Asana vs. Airtable

チームが仕事についての計画、管理、コミュニケーションのすべてを 1 か所で行うことができるツールを選びましょう。

Asana vs Airtable

Asana と Airtable の違い

Airtable では、仕事をスプレッドシート形式で整理するため、プロジェクトは連携していない複数のデータベースで追跡されます。一方 Asana なら、チームは自分たちに最適なプロジェクトレイアウトを使い、あらゆる仕事についての調整、管理、話し合いを 1 か所で行うことができます。Asana は次の 3 つの点で Airtable とは異なります。

チーム間で仕事を連携

Asana でタスクを複数のプロジェクトに追加すれば、仕事の重複を避け、チームの効率を向上させ、全員が共通認識の下で仕事を進められます。

説明責任を向上

するべきことを定義し、仕事をチームメイトに割り当てて、期限を設定することで、指示内容が明確になります。

コラボレーションを一元化

Asana では仕事の管理と仕事に関するコミュニケーションをすべて 1 か所で行うことができるため、チームメイトは必要な情報を必要な場所で手に入れることができます。

Asana Product Screenshot

Asana で仕事を調整してコラボレーション

Airtable とは異なり、Asana は複数のチームやプロジェクトにわたって仕事を管理できるよう設計されています。また、会話がタスクとつながっているため、全員が最新の進捗を把握できます。

Asana について詳しく見る
Asana のボード

タスクを複数のプロジェクトに追加することで仕事の重複を避け、プロジェクトやチームをまたいで全員の足並みを揃えることができます。

Asana のマイタスク

期日付きのタスクをチームメイトに割り当てることで、仕事の担当者と期限が明確になります。

Asana のタイムライン

タイムラインでプロジェクトのすべてを一目で確認し、計画の変更にもしっかり対応できます。

Asana タスクの会話

チームの会話、プロジェクトのステータス更新、そしてタスクのコメント機能を使って、仕事に関するコミュニケーションを Asana で直接行います。また、Asana と Slack を統合すれば、会話を追跡可能なアクションアイテムに変換できます。

プロジェクト管理やコラボレーションに必要なすべてが 1 か所にまとまっているため、私はいつも Asana を使っています。ディスカッション用の場所や、タスクの期限を確認できるカレンダー、メディアをアップロードする部分は、間違いなく Asana を際立たせている重要な機能ですね。

Capterra のレビュー: Beverley T. 氏

Asana Product Screenshot

連携

仕事を Asana に移行

CSV インポート機能を使ってスプレッドシートや Airtable から Asana に仕事を転送することで、チームをすばやくセットアップしてスムーズに移行できます。

仕事を Asana にインポート

結果を求めるチームは Asana を導入しています

Asana で仕事の管理を開始

Asana があれば、チームは仕事の調整、管理、コラボレーションをすべて 1 か所で行うことができます。