Asana は新たに東京オフィスを開設して海外拠点を日本に拡大します

ワークマネジメントのトップ企業である Asana は、その成長を支えるためにカントリーマネージャーを採用し、新しい日本のお客様を発表します

2019年 10月 17日 – カリフォルニア州サンフランシスコおよび東京 – 業界トップのチーム向けワークマネジメントプラットフォームである Asana は本日、日本の東京に初めてオフィスを開設してその海外拠点を拡大したことを明らかにしました。

Asana は田村元が同社の最初の日本カントリーマネージャーに選任されたことも発表しました。彼は日本で急成長を遂げる Asana のチームをリードし、Asana の現地のパートナー企業や日本の顧客ベースと密接に連携していきます。

「Asana は田村元のリーダーシップの下で東京にオフィスを開設し、日本で急速に拡大する当社の顧客ベースを支え、このマーケットに対する長期的なコミットメントを継続していきます」と Asana CEO の Dustin Moskovitz は言います。「当社はチームが最も重要なイニシアチブを管理そして調整し、最終的には職場での生産性を高められるように、Asana を使うチームの『働き方改革』への取り組みを支援できることを特に楽しみにしています。」

田村はビジネスクラウドとソフトウェアの業界において 30 年近い経験を持っています。彼は日本地域のチームを先導し、NetSuite (Oracle)、Glovia (富士通)、IBM、SAP をはじめとする数多くの名高いテクノロジー企業の製品を日本市場に送り出しました。最近では、Microsoft 社でディレクターを務め、日本のエンタープライズ、商業、および公共セクターの分野で同社のビジネスアプリケーション事業を推進しました。

「Asana はグローバル企業が仕事を管理し、従業員のエンゲージメントと効率を高める方法を変革することに貢献しています。働き方改革によって働き方の習慣を良い方向に改善しているに合わせて、Asana は実際にビジネスの成長につながる目標、プロジェクト、および毎日のタスクに対する集中を維持するためのワークマネジメントツールとしてチームによって使用されています。私は既存のそして将来のお客様と共に働き、お客様がそれぞれの目標を達成しながら生産性とワークライフバランスを向上させるお手伝いをすることを楽しみにしています。」

日本への拡大を記念して、Asana は東京で 10月 1日~3日まで Asana Together World Tour イベントシリーズを主催し、対話的な学習ワークショップや、「計画の力」について、はてな、JapanTaxi、日本経済新聞社、シグマクシス、および Wix.com と共にパネルディスカッションを開催しました。さらに、10月 29日には Asana CEO の Dustin Moskovitz が World Innovation Lab 社ゼネラルパートナーおよび CEO の伊佐山元氏とともに日経フォーラム世界経営者会議に登壇します。この fireside セッションでは、日本における生産性と職場の効率性の重要性について、また Asana のようなワークマネジメントツールが世界中のチームにいかに高いレベルのコラボレーションとコーディネーションを提供しているかについて、議論します。

Facebook の共同創設者である Dustin Moskovitz によって 2012年に立ち上げられた Asana は、日々のタスクから戦略的なイニシアチブまで、チームが仕事を計画して遂行するのを助けます。Asana では仕事とプロジェクトがどの程度目標に近づいているのかを示す最新の状態が表示されるので、チームは最も大切な仕事に集中し、自信とフローを向上させると同時に仕事の重複と不安を減らせます。Asana を使えば、組織は仕事の計画、監視、管理を 1 か所で行うことができ、チームは柔軟に、かつ簡単にアクションをとって仕事を順調に進めることができます。

Asana は日本語でご利用いただける上に現地通貨を使用することもできます。顧客企業には全日空、日本航空、リコー、ソフトバンク、クラウドファンディングプラットフォームの Campfire、家計簿サービスアプリを提供する Zaim、およびインターネットビジネス企業のサイバーエージェントが含まれます。

サイバーエージェントは、Asana をスプリント計画、製品リリース、ロードマップ、およびバグ追跡に使用しています。具体的は、カスタマーサクセスチームと製品チームがコラボレーションし、この両チームの知見をつなぎ合わせて、お客様からのお問い合わせに確実にすばやく回答できるようにするために Asana が使用されています。

Asana は世界各国に 600 人を超える従業員を抱え、本社はサンフランシスコにあります。Asana Tokyo は、同社が持つシドニー、ダブリン、レイキャビーク、ミュンヘン、ロンドン、バンクーバー、そしてニューヨークのオフィスに続いて加わりました。Asana は The Forrester Wave™ の「Collaborative Work Management Tools for The Enterprise, Q4 2018 (2018年第 4 四半期企業向け共同ワークマネジメントツール)」ではトップに、フォーチュン誌による「Top 5 Best Place to Work (上位 5 の最高の職場)」には 3 年連続で、さらには Inc. Magazine の「Best Places to Work (最高の職場)」の 1 つにも選出されています。

Asana について

Asana は、小さなプロジェクトから戦略的イニシアチブまで、チームのあらゆる仕事の整理および管理をサポートしています。カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く Asana は 195 か国にわたりサービスを展開しており、有料サービスをご利用の組織数は 7 万以上、無料サービスをご利用の組織数は数百万にも及びます。AirAsia、Airbnb、AllBirds、Grab、KLM Air France、NASA、Sephora、Traveloka、Uber、そして Viessmann などをはじめとする世界中の企業が Asana を利用して、会社の目標やデジタル変革から製品リリースやマーケティングキャンペーンまであらゆる仕事を管理しています。

今後日本で開催される Asana イベントの詳細については https://events.asana.com/ にアクセスしてください。

すべてのプレスリリースに戻る