Asana オートメーションでボトルネックと忙しいだけの作業をなくす

Asana の新しいスマート機能パッケージのご紹介
「仕事の解剖学」インデックスによると、職場で技術を要する専門的な仕事に費やされる時間は 30% 未満です

2019年 10月 17日 — サンフランシスコ - チーム向けワークマネジメントプラットフォームを提供する業界大手の Asana は本日、チームが重要な仕事にフォーカスできるよう、チームのプロセスを自動化するために構築された一連のオートメーション機能のリリースを発表しました。オートメーションは、Asana の Business および Enterprise プランをご契約のチームにご利用いただけます。

オートメーションの発表と同時に、Asana は現代の職場の時間の使い方を徹底分析した年に 1 度発行される「仕事の解剖学」インデックスを発行しました。オーストラリア、ドイツ、日本、ニュージーランド、英国、米国の 1 万人以上の従業員に対し行われたアンケート調査「仕事の解剖学」インデックスによると、従業員の 83% は、会社で適切なプロセスが採用されておらず、チームの潜在的な効率性を引き出せていないと回答しています。その結果、世界のナレッジワーカーと呼ばれる知識労働者は、勤務時間の 10%、つまり 1 年で 200 時間以上を重複した作業に浪費しています。

「世界的に、知識労働者 (ナレッジワーカー) は、自分の専門とする仕事よりも、メール、スプレッドシート、会議などによる仕事の調整に多くの時間を費やしています」と、Asana の製品部長、Alex Hood は述べています。「実際、勤務時間の 60% は『仕事のための仕事』に浪費され、技術を要する仕事に使える時間はわずか 27%、戦略目標の策定に使える時間は 13% に留まります。」

さらに彼はこう続けます。「調査結果で示されるように、最も生産性が高く満足しているチームは、誰がいつまでに何をしているかを明確に把握しています。今年の初め、Asana は、チームが仕事をよりアジャイルに計画、監視、管理できるようにするためにワークロードをリリースしました。今回のオートメーション機能でルーチンタスクを自動化できるので、忙しいだけの単調な作業は Asana に任せて、自分の技術を生かすことに専念していただけます。」

Asana のオートメーションのご紹介

Asana のオートメーションは、カスタムルールビルダー、モバイルのビジョン機能とボイス機能、スマートなプロジェクトテンプレートなどの新機能で、個人、チーム、そして最終的には組織が、新しいレベルの効率性と生産性を達成することを可能にします。

ルール

本日のリリースの一環として、Asana は仕事の受領、タスクのルーティング、アジャイルワークフローに関する手作業を自動化するルール機能をリリースします。新規タスクを自動的にルーティングし、適切なチームメンバーに適切なタイミングで可視性を与えるといったルールを、直感的なカスタムビルダーを使用して数秒で作成できます。プリセットのルールを活用しても、エディターを使って一から作成しても、ルールはあなたのチームに最適なワークフローを作成するのに役立ちます。

ベータテストでは、Asana のチームはルールビルダーを使って、週に 400 のステップを自動化しました。70 以上のユニークなカスタム構築とプリセットルールの組合せがリリースされており、近日中にさらに追加される予定です。ルールは業界最先端の使いやすい機能で、仕事を迅速に進めるのに役立ちます。

「Asana のオートメーションを導入するまで、毎週 400 以上の手作業をこなしていました。」と Appsflyer 社のグローバルマーケティングプロジェクトマネージャー、Aurel Laor 氏は述べています。「ルールを採用して以来、私たちは新しいタスクの割り当て、特定のフォロワーの追加、カスタムフィールドの値に基づいたオーナーの再割り当てといったステップの大多数を自動化できました。これは時間と労力を大幅に減らすだけでなく、仕事が一貫したプロセスに従って進行することを保証してくれます。」

Asana ビジョンと Asana ボイス機能

Asana の業界を先導する iPhone 用モバイルアプリにオートメーション機能が加わったことで、どこで仕事をしていても、Asana の強力な機能を利用できます。Asana ビジョンの OCR (光学式文字認識) と校正を使えば、チームはホワイトボードに書かれたブレインストーミングの図表など iPhone で撮影した画像をリアルタイムでキャプチャしたり、画像内のテキストに基づいて適切な Asana のサブタスクを自動的に割り当てたりできます。

さらに、Asana ボイスを使えば、録音したボイスメモを Asana に直接タスクとして書き起こせます。タスクを作成してからマイクのアイコンを押して録音を始めるだけと、操作は簡単です。録音された音声はタスクのタイトルと説明に自動的に書き起こされ、音声ファイルとしてもタスクに添付されます。すべてご使用のスマートフォンから行えます。

スマートなプロジェクトテンプレート

オートメーションはスマート機能と Asana の豊富なテンプレートライブラリを連携し、プロジェクト計画をレベルアップします。イベント計画やキャンペーンローンチなどのテンプレートを使用する場合、期日から逆算した完全なスケジュールを瞬時に設定できるようになりました。複数のタスクの間で期日に矛盾が起こった場合、Asana はそれを自動的に修正するので、チームはプロジェクトやワークフローの準備に費やす時間を削減し、重要な仕事に時間をかけることができます。

「仕事の障壁を取り除くことは、採用に不可欠なことです」と、IDC Research Director of Social and Collaboration の Wayne Kurtzman 氏は述べています。「Asana のプロジェクトテンプレートがさらにスマートになったことで、プロセスや手順へのアクセスが簡単になり、仕事の障壁を取り除くことができます。」

本日より、Asana の Business および Enterprise プランをご利用のお客様に、オートメーションをご利用いただけるようになりました。詳細については、Asana.com をご覧ください。

方法

「仕事の解剖学」インデックスは、職場での時間の使い方を理解するために、Sapio Research が Asana に代わり実施した調査です。Asana と Sapio Research は共同でアンケートを作成し、英国、米国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツの 10,223 人の知識労働者 (ナレッジワーカー) の行動と意欲を調査しました。https://asana.com/resources/anatomy-of-work から報告書の全文をダウンロードしてご覧ください。

Asana について

Asana は、小さなプロジェクトから戦略的なイニシアチブまで、チームのあらゆる仕事の計画と遂行をサポートします。Asana はカリフォルニア州サンフランシスコに本社を構え、195 か国でサービスを展開し、有料サービスを利用する組織は 7 万以上、無料サービスを利用する組織は数百万に及びます。AirAsia、AllBirds、Grab、KLM Air France、National Aeronautics and Space Administration、Sephora、Traveloka、Uber、Viessmann をはじめとする世界的な企業が、Asana を使用して会社の目標からデジタル変革、製品リリースやマーケティングキャンペーンまで、あらゆる仕事を管理しています。

すべてのプレスリリースに戻る