Asana vs. Wrike

チームが最高の仕事をするために必要な強力機能と柔軟性が備わったツールを選択し、大きな目標を達成しましょう。

Asana と Wrike の違い

あらかじめ定義された構造を使ってプロジェクトを管理する Wrike に対して、チーム独自のニーズに最適な構造とレイアウトを使ってプロジェクトを計画し管理できるのが Asana です。次の 3 つの点で、Asana は Wrike を超える柔軟性を発揮します。

自分のやり方でプロジェクトを管理

プロジェクトのセットアップから仕事の追跡まで、チームに最適な方法で行うことができます。

チーム間で仕事を連携

タスクを複数のプロジェクトに追加することで仕事の重複を避け、チームの足並みを揃えることができます。

進捗を報告

重要なデータに関するレポートを作成し、力を注ぐべきポイントを確認できます。

Asana のリスト

仕事の各部分をリスト形式で綿密に計画します。すべての詳細情報を 1 か所で整理し、プロジェクトを最初から最後まで自分のやり方で管理できます。

Asana のボード

仕事を付箋のようにボードに貼り付けて、ステージを移動させ、すばやく簡単に、そして美しく整理できます。

Asana のタイムライン

タイムラインでプロジェクトのすべてを視覚化して確認できます。計画の変更にもしっかり対応できます。

Asana のポートフォリオ

すべてのプロジェクトの進捗をリアルタイムで俯瞰的に確認します。リスクに能動的に対処し、関係者に最新情報を報告できます。

Asana Product Screenshot

大切な情報のレポートを作成

自動的にレポート条件が設定される Wrike に対して、Asana では自分にとって最も重要な、チーム内または全社の情報やプロジェクトデータに関するカスタムレポートを作成できます。

Asana のレポートについて詳しく見る
Asana Product Screenshot

部門間プロジェクトのつながりを維持

Wrike でできるのは、プロジェクトに仕事をリストアップするところまでです。Asana なら、タスクを複数のプロジェクトに格納できるため、複数チームをまたがる部門間の仕事をつなげることができます。全員が共通認識のもとに作業を進められます。

Asana の活用事例を見る

[Asana には、]プロジェクトをマクロレベルとミクロレベルの両方ではっきりと確認できる柔軟性があります。おかげで、マネージャーも開発者もデザイナーも共通認識を持つことができています。また、モバイルアプリやカレンダーの連携機能を使って外出先でもスケジュールを確認できます。

Capterra のレビュー: Rabeah Abbas 氏、リードウェブデベロッパー

Asana Product Screenshot

他のツールとの連携

すでに使用している他のツールを Asana と連携すれば、コミュニケーションやコラボレーションがさらに簡単になります。

すべての連携を見る
Asana Product Screenshot

仕事を Asana に移行

CSV インポート機能を使って Wrike から Asana に仕事を転送することで、チームをすばやくセットアップしてスムーズに移行できます。

仕事を Asana にインポート

結果を求めるチームは Asana を導入しています

Asana でプロジェクト管理を開始

誰でも使える柔軟な Asana には、仕事を連携し、進捗について報告するために必要な強力機能が備わっています。