ラポールを形成し、有意義な人間関係を築くための 6 つのヒント

寄稿者 Julia Martins の顔写真Julia Martins2021年8月19日00
facebooktwitterlinkedin
ラポールを形成し、有意義な人間関係を築くための 6 つのヒントの記事バナー画像

概要

ラポールは、信頼関係を構築し、効果的なコミュニケーションを確立してチームメンバーと素晴らしい関係を築くために不可欠なソフトスキルです。この記事では、緊張をほぐしてラポールを形成するための 6 つのヒントをご紹介します。

誰もが共に働く人たちと良好な関係を築きたいと思うことでしょう。しかし、健全なレベルの仲間意識やラポール、快適な会話の構築には努力が必要です。

こういったスキルは生まれつきのもののように感じられることもあるかもしれません。生まれつきラポールの形成が得意な人も確かにいます。しかし、世間話や人間関係の構築が苦手な人でも、ラポールを築くことはできます。他のソフトスキルと同様、ラポールも学んで身につけることができるのです。まず以下を実践することから始めましょう。

ラポールとは?

ラポールとは、2 人の人間が有意義な関係を築くための基盤です。ラポールの形成が上手な人は、自分と相手との間につながりを築くことに長けています。良好なラポールが形成できていると、相手に尊敬されている、話を聞いてもらえている、見てもらえていると感じさせることができます。良好なラポールの形成は、相手のニーズを理解してサポートする素晴らしい手段です。

ラポールの構築とは、自分と相手との間に有意義なつながりをもたらすことであり、相手への興味を装うだけでは不十分です。互いの信頼関係を築くためには、率直かつ誠実な態度を示す必要があります。

ラポール形成のメリット

  • 相互の信頼を築く

  • チームメンバーのエンゲージメントを高める

  • よりよい建設的フィードバックセッションにつながる

  • チームのロイヤルティを高める

  • 良好なグループダイナミクスを構築する

  • より「息の合った」状態が感じられる

  • 職場における効果的なコミュニケーションを構築する

どんな人がラポールを構築すべきか

ラポールの形成は、会社での役職に関係なく、良好な人間関係のスムーズな構築に役立ちます。ラポールはコラボレーションを促進し、相互の信頼を形成し、コミュニケーションスキルを高めるため、職場におけるすばらしい人間関係の基礎となります。

ラポールの形成は、どのチームメンバーにとっても役に立つスキルですが、お客様と接する仕事や、リーダーの立場にあるチームメンバーにとっては、特に重要なスキルです。

お客様とのラポール形成

営業担当者として、お客様とのラポールを築くことは非常に重要です。お客様に効果的に販売するためには、お客様のニーズや希望を理解する必要があります。営業担当者としてラポールを築くと、お客様のニーズと真摯に向き合うことができるため、効果的なサポートの提供につながります。お客様とのラポールの構築は、長期的な関係を築くためのものであることを心に留めた上で、このテクニックを使って手っ取り早く取引を成立させようとすることは避けましょう。

クライアントとのラポール形成

お客様がクライアントになった後も、特にニーズが変化した場合には、そのニーズを理解するためにラポールの構築を続けることが重要です。ラポールは、お客様が自社の製品やサービスをどのように利用しているかを理解するのに役立ちます。

たとえば、長年お付き合いのあるお客様からサービスを解約したいと言われたとします。お客様との間に信頼関係が築かれていれば、その解約リスクの原因を理解し、お客様をサポートするために何ができるかを考えることができます。たとえば、お客様が購入したライセンス数を減らしたり、完全に解約するのではなく、下位のサービスにダウングレードするサポートを提供するといった対応が考えられます。

直属の部下とのラポール形成

よりよいマネージャーになるためには、直属の部下との間にもラポールを築く必要があります。これにより、部下の目標を理解し、日常的な業務だけでなく、キャリアを形成する上でも最善のサポートを提供できるのです。

同僚やチームメンバーとのラポール形成

また、同僚やチームメンバーとの信頼関係を築くための時間も必要です。チームメンバーと親密になることによって、燃え尽き症候群やインポスター症候群も防ぐことができます。これにより、あなたにとっても、メンバーにとっても、職場がより楽しいものになります。

緊張をほぐしてラポールを形成するための 6 つのヒント

特に世間話が苦手な人にとっては、ラポールの形成は難しいものに感じられるかもしれません。しかし、ラポールを形成するとは、自らの強みや個性を生かして真のつながりを築くことでもあります。

1. 自分を理解することから始める

会話を始める前に、まずは自分自身にフォーカスしましょう。ラポール形成のために自分を偽る必要はありません。このスキルを身に着けるために、社交的な人や外交的な人になりきる必要もありません。ラポールはコミュニケーションスキルに関係なく、誰でも築くことができます。

自分の強みと弱みを把握することで、今後の会話の中で有効に活用できます。たとえば、あなたが世間話が苦手だと思っているとします。でも、心配はいりません。初対面の人とは、世間話をする代わりに、ペットや職歴のことなど、より深い話をしてみましょう。一見単純な質問ですが、表面的なことにとどまらず、チームメンバーをより深いレベルで理解するのに役立ちます。

一方、内向的な人の場合には、ネットワーキングイベントや人混みの中では疲れを感じてしまうかもしれません。それでも大丈夫です。1on1 の会話、コーヒーを飲みながらの会話、あるいは給水機のそばでの短い会話でもいいので、個人との会話を優先しましょう。無理してネットワーキングイベントに参加する代わりに、自分の強みを生かしましょう。

2. アクティブリスニングを練習する

ラポールの構築においては、リスニングが重要な役割を果たします。アクティブリスニングとは、自分が次に言う内容を考えるのではなく、相手の話に集中する聞き方のことです。

アクティブリスニングは、有意義なつながりを築き、より深い会話に投資するための素晴らしい方法です。自分自身の考えではなく、相手に注意を払うことで、相手の話により集中できます。その結果、相手をより深く理解することができるだけでなく、あなたのリスニングスキルによって、相手はあなたと一緒にいるときに、より快適に感じ、話を聞いてもらえていると感じられるようになるのです。

記事: 理解するための聴き方: アクティブリスニングの実践方法 (実例付)

3. ポジティブなボディランゲージを心がける

話の聞き方と同じくらい重要なのが、話を聞いているときの表情です。注意を払っていても、気が散っていたり、興味がないと感じさせるような非言語コミュニケーションは、いつの間にか人を遠ざけてしまいます。会話中、自分の顔の表情やボディランゲージをチェックしてみましょう。腕を組んでいませんか?相手と目を合わせていますか?このような小さなことでも、大きな違いを生むのです。

特に、以下のことを行いましょう。

  • うなずく

  • あいづちやジェスチャーを入れる

  • ほほ笑む

  • 相手の目を見る

4. 共通点を探す

ラポールを築く最も簡単な方法の一つは、自分と相手の共通点を探すことです。何か共通の趣味や似たような過去はありますか?共通の話題があると、相手との関係を築きやすくなることがよくあります。共通点を見つけたら、それをきっかけにより深い会話へと発展させることができます。

共通点は、相手に注意を払うことでよく見つかります。たとえば、同僚が自分の大学のスウェットを着ていたり、子供の写真を机の上に飾っていたりすることに気づいたり、自分と同じような職歴を持っているという話や、猫が好きだという話を耳にすることもあるでしょう。その人との共通点を見つけて、より深いつながりを築くための基盤として役立てましょう。

5. 共感力を高める

たとえ相手との共通点が少ない場合でも、共感力と好奇心を活用してラポールを築くことができます。そのためには、相手のニーズに焦点を当て、どうすれば相手の役に立てるかを考えることが重要です。

たとえば、相手が入社したばかりの新人であれば、友人が必要かもしれません。今日は仕事で何か嫌なことはなかったか?など、コーヒーを飲みながら話をしないかと誘ってみてはいかがでしょうか。ラポールの形成とはつながりの形成です。共感力などの「心の知能」を活用することは、そういったつながりを作る上で非常に効果的です。

記事: 19 の無意識の偏見を克服し、インクルージョンを促進する方法

6. 自由回答形式の質問をする

共通点が見つからない場合は、自由回答形式の質問を使って、相手が自分の情熱を伝えられるようにしましょう。自由回答形式の質問では、相手に自分の過去について詳しく話すように促します。このタイプの質問はどんなトピックにも使えます。たとえば、「マーケティングの仕事を始めてどのくらいになりますか?」といった一言で答えられる質問ではなく、「マーケティングの仕事を始めたきっかけは何ですか?」と聞いてみましょう。聞いていることは同じですが、相手に自分の過去についてもっと共有してもらうように促すことができます。

その他の自由回答形式の質問のアイデアについては、メンバーたちの緊張をほぐしチーム作りに役立つ 110 以上のアイスブレイク質問の記事をご覧ください。

素晴らしいラポールを形成して有意義な関係を築きましょう

良好なラポールの形成は職場の人間関係を改善するとともに、自分自身のコミュニケーションスキルの向上にもつながります。しかし、多くのソフトスキルと同様、ラポールの構築も継続的なプロセスです。このスキルは、リストにチェックを入れて完了するスキルというよりも、時間をかけて構築する一連のマナーや習慣であると考えてください。

よりよいコミュニケーターになるためのヒントをもっと知りたい場合は、コラボレーションのリソースをご覧ください。

関連記事

記事

Group vs. team: What’s the difference?