SplunkAsana Integration

Splunk + Asana

Asana for Splunk の連携で、監査ログの取り込み、アラート、可視化を自動化しましょう。

Splunk とは?

Splunk は、Data-to-Everything プラットフォームでデータをアクションへ変えます。Splunk のテクノロジーで IT、セキュリティ、DevOps チームはあらゆる規模のデータを調査、モニタリング、分析してアクションを起こせます。

Splunk + Asana を選ぶ理由

Splunk + Asana を使えば、Enterprise プランの組織の特権管理者は Splunk で Asana の監査ログ API を活用できます。

Splunk + Asana なら、Splunk の最先端のセキュリティ情報およびイベント管理 (SIEM) 機能を活用できます。管理者は Asana の監査ログの調査、モニタリング、分析を行い、アクションを起こせます。

この連携機能は、Splunk Enterprise、Splunk Cloud で利用可能で、Common Information Model (CIM) に対応しています。

Splunk

Splunk と Asana を連携する方法

連携のセットアップ方法は以下のとおりです。

  1. Splunkbase で「Asana for Splunk」アプリのページを開き、インストールを始めます。Splunk の設定によっては、トップバーのアプリメニューから「Find more Apps (アプリをさらに探す)」または「Browse More Apps (アプリをさらに参照する)」をクリックしてアプリをインストールする必要があります。
  2. Splunk Cloud Classic をお使いの場合は、IDM へ移動します。Splunk Cloud Victoria をお使いの場合は、Search Head へ移動してください。
  3. Asana の管理者コンソールでサービスアカウントを作成し、設定タブでドメイン ID をコピーします。その値を設定画面に入力してください。
  4. インプット段階へと進み、データの取り込み間隔 (秒単位) を入力します。30 秒から 300 秒 (5 分) まで設定できます。
  5. 同じ画面でバックフィル範囲を「日数」で入力します。注意: この範囲を空欄にした場合、デフォルトの 30 日のバックフィルでインストールされます。Asana はログを取得後最大 90 日間保管します。
  6. 最後に Search Head にインデックスマクロを設定します。これは、Settings (設定) > Advanced Search (高度な検索) > Search Macros (マクロの検索) から設定できます。その画面で、「asana-index」をクリックしてマクロの説明を「index={インデックス名}」に編集し、「save (保存)」をクリックします。このステップが完了すると、Asana for Splunk のダッシュボードやその他のデータの追加が始まります。
  7. 選択したバックフィルの期間によって、完全な取得データが表示されるまで数時間かかることがあります。

注意: Splunk + Asana は現在 Enterprise プランのお客様のみご利用が可能です。

詳細とサポート

Splunk と Asana の連携機能の使い方について詳しくは、Asana ガイドをご覧ください。

ご質問、フィードバックがある場合や、サポートが必要な場合は、Asana サポートチームまでお問い合わせください。

Asana で容易にコラボレーションする

Asana では小さな作業から全体像にいたるすべてを整理することで、行うべき仕事やその仕事が重要な理由、そしてそれを達成する方法を把握することができます。Asana は無料で始められる上に、使い方は簡単、そして事業全体を運営できるほど強力なプラットフォームです。Asana に関する詳細をご覧ください

既存ツールと Asana の連携で、仕事の効率をさらにアップ