーダーが集結し、つながりを築き、ユニークな考えを出し合うための、オープンな AMA (Ask Me Anything) セッションを開いています。

リアルトークイベントシリーズ

Asana の社員は、率直でオープンな会話をする場を設け、アイデンティティに関する体験や職場での問題など、しばしば話しづらいと感じてしまうようなトピックについて話し合っています。

ジェンダーインクルーシブなスペース

各オフィスに性別不問のトイレを設置したり、製品で性の人称代名詞を指定できる (英語版) など、私たちはあらゆるアイデンティティを認め、受け入れています。

Employee Resource Groups

Asana の ERG (従業員リソースグループ) とは、マイノリティのグループやアライ (支援者) たちが信頼し、安心できるスペースを作る、活気あるコミュニティです。AsanaWomen や AsanaWomen EMEA、LGBTQIA+ の社員が集まる Team Rainbow、多文化 ERG のGradient、黒人の Asana 社員が集まる Blacsana、アジア・太平洋諸島系 (APAC) の Asana 社員が集まる Asanapac があります。

Ask Me Anything セッション

当社の幹部チームと社外の思想リーダーが集結し、つながりを築き、ユニークな考えを出し合うための、オープンな AMA (Ask Me Anything) セッションを開いています。

リアルトークイベントシリーズ

Asana の社員は、率直でオープンな会話をする場を設け、アイデンティティに関する体験や職場での問題など、しばしば話しづらいと感じてしまうようなトピックについて話し合っています。

ジェンダーインクルーシブなスペース

各オフィスに性別不問のトイレを設置したり、製品で性の人称代名詞を指定できる (英語版) など、私たちはあらゆるアイデンティティを認め、受け入れています。

Asana Product Screenshot

Asana は人種差別に反対です

当社は、人種差別に反対する姿勢を維持する中で、多様性、平等性、およびインクルージョンを支えるプログラムやポリシーをさらに厳格に確認して適用しています。Asana では、以下を実践しています。

  • 従業員を大切にする - コミュニティメンバーの健康に配慮し、メンタルヘルスに関する福利厚生や有給休暇を拡充するなど、居場所やケアを提供しています。
  • 責任を果たす - セルフラーニングを促進し、アライシップトレーニング (マイノリティを理解するための研修) や他のアクティビティへの参加をすすめています。社外から専門家のスピーカーを招待したり、トレーニングを開発したりすることで、マイノリティについて人を教育し、変化を起こす上でアライが大きな役割を担うということを Asana の各従業員が理解できるようにしています。
  • 行動する - 社内の賃金における平等性の調査を迅速に進めたり、実習プログラムを幅広く実施したりするなど、社内および社外のプログラム、ポリシー、そして採用のプラクティスを発展、充実させています。


2022年 1月 31日時点のダイバーシティデータ
2020年より、従業員が性別や人種 / 民族のカテゴリーを複数選択できるようになりました。
データは、法律により人口統計データの収集が認められていない国を除きます。

南北アメリカ - Asana 全体

人種と民族
  • アジア人: 38% 中央アジア人 — 0%
    東アジア人 — 21%
    南アジア人 — 10%
    東南アジア人 — 8%
  • ヒスパニック / ラテン系: 8%
  • 黒人 / アフリカ系アメリカ人: 6%
  • その他のカテゴリ: 8% 未表明 / 未回答 — 4%
    中東系 — 2%
    ネイティブアメリカン / 太平洋諸島系 / アラスカ先住民 — 2%
  • 白人: 43%
ジェンダー
女性 45%ノンバイナリー 2%回答なし / 非回答希望 1%男性 53%
年齢
18~24歳 8%25~34歳 59%35~44歳 27%45~54歳 6%55 歳以上 1%
LGBTQIA
LGBTQIA に属している Asana 社員 12%
障害
障害を持つ (または過去に持っていた) 社員は全体の 5% に及びます。