人もモノもすっきり管理。FOND OF に学ぶ Asana でのブランドマネジメント

人もモノもすっきり管理。FOND OF に学ぶ Asana でのブランドマネジメント
  • FOND OF ロゴ
  • 会社の規模
    • 社員 215 名
  • 拠点
    • ドイツ、ケルン
  • バッグが販売されている国の数
    • 35

8 年前、まだ誰も知らない通学用エルゴノミクスバックパックを車のトレーラーに積み込み、ドイツ中を走る 4 人の男がいました。彼らのビジョンは、それまで成人向けだったエルゴノミクスバックパックを、ドイツそして世界中の教室に持ち込むこと。国内の小売店を手当たり次第にあたって商品の販売先を確保し、利用者の感想を手際よく集めて改善に活かしました。

この「エルゴバック」と名付けられた製品は大成功を収めます。車を運転しながら最初の製品を売り切った彼らは、その後 8 年のあいだに 8 つの独立したブランドを持ち、世界中でバッグを販売する企業へと成長しました。今ではドイツのどの小学校でも、エルゴバッグを見ない教室はありません。また、顧客や小売店から短いサイクルでフィードバックを入手し、それを次の製品に活かしています。

今年になり、当時の創設者たちは、200 名を超える社員に、間もなく建設が始まる新しいハイテクキャンパスに何を求めるか尋ねました。非常に働きやすいことで知られ、それだけに社員の期待も大きい、FOND OFという社名どおりの親しみやすい会社です。

世界中で販売される FOND OF の 8 つのバッグブランド

上記 8 つのブランドをつなぐのは、FOND OF のコーポレートブランド(アンブレラブランド)と雇用主ブランドです。この 2 つの特殊なブランドを、両者のヘッドを務める Martin Steinbach が支えています。彼の任務は、8 つのブランドすべてを FOND OF ブランドのもとで連携させること、そして、優秀な人材を惹きつけるために FOND OF の雇用主ブランドの知名度を高めることです。この 2 つをバランス良くこなしているのは、 Martin が FOND OF のブランドイメージで頭がいっぱいな上に、自分たちの企業文化や働き方まで気になって仕方がないからです。さらに彼は FOND OF の PR をすべて任され、最近行ったリブランディングも担当しています。

FOND OF のビジネス用バックパックブランド SALZEN のグローバルブランドオーナーである Jahn Werner と Martin Steinbach

イノベーションと成長への取り組み: バックパックよりもまず社員

FOND OF は常にイノベーションを起こそうと努力してきました。彼らはエルゴノミックバックパックを教室に持ち込んだ最初の会社であり、先進的なデザインや製造方法を開発したという自負もあります。彼らは数年かけて、子供用のエルゴノミックバックパック 1 本から、さまざまな年代向けのバックパックを製造するなどビジネスを拡大しましたが、その間、耐久性と機能性へのこだわりを失うことはありませんでした。

FOND OF のイノベーションは、彼らが最初に作ったバックパックが始まりだと思うかもしれませんが、そうではありません。それよりもかなり前、社員の体験や雇用主ブランドにおいて、彼らはすでにイノベーションを発揮していたのです。製品の数を増やし、市場をグローバルに拡大するために、FOND OF は社員を 200 名まで急速に増員し、ドイツのケルンにある本社に全員を勤務させました。

「FOND OF は物事を好むという感情からパワーを得ています。私たちはこの仕事が好きです。作っている物がバックパックだろうと、ブランドだろうと、ウェブサイトだろうと関係ありません。ビジネスの結果ではなく、全員が一緒に働くことにこそ、やりがいを感じているのです」

社員はやる気と幸せを維持するために、会社へのフィードバックをたびたび提出するよう求められます。また、グループでのイベントも頻繁に行われます。さらに、製品の製造工程を十分に理解することと、すべての社員が一緒に行動することを目的に、全社を挙げてベトナムまで出張しています。

これについて、Martin は次のように言います。「ケルンのチームとベトナムのチームを会わせることで、全員が刺激を受けて、モチベーションも高まると考えました」また、顧客や社員への透明性を高めるためにも、この出張が実に効果的だったと Martin は言います。「一緒に働きたいパートナーをアジアで探すために、私たちは多くの時間と労力を注ぎました。だから、この工場や、ここで熱心に働く社員たちを、皆に見てもらいたかったのです」

「私たちはグローバルな世界に生きています。だから、社員とお客様には、ドイツの会社がベトナムでバックパックやバッグを製造することの意味を理解して欲しいのです」(Martin)

この透明性が高く、協調的で楽しい職場環境こそが、FOND OF を成功に導いた重大な要因であり、同社はドイツの優秀な人材にとって完全に一目を置く存在にもなっています。

Asana で社員の働きやすさを向上

Martin と彼のチームは、優秀な人材を惹きつけ、採用するためには、雇用主ブランドを確立し、他社との差別化を図る必要があると理解しています。FOND OF の場合、そのブランドの鍵となるのはオーセンティックであること。真の職場文化を確立し、すべての社員が本当に自分らしく働ける場所を、FOND OF は築き上げています。

「FOND OF はバックパックのメーカーではありません。人を集めて何かを一緒にやるためのプラットフォームだと、私たちは考えています。」

FOND OF の人事部では、新入社員のオンボーディングから社員教育まで、あらゆる場面で Asana を使用し、企業ポリシーの説明やイベントの告知などを行っています。社員には入社したその日からプロジェクトが割り当てられ、最初の週や月に行われること、近日中のイベント、昼食会のリマインダー、社内の一般的な情報などが説明された数多くのタスクを目にすることになります。また、旅費精算のガイドラインなど、先々で必要になる情報も、タスクに記載して割り当てられます。

FOND OF のオンボーディングプロジェクトテンプレート

Asana は FOND OF の全部署で使用され、仕事を効率的に進めるために必要な情報がすべてここに集められています。新入社員は初日からこれを使い始めることで、すぐに Asana に馴染むことができます。後々まで印象に残る最初の重要なステップを効率化することによって、新入社員の緊張をすぐに解すことができ、また人事部は、この手続きを改善し続けるための時間を節約できます。

「働きやすい職場にするためには、すべての社員に気分良く仕事に臨んでもらうことが最も重要」と Martin は言います。Asana を使って社員のオンボーディングを効率化した後、彼らは他の業務でも社員体験を向上するために取り組みを始めました。

「働きやすい職場にするためには、すべての社員に気分良く仕事に臨んでもらうことが最も重要」

Asana を使うことでメールを廃止し、仕事とコミュニケーションを 1 か所にまとめることで、FOND OF の社員は大量のメールに頭を抱えることも、大切な仕事を見落とすこともなくなりました。また、社員のオンボーディングがスムーズになっただけでなく、社員は長期間 FOND OF に在職し、結果を出し続けるようになったと言います。

8 つのブランドを Asana で操る

仕事が効率的に進む環境が整うと、社員たちはビジネスの成長に向けて貢献の度合いを高めていきます。FOND OF への貢献で重要なのは、コーポレートブランド、その傘下にある 8 つのブランド、そして雇用主ブランドをサポートすることです。

FOND OF では年に 2 回、春と秋に 8 つのラインそれぞれで主要なリリースを行っています。各ブランドは、グローバルブランドオーナー、ブランドマネージャー、マーケティングマネージャー、デザイナー、セールスマネージャー、製品マネージャーで独自にチームを構成し、それぞれがセールス、マーケティングとコミュニケーション、デザイン、製品管理の機能を備えるという、小規模なスタートアップと同じような組織で運営されています。

しかし、8 つのブランドを一つにまとめることは簡単ではありません。そのため、各ブランドが Asana を使用し、すべてのキャンペーンやリリースを追跡しています。また、8 つのブランドが連携して、マーケティング、デザイン、調達などのクリエイティブな作業をできるだけ内部で処理できるよう、調整が図られています。「最初から最後まですべての工程を自分たちでやれば、最高の製品が完成するはず」と Martin が言うように、プリントやウェブのデザイン、ウェブサイトの開発まで、すべてを FOND OF の内部でまかなっています。

ウェブやプリントのデザインといったクリエイティブな作業を依頼する際には、テンプレートタスクを使用します。ブランド、作業ステータス、クリエイティブ要件などの詳細な情報は、カスタムフィールドに入力してデザイナーに送ります。デザインが完成し、作業が開発者に引き渡されると、ウェブのさまざまな要件に対してチケットが発行され、Asana を使って追跡されます。

「Asana のタスクを割り当てなければ、デジタルチームに作業を依頼できません。社内で作業してもらうたびに、フォームに入力するという手順が必要です」

また、メディア向けの記事や写真を集める、コピーを最終確認するなど、PR の仕事の追跡にも Asana のプロジェクトを使用します。デザインの原案作成から公開前の最終確認まで、すべてを追跡することは、8 つのブランドすべてが順調に、期限に遅れることなく、FOND OF のブランドを守って活動するために不可欠です。

コーポレートブランドのヘッドである Martin の役割は、FOND OF のすべてのブランドをまとめ上げること、そして、最近行ったリブランディングのように大規模なプロジェクトの管理をすることです。FOND OF 傘下にある 8 つのブランドが絡んだリブランディングと、全体の PR 戦略を同時に追跡していた頃は、日々状況が変化するいくつものタスクを同時に操る必要があり、彼はプレスリリースからカンファレンスでの講演、パートナーへのコンテンツ寄稿まで、あらゆる作業を Asana で追跡していました。当時を振り返って Martin はこう言います。「Asana がなければお手上げでしたね」 FOND OF のリブランディングに関するプレスリリース

Asana でメールのストレスを解消

8 つのブランドとコーポレートブランドを操り、しかも革新的なほど働きやすい環境となれば、細かな情報を正確に伝え合うことは難しいかもしれません。実際、メールを使ってコミュニケーションしていた頃は、スレッドがすぐに長くなり、必要な情報が見つからないことも多かったと言います。このように、仕事のための仕事が増えていく時期が FOND OF にもありました。

「受信者を追加してメールを返信すると、その分だけメールの数を増やすことになります」と Martin は言います。このストレスを解消するために、彼は同僚と共に最高のアプリケーションを選びました。Asana です。「Asana ならメールの数が何倍にも増えることはありません。タスクに関わるすべての人が情報をすぐに受け取り、不要ならいつでもフォローを外すことができます。時間を節約できて仕事がはかどりました」

社員の働きやすさを重視する FOND OF は新製品でヒットを連発し、より大きな目標を立てられるようになりました。Asana を使用してすべてを管理することで、FOND OF はその規模を拡大しつつも、スタートアップのように小回りの利く企業に成長したのです。

その大きな目標の 1 つが、新しい本社ビルの建設です。目指すのは、600 名から 800 名の社員のほか、他の会社やコワーキングスペースまでも入るキャンパス。ドイツでも最先端となるデジタル化されたビルを計画しており、その構想には FOND OFのすべての社員が関わるそうです。FOND OF のような会社なら、誰だって大喜びで働くに違いありません。

その他の Asana のサクセスストーリー

Asana を探索

Asana は、チームが協力してプロジェクトやタスクを管理するための一番の近道。そして業績を伸ばすことができます。

マーケティングキャンペーン

マーケティングキャンペーン

製品リリース

製品リリース

会社の目標

会社の目標

月面探査任務

月面探査任務

仕事を整理

はっきりとしたタスクやマイルストーンを設定することで、チームはするべきことを明確に把握できるようになります。

仕事を整理

期限を遵守できるようチームをサポート

担当者と期日を明確に設定することで、すべてのマーケターは自分がやるべきことを正確に知ることができます。

期限を遵守できるようチームをサポート

期限を遵守

キャンペーンの計画を綿密に立てることで、全体像を把握し、潜在的な問題を特定して仕事を順調に進めることができます。

期限を遵守

実用的な会話をする

進行中の仕事の質問をしたり最新情報を提供したりすることで、行動につながる会話をすることができます。

実用的な会話をする

仕事にファイルを添付

共有書類や設計ファイル、予算書のスプレッドシートなどをまとめることで、チームが情報を求めて右往左往することがなくなります。

仕事にファイルを添付

仕事の全体像を一目で確認

カレンダー上で仕事を確認することで、期限などの重要な日付を見逃すことがなくなります。

仕事の全体像を一目で確認

進捗を追跡

プロジェクトの進捗を常に把握しておくことで、問題が発生したときに迅速に対応できます。

進捗を追跡

外出先で作業

ベンダーとの打ち合わせやカンファレンスなど、オフィスを離れているときでもモバイル用 Asana があれば常につながっていることができます。

外出先で作業

プログラムを例外なく成功裏に実施

Asana は、マーケティングチームがオーディエンスに働きかけるイニシアチブを計画、管理、追跡、開始するためのお役に立ちます。

プログラムを例外なく成功裏に実施

各ステップを綿密に計画

開発からリリースまでの重要なステップを綿密に計画することで、全員がロードマップを明確に把握することができます。

各ステップを綿密に計画

誰がボールを握っているのかを知る

リリースまでの各段階のオーナーと期日を明確にすることで、スケジュール通りのリリースを実現できます。

誰がボールを握っているのかを知る

スケジュール通りのリリース

計画の全体像を把握することで、調整しながら仕事を順調に進めることができます。

スケジュール通りのリリース

全員が最新情報を把握

重要な最新情報や会話を仕事につなげることで、メールスレッドに埋もれてしまうことを防ぎます。

全員が最新情報を把握

仕事を 1 か所にまとめる

ファイルをプロジェクトに添付することで、全員が正しい情報のありかを把握することができます。

仕事を 1 か所にまとめる

日付とマイルストーンを管理

リリース計画をカレンダーに表示することで、重要な日付を見逃すことがなくなります。

日付とマイルストーンを管理

何が順調で、何がそうでないかを把握

仕事の進捗を確認することで、期限や目標に向けて仕事を順調に進めていくことができます。

何が順調で、何がそうでないかを把握

どこにいても常につながりをキープ

モバイルで Asana があれば、どこにいてもリリースの進捗を把握できます。

どこにいても常につながりをキープ

位置について、用意、リリース!

期限の遵守に役立つ Asana があれば、製品チームは素晴らしい製品リリースを実現することができます。

位置について、用意、リリース!

優先度を設定

それぞれの目標に向けてタスクを作成することで、全員が会社全体の目標を理解できます。

優先度を設定

適切な責任者を決める

それぞれの目標を適切な人物に割り当てることで、誰が担当者で、誰に質問すればいいかを全員が知ることができます。

適切な責任者を決める

目標達成のための計画を立てる

それぞれのマイルストーンから目標までの道のりを把握することで、目標達成に向けて自信を持って取り組んでいくことができます。

目標達成のための計画を立てる

情報を共有し、現状を把握

目標と密接につながった更新情報やコメントを提供することで、関係者は最新情報と進捗を常に把握できます。

情報を共有し、現状を把握

重要なファイルを添付

お使いのファイル共有ツールと Asana を統合することで、重要な書類をすべて 1 か所にまとめることができます。

重要なファイルを添付

重要な日付を見逃さない

イニシアチブの期限やマイルストーンをカレンダー上で確認することで、首尾よく行動することができます。

重要な日付を見逃さない

会社の進捗を追跡

どの目標が順調に進んでいて、どの目標が要注意かを理解することで、目標達成に向けて着実に進めます。

会社の進捗を追跡

最新情報を把握

モバイルで Asana があれば、どこにいても最新情報を受け取り、重要な決定に加わることができます。

最新情報を把握

目標を達成

Asana を使用するとチームが組織の目標を把握できるため、するべきことに全員が集中できます。

目標を達成

ミッションに備える

ミッションの各ステップを綿密に計画することで、万全の状態で高い目標を狙えます。

ミッションに備える

責任者を知る

各タスクのオーナーを明確に割り当てることで、パイロットもコマンダーも、そしてフライトエンジニアもやるべきことを把握できます。

責任者を知る

各ステップを綿密に計画

リリース計画を作成することでスタートからゴールまでの進路を決定。これをチームと共有し、状況の変化に合わせて調整します。

各ステップを綿密に計画

万全の状態を整える

大切な質問をしたり会話をしたり、あるいはステータスの更新を行うことで、クルーが発射日に万全の状態になるよう準備を進めることができます。

万全の状態を整える

すべてをつなげる

ミッションに必要な他のツールに Asana を接続することで、すべての情報を同じ場所で管理できます。

すべてをつなげる

成功を見逃さない

各マイルストーンをカレンダー上に表示することで、離陸までの重要な日付を追跡することができます。

成功を見逃さない

進捗を追跡

何が順調で、何がそうでないかを把握することで、発射日に向けて着々と準備を進められます。

進捗を追跡

作業をどこからでも

インターネット接続さえあれば、オフィスにいても月面にいても変わらず最新情報を把握し続けることができます。

作業をどこからでも

3、2、1、発射!

Asana があれば、クルーは月に向かって発射し、月面に到着することができます。必要なのは小さな第一歩だけです…

3、2、1、発射!