オンラインでかんばんボードを作成・管理

デジタルかんばんボードで進捗状況を可視化。チームがタスクを To-Do から完了に移動するのを確認できます。

Asana Product Screenshot

かんばんボードとは

付箋を貼って実行前、実行中、完了を管理するボードを見たことがあると思いますが、それを発明したのはあなたの同僚ではありません。これはかんばんボードといい、列やカードを使って、視覚的にプロジェクトとワークフローを計画する手法です。スクラムやアジャイル管理でよく使われており、チームが進捗を確認して障害を特定するために役立っています。Asana を使って、オンラインでかんばんボードを作成してみましょう。

Asana を選ぶ理由

かんばんボードを使う理由

ワークフローを策定

明確なプロセスを作成し、段階的にタスクを確実に進行させます。

ボトルネックを簡単に特定

ワークフローを最適化してチームの仕事をスピードアップします。

仕事の進行を把握

仕事リクエスト

クリエイティブアセットからバグの修正まで、届いたリクエストを管理・確認して、チームのメンバーに割り当てます。

ワークフロー

ワークフローが明確で直線的な場合は、各ステージに列を作成し、進行に合わせてタスクを次の列に動かします。

製品ロードマップ

製品ロードマップを計画し、各イニシアチブを列にまとめれば、チームの全員が仕事の内容とスケジュールを把握できます。

中期目標と長期目標

チーム別またはカテゴリ別に中長期目標を整理して、チームの全員がすぐにそれぞれの情報を詳しく把握できるようにします。

InVision がボードを使って成功させたマーケティングキャンペーン

キャンペーンを成功させるため、InVision のマーケティングチームは Asana のかんばんボードを活用しています。全員の仕事を順調に進められるだけでなく、チームのニーズに合わせてカスタマイズされた計画プロセスや制作プロセスを開発し改善を続けることが容易になりました。

InVision のボードの活用法を詳しく見る

チームは目標達成を支援してくれる Asana を信頼しています

今すぐ最初のかんばんボードを作成しましょう

付箋とマーカーはやめて、チームでオンラインのかんばんボードを使いましょう。