OktaAsana Integration

Okta + Asana

Okta で面倒なユーザー名やパスワードの使用を省き、ユーザーのセットアップを簡素化します。

プレミアパートナー

カテゴリ

Okta for Asana をインストール

Okta とは?

Okta は、シングルサインオンや多要素認証、ライフサイクル管理などを用いて、お客様から従業員にいたるすべてのアイデンティティのセキュリティを保護する目的で使用されるアイデンティティプラットフォームです。

Okta + Asana を選ぶ理由

ユーザーの管理やプロビジョニングを手動を行っていると、IT チームやリーダーの貴重な時間が奪われてしまいます。クロスドメインアイデンティティ管理 (SCIM) 連携のためのシステム、Okta + Asana を使用すると、この作業を自動化できるため、IT チームは規模の大きな仕事をし、ワークフローを簡素化できます。

Okta + Asana では、次のことが可能になります。

  • ユーザーのプロビジョンと解除を自動的に行う
  • SAML を用いて Asana のシングルサインオンを有効化する
  • Okta のユーザーとグループを Asana のチームにマッピングする
  • ユーザープロフィールの情報を更新する
  • Asana からユーザーとチームを Okta にインポートする

Okta と Asana を連携する方法

連携のセットアップ方法は以下のとおりです。

  1. Asana 内で特権管理者アカウントにログインします。
  2. 管理者コンソールの「アプリ」メニューに移動します。
  3. 「サービスアカウントを追加」をクリックします。
  4. サービスアカウントを追加すると、Okta 内にある Asana アプリ用の「Provisioning (プロビジョニング)」タブで使用できる API キーが生成されます。
  5. 「API Token (API トークン)」フィールドにトークンを入力します。
  6. 「Test API Credentials (API 認証情報をテスト)」をクリックして、トークンが正しくセットアップされていることを確認します。
  7. 詳細につきましては、Asana ガイドをご覧ください。

詳細とサポート

Okta と Asana の連携機能の使い方について詳しくは、Asana ガイドをご覧ください。

ご質問、フィードバックがある場合や、サポートが必要な場合は、Asana サポートチームまでお問い合わせください。

Asana で容易にコラボレーションする

Asana では小さな作業から全体像にいたるすべてを整理することで、行うべき仕事やその仕事が重要な理由、そしてそれを達成する方法を把握することができます。Asana は無料で始められる上に、使い方は簡単、そして事業全体を運営できるほど強力なプラットフォームです。Asana に関する詳細をご覧ください

既存ツールと Asana の連携で、仕事の効率をさらにアップ