仕事の解剖学: リモートチーム調査

世界中のリモートワーカーがどのように順応しているかを解説します

仕事の解剖学: リモートチーム調査

今年、全世界で発生した異例の事態により、人々の働き方は根本的に変わってしまいました。世界中の政府やビジネスは、ほぼ一晩でリモートワークを義務付け、方針を定めました。チームの多くが初めてリモート体制から分散チーム体制に移行しようと格闘する中で、大規模で急速な変化はデジタルトランスフォメーションを加速させています。明確性、共感、そして人とのつながりが今までにないほど大切な今、リーダーたちはこの新しい世界的なマクロトレンドが個人に及ぼす影響を理解しなくてはなりません。

その実現に向け、私たちは現在自宅勤務をしている 5,140 人の正社員の行動と態度を評価するためにアンケートを実施しました。最新のレポート「仕事の解剖学: リモートチーム調査」をダウンロードし、以下についてお読みください。

  • 正社員として働くナレッジワーカーの 3 分の 2 近く (62%) が、在宅勤務を開始して以来コラボレーションツールの使用を増やしていること
  • リモートワークに対する世界中のさまざまな地域の反応
  • チームが離れ離れな状態でも、連携を失わずに一番重要な仕事に取り組むにはコラボレーションが秘訣となる理由

私たちが仕事に戻り、新しい働き方に適応する中で、こういった知識を吸収すれば、分散されたチームが今後活躍して行く場で適用できます。