「仕事の解剖学」インデックス 2021

分散ワークの世界で生じる混乱を乗り越える方法。

facebooktwitterlinkedin
仕事の解剖学まとめ記事バナー画像

バーンアウト (燃え尽き症候群) に苦しむ人が増えています。またナレッジワーカーは 1 日のほぼ 3 分の 2 の時間を「仕事のための仕事」に費やしています。組織やチーム、個人は、今年どうすれば仕事をうまく進められるようになるのでしょうか?

分散ワーク型の新たな環境で仕事の在り方がどのように変化しているのか知るために、2020年のレポートでは、1 万 3 千人を超えるグローバルワーカーに対し調査を実施しました。

レポート全文をダウンロードしていただくと、次の内容を詳しくご覧いただけます。

  • 2020年にナレッジワーカーの 71% がバーンアウトを経験した理由

  • 分散ワークが納期の遅れにつながっている理由: 2020年は全期限の 26% で遅れが発生

  • ツールの増加によりチームの連携が困難になっている理由

関連記事

レポート

仕事の解剖学 2021: 勢いづくワークマネジメント