Asana vs. Airtable

チームが仕事の計画、管理、コミュニケーションのすべてを 1 か所で行うことができるツールを選びましょう。

無料で試す
Asana vs Airtable

Asana と Airtable の違い

Airtable では、仕事をスプレッドシート形式で整理するため、プロジェクトは連携していない複数のデータベースで追跡されます。一方 Asana なら、チームは自分たちに最適なプロジェクトレイアウトを使ってあらゆる仕事の調整、管理、話し合いを 1 か所で行うことが可能です。Asana は次の 3 つの点で Airtable とは異なります。

チーム間で仕事を連携

Asana でタスクを複数のプロジェクトに追加すれば、仕事の重複を避けてチームの効率を向上し、全員が共通認識の下で仕事を進めることができます。

説明責任を向上

なすべきことを定義し、仕事をチームメイトに割り当てて期限を設定することで、指示内容が明確になります。

コラボレーションを一元化

Asana では仕事の管理とコミュニケーションをすべて 1 か所で行うことが可能なため、チームメイトは必要な情報を必要な場所で手に入れることができます。

Asana Product Screenshot

Asana で仕事を調整してコラボレーション

Airtable とは異なり、Asana は複数のチームおよびプロジェクト間で仕事を管理できるよう設計されています。また、会話がタスクとつながっているため、全員が最新の進捗を把握できます。

Asana について詳しく見る
Asana のボード

タスクを複数のプロジェクトに追加することで仕事の重複を避け、プロジェクトやチームが異なっても全員の足並みを揃えることができます。

Asana のマイタスク

期日付きのタスクをチームメイトに割り当てることで、仕事の担当者と期限が明確になります。

Asana のタイムライン

タイムラインでプロジェクトのすべてを一目で確認。計画の変更にもしっかり対応できます。

Asana タスクの会話

チームの会話、プロジェクトのステータス更新、そしてタスクのコメント機能を使って、仕事に関するコミュニケーションを Asana で直接行います。また、Asana と Slack を統合すれば、会話を追跡可能なアクションアイテムに変換することができます。

プロジェクト管理やコラボレーションに必要なすべてが 1 か所にまとまっているため、私はいつも Asana を使っています。ディスカッション用のセクションやタスクの期限を確認できるカレンダー、メディアのアップロードセクションは、間違いなく Asana を際立たせている重要な機能ですね。

Capterra のレビュー: Beverley T.

Asana Product Screenshot

連携

仕事を Asana に移行

CSV インポート機能を使ってスプレッドシートや Airtable から Asana に仕事を転送。すばやくセットアップしてスムーズに移行することができます。

仕事を Asana にインポート

結果を求めるチームは Asana を使用しています

Asana で仕事の管理を開始

Asana があれば、チームは仕事の調整、管理、コラボレーションをすべて 1 か所で行うことができます。

Asana を探索

Asana は、チームが協力してプロジェクトやタスクを管理するための一番の近道。そして業績を伸ばすことができます。

マーケティングキャンペーン

マーケティングキャンペーン

製品リリース

製品リリース

会社の目標

会社の目標

月面探査任務

月面探査任務

仕事を整理

はっきりとしたタスクやマイルストーンを設定することで、チームはするべきことを明確に把握できるようになります。

仕事を整理

期限を遵守できるようチームをサポート

担当者と期日を明確に設定することで、すべてのマーケターは自分がやるべきことを正確に知ることができます。

期限を遵守できるようチームをサポート

期限を遵守

キャンペーンの計画を綿密に立てることで、全体像を把握し、潜在的な問題を特定して仕事を順調に進めることができます。

期限を遵守

実用的な会話をする

進行中の仕事の質問をしたり最新情報を提供したりすることで、行動につながる会話をすることができます。

実用的な会話をする

仕事にファイルを添付

共有書類や設計ファイル、予算書のスプレッドシートなどをまとめることで、チームが情報を求めて右往左往することがなくなります。

仕事にファイルを添付

仕事の全体像を一目で確認

カレンダー上で仕事を確認することで、期限などの重要な日付を見逃すことがなくなります。

仕事の全体像を一目で確認

進捗を追跡

プロジェクトの進捗を常に把握しておくことで、問題が発生したときに迅速に対応できます。

進捗を追跡

外出先で作業

ベンダーとの打ち合わせやカンファレンスなど、オフィスを離れているときでもモバイル用 Asana があれば常につながっていることができます。

外出先で作業

プログラムを例外なく成功裏に実施

Asana は、マーケティングチームがオーディエンスに働きかけるイニシアチブを計画、管理、追跡、開始するためのお役に立ちます。

プログラムを例外なく成功裏に実施

各ステップを綿密に計画

開発からリリースまでの重要なステップを綿密に計画することで、全員がロードマップを明確に把握することができます。

各ステップを綿密に計画

誰がボールを握っているのかを知る

リリースまでの各段階のオーナーと期日を明確にすることで、スケジュール通りのリリースを実現できます。

誰がボールを握っているのかを知る

スケジュール通りのリリース

計画の全体像を把握することで、調整しながら仕事を順調に進めることができます。

スケジュール通りのリリース

全員が最新情報を把握

重要な最新情報や会話を仕事につなげることで、メールスレッドに埋もれてしまうことを防ぎます。

全員が最新情報を把握

仕事を 1 か所にまとめる

ファイルをプロジェクトに添付することで、全員が正しい情報のありかを把握することができます。

仕事を 1 か所にまとめる

日付とマイルストーンを管理

リリース計画をカレンダーに表示することで、重要な日付を見逃すことがなくなります。

日付とマイルストーンを管理

何が順調で、何がそうでないかを把握

仕事の進捗を確認することで、期限や目標に向けて仕事を順調に進めていくことができます。

何が順調で、何がそうでないかを把握

どこにいても常につながりをキープ

モバイルで Asana があれば、どこにいてもリリースの進捗を把握できます。

どこにいても常につながりをキープ

位置について、用意、リリース!

期限の遵守に役立つ Asana があれば、製品チームは素晴らしい製品リリースを実現することができます。

位置について、用意、リリース!

優先度を設定

それぞれの目標に向けてタスクを作成することで、全員が会社全体の目標を理解できます。

優先度を設定

適切な責任者を決める

それぞれの目標を適切な人物に割り当てることで、誰が担当者で、誰に質問すればいいかを全員が知ることができます。

適切な責任者を決める

目標達成のための計画を立てる

それぞれのマイルストーンから目標までの道のりを把握することで、目標達成に向けて自信を持って取り組んでいくことができます。

目標達成のための計画を立てる

情報を共有し、現状を把握

目標と密接につながった更新情報やコメントを提供することで、関係者は最新情報と進捗を常に把握できます。

情報を共有し、現状を把握

重要なファイルを添付

お使いのファイル共有ツールと Asana を統合することで、重要な書類をすべて 1 か所にまとめることができます。

重要なファイルを添付

重要な日付を見逃さない

イニシアチブの期限やマイルストーンをカレンダー上で確認することで、首尾よく行動することができます。

重要な日付を見逃さない

会社の進捗を追跡

どの目標が順調に進んでいて、どの目標が要注意かを理解することで、目標達成に向けて着実に進めます。

会社の進捗を追跡

最新情報を把握

モバイルで Asana があれば、どこにいても最新情報を受け取り、重要な決定に加わることができます。

最新情報を把握

目標を達成

Asana を使用するとチームが組織の目標を把握できるため、するべきことに全員が集中できます。

目標を達成

ミッションに備える

ミッションの各ステップを綿密に計画することで、万全の状態で高い目標を狙えます。

ミッションに備える

責任者を知る

各タスクのオーナーを明確に割り当てることで、パイロットもコマンダーも、そしてフライトエンジニアもやるべきことを把握できます。

責任者を知る

各ステップを綿密に計画

リリース計画を作成することでスタートからゴールまでの進路を決定。これをチームと共有し、状況の変化に合わせて調整します。

各ステップを綿密に計画

万全の状態を整える

大切な質問をしたり会話をしたり、あるいはステータスの更新を行うことで、クルーが発射日に万全の状態になるよう準備を進めることができます。

万全の状態を整える

すべてをつなげる

ミッションに必要な他のツールに Asana を接続することで、すべての情報を同じ場所で管理できます。

すべてをつなげる

成功を見逃さない

各マイルストーンをカレンダー上に表示することで、離陸までの重要な日付を追跡することができます。

成功を見逃さない

進捗を追跡

何が順調で、何がそうでないかを把握することで、発射日に向けて着々と準備を進められます。

進捗を追跡

作業をどこからでも

インターネット接続さえあれば、オフィスにいても月面にいても変わらず最新情報を把握し続けることができます。

作業をどこからでも

3、2、1、発射!

Asana があれば、クルーは月に向かって発射し、月面に到着することができます。必要なのは小さな第一歩だけです…

3、2、1、発射!