お客様紹介に戻る
Asana ケーススタディ- Viessmann チーム

Asana で未来の空調ソリューションの開発を進める Viessmann

結果

開発と市場投入を高速化

コンセプトからリリースまでの全プロセスを 1 つのプラットフォームで管理

リモートワーク移行時の競争優位性

COVID-19 によりリモートワークに移行した際の競争優位性と安定性

仕事の優先順位付けが改善

自分の仕事が会社全体のミッションにどのように貢献しているかを把握できるため、最も影響の大きい仕事に優先順位をつけやすくなった

会社がさらに魅力的に

Asana の使いやすく、コラボレーションのしやすいワークマネジメントプラットフォームが、若い人材の獲得に貢献

Asana ケーススタディ- Viessmann のロゴ
地域ドイツ、オーストリア、スイス
会社の規模大企業
業種製造
主なワークフロー
目標の追跡 & OKRプロジェクトマネジメント製品開発仕事リクエスト
主な機能
automation iconオートメーションform iconフォームportfolio iconポートフォリオtemplate iconテンプレート
主な連携
Google Workspace のロゴ

暖房メーカーから現代技術のリーダーへ、過去 100 年以上にわたって、Viessmann は常に変化を続けてきました。家族経営企業の同社は、生活空間の空調ソリューションを提供するグローバル企業へと変貌を遂げ、一般住宅や産業ビル、商業施設向けに、インテリジェントで持続可能なエネルギーシステムと冷却ソリューションの開発と導入に力を注いでいます。

ドイツに本社を置く Viessmann の従業員数は世界 74 か国で 12,750 人以上に及び、2020年には 28 億ユーロの収益をあげています。同社はイノベーションに熱心で、競争力を維持し、市場の変化するニーズに対応するために、技術やビジネスの動向を注視しています。

未来に向けたデジタルワークプレイスを創造する

過去 4 世代にわたり、Viessmann は将来を見据えた起業家たちによって導かれ、彼らが同社の継続的な成長の原動力となってきました。現 CEO のMaximilian (Max) Viessmann 氏は 2015年に入社し、Viessmann の次の成長段階としてデジタルトランスフォーメーションへの注力を開始しました。

Asana ケーススタディ - Viessmann - Viessmann の CEO、Max 氏と Martin Viessmann 教授

Max 氏は、製品群だけでなく、社内の業務プロセスもデジタル化することに着手しました。そして、新しいデジタルワークプレイスの企画と導入を、当時同社のスマートオフィス & コラボレーションマネージャーだった Alexander Poellmann 氏に任せたのです。

Max 氏の指示のもと、Alex 氏のチームは、全従業員が効果的なコラボレーションを実現できる、シンプルで直感的なワークマネジメントプラットフォームを探すことにしました。そして、その結果、Asana に行き着いたのです。このプラットフォームを選んだ理由は、会社全体のビジョンから具体的な目標や個々のタスクまで、全従業員が企業戦略を可視化できるため、Viessmann 社の透明性を重視する文化と合致していたからです。また、Asana は使いやすいので、どんな働き方をしている従業員にも使ってもらえると、チームは考えたのです。さらに、ウェブやモバイルアプリからいつでもどこからでもアクセスできるため、場所を超えたコラボレーションやリモートワークに必要な柔軟性も備えています。

quotation mark
Asana で、デジタルワークプレイスを実現しました”

最初に Asana を導入した部門は、会社のデジタル変革を担当する、IT 部門と研究開発部門でした。そして、その後、社内の他の部門にも導入されたのです。現在、Asana は、Viessmann 全体で戦略目標の実施、部門間プロジェクトの管理、標準化されたワークフローの確保などを行うための標準プラットフォームとなっています。同社では、このプラットフォームを業務に完全に連携しています。たとえば、Asana を使って、コンセプトから市場投入までの製品開発プロセス全体の管理を行っています。

Viessmann で Asana の導入を成功に導いたのは、50 人の「Asana ヒーロー」です。彼らは、同僚の質問に答える最初の窓口のような存在であり、ソフトウェアの最適化と拡張を積極的に行う役割を担っています。ヒーローは、Viessmann のプロセスを Asana にマッピングするエキスパートであり、新しい機能や性能の普及を迅速に促進することが、彼らの重要なタスクです。Asana ヒーローは、担当の Asana のカスタマーサクセスマネージャーと密接に連携します。カスタマーサクセスマネージャーの役割は、新機能がリリースされたときに、新機能に関するインサイトや最新情報を提供することです。

新しい働き方を最大限に活用する

Asana の使用体験を補完するために、Viessmann は Google Workspace も導入し、コミュニケーション、ファイル共有、コラボレーションを合理化しました。Asana と Google Workspace の密接な連携により、従業員は Gmail の受信トレイから直接 Asana のタスクを作成し、Google カレンダーで仕事の計画を立て、Google ドライブのファイルをプロジェクトにリンクさせることができます。こうすることで、いつでも簡単に情報を見つけられ、アクセスできるようになります。

quotation mark
Asana ではすべてが可能な限り透明化されています。何を目標とするのか、何をしなければならないのか、どのマイルストーンが関連するのかが明確になります。”

Viessmann では、ほぼすべての子会社で Asana を使用しており、全社を通じてチームメンバーがシームレスにコラボレーションできるようになっています。新会社を買収した際には、新入社員を Asana に招待して、すぐに同僚とコラボレーションを始められるようにしています。また、同社はグローバルにビジネスを展開しているため、Asana を使用することで、従業員は時差やチーム、所在地を越えてプロジェクトを調整し、共通の目標を達成するために現実的なマイルストーンを設定できています。

同社が行っている Asana の活用法として以下のようなものがあります。

  • エグゼクティブコミュニケーション: リーダーは、優先順位の高い製品や組織規模での変更など、の最も重要な部分を Asana のプロジェクトにまとめます。仕事がキックオフされる際にはそれらの情報すべてがそのプロジェクトのフォロワーと共有され、積極的にコメントしたり、質問したりする機会が与えられるので、仕事へのエンゲージメントも高まります。

  • チームコラボレーション: これまではチームごとに情報がサイロ化されていましたが、Viessmann ではアジャイル手法を取り入れたため、従業員が部門間で情報を共有できる方法が必要となりました。Asana では、複数のチームや部署の従業員がコラボレーションし、全員がアクセス可能なプロジェクト内で情報を共有できます。

  • 社内リクエスト管理: マーケティングから品質管理、生産関連機能まで、多くのチームが社内リクエストの受付管理に Asana を使用しています。従業員が Asana のフォームに入力して新しいリクエストを送信すると、チームのプロジェクトにタスクが作成されます。こうすることで、チームは必要な情報を前もって受け取ることができ、すべてのリクエストが一か所に集約されるため、ワークロードが管理しやすくなります。さらに、従業員はリクエストの進捗状況を把握でき、チームはルールを使って処理プロセスのステップを自動化できます。このように、リクエストする側とされる側との透明性が高まったことで、プロセスの効率と生産性が向上しました。

特に 2020年に COVID-19 の世界的大流行が始まって以来、Asana で仕事を管理することは、Viessmann にとって非常に大きな競争的優位性となりました。プロセスは場所に関係なく実行され続け、従業員がリモートワークを余儀なくされ、大きな混乱に見舞われた時期にも貴重な安定性をもたらしてくれました。Asana で従業員が毎日行うアクションの数は、この不安定な情勢の中、2019年 9月の約 10 万件から、現在の約 35 万件へと 3 倍以上に増加しました。

Asana でプロセスを継続的に最適化する

Viessmann は Asana を使用することで、チーム間の連携を改善し、よりアジャイルに、より速く、変化する市場ニーズに積極的に対応できるようになり、顧客にさらなる価値を提供できるようになりました。

Asana ケーススタディ -  作業員と重機が活躍する Viessmann の生産現場

Viessmann は、Asana が企業の透明性を大幅に向上させるのに役立っていることも評価しています。誰もがアクセスできる場所で企業戦略と業務をリンクさせることで、企業の目標と責任が誰にとっても明確になります。さらに、従業員が自分の仕事に優先順位をつけ、自分の仕事が会社のビジョンにどのように貢献しているかを確認するのにも役立ちます。また、Asana は、Viessmann が若い人材を惹きつけるのにも役立っています。これは、技術のある労働者が不足している時代において、明らかな競争優位性となります。

quotation mark
革新的なソフトウェアを使うことで、社内の若い人材の意欲を引き出すことを目指しています”

総合的に、Viessmann は Asana がいかに効率を大幅に向上させたかを認識しています。同社では、プロジェクトをより迅速に実行し、仕事の重複を回避し、事務作業を減らしています。また、Asana を使用することで、プロジェクトにリソースを追加させることが簡単になり、遅延の回避と納期の達成に貢献し、開発サイクルの短縮と生産性の向上につながっています。

Viessmann の次なる目標とは?

Asana によって実現できた業務効率と透明性によって、Viessmann はグローバルチームの力を結集して、持続可能性 (サステナビリティ) など現代の新たなチャンスに立ち向かえるようになったのです。Viessmann は、地球温暖化防止のために革新的で持続可能なソリューションを開発し続けることで、炭素排出量「ネットゼロ」を達成するための努力を強化しています。そして、この目標は、環境に貢献し、将来世代のために土台を築くという、同社の未来に対するビジョンと密接に連携しています。

quotation mark
Asana を導入することで、目指していたプロジェクト管理を実現できました。”

お客様の体験談をもっと読む

ケーススタディ

リモートワーク下で真価を実証 「Asana」活用で高い成果を出す新規事業チーム

仕事をつなげ、スケーリングしましょう

Asana を使えば組織全体で最高の成果を上げられます。

セールスチームに問い合わせる